現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「全ての事には意味がある」の真偽

野路
2017年4月20日 10:49

先日、友人3人と会話していました。
一人は御主人がクモ膜下出血でリハビリ中、一人はお子さんが長年引きこもり、一人は心臓が弱く入退院を繰り返し、私自身は癌闘病中。全員50代前半です。
揃って人生の苦境にたち悩みが多いですが、その反面、私も含め今まで気づけなかった大切な事を身をもって知り、苦境を乗り越えて経験を糧に少しでも人として深く豊かになれればと願っています。
しかしながら、その会話の中で、「全ての事には意味がある」「神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない」という言葉がしばしば使われ、私以外の3人は深く同意し納得しているようでした。
私のみが何だかきちんと理解できぬまま、かといって異論を唱えるほどの考えも纏まらぬまま、その日は楽しく会話して別れました。
それ以来その時の言葉が頭の中から消えず、理解できない自分は何か根本的におかしいのではないかと思うように・・・。
どちらもよく使われる言い回しですが、どうしても理解しきれません。
世間にあふれる小さな子が巻き込まれる悲惨な事件・事故を考えると、ご本人やご家族に、同じようにこれらの言葉を当て嵌めることは出来ないように思えるからです。
「全ての事には意味がある と思いたい」「神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない と思いたい」なら納得・同意なのですが・・・。
また、死後の世界というものが存在していて、死んだ後も第二の人生がある という発想でなら理解できます。
人間全般の通念としていうのではなく、「私に起きる全ての事には〜」「神様は私に〜」なら、それも理解できます。
それは、私が何か理解できていない気づいていない思考が存在するからなのでしょうか。ちなみに全員無宗教で、死後の世界などを信じてはいません。

他にも、日常よく聞く常套句(?)の中に、「正直、自分は納得できない」と思う言葉はありますか?

ユーザーID:9116598479  


お気に入り登録数:335
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:64本

タイトル 投稿者 更新時間
納得する必要はない
神威
2017年4月30日 8:57

仏教の言葉だって、よりよく生きるための「方便」です。

自分がよりよく生きるために、都合のいい言葉は信じればいい、自分の人生に関係ないと思えば無視すればいい。

地獄の思想だって、「悪い事をしたら地獄に落ちますよ」と説き、人を悪に落ちないようにする方便です。

そして、あなたが無宗教と言ったって、こういった方便が身についていますから(笑)

普通に生活していて、自分の欲望を制御したりするでしょ。
それは、小さいときから躾けられたこういう思想があるからです。

「すべての事には意味がある」っていうのも、その言葉によって、人生に励みがつく、慰めになるっていうなら、それを自分に言い聞かせればいい、それが役に立たない言葉なら無視すればいいだけ。

つまり、自分に都合のいいように使い分ければいいだけ。

「嘘も方便」って言葉があるでしょ?

ユーザーID:6059314012
夜明け前が一番暗い
あらふぉ
2017年4月29日 20:10

「乗り越えられない試練を与えない」「全ての事象に意味がある」
心が折れないための魔法の言葉、ですよね、それ。
頑張らないといけないから、逃げられないから、これは乗り越えられる試練、と思いたいってだけです。
別に構わないと思うんです。そう言って頑張れるのなら。
でも、本当に辛くて苦しい時、無理に頑張って頑張って、後から反動で吐きたくなるほど嫌になったことがある私は、あまりその言葉が好きではありません。
乗り越えられる試練っていうより、乗り越えるしかなかったって思います。
周囲に迷惑かけまくりましたけれどね。
精神的にも肉体的にもギリギリでした。二度と経験したくありません。

神様なんかいない。皆、自分でどうにかするしかない。宗教に頼る暇があるのなら、自分の手の中に残っている物を有効活用するほうが有意義。と、思っています。
心の底から願っても救ってくれないよ、神様は。専門家のほうが頼りになる。

ちなみに、眠れなくて見上げていた夜明け前の空は、特に暗くはなかったです。深夜が一番暗かった。

ユーザーID:8397793274
無意味とは思えない携帯からの書き込み
P:nuts
2017年4月27日 12:00

共感し合える友人に恵まれましたね。
確かに悲惨な事件や自然災害など、心を痛めるNEWSが多い世の中。

人生は選択の繰り返しの中で繋がっていて、現在の自分は過去の自分の積み重ねによって成立ちます。

>全てのことには意味がある

「禍福は糾える縄の如し」と似ています。
何事も物事には良い面や悪い面が重なっています。
一見めでたいことが不幸を引き起こしたり、その体験を基に小さな喜びを深く味わえたり。

私に起きる全てのことも、世界に起きる全てのことも、広い意味では同義。
他人と自分、違いはあっても根本は同じと思います。

>神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない

神という存在が人に対して与えるものが、耐え切れない状況即ちペシャンコ。
はたしてそれが神の仕業でしょうか?

