現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

実力と格差

class
2017年4月15日 16:39

格差社会の是正に関しては、よく言われ続けています。
格差が広がるということは、一体何がいけないのでしょうか?
実力の結果として「差」が出ることは自然であり、実力に差をつけない方が不自然です。
格差社会を正したいという事は、実力を認めないという事なのでしょうか。
ちょうど子供が受験生ですが、学校自体がランク付けされています。
もうすでに教育格差が始まっています。
親として子供をいい学校に行かせたいのは誰もがそうだと思いますが、
その行動こそがまさに格差を生んでいると思えて仕方ありません。
格差を受け入れる社会のほうが、その人の価値観で幸せになれませんか?

ユーザーID:1594989941  


お気に入り登録数:110
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:84本

タイトル 投稿者 更新時間
挽回が効かないほどの大きい格差は社会を不安定に
トンガリコーン
2017年4月15日 17:17

いや、完璧な平等ってまあ無理ですから。
だから格差は織り込み済みでいいんですが、
あんまり格差が開くと、本人の努力じゃどうしようもなくなって、
次の世代にもズーッと引き継がれていくしかなくなるんですよね。
したらば、最下層の人(格差の大きい社会はここが一番多くなるんだな)が、絶望して自暴自棄になって、行動が荒れるのでね。
社会が不安定化しちゃうんですよね。
それがまずいなという事だと思いますが。

ユーザーID:4389671576
下層にも実力のある人がいるのよ携帯からの書き込み
おばば
2017年4月15日 17:20

教育を十分に受けられていない。
社会に出てから、日本独特の周囲圧力で能力を潰されている。

等の理由で格差社会の下層の人々でも充分に能力を発揮できない人がたくさん埋もれています。

だから、格差社会はイコール実力社会ではないのです。
実力の評価だっていい加減ですよね。

この程度のことは、高校生だってわかる現実です。

もっときちんと冷静な目で社会を見ましょうね。

ユーザーID:0259398943
具体的に携帯からの書き込み
ねこ
2017年4月15日 17:27

「格差を受け入れる」とは具体的にはどんな事をどんな風にですか?

まずは具体例をあげて下さい。

ユーザーID:4811816976
もう少し想像力を
ナルト
2017年4月15日 17:31

同じ「日本」と言うコミュニティに住む人々の間に行き過ぎた貧富の差が広がるとどうなるとどうなると思いますか?一言で言うと、社会が不安定になりますよ。

一部の地域がスラム化するなどの治安上の問題、十分稼げなくて生活保護に頼らざるを得ない人々の増加など...これらは全て国や地域の財政上の問題となって、格差社会の「勝ち組」の人たちにものしかかってくるでしょう。

ある程度の格差は自然のことでしょうが、今問題になっているような子供の貧困による教育格差などの「貧困の連鎖」は、巡り巡って、結局この国に住む人々全体の問題となっていくのです。

ユーザーID:5407490986
相対評価で貧富の差が決まる社会携帯からの書き込み
2017年4月15日 17:32

格差社会は、例えば、100点満点のテストをして、得点に応じて順位をつければ1〜100位になります。良くないと言われる格差社会は、1〜10位だけ先生から誉められて、11位以下は先生から劣等生と怒られるばかりに加え、赤点が60位以下40人もいるような学校です。

格差社会でない社会は、順位でなくテストの点数で誉める先生の学校です。
1〜10位の人は95点以上ばかりなので優秀ですねと特別に誉めますが、11〜30位の人は80点以上なら良くできましたと認め、31〜70位の人は合格点以上ですから良いですとし、70〜90位でも赤点にはなりません。
赤点は90位以下の11人だけで、先生はこの人たちには補講したり、家庭訪問したりして特別に支援します。

前者は1〜10位の人は荒れたクラスで勉強しなくちゃいけないし、11〜59位の人は正当に能力が認められてないと不満を持ち、60位以下は将来に全く希望が持てません。
後者は、せいぜい1〜10位の人がもっと崇められてもいい、もっと認められていいはずと思うくらいで、ほかの中流大多数や、別に崇められなくても富を独占できなくてもいいと思うエリートは平和です。

