現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

どのように最後を迎へるのだろう

こじまみ
2017年4月11日 22:02

50代女性です。
今から自分がどのような終末期を迎えるかと考えても仕方がないのですが、最近自分自身の生き方からかきっと私は布団の上では最後を迎えられないのではないかと思っています。
今迄私は人生殆ど逃げて来ました。
仕事も転職を数回重ねながら、正社員では勤めて来ました。
でも退職理由は寿退社でも無く、スキルアップの為でも無く、単にその職場が嫌になり辛抱するわけでもなく退職して来ました。
殆どの会社を勝手に嫌になり最後までやりきった感も無く、中途半端な気持ちで辞めて来ました。
そして結婚も約束した人からも逃げました。
今でもサークルに入ってもすぐに飽きたり、嫌な雰囲気だと逃げたりしています。
こんな生き方しか出来ない私はきっと最後の迎え方も、中途半端な死に際になる気がしてなりません。

私には家族もいませんから、どんな生き方をしても迷惑さえかけなければいいとは思いますが淋しい事です。

今病気で戦っていらっしゃる人達には気分の悪いトピになるかもしれませんが、皆さんは最後の迎え方を考えますか?

ユーザーID:6036609895  


お気に入り登録数:128
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:27本

タイトル 投稿者 更新時間
貯金もなさそうですね
老いの身
2017年4月11日 23:50

老後の金はあるんですか?最低3000万は必要ですよ。

ユーザーID:1036310725
みんな貴女と同じ携帯からの書き込み
バルタン星人
2017年4月12日 7:16

五十代後半です。気持ちは、同じです。悔しい事に気持ちと身体が伴わない現実に、愕然としたり。まあ、日々大切に互いに頑張って行きましょう。人との繋がりは、大切です。色々なサークルやボランティア活動参加も勧めます。本当に色々な方々と出逢えます。特にボランティア活動は、人生観変わります。

ユーザーID:1785149558
68才年金生活者ですが
碁キチおじさん
2017年4月12日 7:49

いまだ考えたことがありません。
まさに今から考えても仕方がないためです。
まあ普通に最後を迎えることになるだろうとは思っていますが。
トピ主さん、悲観的で少し自己評価が低すぎるのではないでしょうか。
転職を重ねながら、正社員で勤めて来ただけでも立派なことです。
職場が嫌になったら辛抱せずに転職できるのは見方によっては有能な証拠です。
需要があるということですから。
<家族もおらず、どんな生き方をしても迷惑さえかけなければいい>
まさにそのとおりです。
人に迷惑さえかけなければ好きなように生きればいいではないですか。
そんな生き方をしたくても出来ない人が多数おります。

ユーザーID:9728781262
「自分」を出し惜しんでいるんだと思う。
とくめい
2017年4月12日 8:11

私は分かる気がする。

トピ主さんも私も、
自分の体力や能力を、
出し惜しむタイプな気がするんですよ。

自分で自分に一定の線引きをして、
傷つかないようにする、
無理をしない、
頑張らないタイプというか。

トピ主さんも私も、

じぶんのこころを大事にする、優しい時代、
そんな「弱くてもいい私」を、
いち早く取り入れたタイプですよね。

これまでの半生を認めてあげていいのではないでしょうか。
逃げることで生きのびたんだから。
「逃げることは卑怯なことだ」という世代の人の、
後に生きた我々の知恵です。

ギブアップは悪いことじゃないのだと。

最期の迎え方など考える必要なし。
そのときはそのとき。


逃げようが逃げまいが、
万人に等しくおとずれる。

ユーザーID:6049087300
そればかりはわからない
リンドウ
2017年4月12日 8:19

逃げたくなる気持ちわかります。私も逃げ出したいと思うけど、先の事を考えたら出来ません。こうしたらこうなるってわかるです。なので納得される解決案を常に考えています。それは相手にとっては都合良いけど、自分にとっては辛い選択です。そうしないと生きていけません。

立派な脳みそがあるから使え、使わんと腐るぞ!と散々言われ続けられた結果です。布団の上で静かに最期を迎えれる人って少ないと思います。なので一度きりの人生何事にもチャレンジして、自分を成長しようと思う今日この頃です。

ユーザーID:4289394707
考えますよ
mio
2017年4月12日 8:56

50歳を迎えてから、年々考える率が増しているように思えます。
自分の最期はどういう場面なんだろう・・と。

心身の衰えは感じています。
姑宅での完全同居も長くなり、精神的にも限界で心のバランスがギリギリな状態です。
でも、末子がまだ中学生なので、何とか自身を奮い立たせています。

私の最期の瞬間はどうあろうとも、分かっていることは、姑を恨みながら逝くと思います。

ユーザーID:1896444140
おなじ50代女
つきこ
2017年4月12日 9:12

ちゃんとお仕事され自立されてるだけですごいです。私はどんな最後を迎へるにしても、死後自分の周りの人が困らないように身辺整理にこれから努めようと思います。廃棄物満載の汚屋敷にならないよう…。

