現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

海外赴任に猫を連れて行きたい

桜並木
2017年4月18日 16:25

海外に支店のある会社で働いています。
年内に海外赴任の話が来そうです。
赴任は2度目なので生活に関して不安はありません。

昨年から保護した猫を飼っているのですが海外に一緒に連れて行きたいと考えています。
色々調べ始めましたが、実際に海外に一緒に連れていった方がいたらお話聞かせていただけませんか?
ちなみに私一人です。

赴任して家が決まるまでホテル暮らしとなりそうなので一旦妹に預かってもらおうと考えます。
家が決まったら猫を引き取りに一時帰国するかできなければ妹に赴任地まで連れてきてもらおうかとも思案します。

ユーザーID:2398047063  


お気に入り登録数:67
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:24本

タイトル 投稿者 更新時間
猫ちゃんの年齢を考慮
ゆゆ
2017年4月18日 22:19

昨年保護したとの事なので、まだ若い猫ちゃんですかね?
なら順応性も体力もあるし、問題ないと思いますよ。

過去住み替えはその期間なら、まだ経験ないのでしょうけど、
保護された施設(及び外猫)からの引越しはしてるんでしょうし、大丈夫と感じます。

1回で良いので、予行演習的に、どなたかの家で過ごしてみて、
(家族などの協力を仰いで)その子のストレス度が計れたら良いんですけどね。

大変だとは思いますが、主様にエールをおくります。

ユーザーID:4750189561
国によりますよね
いぬこ
2017年4月18日 22:52

私は猫2匹を連れて海外赴任しましたよ。そして2匹連れて帰ってきました。検疫とか出さなくてはいけない書類とか、かなり面倒です。打たなくてはいけない注射もありますし。引っ越し業者に相談窓口ありませんか?あと、お金もかなりかかることを覚悟なさってくださいね。うちの場合は検疫費用など込み込みで、30万近くかかりました。

ユーザーID:2625365600
赴任国のペット輸入手続き
海外生活30年
2017年4月18日 22:54

今まで犬を連れて3か国に行きました。
どこの国に行くかはっきり分からないので、いつも4か国位赴任の可能性のある国の動物輸入にかんして調べています。

とぴ主さんの赴任される国が解らなければアドヴァイスが的確にできません。

国によってペットの輸入に関する条件は違います。
マイクロチップと予防接種は絶対ですが、
接種から一定の日数を経ていないと入国できないとか、抗体検査してから4か月以内に入国とか。
入国後、絶対検疫所で過ごさなければならない国とか(餌代としてお金がかかります)。

ユーザーID:5761672684
滞在期間と国が分からないと
スージーおばさん
2017年4月18日 23:07

赴任先の国、そこまでたどり着く時間(飛行機の直行便があるか、乗り換えは何回か)によって猫のストレスが違います。
以前成田からサンフランシスコまで猫を連れて乗っていたアメリカ人をヘルプしたことがあります。
機内持ち込みだと本当に小さなケージに長時間入ってるわけですから可哀想なことは可愛そうです。
猫とスーツケースを抱えて検疫を受けるので独りだと大変だったのでお手伝いしました。
赴任先でペット可の物件が直ぐに見つからない場合もあるので一緒には行かないでください。

私だったら2年以内の勤務だったら連れて行かないです。
現在日本に再入国する際の規則が以前より面倒になっているので、そちらの方も国によって違ってくるので詳しく調べてください。

ちなみに私は小型犬を連れてヨーロッパからアメリカに引っ越しをした経験があります。

ユーザーID:2716868479
知識や経験はありませんが
ぽっぽ
2017年4月19日 0:17

保護猫ちゃんを海外赴任に一緒に連れてってあげるように考えて頂くほど
大事に考えてもらえてるのが嬉しくて、応援したくて出て来ました。

桜並木さんも、猫ちゃんも健康でハッピーに暮らせる方法が見つかるよう
応援します!!