ユーザーID:1340887914
勘違いです
良い子の父
2017年4月15日 18:02

自由競争の社会ですので勝ち負けがあり当然格差はできます。

ただ自由競争と言っても最初からハンディを負っての競争は良くないということです。

例えば家が貧乏なため寝る間をおしんでアルバイトをしながら勉強をしている子供と親が金持ちで沢山の塾に通い十分な教育を受けている子供。

子供には環境を変える力はなく両者の競争はやはりフェアーでないと思います。

教育格差については少しでもハンディをなくす方向の努力が必要だと考えています。

ユーザーID:7600064809
格差の弊害
無常の風
2017年4月15日 18:06

実力の差が格差であれば問題無いでしょう。しかし、親の富の格差が、子の富の格差を拡大させていく現実があるのです。もっと言えば、富める者は世代交代しながら富んでいき、逆に貧なる者は世代交代しても、貧から抜け出せなくなることです。

江戸時代の後期のデフレ100年がそうでした。明治維新になって、何とか解消する方向に向かい、現在に至っています。しかし、現代もまたデフレの時代となり、今まさに世代交代しながら格差を開こうとしているのです。

ユーザーID:8761080050
チャンスがない社会…
萩子
2017年4月15日 18:17

支援が望める社会ならいいと思います。
全ての立場でチャンスがあればいいと思います。

私立大学に奨学金を借りて入学して就職できればいいけれど就職出来なかったら…
やっと派遣会社に就職したけど、不安定な収入体系で奨学金返済に黄色信号…
未来は絶望的です。

昔は中学を卒業したら集団就職で上野駅に降りた若者が大勢おりました。
貧しい家庭の子供達は親に見送られて、東京を目指したのです。

一方で貧乏から逃れるには学歴しかないと、必死に勉強して国立大学に入学したり、授業料免除という数少ない特待生を目指したり…

昔の日本人には格差を受け入れる潔さがあったということですかね…

ユーザーID:7917196302
生まれたときから携帯からの書き込み
一味
2017年4月15日 18:35

生まれたときによーいどんだったらいいのですが、持つもの持たざるもの、格差があります。
理不尽だと思います。

私はそんなどうしようもない格差はある程度是正されるべきだと思います。

ユーザーID:8167606512
もっと勉強を
貧乏おやじ
2017年4月15日 18:49

格差社会の意味を調べてみては?

トンビが鷹を産みまして
息子は県下一の進学高へ行きました。
同級生の職業を聞くと
医者、弁護士、上場一部の重役など大学出の高収入の方がほとんどでした。
息子は工場作業員の私の職業を言えなかったそうです。

教育費が無いと頭が良くても塾などの教育機会が得られずに実力が発揮できないことが有ります。

classさん 実力が有ればランクは上がりますよ。

ユーザーID:3174054404
受け入れられないから
くものす
2017年4月15日 19:32

「格差を受け入れる社会」で、みんなが格差はあるけど仕方ないよなと思えるのなら、トピ主さんの言うような社会で安定するかもしれません。

でも実際は、必ず受け入れない人が出ますよね。
格差が広がれば、それだけ詐欺、泥棒、強盗などをせざるを得ないところへ追い込まれる人も増えるので、本来ならなんとか踏みとどまっている予備軍の犯罪率が上昇し、結果として犯罪の多い社会になるでしょう。

しかも、資本主義社会の場合、資本財を持っている人のほうが、より多く利益を獲得できる仕組みなので、それで利益を得た人がさらに収益性の高い他の事業を買収するなどしていくと、最終的にはごく少数の非常に裕福な人と、大多数の食べていくだけで精いっぱいの人々の社会になってしまいます。
そうなると当然、裕福な人は常に生命の危険にさらされるでしょう。実際、多くの革命は食料や資産や権力の分配不足が原因です。

