現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

中学生のアメリカ赴任帯同 携帯からの書き込み

ろん
2017年4月10日 1:11

初めまして。
色々調べても考えても、どうしたらいいのかがわからなくなってきています。
主人がアメリカ東海岸に赴任になります。
中2・小6の子供がいます。
初めは、時期が遅かったな、さすがにこの年齢の子をいきなり現地校に入れるのは無理かな。と思っていたのですが、徐々にやはり家族みんなで行こう。と気持ちが変わってきました。
ですが、子供の学校・勉強の事を考えると、かなり不安に思います。
日本でも、勉強は苦手な子です。
やはり一緒に行くのは無防でしょうか。

ユーザーID:7225097832  


お気に入り登録数:52
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本


タイトル 投稿者 更新時間
選択肢はいろいろです。
JULIET
2017年4月10日 13:05

アメリカ東海岸在住です。
駐在員たちのお子さん達と何十年も関わってきました。
家庭教師もしていろいろなケースを知っています。

まず、お子様の性格、英語や異文化への好奇心、やる気に関係しますね。
一般的に小学6年では現地校はきついです。滞在は3年として、
ほぼずっとESLクラスでしょう。ESLが無い学校もあるので、住む前に調べてくださいね。
やる気のある子は1年くらいすると、授業はなんとなくわかるようになって
楽しんでいますが、英語に興味のない子は、何年たってもESLになるでしょう。
しかも滞在中に受験の問題も。

私がかつて日本から来たばかりの駐在の中1 のお子さんを家庭教師した時、
日本語のお勉強のキープが目的でしたが、英語の宿題も両方見ることになりました。
しかし本人が負担に感じたのか、1年後、現地校をやめ、全日校へ転校してしまいました。

他のケースでは、小学6年生で来て、今まだESLですが、1年ほどで授業はわかると毎日
楽しく現地校に通っている子がいます。本当に子どの性格によるものが大きいです。
現地校を楽しめる子、来て1〜2ヶ月で不登校になる子いろいろです。

ユーザーID:6546635182
素質次第ですが・・・
タコタコ
2017年4月10日 13:54

子供の能力を信じて行ってみるしかないと思います。
どんなところに行っても友達が出来て仲良くやれるような子なら大丈夫。

日本国内だけでは「明るい未来」「楽しい人生」を描きにくい今の時代、
アメリカで過ごした経験が後々生きてきて、
日本で普通に学校に通っただけでは行きつかなかったような大きな未来が開けてくるかもしれませんよ。

ユーザーID:4624854739
生きた英語を学ぶチャンス
アメリカ西海岸
2017年4月10日 15:48

是非ご一緒に。
日本で英語を学ぶのは大変です。
チャンスととらえて下さい。

子どもは柔軟ですよ。
買い物程度で英語を話す奥様はなかなか英語習得までいきませんが
学校に通える子どもたちはすぐに覚えますよ。
そのせいで日本式大学受験で少々足踏みしても構わない。
英語以外にもそれ以上の貴重な体験となることでしょう。

そんな父の子として生まれたことを誇りに
試練をチャンスとして
共に苦労を致しましょう。

ご主人は単身の方が実は楽でしょうけれどね。

応援しています。

ユーザーID:4343336719
日本人学校は有りませんか?
渋柿
2017年4月10日 19:28

イーストコーストの何処か分かりませんが、日本人が多い所なら
日本人学校が有る筈です。
無理と現地校に通わせなくても日本人学校なら子供の英語への負担は少ないと思います。

現地校なら、英語が話せない子供の為にESLのクラスがあると思います。

どちらにしてもアメリカで生活するのにある程度の英語力は必要です。
今から集中して英語の勉強、話す事も重要ですが特にヒアリングは重要です。
(日本人の多くは話せても相手の言っている事が聞き取れない人が多い)

中学生、小学生の子供達には異文化を体験させる良い機会だと思います。

多分、日本人向けの口コミサイトも有ると思いますので住んでいらっしゃる方達に
詳しい事はそこで質問されると良いでしょうね。

ユーザーID:5768290103
何年行かれますか
march
2017年4月10日 19:42

あと、お子さんの性別や性格などはどうですか?お子さんの心配事は勉強面だけですか?私ではなく恐縮ですが、友達が7年住んでいました。勉強は現地校の方が学力が高いので、日本に帰る予定があればほ偏差値65〜70前後の学校に入れると思います。英語力は個人差が出ますが、日常会話は簡単に身に付きます。あくまでも7年住んでたからだと思いますが。