ユーザーID:9998925997
情報が少なすぎます
ねこのママ
2017年4月19日 7:34

ずいぶん前ですが、猫を連れてアメリカに引っ越してきました。日本からアメリカへの場合は比較的簡単ですが、国外から日本に戻ってくるのは大変ですよ。日本の動物検疫は厳しいので...

主さんにお聞きしたいのは、どの国あたりになるのか?その期間はどの位か?猫ちゃんの年齢や健康状態等がわからないと、いいアドバイスはいだだけないかと思います。

私の猫は13歳で高齢でしたが、こちらに永住するため、猫に頑張ってもらいました。ちなみにその当時猫もキャビンに一緒に乗ることが出来、私の隣にキャリーバックのまま10時間をこえる長旅でした。

まだ色々な事が決まったわけではないのですよね?他の方の意見も参考にして、よーく検討してくださいね。猫ちゃんにとっても、飛行機での移動はリスクが大きいので。

ユーザーID:9920210350
我が家の猫は携帯からの書き込み
まっくす
2017年4月19日 9:22

我が家の猫は、元々外国人のご家族が飼われていました。
そのご家族が急遽アメリカへ帰国することになったのですが、アメリカへ連れて行くには検疫に半年預けなくてはならず、それはあまりにもかわいそうだと泣く泣く日本での飼い主を探すことになり、私が引き取ることになりました。
赴任される国によって異なるかもしれませんが、まずはお調べになってはいかがでしょうか?

ユーザーID:6843640574
良いと思います
リオナ
2017年4月19日 12:55

私は犬ですけど連れて行きました。
2年間の赴任でした。
私にとって大事な家族ですので。
連れていって後悔はありません。

ユーザーID:9599217523
簡単に連れて行けません。帰国時はさらに大変です。
匿名
2017年4月19日 13:11

どこの外国かわかりませんが、農林水産省動物検疫所成田支所旅具検疫第一課に問い合わせましょう。

仮に外国に連れて行っても、次に日本に帰る時にはさらに大変です。昔は成田の検疫所で数ヶ月留置きになったのですが、その間に死亡する犬猫があり、現在は次のように変わりました。

猫でも狂犬病の予防接種が2回、予防接種後の血液抗体検査をその国の指定検査所で検査し、その後180日間自宅待機。さらにその国の指定期間,農林水産省のような期間にこれらの書類を提出し証明書を取得。これらを予定帰国日の45日前に終わらせ、成田の検疫に郵送します。

飛行機は貨物室になります。部屋は暗い個室のようになっていますが、エンジンの音がうるさく不安定な状態に置かれます。冷暖房はわずかに効くようですが、夏の持ち込みを禁止している航空会社もありますから、その程度ということです。

数年の海外赴任ならご家族に置いていくことを勧めます。

ユーザーID:8069823049
2か所連れていってます
ぷぷ太
2017年4月19日 18:11

アメリカとシンガポールにメス猫1匹を連れて移動しました。

トピ主さんの猫ちゃんが健康であればきちんと準備をすれば可能です。

ただ海外の空港のセキュリティではキャリーから出して一緒にゲート?をくぐらなくてはならないのが難点です(私は次回の帰国のために闇雲に走って逃げないようにするため「落ち着くネット」というものを買いました)。

また貨物扱いにするか手荷物にして機内に持ち込むのかで手配も変わってきます。

私は機内持ち込みが可能な航空会社にしていますが、猫アレルギーの方もいらっしゃるので配慮が必要です。機内でも注意しながら同行させていますが、私の場合ラッキーなことに、3回とも特に問題もなく移動することが出来ました。

まずは「動物検疫所のペットの持ち出し」をご覧になってみてください。
応援しています。

ユーザーID:6365601868
動物検疫を調べてください
猫目線
2017年4月20日 0:46

猫を連れて行くということは、ただ飛行機に乗せて連れていくことではなくて、
猫を日本から輸出して、その国に輸入するという手続きが必要となります。

そして、その手続きは相手国によって違いがあるのでそれを調べることが
先決になります。

私が猫をアメリカから連れて帰った時は、

1 マイクロチップの埋め込み
2 狂犬病の予防注射を2回
3 血液検査(政府指定の施設に限る)
4 その結果を内務省で確認してもらう
5 それらの書類を日本の動物検疫に送る

