現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

肺癌 骨転移あり。 携帯からの書き込み

2017年4月14日 13:28

私の祖母が、肺癌と診断され、骨にも転移してることが分かりました。
何も症状無く元気に過ごしていたので、まさかと思いました。
祖母は83歳。もう結構な高齢者ですが、60代に間違われるくらい若く見えます。よその人が祖母を『おばちゃん』と呼ぼうとして、顔を見て慌てて『奥さん!』て言い換えてたほどでした。
そんな元気で若い祖母が大病を患ってるなんてショックで、毎日癌の事を調べては泣いています。
しかし、実は6年前に肺癌の疑いが既にあったらしく、祖母は自分が高齢なのを理由に細胞検査すら拒否して今にいたってたらしいですが、6年間無症状なのも不思議な話だと医者も首を傾げていたようで。
治療方針はこれから決めますが、『抗がん剤は毒』などの記事が多数で恐いです。
先生は、とりあえず癌に痛みが出た時の薬だけ勧めて、どの薬が負担少ないか体に合ってるか等、免疫や色んな検査を更に行って調べましょうか?という感じだそうです。
もう83歳の高齢なので、出来れば強い抗がん剤を受けさせたくはないのですが……。
完治しなくても苦しまずに残りの人生普通の日々を送ってほしいです。
皆様ならどういう治療を望みますか?

ユーザーID:4962748879  


お気に入り登録数:87
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本

タイトル 投稿者 更新時間
私の父も抗がん剤しないみたい
プチシュー
2017年4月14日 15:35

私の父は73で前立腺がんですが、骨に転移があって、骨の神経を圧迫してる部分だけ取り除く手術をして
前立せんがんそのものは温存、精巣を切除という処置になりました。
抗がん剤を使わなくても、数値が一気に下がってました。前立せんがんは今、そういう処置も多いらしくて。

今、痛い所が無いんですよね?うちの父もなんです。
癌の治療って、年々変わって行くので、医師と相談して、抗がん剤ナシの方が良いとの事なら
それで様子見が良いんだと思います。
痛みが出るとか、同じ状態でも出る症状が違うので、対処も違いますよね。

私の父は初めてのガンが60の時、次は70手前、そして今
60の時は、こんなに早く?!と思ったし、今は、せめて80まで生きて欲しいと思ってるけど
実際に80過ぎても、結局は嫌ですよね。
嫌だと思える相手が居るのは、実は幸せな事かも知れないけれど。

ユーザーID:9897504844
残念ですが
八重桜
2017年4月14日 15:37

身内を肺がんで亡くしました。
残念ながら骨転移もあるということならかなり進んでいるのではないでしょうか。
以前から言われていたのに何もしなかったということですから、それがおばあさまの答えではないですか。
年齢的に、癌だと言われても積極的な治療をせずに静かに過ごしたいという方は多いです。
手術はもう無理でしょうし、抗がん剤も今さらな気がします。
何よりもおばあさまが望まないのでは。

担当医から選択肢を教えてもらい、その上でおばあさまの意志を尊重してあげてください。
私の母は60代でしたが、もう完治しないとわかった時点で積極的治療をやめて緩和ケアに切り替えました。それが母の意志でした。

ユーザーID:7495448231
あのぉー携帯からの書き込み
なつ
2017年4月14日 15:53

83歳の祖母って事は、トピ主さんは30代でしょうか?

貴方が、オドオドして何か変わりますか?

ここで、意見を聞いて多数の方を選択するのですか?

違いますよね?

決めるのは、お祖母様。
お祖母様が決められた事を、家族として支えるしか
トピ主のできる事はありません。

ユーザーID:4379589436
主。続きです携帯からの書き込み
(トピ主)
2017年4月14日 16:36

新たな情報を聞いて補足程度に続き書きます。
先生は『元気だから抗がん剤はした方がいい』と言っていたそうです。

しかし、私が思うにはどれだけ元気でも抗がん剤で免疫システムがズタズタにされるので結局は皆と同じように弱っていくと思うのです。
もちろん、抗がん剤を乗り越えて良い経過を辿っている人もいますが、本当に人それぞれすぎて、悪いイメージの方が大きいので抗がん剤にあまり希望を持っていません。
祖母も、抗がん剤はしたくないと言っていました。
抗がん剤の強い副作用で苦しむ祖母を見たくないです。
しかしこれからきっちり決めていかないといけないです。
本当に難しい問題ですね。

しかし、『元気だから抗がん剤を受けた方がいい』は本当なのか謎です……。

ユーザーID:4962748879
決めるのは患者本人です。
デグレチャフ
2017年4月14日 16:49

>皆様ならどういう治療を望みますか?

