現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

国際結婚をして育児仕事の両立をしている女性の方々に質問です。

すずめのお宿
2017年4月13日 6:39

国際結婚をして海外で仕事と育児を両立している女性の方々のご意見をお願いします。
海外の現地校(欧州在住です)に子供たちを入学させているので、少しはその国の人間の夫に勉強、宿題、面接などを手伝ってもらいたい、また家事も手伝ってもらいたいと申し出たところ、「女性が家庭に収入を入れていても、家事、教育などの手伝いを夫に頼む権利はない」と言われました。
ちなみにアルコール依存症だった彼をやっと3ヶ月ほど入院させて、これから少しはマシになるかな〜と淡い期待を持って申し出たのです。
夫は死んだものと思って前向きに全てをこなそうと思いますが、離婚となると私の収入だけで子供の将来の教育がきちんとできるか不安です。
一人で全てをこなしている方がいらっしゃったら、どの様な精神と気力で乗り越えて行くか、アドバイスをいただけますでしょうか?

ユーザーID:5132347743  


お気に入り登録数:35
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本

タイトル 投稿者 更新時間
ごめん・・・
ハバネロ
2017年4月13日 15:59

それはちょっと特殊すぎて私や私の周囲の国際結婚カップルと比較できないと思います。
依存症の時点でもうダメですよ。
私が知っているカップルさんたちは、お父さんもお子さんの教育に協力的だし(宿題見たり、工作とかを一緒にやったり)、料理ができなくても皿洗いは担当したり、庭仕事やDIYしたり。
奥さんが専業でも旦那さんが何かしらに関わってます。
それは家事を「負担する」んじゃなくて、二人で(家族で)家庭を築いていくってことなんじゃないかな、と勝手に思ってます。
子供のオムツを替えたことがないという義父も、お皿は洗うし掃除機はかけてますよ?
うちの夫は言わないと気がつかないタイプですが、言えばやってくれるし、子供の現地学校のお勉強は夫が進んでみてくれてます。
収入は私の3倍近くありますが、それで文句を言ってくることもないです。
お酒は飲んで、たまーに飲まれることもありますが、翌日二日酔いでも子供と遊んでくれます。
トピ主さんはいっそ別居したほうが、頼る相手もいないし期待もしないって意味で精神的に楽なんじゃないでしょうか・・・?

ユーザーID:6304683797
夫によりけり
あちゃー
2017年4月13日 17:42

これは国際結婚かどうかは関係ないでしょう。たまたま貴方の夫がアルコール依存症で非協力的なのか、男性優位のような国の方で、周りの男性は同じ価値観なのか分かりませんが、ひどい夫ですね。一緒に暮らしているのに当てにも出来ず、問題ばかりの人って、一緒に暮らすだけで疲れるし、子供にも悪影響なので、長期的に考えれば、さっさと離婚して違う道を歩む方がよっぽど幸せです。でも、それもする気がなく、話し合いをしても埒が明かないのなら、もう何があっても、子供のために毎日ニコニコ暮らすしかないと思います。現地の言葉が子供の教育に必要な分だけ出来ないのなら、プロを雇っては?子供の将来の為なので、それはもう必要経費として出すしかないでしょう。それか皆で日本に戻って暮らすとかね。それなら、夫は一緒についてこない方が良いですね。

ユーザーID:1550594226
私は耐えられなかった
ぺんぎん
2017年4月13日 22:15

似たような夫と結婚していました。でも、夫の場合は生活の非協力に加えて、お金の面でも家賃を折半など最低限の協力しかしてくれず、食費と子供に必要な物はほとんど私が出していました。こんな夫はいてもいなくても同じだと、別れを選びました。収入面は一馬力で下がりましたが、養育費などは弁護士を通して保証されるようになり、政府からのシングル補助は、家賃半分ぐらいの金額をもらえ、口うるさい夫の食事に気を遣うこともなくなり、返って離婚後の方が楽になりました。

何よりも、いなければいないで諦めがつきます。目の前に居るのに何もしないのが一番腹が立ちますし、いるというだけで、周りからの支援も望めません。


ご主人は、金銭面では充分な協力がありますか?国によっては、シングルでも教育費はなんとかなることもあります。私が住む国では、学費も安いし、奨学金も収入が低ければ特別優秀じゃなくても、ちゃんと勉強していれば贈与されます。離婚を勧めるわけではありませんが、いざという時のために離婚後のシミュレーションをしておいてはどうでしょうか。依存症は、再発もありますし、三か月ぐらいで治るものではないと思います。

ユーザーID:1905155348
お母さんさえちゃんといてれば、大丈夫
元欧州在住
2017年4月14日 11:37

ヨーロッパの学校は、日本の学校ほど親の出番はないですよね。運動会とか学芸会とか行事ごとも少ない。お名前シールだの工作の材料準備とか日々の細かい持ち物も、日本に比べたらとっても少ないはずです。お弁当でキャラ弁作る必要もないし、行事で親の手伝いなどが必要だとしても、完全ボランティアで、言葉が不自由な保護者、仕事で協力が無理な親に無理矢理仕事を押し付けられるということはないです。

確かに宿題とか親との面接は不安だと思いますけど、子供は親に頼れないことを知るので、結局現地の子供より生活面でも勉強面でもしっかりしてくるはずです。日本でも、お父さんが事細かく日々のことに関わっていない家庭は多いです。別に問題ないですよ。お金の心配も、大学まで学費が無料なら大丈夫では?日本みたいに塾に行かなきゃ、、って追い詰められないし。