などの手続きが必要で最低でも7ヵ月位かかったと思います。

それから、機内に同伴させてくれる航空会社の方が安全だと思うので
それも調べてください。

ユーザーID:2857564424
場所によるのでは?
あざらし
2017年4月20日 1:26

うちも海外転勤で猫を連れて行きましたよ。
うちの場合は北米です。

大事な大事な愛猫なので、私も家が決まった後に迎えに行きましたよ。
客席に一緒に乗せていける航空会社を選びました。

ヨーロッパ、オセアニアだと客席には一緒に連れて乗れないなど、国によって
規制が違うので、国名を書かないとみなさんアドバイスのしようがないと思いますよ。

日本を出国する前の手続きが面倒でした。

ユーザーID:1946806850
動物検疫所のサイト
いいニャン
2017年4月21日 2:08

動物を海外に輸出する場合のことが書かれていますから、チェックしてみてください。
だいたい狂犬病の予防摂取が必要なのですが、注射後の経過日数が必要だったり、血液検査が必要だったりしますから、年内の引越しでしたら今から調べておいた方が良いですよ。

ユーザーID:1721509617
情報が少ないよ
モネちゃん
2017年4月21日 8:28

まずこういう相談をする時は、もう少し詳しい情報を載せた方がいいと思いますよ。どの国からどの国への移動ですか?そこをハッキリさせたら、より具体的な経験者からのアドバイスが来ると思います。 国によってペット輸出入プロセスも条件も異なるからです。トピ主さんは日本からの赴任だと思われますが、その海外の支店とやらは一体どこにあるのですか?

私自身は最近北米から日本へ愛犬を移動させましたが、ペット輸送業者を利用しても大変なストレスがありました。狂犬病のある国からの移動は厳しいからです。狂犬病フリーの日本からの移動はもう少し楽かもしれません。まず動物検疫所のサイトを見て、日本側及び輸出先の国が挙げている条件をチェックされて下さい。利用する航空会社のペット搭乗規約も調べて下さい。個人的な経験ですが、高額なペット輸送業者を利用しても自分達でやるべき事も結局多く、業者の書類タイプミスなどもあり余計なストレスでした。全部自分でやれば良かった。

猫ちゃんはマイクロチップは入れていますか?移動に使うケージは早めに手に入れて、慣れさせた方がいい。落ち着かせる薬を与える事を禁止する会社も多いです。

続きます

ユーザーID:2485289223
情報が少ないよ 2
モネちゃん
2017年4月21日 8:43

搭乗前は、個人的にも精神安定剤の使用はオススメしません。ただでさえストレスの多い状況下に置かれているだろうペットに、普段飲みなれていないお薬を与えるのは怖いからです。寒さ対策と揺れた時のクッション効果、また粗相した時のスポンジのためにタオルやフリースなどを入れますが(利用する航空会社が禁止していなければ)、数日前からトピ主さんが一緒に寝たりして匂いをつけておいてあげるといいかも。

移動する日は一旦ケージに入れられたら到着&検疫が済むまで猫ちゃんは出てこれません。ケージドアの隙間から与えてもらえるように、ジッパー付きの袋に入れて猫おやつをケージ上に張り付けて置くといいと思います。

もし何か質問があれば、例えそれがちっぽけなものでも、利用する空港の動物検疫課や赴任先の動物輸出入管轄にメールして聞いて下さい。特に日本側は驚くほど早く、丁寧な返事をくださいます。

猫ちゃんにとっては国際的な移動も、新しい住居へ慣れるのも大変なストレスだと思いますが、大好きな飼い主と一緒に生きていけるのは幸せだと思いますよ。頑張ってあげてください。

ユーザーID:2485289223
ありがとうございます
桜並木(トピ主)
2017年4月22日 9:25

トピ主です。
経験談をお話しいただき有難い限りです。

行き先は未定です。
希望しているのはフランスですが、商社なので世界どこでも可能性はあります。
アジアや中東、中南米も可能性はあります。
前の同僚で、現地で猫を飼い、連れて他の国に転勤して、それから帰国した人もいます。
その時は確か日本で半年はどっかに預けられると聞きましたが当時は関心なかったのでよく