先走ってはいけません。
おばあさまがきちんとした判断力をもっていらっしゃることが前提ですが、
どういう治療をするか(あるいはしないか)は患者本人が決めることです。
家族や周りがなすべきは、本人の意思決定をサポートすることだけです。

外科手術で取りきれるのか、そのための体力はあるのか、
外科手術が無理な場合、放射線治療や抗がん剤(薬もいろいろ)治療か、
それらの組み合わせか、副作用の種類や程度、リハビリの難易など
に関する情報を医師や看護師から得て、
患者本人(おばあさま)がそれらを正しく理解して
「こういう治療を受けたい」
「どこまで生きられるかわからないが、命ある限り一生懸命に生きる」
と決断できるようにすること。

繰り返しますが、治療方法を決めるのは家族や周囲ではありません。
患者本人です。

ユーザーID:9905696001
義父の場合携帯からの書き込み
のんのん
2017年4月14日 16:57

 83歳です。一昨年、肝臓癌で一部切除しました。1年後再発。手術はせず、抗がん剤治療に切り替えました。

 合う抗がん剤を試しましょうとの事でしたが、癌を攻撃する以上に身体に負担がかかり
、みるみるうちに痩せて2ヶ月で寝たきりの状態になってしまいました。1ヶ月で抗がん剤は止めましたが、からだは元に戻りません。

 痛みで苦しんでいたわけではなかったので、
抗がん剤治療をしなければ良かったと後悔しています。それまでも、検査、検査の繰返しで大変でした。

 あくまで家の例です。

ユーザーID:6814811734
私も2005年に肺癌が見つかりました携帯からの書き込み
みつ
2017年4月14日 18:19

抗がん剤 手術を一切拒否! 未だに生きています! 医師もびっくりしてます 見つかった時は 6mmでした 昨年は8mmでした! 体に何の異常もありません! せめてオリンピック迄元気で居たいと思ってます 高齢者は進行が遅いので 進まない事お祈り致します。

ユーザーID:1125307663
今後の生活の質が大切
人生相談医
2017年4月14日 21:20

骨転移しているのならば「ステージ4」、既に手遅れで根治不能です。残された方法としては、放射線療法や化学療法の適応の可能性はありますが、副作用必発で、かなりの負担になります。つまり生活の質が低下し、更には死期を早める可能性もあります。私見ですが、年齢を考えると積極的な治療はせず対症療法のみとする、と良いと思います。詳細は緩和治療専門医にご相談下さい。

ユーザーID:4740915040
そうですね携帯からの書き込み
ネル
2017年4月14日 21:29

ショックわかります。私の祖父も、肺癌がわかりました。本人と、祖母のショックを考え二人には、病名を伏せてあります。家は90歳ですが。本人の医者嫌いもあり、家で過ごしています。告知は、されたのですか?それによっても過ごし方違って来ると思いますが。私は、とにかく、自然に、穏やかにゆっくりと時間が過ぎるように願い、好きなことをしてもらっています。どんな形であれ後悔しないように。

ユーザーID:0386085671
癌よりも
チナ
2017年4月14日 22:27

高齢と言う事もあって癌は進行が遅そうですね。
うちの父は癌ではなく、餓死でなくなったと思います。
たまに背中が痛む程度で、わたしが膵臓を疑い病院に行くように頼みました。
そこからすぐに亡くなりました。病院に行かなければもっと長く
生きていたと思います。検査入院として絶食、その後のすぐに大量の食事で
お腹が痛くなり、食事を拒否。そして亡くなりました。
抗がん剤は免疫もさげるようですので、もしかしたら死期が早まるかも
知れません。上手く免疫療法と抗がん剤の少量を上手に組み合わせるのが
いいと素人ながらに思います。こちらは医師でも何でもないので
参考程度に。しかし、病院で絶食のあとに急に大量の食事をとらせたのも
プロの仕業ですから、プロが言う事が正しいかは疑わしい事ですけどね。

ユーザーID:6384791994
もう何もしたくないねん
marin
2017年4月15日 17:40

私の実母もとぴ主さんのお祖母様と同年代ですね。
昨年、眼科系の手術の為にレントゲンを撮ったところ、影があるとの事でCTを撮り
やはり影があるので今は呼吸器科で経過観察中です。
今のところ、何なのかはハッキリせず、肺の端の方なので喀痰検査でも何も出ない
らしいです。これ以上詳しい検査をするとなると、胸を開いて細胞を採るしかない
ないそうなので、様子見…という事です。

数年前に卵巣がんで手術を受けてまして、その時に辛かったのか
「もうええねん。なんかあっても治療はしたくないねん」と言ってます。

肺がんに効果的な抗がん剤もありますが、効く人は劇的に効果が表れますが、そうは
言っても効く人は全体の20%程度、効く人はあまり副作用もないらしいですが、そうで
ない人は副作用もキツイそうです。
なので、本人の意思次第だと思ってます。もう、80歳になるんだし、自分の人生は自分
で決めればいいし、最期はどうあるべきか本人の考えが一番大事だとおもうのです。

緩和ケアに重点を置いての治療を私の親になら勧めるかな。

ユーザーID:9187318146
治療はしない
おうおう
2017年4月16日 0:44

痛みのコントロールはしても、抗がん剤はしないのではないでしょうか。
却って体力を奪うことになると思います。
骨転移をどう考えるか、でしょうが、年齢を考えれば積極的な治療は健康寿命が縮まるだけのような・・・。
おいしいものを食べて、できるならちょっぴりお出かけして、色んな話をして、が一番長生きするかもしれませんよ。