ユーザーID:6339719019
願望ですが
メタボチャン
2017年4月12日 9:46

何も考えないで、我儘に傲慢に言ってしまえば、自ら予約できる
制度ができれば好いなと思います。
所が、これは飽く迄願望であって、そんな制度ができることも、
認められることもないのでしょうね。人は、神から与えられた命
を勝手に取り扱うことは許されないのでしょう。

物事は、自らの考え様と言うこともできます。
トピ主さんが転職を繰り返したり、連れ添いと別れたりなさった
ことは、トピ主さんが常に「住みよい環境」を求めて積極的に生き
て来られたと言うことではありませんか。

嫌だと思う場所に何時までもゐる必要はありません。
本題のどのように生き終わるかと言うことですが、万人が思い描い
ていることではないでしょうか。

在り来たりですが、最後の最後まで神様と真摯なお付き合いをする
と言う心構えは如何ですかね。人間は、自分が生きると考えますが、
本当は「生かされているん」ですから。

私達の身体には、沢山のミトコンドリアやバクテリアや良性の細菌
が私達を生かす為に、いろいろなものと戦い乍貢献していることを
忘れてはいけません、と思います。

ユーザーID:5672484427
似たようなものです。携帯からの書き込み
チロ
2017年4月12日 11:29

まあ、春先から!
私も似たようなものですよ、でも生きてきただけでもいいやないですか、先の事色々考えますがなってみないと分からないので、目の前の事だけ考えています、きっと皆さん似たようなものだと思います。この生きている奇跡を大切にしませんか。一人だけど一人じゃないですよ。

ユーザーID:0811300109
憧れの最後はある
こっぺりこ
2017年4月12日 16:37

私はトピ主さんより20近く年下だと思いますが(30代なので)、自分の最後…とてもよく考えます。
というのも、昨年母を亡くしまして…
非常に衝撃を受けたのです。

今も悲しさや寂しさが癒えたとは到底言えません。
ただ、私は母の亡くなり方に非常に憧れを持っています。

母はくも膜下で亡くなりました。
全く予兆はなく、元気に毎日活動していていきなり倒れ、一度も意識が戻ることなく旅立ちました。
家族にとっては非常に衝撃的な出来事です。

でも…自分が死ぬとしたらこれがいい!と思いました。
病気で長患いをしたり、はたまた足腰が立たなくなって介護を受けたり…
そうなる前にパッと死ぬ。
何と素晴らしい…と。
これなら死も怖くないと本気で思っています。

もちろん、そういう最後を迎えるためには毎日をしっかり生きなくてはなりません。
そう思えるのも素晴らしいことです。

50代…私はどんな人になっているかな。
トピ主さん、めげずに一緒に生きましょう。

ユーザーID:0626325073
突然くるのかも・・・
tora
2017年4月12日 17:47

突然くるのかもしれない。

40歳代のころ、ビルの1階でエレベーターを待っていたがなかなかこない。
自分の行き先は4階だったので、階段で行くことにした。
4階まで一気に駆け上がったが、着いたときに足がもつれて倒れ、胸を強打して、息が止まり、しばらく動けなかった。その後、特に怪我もなく立ち上がったが、あのまま息が止まったら死んでいたと思った。死とはそんなに簡単に突然にくるのかもしれない。

ユーザーID:5477282367
70歳になって考えるようになりました
永久睡眠
2017年4月12日 18:00

母親は脳梗塞、父親は老衰で亡くなり苦しむことはありませんでした。

自分は最近は急に頻脈になったりして心配になり心臓を徹底的に調べました。
その結果、とりあえず心臓には重大な異常はないということでした。

ぴんぴんコロリということであれば、心停止か脳梗塞、脳溢血が良いでしょうし、もし安楽死が許されれば自分が死ぬ時を選ぶことができ、家族との別れの後眠るように死ねる本当はそれが一番だと思っています。

ユーザーID:1377416852
迷惑よ?携帯からの書き込み
おばはん
2017年4月12日 18:14

>迷惑はかけないように
死ぬときは迷惑をかけるものです。だって自分でできないでしょう?
発見されて、検視されて、親族探してもらって、いなければ火葬してもらって、無縁仏としては保存されて。部屋は賃貸なら大家さんが片付けて、リフォームして、事故物件扱い。

「迷惑をかけないように」なんて無理無理。だから、誰かのために「迷惑料」を貯めておくなり、生前契約で死んだ後の手配をしておくしかありません。

ユーザーID:1528182786
50代!?
小春
2017年4月12日 18:51

「迎へる」なんて旧仮名遣いだから、どんな高齢の方かと思ったら、50代なの?