格差が広がるのを放置することは、社会を不安定化させるので、ある程度の格差は認めつつ、税や社会福祉でこれを是正する手段を取ることで、より安定した社会にすることができ、結果としてそれは実力のある人たちにも利益のあることなのです。

ユーザーID:4307898136
多数の人々が「それなり」に生活できる社会が安定する
チュン夫
2017年4月15日 19:44

格差が広がっても上層の人が裕福になるだけなら、さほど問題はないと思います。

下層の人(貧乏な人)が増加し、日常生活に困る人が多数になると社会が成り立たなくなります。

人によって実力は違いますから、「実力のある」人は裕福になれば良いのです。問題は「実力が普通の人」「実力が劣る人」を社会的にどう処遇するかです。

高度成長期は「実力が普通の人」も正社員として就職し、それなりの給与をもらえました。衣食住にも事欠かず、病気の治療費も払えました。自動車も持てました。税金もそこそこ負担して、生活に困る人をみんなで助ける余裕がありました。

ところが、今は「実力が普通の人」(いわゆる中間層)の収入が減っています。従来、正社員になれたはずの人が、非正規になり、少ない収入の人が多くなっているようです。

それでは、自分の衣食住もきちんと賄えず、税金も十分に払えなくなります。今まで、下層の人を助けてきた中間層の人々が助けられる側に変わってきます。

裕福な人が増えたからといって、そんな全員を助ける余裕はありません。その人々に「食べるな」とも言えません。結局は社会が歪み、大多数が暮らしにくくなります。

ユーザーID:5604502695
格差が進むと自立できない人が増えます
チュン夫
2017年4月15日 19:56

>親として子供をいい学校に行かせたいのは誰もがそうだと思いますが、
>その行動こそがまさに格差を生んでいると思えて仕方ありません。

みんなが完全に平等になるのは不可能だし、実力も個人個人で違うので、良い学校に行かせることが「格差を生む」とは思いません。

>格差を受け入れる社会のほうが、その人の価値観で幸せになれませんか
今までもみんな受け入れてました。でも、今までは、有名大学を出てなくても、そこそこの生活ができて、家族を養うこともできました。

今は、そうではないと思います。そこそこの生活もできず、家族も養えないから、独身者も増えて、少子化にもなっています。

最下層の人はみんなで支えないといけません。そのためには従来の中間層(普通の実力の人)が家族を養え、子供を育て、最下層の人達も支えられるように税金も払えるようにしないと、多数の人が支えてもらう側になってしまいます。

要は、「普通の実力の人」「実力が劣る人」もそこそこの給料がもらえて、自立できるような社会をどうやって作るか(=格差の少ない社会にする)に、かかっていると思います。

ユーザーID:5604502695
個人的意見だけど携帯からの書き込み
0909
2017年4月15日 20:18

社会保障がしっかりしていれば問題ないと思います。
けど、今の日本は物価に比べて社会保障が薄いから一見普通に暮らしているように見えて貧困だったりしますよね。

上場企業に勤める旦那がいてアパート住まい自宅通学の大学生がいる家庭では奨学金を最大限度額で借りても食事を三食食べられないと愚痴をこぼしてるのを耳にしました。

この格差社会は問題だと思います。

ユーザーID:3953070326
レスします携帯からの書き込み
高菜おにぎり
2017年4月15日 20:43

いくら学力があっても経済的理由で、学ぶ機会を得られない人がいること。技術や資格を得る訓練や試験さえ、経済的理由で諦めなければならない人がいること。
奨学金?国立大学?職業訓練校?いやいや、家庭が貧困で、学費どころか生活費の為に、10代から働かないとならない人がいるの。
努力する気持ちも学力もあるから、学ぶ事さえ出来れば貧困から抜け出せるのに、とにかく働かないと生活できないから、学歴も資格もないまま働かざるを得ない。
だから、そういう人達が貧困から抜け出す為の支援や仕組みが必要だと言われているのです。

