現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お洒落を楽しみたいけど勇気がない 携帯からの書き込み

ききらら
2017年4月14日 8:06

30代後半ですが、今まで人生の中でお洒落や綺麗になるということからちょっと逃げ腰で生きてきました。普段のメイクは眉を書くだけ。黒い眼鏡してます。
いつも若いと言われます。ちょっと前に、お客様でプロのメイクさんから、顔がアイドル系だからメイクしてみたい。素材は悪くないと思いますが、
服のセンスもないし(洋服を買いにいくのに緊張してあまり買いにいかない)
できればメイクはしないほうがいいと思っているし、何を着たらいいのかわからないし、、

そんなことを思い続けて今の状態に至っています。夫は わたしに服やお洒落について特に何もいいませんが、センスないことはよくわかっているみたいです。
そのままでいいんじゃない?とは言ってくれますが、もっといろいろ研究してお洒落センス磨いたほうがいいよという感じのことも言っていました。
しかし、何から手をつけたらいいのか…。
雑誌みたりしても頭が混乱するばかりです。
綺麗になりたい、お洒落になりたいという気持ちはあります。
この年であれですが、いまからジタバタしてみようかと思っています。

ユーザーID:9838566370  


お気に入り登録数:36
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本


タイトル 投稿者 更新時間
どんな女性になりたいですか
デュカ
2017年4月14日 11:15

今は別の仕事していますが、アパレル販売員していました。

ますは服から。あまりにも方向性が定まっていない場合。
デパートに行ってみましょう、そして素敵な格好をしているなとトピ主さんが感じる販売員さんがいるお店に入ってみて。
そこのお店の気になるお洋服を一点選んだら、その素敵だなと感じた販売員さんにコーディネイトしてもらってみてください。

もちろん、着たいものと似合うものは違う場合もあります!
でもまずは一回、自分が憧れるような服を全身つけてみるのがいいと思うんですよ。
漠然と雑誌を眺めるより、お洋服屋さんの販売員さんにコーディネイトしてもらうのって、その場で試着できるしわかりやすいですよ。
重要なのは、「自分から見て素敵に見える販売員さんにやってもらう」ことです。趣味の違う人にやってもらってもだめ。

メイクはナチュラルなものから始めよう。
すっぴんメイク何て言われているものって実はすごく手が込んでいたりするんですよ(笑
化粧品のカウンターに行って、フルメイクしてもらってみてください。感じのいいにこやかな接客してくれる人をチョイスして。

あぁお友達だったら!一緒に買い物いきたい(笑

ユーザーID:1266421041
ジタバタを楽しみましょう。
飛べ私
2017年4月14日 11:50

もったいない!
ぜひぜひジタバタして下さい。

ショッピングモールをお散歩コースに3周して
最前列にディスプレイされている中で
これかな?と思えるのがあったら
中に入って
色違いがあるか確認しましょうか。
今年、日本でおしゃれなのは
ふわ袖ブラウス
えりなしオーバーブラウスで
たけは短めで、後ろがやや長くなっている
袖が7部でふんわりビック。

先ずは白から
手持ちのスリムなパンツに合わせてみましょう。

メイクは国産メイカーの対面販売のエリアで
口紅と頬紅でメリハリつけてみましょう。

それを着て美容院
「春なのでちょっとだけイメージチェンジしたいのですが」
とアドバイスを求める。

最後は靴です。
今まで買っていた予算の2倍の靴を買いましょう。

てっぺんと足元が決まっていると
見る人の評価が変わります。

ユーザーID:2500946184
「勇気」は必要
その勇気じゃない?
2017年4月14日 12:01

もしトピ主さんがお洒落をしてすごく素敵になったら、みんな注目しますよ。
お洒落で堂々としている人は、たとえハッタリだとしてもある意味「お洒落してるこんなに素敵な私」を演じている訳です。
お洒落しているのに下を向いてオドオドしてたら全然素敵じゃないですよね?
私はいつもよりお洒落な服を着たら努めて胸を張って背筋を伸ばします。