性格的に人の中に入るのが苦手なお子さんであれば、その年齢からなら日本でも外国でもキツいと思います。それはもう仕方ないことです。

ユーザーID:5159464742
日本人学校はどうですか?
サザンステート
2017年4月11日 0:38

まずは赴任期間が何年かにも寄るのではないですか?ただ正直微妙な年齢であることは明白ですね。

と言うのも現地校の場合、上のお子さんは場所によっては既に高校に通う学年ですし下のお子さんも中学です。アメリカの中学高校は大学入学に向かって走り始めています。クラスはレベル別です。公立の中学高校は英語ができなければなかなか溶け込めないですし、外国出身者が多い地域なら昨日アメリカに着いた子にも優しい子は多いですが、通常英語ができなければ放っておかれますよ。

まぁ私立なら留学生も受け入れているのでそちらならどうにかなるかもしれません。

あとは日本人学校が近くにあればそちらに通うのもアリかなと思います。ただし、今一時の感情に流されず、上のお子さんは大学受験まで見据えて、下のお子さんも高校はどうするのかを見据えて長期的なビジョンで考えて決めるべきだと思います。

いずれにしてもお子さんたちの努力、お母さんの努力そしてお忙しくなるだろうご主人のサポートがなければ成り立たないですよ。

ユーザーID:3855338519
帯同の期間にも因る。けども、
みやん
2017年4月11日 1:43

基本、行きたくないですね。

今、海外に行った場合の、メリットとデメリットを提案して、子供と話し合いはするけども。
子供がそれでも行きたい!!と言ったら、諦めて帯同するかな。

私は行きたくないなあ。
単純に学校関係やその国での生活が面倒になるからなんですけどね。
これからつきまとう学校の手続きが面倒で、自分の意志ではやりたくないです。
子供がそれでも行きたい。そう言われたら、ようやく重い腰を上げます。

進路は、子供が決めてください。って、ことです。

ユーザーID:9872947536
大変ですよ
イギリス育ち
2017年4月11日 11:14

私も中学2年を終わり、3年生になる春に父親の転勤でイギリスへ行きました。

中学2年間で学んだ英語以外の語学力は無かったのに、いきなり現地校(日本人学校やインターがない田舎への赴任だったので)。

学校へ行くと周りが何を話しているのか全く分からない生活。嫌がらせもありました。

現地では年齢的にも1年後には中学卒業資格の試験、そして3年後には高校卒業試験があると言う、大変な時期でした。

4月に引っ越ししたため9月の新学期まで少し時間があり、学校の協力の元、毎日ほぼ英語のレッスン、言葉があまり必要なくてもできる美術、体育などの授業のみ参加。

新学期からは1年下の学級に編入、それからは現地人と同じクラスで勉強の日々でした。さすがに他の生徒が外国語を習う時間は参加せず、英語のレッスンを受けました。

無事に留年する事なく中学、高校を卒業、現地の大学に進学。大変だったうえに、やはり言葉の壁は消えず大学の学部を選ぶ際には選択肢が狭められたのは事実です。

勉強が苦手だと、かなり大変なのは確実です。

駐在期間が不明ですが、2−3年だったら日本で過ごす方が将来の選択肢は増えると思います。

ユーザーID:1128725907
無謀かな
アメリカンカール
2017年4月11日 13:00

まず、任期はどれくらいになりそうでしょうか?

私は(非英語圏ですが)中1の子供を連れて帯同したことがありますが、通わせたのは日本人学校です。
日本人学校が無かったら、日本に残りましたよ。
インターナショナルスクールに通っていた子が、帰国後の高校受験を見越して転入してきたりもしてました。
娘さんの高校進学は、どのようにお考えですか?

まさしく、「帯同するには時期が悪かった」と思って、単身赴任してもらうのが良いと思います。
長期休暇に遊びに行ったりするだけでも、若いうちは刺激になって良いのでは?

ユーザーID:6552045169
あえてのインター
在外
2017年4月11日 17:30

英語圏でも、あえてインターという方は少なくありません。
現地校より外国人に慣れていて、ESLに力を入れている学校が
多いからです。

小学校高学年や中学生でも、学年を下げることを条件に
入学許可が出る可能性はあります。ライティングは学年相応に
追いつくのは難しいでしょうが、それ以外の技能は上達すると
思います。

躍起になって現地校!現地校!とおっしゃる方より、トピ主さん、
冷静で素晴らしいと思います。
いえ、それくらい冷静でいらっしゃるなら、現地校にチャレンジ
なさるのも無謀ではない気がしてきました。
どうぞご家族そろって、楽しい在米生活になりますように!!

