現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

夜眠ることが怖くなる時がある 携帯からの書き込み

おる太
2017年4月9日 22:54

時々眠ることが怖くなる時があります。
普段はぐっすり眠ることができるのですが時々寝ようとした時いきなり頭の中に「もしこのまま眠って目覚めることができずに死んでしまったらどうしよう」という不安がよぎり眠れなくなるのです。
眠ろうとすればするほど頭の中でぐるぐると言葉が周り眠れなくなります。
普段はそんなことがないので不眠症ではないと思うので病院などには行っていません。
眠れない時すごく不便なので対処法などを教えてください。

ユーザーID:4561706942  


お気に入り登録数:19
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


タイトル 投稿者 更新時間
別に携帯からの書き込み
夢子
2017年4月10日 0:11

目覚めなくても良いじゃないですか
眠ったまま苦しまずに逝けるわけですから


その時が寿命です。


一日一日を丁寧に過ごし悔いなく眠りにつきたいですね


アドバイスになってなくてごめんなさい

ユーザーID:9140913889
同じ事ありました
paroppu
2017年4月10日 0:35

全く同じ事が以前ありました。
激務の末、介護休職で実母を在宅介護、感情を我慢し、緊張状態が続いてました。
数ヶ月後無事看取れましたが、しばらくすると夜、不安に襲われ、
このまま自分が死んだらという恐怖で、大人なのに誰かに手を握ってもらいながら寝たい!
というくらいつらかったです。後に調べて、パニック障害の症状と一致する事に気がつきました。
これより以前、激務の頃、母の病気に対する心労も加わったからか、
過換気症候群にも何度か襲われたのですが、在宅介護以降は消えました。
心臓病かと内科にかかり、過換気症候群と言われ、なぁんだ!と
腑に落ちた事で症状が消えた気もします。
で、私が夜不安になっていた時は、パニック障害なんてわからなかったので、
腹式呼吸をしました。大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせ、
安心する部位に手を置き、ゆっくり口をすぼめて息を吐き、
すう時は鼻から吸うを繰り返します。
あとおすすめは、朝起きたら太陽を浴び、できれば外で軽く体操したり
深呼吸する事と、バナナを食べたりして、不安を減らすため
セロトニンを増やすような日課を続けてみたらどうでしょうか?
毎晩エールを送ります!

ユーザーID:1283708098
聞いたことがあるセリフです
コンシェルジュ
2017年4月10日 2:47

作家の和久峻三氏のヒット作である猪狩文助弁護士のセリフです。

まさか本当に心配する人がいるとは、驚きました。
眠ったまま亡くなるということは何の苦しみもないのですよ。
ある意味で幸せな生涯であると言えます。

ただ、何の兆候もないのに、いきなり亡くなるという事例は少ないでしょう。
あるとすれば脳卒中か心臓麻痺ぐらいだと思います。

定期的に健康診断を受けていれば大丈夫ですよ。
もう一つ言いますと、絶対に安全な場所はありませんので、いつ亡くなってもいいように準備だけはしておいてください。

ユーザーID:2255426677
死ぬ条件を少なくする
ティナ
2017年4月10日 4:13

医学的な知識が不足しているんではないでしょうか?
自分もそういう知識はほとんどありませんけど、
夜に水分をとらないと血が濃くなってしまうとか、とにかく
寝ている時間に死ぬ確率を低くするだけの知識を集めて、あとは
就寝時に死ぬ確率を下げるために実際に実践してみる事です。

たぶん神経症なんじゃないですかね?でもそのくらい神経質なほうが
死に安くないかも知れません。

ユーザーID:9710295995
何歳の方だろう?歳とると皆考えるそうですよ。
人間の証明
2017年4月10日 8:17

又聞きですが、貴女のその症状人類誰にでもあることらしいですよ。だから対処法など無いそうです。人の体の変調は寝ている時に多くが生じるそうですよ。貴女が心配している夜寝てそのまま目覚めないことなどあるそうです。某有名俳人の句に「新涼の今朝は命の側に覚め」と言うのがありますが本当だと思いますよ。人間である以上一定の年齢になると誰でも心配する事かも知れませんね。但し生命力旺盛な20〜30代か或いはほぼ毎日のように心配する場合は心的病気の可能性もありますので専門医に診てもらう事をお勧めします。

ユーザーID:3571038222
レスします携帯からの書き込み
tokio03
2017年4月10日 9:17

私も、夜眠る時ではないですが、今自分が急死したらあれが困る、これも困るなあ(親や家族が)と考えることはあります。

まあ、朝起きた時に「ああ、今日も生きて目覚めてしまったなあ」と思うこともありますが。(笑)

トピ主さん、なにか精神的に追い詰められているのでは?

ユーザーID:2911165271
トピを読む限り
かぴ
2017年4月10日 9:46

眠るのが怖いと言うよりも、死ぬことが怖いんですね。
何か今死んだらものすごく後悔するような事や、思い残すような事を背負っているのではありませんか?

私なら、寝ている間に死ねるんだったらそれってすごく楽でいいな〜、と能天気な事しか考えられません(苦笑)

ユーザーID:3152048157
まずは病院に行って
ちび
2017年4月10日 10:14

メンタルヘルスの病院に行って眠剤を処方してもらってはいかがでしょうか。
眠れなくて来院する患者さんは少なくないです。
時差ぼけ対策で眠剤が要る人も多いです。
実際飲まなくても、お守り代わりに持っているだけでも気持ちが違います。

それから、少し自意識過剰になっているだけかもしれません。
あまり自分の事を掘り下げないで、考え事は朝するようにしたら良いですよ。
夜考えると悪い方に考えてしまう傾向が強い気がしませんか?
私は心配事は朝考えるようにしています。
夜は良い事しか考えません。眠れなくなるから。

ユーザーID:7027299083
私も知りたいです
マックス
2017年4月10日 13:37

私もそういうこと、たまにあります。

何なのでしょうね?
たしかに子供のころから、死への恐怖が強いですね。
大きな病気をしているわけでも、体調が悪いわけでもないのですが…

ユーザーID:7082350154
安眠できますように
エリー
2017年4月12日 14:44

ご心配ですね。そのまま目が覚めなかったら・・・と思うとは怖いですね。

自分は数年前から軽いメンタルの病があり、専門医から漢方の睡眠薬をもらって飲んでいます。わりと飲みやすく依存性もなくリラックスでき助かっています。おすすめです。

漢方の知識あるメンタルクリニックなどに相談されたら一番だと思いました。病院によってはあまり漢方に明るくないところもあります。

怖くなるのが時々ということですがその頻度によるでしょうね。
専門医に相談するのも悪くないです。怖くないですよ。

ユーザーID:2299945731
悔いにないように生きる
たかこ
2017年4月16日 21:05

最初にレスした夢子さんの意見に同意します。

私の夫は10年前眠りながら亡くなりました。
今では夢子さんがおっしゃるように、楽な逝き方だなあと思います。
死への恐怖などを感じることがなかったはずです。

私も娘も、以前より有意義に生きるようになりました。
去年転落事故で大怪我をしてまだ完全ではありませんが、今年も桜を見られたことが嬉しいです。
毎晩寝るときに「このまま死んでも悔いはないなあ」と思います。
そして翌朝「目が覚めて良かった。今日も精一杯生きよう」と思います。

対処法ですか?
今日が最後の日だと思って生きることです。

ユーザーID:9562305391
 


現在位置は
です