ユーザーID:7106061954
ヘアスタイル変身、カルチャー1日講座携帯からの書き込み
おしゃれ大好き
2017年4月14日 13:34

暑くなってきたので、まず髪型から変えてみられたらどうですか。

その時に美容師さんに軽く、どんなファッションがいいか雑談程度に訊かれたらいかがですか。美容師さんは美へのこだわりは強いので、何らか得るところはあると思います。


あとはカルチャーセンターの1日講座、または無料体験みたいなのでメイクを実践してみられたらどうでしょう。一回だけですから費用も気楽で、合わないなと思ってもそれっきりですから。


またもしお友達におしゃれだと思う人がいたら、その人に頼んで洋服の買い物に付き合って見立ててもらうという方法もあります。おしゃれ好きな人なら、快く引き受けてくれると思います。

何となくトピ主さんのイメージでは、春夏らしいきれいなピンクや水色のカットソー、またはブラウスと白いパンツとか似合われそうです。それだと全然若づくり過ぎにはならず、とても爽やかです。

ユーザーID:6705949868
まずはファストファッション
neko
2017年4月14日 14:35

まずはファストファッションからチャレンジしてみればいかがでしょうか?

ファストファッションのいいところは
マネキンの服を丸ごと気軽に買える所です。

自分に自信が無いなら旦那様やご友人に見てもらって
そのマネキンの服を丸ごと買ってください。

お金に余裕があるなら3パターン位買えばまず問題なしです。

後はファストファッションに限らず
買った服の中で気に入ったボトムに合うアウターや
気に入ったアウターに合うボトムというように探していきます。

自分で探せないならお店で服を見ていれば
殆どの店員さんが声を掛けてくれますよね?
その時に「このボトムに合うものを探しているのです」と言えば
色々出してきてくれアドバイスも貰えますよ。

メイクは最近ポンポン付きのチークがありますから、まずはチークから。
頬骨の高い辺りでポンポンと載せるだけ。

それに色つきのリップを塗るだけでちょっと明るく見えますよ。
30代後半ならファンデは必須です。
ミネラルファンデという肌に優しいものもありますからね。

そしてマネキンの服を着てメイクをして美容院に行って
「オシャレな髪型にして」でお洒落になれます。

ユーザーID:4829369582
難しく考えない携帯からの書き込み
キティ
2017年4月15日 20:29

中肉中背、綺麗な髪と肌。
これが揃っていればいくらでも変身できると言っても過言ではありません。
苦手意識あるならプロにお任せすればいいのです。
予算決めてデパートと美容院へ!

ユーザーID:3464110299
なんとなく想像できます、トピ主様のお姿
とおりすがり
2017年4月15日 23:31

簡単なことから始めてみましょう。

まずはズバリ「眼鏡のフレームを変えてみる」
カラーフレームで3色ほど取り揃えてみましょう。

次に小物。特にストールなど顔回りのアイテムを買ってみる。
小物なら色や柄の冒険ができます。慣れるまでは廉価品でも結構ですが、できれば上質なものを。

最後に、着慣れたアイテムでも一桁お値段の高い品を買ってみる。
たとえば3万円のリネンシャツ、仕立ては私はよく分かりませんが(すいません)着た時にスっと背筋が伸びるかんじが好きです。何より着ていて心地よい。
2〜3点で良いのでそういった上質なアイテムを着てみるうちに、何か変化が起こるかもしれません。
コーディネートで新規購入はおすすめできません。着回しができず、着る機会が少なくなりそうなので…

ジタバタするくらいなら、自分に馴染んだアイテムで、上質なもの、新鮮な色柄ものなどに切り替えてみるのが、一番気軽で間違いないのではないでしょうか。

あー、メイクですが肌がきれいなら今のままでもよろしいかと。顔のおしゃれは眼鏡に任せましょう!