ユーザーID:2585667153
もし決定済でしたら、がんばってくださいね
さくら
2017年4月11日 21:40

アメリカ東海岸といっても、大きな地域差がありますし、お子さんが馴染むことができるかどうか・・・こればかりは考えても答えは出ませんね。
もし、お子さんの人生において、順当な進学を最優先して望むのでしたら、現在の年齢で海外に出るのは、不利でしょう。
でも、長い人生を豊かに生きる上で、「若いうちにたくさんの経験をする」ことを優先したいのでしたら、絶好の機会になるでしょう。
失敗したって、人生の中でやり直せる。親は、いつでも子供のありのままの状態を包み込む。そして、全面的にバックアップする。
そんな気持ちと余裕が親にあるなら、かえって、子供は親の姿に安心して、伸びるかもしれません。
アメリカでは、リーダーシップ、スポーツなどのアクティビティ、ボランティア精神がたいへん尊重されます。お子さん自身も、そのような活動グループの一員になると、その中で良い友達に恵まれ、積極的に馴染んでいきたくなるかもしれません。それこそ、送迎を始め、親のバックアップがあればこそ、子供もがんばれるのではないかな、と思います。

ユーザーID:5881490587
厳しい事を言います
さくらん坊
2017年4月12日 1:19

子どもは自然に話せるようになると信じる方も多いが
幼児ならともかく、その年令では厳しい。
日常会話ができる事と読み書き勉強が出来る事は別問題。
ちなみに子音の聞き分けは7才以上には不可能。
母音の音域以上を聞き取れなくなるからです。
あとは本人の努力でカバーするしかない、つまり勉強するしかない事を心して下さい。
必要とされる英語力の目安を案内します。ご参考に。
ハリーポッターは児童書です。小1でほぼ読めます。
日本の公立高校3年終了レベルは現地公立小3年始め。
小3上がってすぐ日本の大学レベル。
例えば小2の宿題が毎週末200ページ程の読書、レポートや内容を問う簡単なテストが週明け。
殆どが現地校でESLやって日常会話程度で終わる。

赴任後は帰国して日本のシステムに戻るなら現地校は諦め
通信教育なり寮付きの教育機関で日本の学力維持・向上を目指すべき。
一般枠が無理ならどこか私立の帰国子女枠でなんとか。
幼少時から現地で育ち現地優先なら、任期終了後も妻子だけ現地残留が多かった。
以上の目的・覚悟がないなら単身赴任。
休みに長期訪問し米国内旅行を楽しむ事をお勧めします。

ユーザーID:5489835007
現実的に考えて
在外
2017年4月12日 19:47

勉強が苦手ならミドルスクールからの現地校挑戦はかなり厳しいと思いますよ。
ESL はあるとは言え、中学生の段階で言葉を学びながら難しくなってくる
勉強をこなすのはかなり大変ですし、良い成績も望めません。

同級生達はもう大学受験に備えて勉強、スポーツ、ボランティア活動など
多方面で活躍した証を残すべく必死になっていますので、言葉の不自由な
クラスメートの相手をしているヒマはありません。
聞けば教えてくれるでしょうが、仲間には入れず友達はESLの人だけと言う
状態は、思春期には辛いと思いますよ。仲間との絆を深めていく時期ですから。

何年滞在か分かりませんが、英語はできるようになるでしょう。
ただ、普通の日本人より日本語の学力は劣り、普通のアメリカ人と肩を
並べるほどの英語での学力はつかずと言う状態になる可能性が高いです。
将来的には日本へ帰って進学されるでしょうから、帰国生入試などの
条件に惑わされず、しっかり学力をつけられる道を選んで頂きたいです。
どっちつかずが一番気の毒ですから。

ユーザーID:1808271189
帰国後の高校編入
初詣
2017年4月13日 9:10

アメリカ生活に悩むのも当然ですが、赴任が3年程度なら、上のお子さんは高校2年生で帰国となります。
高校生ではビザが下りないので、子供だけアメリカに残ることはできません。