それはさておき。

何度も転職してるのにちゃんと正社員なら、それなりのスキルか資格があるんですよね。
すごいと思いますよ。
誰にでも死は訪れるし、子供は巣立ち、配偶者に先立たれて一人暮らししている人も最期は一人です。
面倒なのは入院かなぁ。
ポックリ逝けたらいいけどねぇ。
でも今はそういう保険みたいなのもあるんでしょ?
暗いこと考えてる暇があったら、そういうのをまず調べたら?

ユーザーID:4334993381
自分の選んだ人生
デコン
2017年4月12日 19:21

あなたがそうしてきたことで明らかに周囲に迷惑をかけてきたんですか?

具体的のどのような理由で転職したんですか?

あなた自身が好きで逃げの人生で生きてきたんですよね。今の時代、我慢は美徳の時代じゃないとも言います。

誰しも自分の最後などわかりません。あなたが自分で納得しているのならいいじゃありませんか。

ユーザーID:8145048490
考えます。携帯からの書き込み
アラフォー毒女
2017年4月12日 23:14

30代ですでに転職4回ぐらいしてます。
スキルアップ目的なので多分逃げてるわけではないのですが…
主さまは逃げてても求めてくれる会社があったのだからいいのではないでしょうか。

結婚してないので老後どうなるんだろうとは考えます。
30代後半で脳卒中になる有名人の方のニュースなど他人事ではありません。
自分なら孤独死してるなと思います。

さみしいですが、結婚してても子どもがいても所詮最後は独りですし。
死んだら死んだあとのことは多分わからないので気にしてもしかたないかーと思います。

多分できることは後悔のないように今を生ききることなのかなと思い、毎日がんばります。

ユーザーID:5521647625
今をどう生きるかが大切
おやじ
2017年4月13日 12:57

同じ職場で勤め続けている点を除けば、私も、ほぼ同じです。

でも、「木枯し紋次郎」や「座頭市」は、現代では存在しにくいですから

>きっと私は布団の上では最後を迎えられないのではないかと思っています。

こんな事は、めったにないと思います。

たしかに、

>私には家族もいませんから、どんな生き方をしても迷惑さえかけなければいいとは思いますが淋しい事です。

そうですね。

>どのように最後を迎へるのだろう

私は、男なので、良寛における貞心尼のような女性が現れてくれないかと夢想しています。

そんな夢を見続けながら、きっと、最後を迎えるのだろうと思います。

でも、「どんな最後を迎えるか」よりも、今をどう生きるかが大切だと、そう自分に言い聞かせて日々を暮らしています。

ユーザーID:2730601957
お仲間〜
2017年4月13日 13:47

きっと生き方下手なんでしょうね・・・

私もお仲間。
仕事は継続してきましたが。

ただ、介護の心配もないんでしょうから、好きに生きましょうよ。
人に迷惑かけないようにして。

なかなか難しいけど、だれしも今しか生きられないんですから。

私は、きっと孤独死かな。

ユーザーID:1376347858
考えることは考えますが・・
レモンスカッシュ
2017年4月13日 17:41

家族に見守られながら病院のベッドで息を引き取るような最期が理想ですか?

私はバツイチで一人息子がいますが、最期は一人でひっそり逝きたいと思ってます。

今、アラフィフですが、私もトピ主さんのように自分の最期について時々考えるようになりました。きっと死が目の前にきたときは、怖くて怖くて震えていると思います。でも見苦しいところを見られるのは嫌だし、やっぱり一人でいいかなと思います。

最期の瞬間って、それほど大事なのかな?誰に看取られるのかで変わりますか?「ああ、いい人生だった」と思えなきゃダメなんでしょうか?

私にはそれほど大したことのようには思えません。人生はどう生きたかが問題であり、どう死ぬかはあまり問題じゃないと思うから。

でもトピ主さんが淋しいと感じるなら、それは今の生活が充実していないんだと思います。周囲との人間関係が希薄なのも原因でしょう。何か新しいことを始めてみたらどうですか?

まだ時間はありますから、変われますよ。

ユーザーID:1437187446
まだ間に合う
むぎぎ
2017年4月13日 20:31

日々、注意深く観察していれば見えてきますよ。
人間の死ぬ時期は、わかります。
たぶん、当人もわかっていると思います。

死んでいく人の姿を、見たこと、ありませんか?
私の(観察)経験では、「あれ、年取ったなあ」と感じて3年。
「顔が変わったなあ」と感じて3月。
「もう死ぬなあ」と思って3週間。
「いよいよだなあ」と思って3日でした。

3年で手厚い介護生活に入ると、10〜20年寿命が延びます。
3月で手厚い介護生活に入ると、1〜2年伸びます。
私の理想は「もう駄目だ」と3週間、見守ってもらうことです。
正確に言うと、生存確認を3週間お願いすることですが。

まずは主人を上手に見送ってから、自分のことを託す人をお願いせねばと、実は私も悩んでいます・・・。

ユーザーID:9198608173
 
現在位置は
です