ユーザーID:4645457940
まだ若い!携帯からの書き込み
大ママ
2017年4月16日 6:19

ファッション雑誌もいいですが、それより、ベルメゾンのような通販雑誌をお薦めします。最近は私の好きな民俗系のスタイルも出てきて楽しく読んでます。
とは言うものの、私は仕事で全国あちこち行きますが、年中作業着で、何処へ行くにも作業着しかないので、時間が空いても何処にも行きたくなく、コンビニや温泉行く以外は、トラックの中でじーっと本を読んでます。

あ、これでは『美』の末梢神経がやられる!と思いつつ、せめてカッコいいツナギでも着よう、と買いましたが、これまた嵌まりすぎて…。夫には、作業着が似合うおばさんもなかなか乙なもんですな、などと茶化されます。『美』の末梢神経とやらは、知らないうちに、唐の昔に茫洋の彼方へ去ってしまった現実に愕然。

諦めて、ツナギや作業着に素っぴんに黒ぶち眼鏡をかけて女を忘れ………たふりをして現在に至ります。
たまに関西で逢うお嫁さんと孫。2才になる孫は、作業着の私なら後ろ姿でも見つけますが、私服だとわからないようです。
だめですね、お互い頑張りましょう、あなたはまだまだ若いんだから!

ユーザーID:5632460268
ハードルの低い物から
事務室のおばさん
2017年4月16日 18:26

かばんと靴の色が合っていると、おしゃれに見えるそうです。

かばんと靴の購入なら、ハードル低くありませんか?
すてきな靴をはくと、気分が上がりますよね。

気分が上がったら、すてきな靴に合う服を買いに行きましょう、なんて作戦はいかがですか?

ユーザーID:8439464143
んー
冷え性
2017年4月18日 13:24

雑誌はおすすめしないです。分厚さの半分は広告だし、変なコーディネートもいっぱいあるし、スタイルのいいモデルさんと同じものを自分が着ても、同じにはならないし。

それよりも一般人がやってる着まわしブログとか、通販のサイトに載ってる、ブランドのお店のスタッフが着用してる写真の方が、等身大で着るとどうなるかがわかるから参考になると思います。その際、身長が自分と同じくらいの人のコーディネートを重点的に見るといいです。

いきなりデパートに行って全身お洒落になろうとするより、パンツだけとか靴だけとか一部分だけ流行りのものを通販で買い、それを着てコンビニにでも行ってみると、気恥ずかしさも消えますよ。今は流行りがどんどん変わるから、高いものを買う必要もないと思います。

メイクは、アユーラの美容部員さんは親切だし、ガッツリ志向のブランドじゃないので行きやすいですよ。エスティーローダーもおすすめです。
でも個人的には、肌が綺麗な人がお洒落なメガネかけて薄いメイクしてると、いいなーと思いますけどね。

ユーザーID:6082569664
最初に
あみ
2017年4月18日 17:45

趣味や習い事にお金使ってみたらどうだろう。

習い事に行くのに必要な服は買うでしょう。

目的に会った服を買うなら、買いやすいかも。

ユーザーID:0466831793
ようこそこっちの世界へ…
くれは
2017年4月20日 18:02

私も30代後半です。そしてずっと、「お洒落はお金のムダ!」みたいな価値観でした(実家が田舎の古い価値観だったからかも)。

でも、「もう私おばさんだけど、ちょっとだけでいいから綺麗に思って欲しいな」と思える人に出会い、気にするになったら、オシャレがむしろ自分のモチベーションになって、楽しいことに気付きました。

漫画家東村アキ子さんのコミックエッセイに「40歳超えたら、おばさん的生活を楽しむのでいいか〜と思ってたけど、オシャレするこっちの世界もまだまだ楽しめるなって思った」というコメントあるんですけど、本当にその通りで。

で、トピ主さんと同じ状況の私がしてることです。
・自分が好きな型を見つけた(私はコンサバ好きでした)
・年代にあった雑誌でメイクの基本を勉強した
・好きな型の服多く扱う通販サイトで目(好き/嫌い/似合いそう)を養う
・まだ洋服は買いに行く勇気とお金がないので、プチプラ(リサイクルショップ含む)のお店で数をそろえ、家でいろいろ試してみる
・家族の感想を聞く。

まだまだ勉強中ですが、こちらのレスを読んで、眼鏡を工夫するのも良さそうですね。

一緒に楽しみましょう。

ユーザーID:8940151690
 


現在位置は
です