ユーザーID:9454304604
最善を携帯からの書き込み
ちょう
2017年4月16日 9:50

私は、4月10日に、大好きな母親を大腸癌で亡くしました。74歳でした。昨年の12月に見つかってその時はステージ3b。思うような治療が出来ないまま悪液質がたまり天寿を全うしました。

今の医学は発展はしていますが、先生方によっては意見が色々あり、特に癌に関しては、何通りかの治療方針を患者が選ぶというスタンスです。

私の母は元々、病気知らずで元気な時は100歳まで長生きすると言ってたのですが、ちょっと見つかったのが遅かったのかなとも思っています。

癌の治療には必ずリスクはあるので、身内さんで話あって最善策を見つけてあげて下さい。

ユーザーID:0534595468
あなたが怖がってどうするの?
デグレチャフ
2017年4月16日 14:49

あの時に精密検査していたら、早期発見・早期治療できていたらと、
今になって後悔しても誰もトクしません。
時計の針を戻せない以上、本人の選択の結果と受け止めて下さい。

(同居の)ご親族が為すべきは、
(1)癌に蝕まれている部位の特定と進行状況(ステージ)
(2)このまま何もしない場合の余命。→ (3)(4)に影響します。
(3)選択可能な治療方法とリスク、時間、コスト、副作用などの情報。
(4)完治を目指すのか緩和メインかに関する専門家の意見
(5)自力で食事が摂れなくなったなった時、呼吸ができなくなった時に
 どこまで機械的に補助するか。痛みが激しい時、モルヒネ等の
 強い薬を使うことのメリットとデメリット
を医師から聞き出し、患者本人(お祖母さま)に選択して頂くことです。

ネットで情報を集めるのは構いませんが、所詮は第三者、傍観者。
癌と戦うと決めて厳しい副作用に立ち向かっている患者さんが多い中、
>『抗がん剤は毒』などの記事が多数で恐いです。
と書いてしまうトピ主の神経が信じられません。
あなたが怖がってどうするの?です。

ユーザーID:9905696001
母のケース
2017年4月17日 19:45

母は病院へ行った時は肺がん末期で、脳と脊髄に転移があり、手術はできず余命3ヶ月と言われました。抗がん剤も、効果は薄いと言われましたが、たまたま特効薬が合うと分かり、それから1年生きました。次第に特効薬が効かなくなると緩和ケア病棟に移り、自然に3週間ほどで亡くなりました。61歳でした。私なら、その年なら何もせずに自宅で過ごします。抗がん剤は体力も気力も奪う上に、行き詰まって治療が無くなったらどんな状態でも退院しないといけないので、そこからが大変だと思います。私の母は、緩和ケアに入るか自宅に帰るかの二択でしたが、とても自宅で生活できる状態ではありませんでした。緩和ケア病棟がある病院で良かったと思います。

ユーザーID:1898595680
トピ主レス。携帯からの書き込み
(トピ主)
2017年4月17日 23:45

皆様、ご意見ありがとうございます。
自分自身が癌を患ったくらいの気持ちで毎日アタフタしすぎてました。
決めるのは祖母だということはもちろん分かっています。
決めるに当たって、こういう方法もあるだとかこういう場合もあるだとか一人で必死に調べて、アドバイス程度に何か教えてあげれたらな……と思っていましたが、もし医師の指導のまま抗がん剤治療に入り、副作用で弱っていく祖母を見るのがとても辛いので、いつそうされるのかと思うと一人で凄く焦ってしまいました……。
重要なのは生活の質ですよね!
私もそれを大事にして欲しいと思うし、祖母もそうしたいと思います。
病状的にもかなり進んでると思いますが、何も苦痛に思う症状はなく元気に過ごしております。
悲しいですが、もぅ治らないことは心の中で思っていました。
先生は、まずは抗がん剤というけれど、それは意味のある治療なのか?と思います……。
祖母は『癌』と実際に言われると落ち込んでいて、あまりその件に触れてこないので、私も話題に出しにくいのですが、しっかり聞いてどうしたいか確認しようと思います。

ユーザーID:4962748879
代替療法
Faith
2017年4月19日 7:18

料金が高いかもしれませんが、超高濃度ビタミンC点滴療法と言うのを調べてみて下さい。

ユーザーID:4026112659
特効薬
昭和人
2017年4月20日 12:03

4月17日 19:45 塩さんのレスが、次々と登場する特効薬の一般的な姿です。

抗がん剤治療に消極的な人の意見は別として、
開発した製薬会社や、化学療法に積極的な医師の書く報告でも、
注意深く読めば、特に肺がんでは、塩さんのレスが実態なのが読み取れます。

1年弱の、完治する可能性ゼロの闘病のために、
どれだけの体力と費用をつぎ込む覚悟かが、決断の鍵です。

トピ主祖母さんは、決して「早期発見、早期治療」を怠ったわけではありません。
6年以上、無症状で快適な生活を送ってこられたことは、立派な健康管理の結果です。
たとえ6年前に積極的に治療を始めたとしても、今日までの生活品質を維持できたかどうかわかりません。

ユーザーID:2527238593
 
現在位置は
です