無理やり納得する必要はありません。
ただこれらの言葉を呟く時は、何か辛い状況や励ましの場面が多いかと。
常套句として流すのではなく、大きな指針や心の支えとして活用してもよいのでは。

「泣きっ面に蜂」「一難去ってまた一難」
良い事と悪い事、せめて交互に来てほしいものです。

どうぞお身体大事になさってください。

ユーザーID:2932014383
「一生の幸福の量は皆同じ」
50代
2017年4月25日 14:13

一生ものすごく幸せな人っているし、不幸続きな人っていると思う。

世の中は理不尽で残酷で不公平です。

まじめで人に優しく努力していた友人が病気で早く亡くなったり、
女手ひとつで子を育て、親孝行のいいお子さんが就職が決まり
これからというときに交通事故。。。
そんなことが身近にあって、本当にやりきれない。

皆さんも書いてますが、
何か救いがないと、そう信じないとやっていけないから
そういう言葉にすがり、前を向いて生きていく力にするんでしょうね。

ユーザーID:4827975968
哲学的宗教的か?貴女への答えにはなりませんが
aki
2017年4月25日 13:16

貴女の疑問はよく分ります。こんな疑問を解いてくれたり、説いてくれるのが
宗教観とか哲学だと思いますね。

森羅万象、この世に存在する物や現象には全て原因があり、その理由としての
結果が有ると言います。究極で言えば、(死があるから生がある)その逆も有り。
全ての疑問や現象は、これで解決すると言えなくもない。

しかし、それで片づけるには人間はという物は高尚かというと・
例えば、花等は一時、艶やかに咲き誇り、世の中を華やかにしてくれます。でも暫くすると
人知れず散って、此の世から消えて行く命。誰も涙もしません。素晴らしい生き方だと
 私は思います。人間もそうあれば、何事も自然の摂理として受け入れるのに疑問はないでしょ。

しかし、人間という考える葦である限り、自分にとって諸々の理不尽な営みには嫌でも疑問を
覚えるし、その思いや悩みからは逃げられる事など不可能です。

だから、人は無意識ながらでも、大きな力を何らかの形で求め、救いを求めるものだと思います。
主さんの真偽は、人間である限り、答えは貰えないませんよ。ただ己の心で感じるだけです。
与えられた運命を歩くのみだと、70になった今、考えるようになりました。

ユーザーID:8507215873
…とでも思わないとやってらんないから携帯からの書き込み
時の過ぎゆくままに
2017年4月25日 7:42

そうやって自分を鼓舞している。
でも、よそ様の不幸に向けて言う言葉ではない。
不慮の事故、残酷な事件で子供を失っても、お腹が空いてご飯を食べる。仕事にいく。
生活は続く。そんな時、心の中で唱える言葉。
大災害にあって家族全員 失って、後を追う人だけが家族思いで、1人になっても生きてく人が冷たいのか?違うよね。
もの凄い悲しみの中から立ち上がり、涙を見せずに生きていく決心を支える時もそう。
『何も悪い事してないのに、一生懸命生きてるだけなのに、なんで?』って、誰も応えてはくれない、どこにも答えのない不条理な事を受け入れる為の拠り所。
納得できるできないじゃなく、『そうでも思わないとやってらんない』のだよ。そんな心の機微が分からないって部分では、トピ主は幼稚だよね。

ユーザーID:5771002909
人に優しくなれる
秋田犬
2017年4月24日 16:31

私は「苦難を通じて学んだことで、人に優しくできる」という意味だと思っています。

私は何度か大病しました。病気で苦しんでいた時「こういう事を言われたら、痛い治療も頑張れた」「こういう物が入院時に便利だ」等、学んだ事がたくさんありました。元気になったあと家族や友人が入院する際、それら全てが役に立ちました。「あなたの励ましで乗り越えられた」「よくこんな事知ってるね」と、家族や友人にとても感謝されました。家族や友人が辛い治療を乗り越えて元気になっていく様は、私にとっても幸せな事でした。

家族が心を病んだ時も「ここに専門医がいる」「家族の方が辛い」等、初めて知った事がたくさんありました。後日、友人が心を病んだ時にも、この経験で寄り添う事ができたと思っています。

結果的にそれらが、家族の絆を強くし、友情を深めました。「全ての事には意味がある」は、そういう意味だと思っています。

人に向かって言う言葉でなく、自分自身に向かって「無駄な経験じゃなかったなあ。私の大切な人の幸せに、ほんの少しお役に立てて良かったなあ」と、しみじみ言う言葉だと思っています。