家事分担や子供関係のことは、奥さん側からきっちりルールみたいにしないで、二人で一緒にやろう!と上手に話せるといいのですが。どの国でも奥さんの負担の方が多いのは、世界ほとんど一緒です。

お母さんの不安だけが大きくなりすぎて、子供に伝わってしまうのが一番ダメですよ。

ユーザーID:1209860166
精神と気力では持ちません
おばん
2017年4月16日 6:05

母親だって人間ですからね。たとえ対象を子供に絞ったとしても、与えるばかりでは枯渇しておかしくなりますよ。若くて健康なうちはなんとかなると思うものです。でも、あなたが病気したり、年齢を重ねたりするうちに無理のツケが絶対来ます。

まず、離婚を想定して、現地でどのような福祉政策を利用できるかを調べておきましょう。関連法律にも詳しくなっておいた方がいいです。無料の法律相談とかありませんか。特に財産分与に精通しておくことです。相手が浮気しようが、家庭をないがしろにしようが、警察沙汰になることがない限り、財産は離婚時点でかっきり2分という国もあります。この場合、過去の経済負担が大きかった方は損ですが、法律は常に弱者の見方とは限りません。

あとは、見栄を張らずに誰かに実情を知ってもらうことも必要です。そういう相談相手はいますか。現地にいなければ、日本の家族や友人でもいいんです。とにかく一人で抱え込まないこと。時には泣くことも忘れないで。うまく発散して、ご自分の精神衛生状態を保ってください。

ユーザーID:5391494600
トピ主です
すずめのお宿(トピ主)
2017年4月16日 6:12

こんな特殊なトピにレスをくださったハバネロさん、ありがとうございました。
私の仕事の邪魔をされ続け15年。彼が自由になりたかっただけと分かるまで、時間がかかりました。ただ経済的理由ももちろんありますが、それは私が頑張ればなんとかなると思います。ただこの国で大体あるケースでは親権を半分下手にとられてしまうので、子供達まで崩されるのが耐えられないのもあり(全く教育に興味はないが、親権は欲しい)、子供が自分で選べるようになるまで待とうと決心しています。後3年なのでそれまでにきちんと準備して、離婚裁判に持っていくつもりです。
別居ももちろん考え、提案したのですが、持ち家が半分の権利が相手にあるので、出て行くつもりはないとのこと。
運命だと思って、前向きに子供たちを守ろうと思いますが、家庭内別居とはいえ現実に顔を見合わせなくてはならず、時々心が折れそうになります。

ユーザーID:5132347743
私はすべて一人でこなしていますよ
明日があるなら
2017年4月18日 12:23

家事、育児を一人で背負い、生活費や子供の学費等はすべて私負担、家も私が一括購入しました。しかも子供は複数。

この国の法律は「離婚したら結婚前の財産も含めてすべて折半」ですし、親権はどちらかというと父親側が取るのに有利にな国なので私も離婚しない選択をしました。

夫は基本単身赴任で家にいません。
時々帰って来ても飲んだくれてろれつが回りません。
夫のスズメの涙的給料は義理両親の生活費か夫の飲み代に消えます。

時々帰ってくれなくていいからもう一生帰ってこないで、と家族全員思っています。
夫がいなければ家族全員笑って幸せに過ごしているのに。
子供たちの学校での成績もものすごくよくて、もし私が我慢できなくて離婚なんてことになったら子供たちが大学へ行くお金が無くなるので申し訳ないので絶対できません。

そんな私たちに夫は「離婚して家と貯金全部くれたら親権渡すよ」と。

私たちの場合は一番下が大学を卒業するまであと10年、気合入れてがんばります。
絶対負けません。
その間に私の老後資金だけはせっせと内緒で貯金したいと思っています。

私を支えているのは子供たちの笑顔と理解と優しさです。

ユーザーID:3662573066
チャイルド・プロテクション担当に相談した方が良いと思います
私も欧州在住です。
2017年4月20日 18:16

>アルコール依存症だった彼
>子供達まで崩される
>前向きに子供たちを守ろうと思います

主様お住まいの国の対応&旦那様の現状は分かりませんが、私の在住国なら父親がアルコール依存で子供に害があると思われる場合は保護対象です。逆に子供のリスクが明確なのに、同居を続けていると親としての資質をを問われ、両親とも子供から離される可能性もあります。

>親権を半分下手にとられてしまう
児童保護法に抵触する親の場合、この限りではありません。籍を抜かなくても面会に誰かが立ち会う事になると思います。

アルコールはリハを修了しても、約7〜8割は戻ると言われます。
自分で入手する人もいますが、飲めないと恫喝+暴力で怖いからと依存者の陰にアルコールを買って来てしまう家族や友人等がいる場合も多いです。
これから加齢に伴い中枢神経障害が、顕著になってくる可能性もあります。

健全な家族の元で育っていないお子様は、愛着障害を呈したり、将来、自分が家庭を築く時に一般的な父親・母親像が分からず、親と同じ事を繰り返してしまう事が少なくありません。
お子様達にとって何が一番良いのか、大切か、もう一度良く考えてください。

ユーザーID:1437463881
 
現在位置は
です