ユーザーID:6019545446
ほぼ同意携帯からの書き込み
なな
2017年4月15日 21:04

そう思いますよ。
所謂。貧困層。親が色々とやらかしてエラい目にあった子供時代。
私はこの生活この貧困層から抜け出したくて高校卒業して直ぐに社会人に(賛否両論あるかな)。正社員6年で辞めて専門職で派遣に。派遣も常に「一番稼げるのは」と考えてメチャクチャ勉強してキャリアを積んで20代後半で時給は3000円以上レベルに。残業も文句一つ言わずにこなせば月給は60万超え当たり前。
コツコツ貯めた貯金は仕送りをしてても高卒でも30才の時点で1500万。
沢山勉強してステップアップして高卒と蔑む人を押しのけて某外資に転職して2000万プレーヤーに。
格差って何?格差があったから頑張った。
ここまで稼げる様になると所謂富裕層と接する事も増えたので「育ち」の差は歴然。
でも認められてはいる。
結果、そういう層の人との付き合いが増えて高卒を先入観で見ない夫と知り合って結婚。今はW介護で見た目専業だけど、お金がお金を稼いでくれる。独学だけど。
因みに内部障害があります。格差格差言う人、甘えるなって感じです。

ユーザーID:1797421327
基本的には…携帯からの書き込み
会社員
2017年4月15日 21:38

実力と格差があること前提だからこそ、「平等」であることが理想として掲げられているのだと思います。

ご存知の通り、人の世の中だけではなく、生き物全部、進化することの前提が、弱肉強食、自然淘汰です。

ほっとけば普通に格差は広がり、実力のない人は自然に淘汰されていきます。
しかしながら、実力のない人にも、産まれてきたからには生きる権利があります。
実力のない人用のセーフティネットは必要です。

学校教育以前に、産まれてきた時点で家庭環境など、人は平等ではありません。
格差が存在してます。

ユーザーID:1845966068
いいんじゃないですか?
p-Ko&Love
2017年4月15日 22:06

世界の富の8割以上が僅か数パーセントの人に集中していることに違和感ないならいいんじゃないですか。
ある程度富が集まると富を使って不正がまかり通って富んでる人しか富まなくなる社会がいいと思えるんならいいんじゃないですかね。

ユーザーID:7768262833
努力と選択の積み重ねの結果
ばーさん一歩手前
2017年4月15日 22:37

当方、米国都市でバリバリ働くものです。

こっちでも同じようなことが話題になります。よく聞くと文句を言っているのは、行政に頼って生活している人、学歴が低くて収入が低い人です。

一生懸命学歴を積んだり資格を取って頑張って働き、税金を払っている私たちはあなたと同じ考えです。日本はまだ「恥」というものを知っている文化なのでマシですが、こっちは行政に頼る人たちが我が物顔で文句を言いまくっています。

米国では税金を払っていない国民がなんと半数近く。私は外国人ですが、所得税は40%近くでボーナスをもらっても半額近くまで減り、その税金でそれら文句を言うばかりで働かない人たちを支えているのです。

そんな中で「格差」とか。ほんと、笑っちゃいます。そういうこと言う人は共産圏へ行ったらいいのではないでしょうか?  自分の能力に関係なく同じ給料がもらえるんじゃないですか?  

現在の格差は、生まれてから今までの努力と選択の積み重ね。ズルでも何でもないと私も思います。

ユーザーID:1474994999
ただの意見ですが
サブプライム
2017年4月15日 22:45

こんにちは

今の社会、基本的に変だなというのが感想です。
格差についていうと、数年前に山田某という大学の先生が「格差社会」という本を出してから、なんでもかんでも格差といわれるようになりましたね。

もし差異(格差)がないということは、どんな人も”いつも”同じ扱いが保証されるということですが、人類始まって以来そんな社会はありません。
すると格差はいけない、といういま日本でまかり通っている理屈は”ないものねだり”ということです。
なぜこんな議論が横行するのか、よく考えるのもおもしろいかもしれません。

ユーザーID:6553558298
 
現在位置は
です