ユーザーID:9477972755
それが宗教を必要とするところ
そぼろ
2017年4月24日 15:30

私は無宗教、祖父母がカソリック、私の両親も無宗教で、お墓なんかも普通に浄土真宗とか(よくわかんないけど)お坊さんがお経あげてくれるところに入ると思われます。

祖母はよく言ってましたよ、「神様は、その人に乗り越えられる苦難しか与えない」っていうの。
私はキリスト教発言と思ってます。

宗教を必要とするというのは、辛いことや苦しいことがあったときにそういう意味づけをすることで、諦めずに進もうと勇気をもらうために、そうするんじゃないでしょうか。
その友人たちはキリスト教徒でなかったにしろ、自分たちの不幸を試練だと位置付けることで何かしら救われるところがあるから、納得したように思いたいんじゃないでしょうか。

私は、リアリストなので「全てのことに意味がある」はよく思ってます。
でも、そのご友人たちの使い方は自分ではしない。

どうして、くも膜下出血になったのかな、食生活の問題かなとか。
引きこもりになったのは何か原因となる事柄があったんだろうなとか。
心臓が弱いのは家系なのかもしれないなとか。
小さな子が交通事故にあえば、見通しの悪い道路が原因かなとか。

…私にとっての全てに意味があるは、そういう感じです。

ユーザーID:0375331158
苦しみの真っただ中にいる時は
苦しい時
2017年4月24日 13:30

「どうして私が?」「何故私だけこんな目に」って
神も仏もない様な気持ちになりました

そしてそう思う事はもっと苦しい

その苦しみから少しでも抜け出せる様に、自問自答を繰り返す
もしかしたら自分をだます為だったかも知れません

でも苦しむだけでは嫌だ
苦しいからこそ、ここから何かを学べるんじゃ無いか
意味があるんじゃ無いか
それが何か知りたい

苦しい中をのたうち回る中でそう思った事は覚えてます

ユーザーID:0032769395
人生観
おやつ
2017年4月24日 13:21

 40代を過ぎると、人生すいすいと生きてきた人は見当たりません。

 外から見た目は、幸せそうにみえる家族も内情は火の車、病気、夫が浮気、子供が非行に走っている。わからないものです。

 神様は、乗り越えられない試練は与えない。そうでも思わないとやってられない。ということでしょう。精神論です。

 現在を嘆いてもしょうがありません。それよりも頭を使って解決する方法を探るしかないでしょう。

 アラフィフになった私が思うのは、人生経験が多い人が勝ち組だと思えます。他人の心の痛みがわかる人は人生が上手くいっています。金があるとかじゃなく、何か起きた時に対処できる術を獲得しているということです。

 そういう意味では、起こること全ては意味があるとおもいますよ。

 

 

 

ユーザーID:3574810327
神を信じるかどうか
ライオンクイーン
2017年4月24日 12:00

>神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない

結局は、本気で神の存在を信じて聖書の言葉に従って生きている人なら、上記の事は「当然の事実」です

それを無宗教の人が真似をして、辛い思いをしている人への慰め言葉として使うからおかしな事になるのです

自分への慰め言葉として言っているなら、やはり「そう思いたい」と言う事でしょう

ユーザーID:0784495938
自分に使う言葉であって他人に押しつける言葉ではない
SUMIKO
2017年4月24日 10:41

「全ての事には意味がある」は、私の人生ではその通りだと思いますが、「神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない」については、まだわかりません。

自分にとってその言葉が当てはまるかどうかだけなのではないですか。
ご友人たちが、ご自身の人生の中でその通りだというのであれば、トピ主様が口を出すことではないと思います。
逆に、トピ主様がそう思わないのであれば、それはトピ主様にとって正しいことで、他人が口を出すことではないと思います。

ユーザーID:7012244560
言ってみたくなる臭いセリフ
まみ
2017年4月24日 8:54

かっこいい!って気分になるのでは?
決め台詞みたいな。

ま、それで意識改革になったり忍従ができたり、神さまという存在を信じるようになったり、人それぞれ何かのきっかけにはなるのかもしれない。
一般通念として「欠点のないパーフェクトな定理」とするには無理があります。
乗り越えられない試練を受けたうえで命を絶たれる事件や病気もあるわけですから。

他人には言わない方がいいセリフでもあります。
「言ってみた俺ってかっこいい!」と自己満に浸るだけの動機で口にすると通常、嫌われて疎まれます。

ユーザーID:1757967592
解釈はそれぞれ
まくら
2017年4月24日 8:53

「全ての事には意味がある」
「神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない」
はそれぞれ別です

神様は〜その言葉通り宗教的な(励ましを意味する)言葉です

全て〜は哲学的な言葉です
どちらかと言うと、「人間は全ての事に意味を問う生き物」を
視点を変えて言い換えた言葉です

どちらもざっくり言えば、絶望に飲まれたり酔ったりするな
という趣旨の警句だろうと思います

故にトピ主の言うところの「と思いたい」などをつけてしまうと
台無しになります

「その言葉の意味を問うた」私個人の解釈です

トピ主の解釈との違いは何でしょうか?