帰国後に、受け入れてくれる高校があるか、調べておきましょう。
駐在員のお子さんの多くは、高校入学に合わせて帰国されますよ。

ユーザーID:4509032543
子供のタイプによる
あめちゃん
2017年4月13日 11:30

語学の習得は、頭の良し悪しというより特技の一種かと思います。足が速いとか絵がうまいなどと同じで、持って生まれた素質です。それに加えて性格も大きく影響します。
ですから他の子がすぐに順応できた、とかいつまで経ってもESL、とかは参考になりません。語学の習得が得意で社交的な子供であればすぐに慣れて楽しく通えるでしょう。
注意が必要なのは、日本の学年とアメリカの学年は異なる、という点です。誕生月によって1年変わりますが、中2のお子さんはハイスクール、小6のお子さんはミドルスクールに通うことになると思います。そしてアメリカではミドルスクール以降はいわゆる学級というものがなく、生徒それぞれが科目を選択し毎時間それぞれの教室に移動します(日本の大学のイメージ)。ですからクラスメイトが面倒見てくれる、というのはありません。
個人的には男子ならまぁなんとかなるかな、と思いますが、女子ならあまり積極的におすすめはしません。ヒエラルキーがハンパないからです。外見やスポーツ等に秀でていれば大丈夫ですが。

ユーザーID:1143398322
リスキー
英子
2017年4月13日 13:40

3年以下なら行かない方が無難では?
受験のタイミング的に。

他の方が言うように、お子さんがどのくらいリスクを理解したうえで帯同を希望しているか、は大事です。
親ができるのは金銭的なサポート、精神的なサポートですが、後者はトピ主様のキャパが小さかっまり、英語力が低かったりすると結果的に不十分になります。
お子さんですからね、苦労するのは。
こんなはずではなかった、やっぱり日本にいればよかった、とお子さんが思う時、リスクについて納得していない状態だったら悲劇です。

帯同が吉と出るか凶と出るかはわかりません。
覚悟と努力の問題です。

ユーザーID:5723457532
勉強が苦手なら、なおさら行くべき
おにぎり
2017年4月15日 14:42

日本で鳴かず飛ばずの日々なら、せめて英語くらいは得意に
させてあげたらお子さんの自信につながると思います。
毎日現地校で過ごせば、日本で英語学習するよりはるかに上達します。
あと、家族一緒が一番です。

ユーザーID:2238166822
その子の性格による
コロン
2017年4月16日 0:10

長女が小6、次女が小2で帯同してアメリカ西海岸へ2年間行きました。
長女が年齢的に馴染めるか心配でしたが、ESLのクラスの子達と主に仲良くしていて、台湾、
韓国の子達が友達でした。ESLも手厚い地域で本当に助かりました。

長女は日本でも勉強が出来た方で、週1で日本人の現地永住の大学生に家庭教師をしてもらって
ましたが、アメリカ滞在一年を過ぎるとそれもいらないくらい授業にはついていけるようになりました。
小6でもミドルスクールからの開始で交渉して一年下げてもらいました。

中2のお子さんはハイスクールからの開始でしょうか?下げられるなら下げた方が良いかと
思います。

アメリカでの生活はその子の性格によるところが本当に大きいです。滞在中に精神的に病んでしまう
子もいます。日本でも勉強面、人間関係面で悩んでいる方は同じくアメリカでも悩んでしまう傾向に
あると思います。次女は英語力が付きましたが、クラスでは心を許せる人がいなく、孤独でした。日本では天真爛漫な子だったのですが、アメリカを行ったのを機に繊細な性格になってしまいました。勉強が苦手なら日本に残るのも賢明な選択だと思います。

ユーザーID:0854595638
大丈夫!
ユニス
2017年4月16日 16:28

なんだかネガティヴな意見ばかりで驚きますね。
私は、そのくらいの年齢なら柔軟に英語を
インプットしつつ、日本語を忘れる事もなく、
ちょうど良いと思いますけどね。
私は20歳になってからの留学経験しかありませんが、
それでも一年で割と流暢になりました。今職場で
一緒に働いている同僚は、英語は2しか取った
事がないというレベルで中3の終わりに親の転勤に
ついて渡米し、現地の高校に通い、卒業後に帰国。
英語はネイティヴとなり、仕事でもバリバリに
使いこなしています。2歳下の妹さんも同じように、
英語には困らないレベルで、海外のお客様も相手にする
仕事をされているそうです。
トピ主さん一家が羨ましいです!是非ご家族で帯同
されて下さい。

ユーザーID:4496715718
 


現在位置は
です