タイに猫を連れていって3年後に連れて帰ってきた方のブログを読み、何とかなるのかなと思ったりもします。

猫はもう大事な存在で家族なので手放すことは今の所全く考えていません。
むしろ猫を連れて行けない国だったなら海外赴任は断るかもしれません。

引き続き経験談や周りに連れて行った方をご存知の方からのお話をぜひお聞かせください。

ユーザーID:2398047063
行き先によりますよ。
あざらし
2017年4月25日 8:54

うちも大事な猫がいるのでお気持ちわかりますよ。
うちも猫を連れて行きましたが、もし連れて行けない国だったら
私だけ猫と一緒に残る気持ちでした。

連れて行けるかいけないかは、行き先によると思います。
私は、猫を貨物室に乗せるのは絶対に嫌だったので、一緒に客室に持ち込める飛行機を選びました。
大きい猫だったので、飛行機会社選びに難航しましたよ。
日本は狂犬病に関しては清浄国なので、出発日から6ヶ月以上日本に住んでいた証明がとれれば問題ないと思いますが、それでもだめな場合、相手国から猫ちゃんだけ拘留を6ヶ月受けるかもしれません。

やっぱり行く国によるとしか言えません。
でも今のうちにマイクロチップ入れたりなど、準備はできると思います。

ユーザーID:1946806850
16歳の猫と帰国しました
高齢猫のママ
2017年4月25日 14:36

我が家の場合、家族に預けるという選択肢はなかったので、11歳の猫を米国へ連れて行き、帰国は16歳を過ぎてからでした(もうすぐ17歳!)。特に持病はありませんが、年相応の健康状態です。

日本の出入国については、必要用件を満たしていれば問題ありません。日本帰国が少し大変ですが、動物検疫所に問い合わせながら、必要な処置を行い、不備のない書類を揃えれば、成田係留期間無しで帰国できます。

できれば直行便で、猫ちゃんを手荷物扱いできるフライトを選ぶと良いです。貨物扱いになると、輸入検査に時間がかかるそうです。

年内渡航予定であれば、マイクロチップと狂犬病予防接種を済ませておき、渡航予定先の入国用件を調べておくと良いと思います。

頑張ってください!

ユーザーID:3083296179
猫ちゃんにとって一番安心できる場所は、、
匿名
2017年4月27日 13:17

猫ちゃんをちゃんと見てくれる人がいるところ。
妹さんに面倒を見てもらってはどうでしょうか?

あなたが連れて行っても連れて行く準備、そして次にまた日本に連れて帰るのに検疫で最低半年はかかるのです。それにあなたは赴任先で昼間は仕事で家にいないのでしょう。そして、猫ちゃんのご飯は市販のペットフードだけでしょうね。魚を食べさせたり、胸焼けを抑えるための草を食べさせたり、体の熱の取るために土の上を歩かせたりすることもできないでしょう。あなたのわがままのために連れて行くようなもので猫ちゃん、ストレス最大限の飛行機に乗せられて幸せなんでしょうか。

もし、どうしても猫が飼いたいな赴任先でアニマルシェルターから子猫を引き取ってはどうですか?そして、その猫ちゃんを日本に連れて帰って来ればいいのではないでしょうか。

ユーザーID:8069823049
国による
おばば
2017年4月28日 10:46

転勤族です。
国によると思いますが、今まで赴任した国ではワンちゃんもネコちゃんも連れて来ている方多かったですよ。
赴任が決まっておられるなら国から検索をするとルールや手順なんか普通に出てくると思いますよ?
それから、赴任者や帯同の奥様でブログをされてる方は本当に多いです。検索をしてみてはどうですか?特にワンちゃんネコちゃんの飼い主さんは手順なんかを詳しく載せてる方が多いですよ。

ユーザーID:0459155638
 
現在位置は
です