それを問うのも問わぬのもトピ主次第です

ユーザーID:1949659129
意味なんて無いのかも
hhh
2017年4月23日 16:28

私が一番心にストンと落ちたのは、たけしさんの言葉だなあ・・・

「俺はね、人生ってもんはサウナみたいなもんだと思っているから。苦しいこと悲しいことが、山ほどあって、死ぬときに、ああ、やっとサウナから出られるんだな・・・って思うみたいな、ね。」

少し言葉は違うけど、言い得て妙だなと、感心したのを覚えています。

どんなに恵まれた環境の人でも、悲しみは平等にやってくるし(肉親の死、とかね)うらやんでも仕方が無いし、この世に生を受けた以上、死ぬまでは生きなきゃいけないんだな、みたいな感じ方。

それなら、小さな事にも感謝したり、幸せな気分になったりした方が得だよね。いつかはみんな死ぬんだし。

ユーザーID:7166539630
無理があります。
ルツ子
2017年4月23日 12:42

「全ての事には意味がある」「神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない」という言葉

まさにその通りだと信じているし、人生を振り返ってもそうでした。
私はキリスト教を信仰しています。
あの世のことも信じています。

こんな風に書くと、引かれるかもしれませんね。
でも聖書のことばなのです。
信仰なしでは、納得がいかないのも当然だと思います。

ユーザーID:8067821114
そう思わないと、乗り切れない
通りすがり
2017年4月23日 12:31

病気にも引き籠りにも無縁な人生を、誰しも望んでいます。
「全ての事には意味がある」と自己暗示をかけて、
何とか乗り切ろうとしているだけだと思います。
 
個人的には、「皴に美しさがある」です。
50代ですが、普段、自分の顔が自分で見られないから、
平気で生きていけると思ってます(笑)

ユーザーID:8532985662
意味なんてないと思う
かなだ
2017年4月23日 11:21

願望ですよね。そう思ったら乗り越えられそうな気がします。信じるものは救われるというのは当たると思います。

そう思う根拠ですが、では何故乗り越えられずに自死する方があとを絶たないのでしょう。
なんで試練なんて与えられなくてはならないのでしょう。
私は自分の近しい人が神様に乗り越えられない試練を与えられているのを間近でみてこう思うようになりました。

ユーザーID:6008019063
困った時の神頼み
ロッキー
2017年4月23日 11:03

>「全ての事には意味がある」

公園を歩いていて、アリを踏んでしまいました。何か意味があると思いますか?
隕石が落ちてきて、家が壊れたというニュースを見たことがあります。その人の家が隕石にぶつかられる意味ってあるのでしょうか。アクセル踏み間違いで死者が発生した痛ましい事故で、亡くなった方に何か意味があったでしょうか。戦争にも意味があるのでしょうか。
ほとんどすべてのことに意味はないのです。

>「神様はその人に乗り越えられる苦難しか与えない」

神という存在が真実だとしても、なぜ「人」に苦難を与えるのでしょう。意味無いですよね。「幸せ」だけを与えてくれればいいのに。
そして、実態として、苦難を乗り越えられなくて「自殺」している人は、たくさんいます。

その言葉は「自分は苦難を乗り越えられる」と、自分で自分を鼓舞するためのものです。その人が、そう信じたい、そう信じているなら、それはそれでいいのです。黙って聞いていてあげましょう。

>正直、自分は納得できない」と思う言葉は

「神」です。
もめごとは、神同士で決着をつけてください(笑)。

ユーザーID:5463127838
気づき、と、どうにもならない運命
難しく考えていない
2017年4月23日 10:45

そんなに複雑に考えるなんて、
頭のいい人は、思考が違うのだと、驚いています。
私には、すんなり腑に落ちる言い回しですので。
〈全てのことに意味がある〉→何事も、過去からつながっている。
〈神様は〉→能わった運命は、ひとりひとり異なる。
それを、実感として味わったのが、40代になってからです。
「なぜ、私ではなく、あなたが?」
大事故や、大病や、災害や。。。
世界中のやりきれないニュースを見るたびに、
いつも、自分に自問自答しています。
自分は低学歴、無宗教で、神社仏閣教会、抵抗なくお参りに行く、
節操のない日本人です。

ユーザーID:1736839670
 
現在位置は
です