現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

定型の子と変わらなくなった発達障がい児の話は聞きたくない?

おばとん
2017年4月20日 12:07

昔、子供が自閉症スぺクトラムと診断され療育のお世話になっていました。
小学校は普通クラスに在籍し、その後定型の子と変わらなくなりました。
思春期に普通に反抗期はありましたが、真面目で勉強が好きな性格だった為、特に問題もなく成績もそこそこ、友達とも楽しく学生生活を送れました。
一応就職し、人間関係の良い職場で仕事繋がりで知り合った人と結婚し、産まれた子供も特に問題はなく育っています。

孫が生まれるまで「うちの子は昔、発達障害だった」ことを忘れていました。こういう話って「嫌味」とか「自慢」とか捉える人もいるのでしょうか?それとも「詳しく聞きたい」という人が多いのでしょうか?(私も子供も教育や福祉に関わる人間ではないので人様にアドバイスなど出来る立場ではないのですが)
時々、「子供が自閉症」という相談や悩みの書き込みを見るたびに感じます。
子供がまだ小さい頃、「療育で行ったことを公民館で再現するサークルを作りたい」「子供が好きな遊びの情報交換をしたい」と療育の先生に話したら「やめたほうがいい」と言われたことがあり、結局いまだに何もしていません。

同じような方がいらしたら教えてください。

ユーザーID:1311245268  


お気に入り登録数:238
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:51本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
何を話しますか
しあん
2017年4月20日 14:33

成人したばかりの自閉症の子がいます。

うちは逆パターンでして、自閉症と診断されたのは18歳になってから。それまではただの知的障害、とされていました。
専門医でも判断しづらい点が多かったようでした。

トピ主さんが何を話したいか、それが伝わってこないので何とも言いづらい。

ただ、私は「大丈夫」とか「うちの子は結局普通に育ったからきっとそうなるよ」という言葉を聞くと、その言葉を信じて療育を遅らせてしまった自分自身を呪い殺したくなります。
ああもっと早く療育してやればよかった、他人の話を信じた自分が愚かだったと怒りを覚えて、子供に対して申し訳なさでいっぱいになります。
だから私は、「気になったら専門家の診断を受けてみてね」「母の勘を信じて」といい続けます。

療育も今の時代は私たちの時代よりはるかに進んでいます。自閉症児にも様々なパターンがありますし、素人が手を出していい医療分野ではないと思うんですが。それこそ民間療法になってしまいませんか。

私たち大人がすることは、発達障害を持った方々の苦しみを知ること、そして彼らが生きていきやすい社会を作ることだと思うのですが、いかがでしょうか。

ユーザーID:7050948891
人それぞれ考え方が違いますから。
珈琲豆
2017年4月20日 14:44

わが子も療育に通っています。
私はその事実をオープンにすることは全く気にしませんし、そのほうが本人のためにも良かろうと思います。
しかし、妻は全く逆で、できるだけ隠しておきたいようです。
ことほどさように、情報交換したい人もいれば、そっとしておいてほしいという人もいるでしょう。
センシティブな話なので、その療育の先生も「やめたほうがよい」とおっしゃったのかもしれません。

ところで、私は主さんのように積極的に情報発信しようという方がおられるのはありがたいと思います。
わが子も障害と明確に診断されることはなく、普通学級で小学校に通いました。でも、時々どこか他の子と違うという思いをすることがあります。個性と言えばそうだし、一昔前ならやんちゃな子とか気難しい子というレッテルにしかならなかったのかもしれませんし。

ひとつ言えるのは、障害と言っても千差万別だし、それこそ個性あふれています。ひとつの成功体験や失敗体験が、かならずしも多くの人にあてはまるとは限らないということはいえるかと思います。

ユーザーID:5307545739
どっちかというと
不要
2017年4月20日 15:02

聞きたくないです。1人1人違うのだからよその子のケースを聞いても
仕方ないし。聞きたいことがあれば自分が信用している専門家に
アドバイスを求めます。数十年前の素人の経験談は要らないです。

誰かがトピ主さんに「○○どうおもう?」「どうだった?」と
質問してきた時それに答えるだけで十分です。


>療育の先生に話したら「やめたほうがいい」と言われたことがあり
私もそう思います。どんな一言が相手の傷に触るか分からないし
遊びごとのサークルのつもりでやられたら気に障ります。

現在も障がいに悩み苦しんでいるならばまだしも、成功して幸せになった話は
控えた方がいいと思いますよ。

はっきり言ってそれらはありがた迷惑・押しつけ・自己満足です。
「自分は幸せな結婚ができたから、未婚で悩んでいる婚活中の子達に
自分の経験談を聞かせてあげて役に立ちたいのよ」
「自分は子供が3人できたから、不妊に悩む友達に妊娠の秘訣を
教えてあげたいのよ」
っていうのと同じです。大きなお世話なんですよ。

ユーザーID:0399096667
う〜ん
あい
2017年4月20日 15:03

治療や親の努力で治るものであれば
聞きたい人も多いかもしれませんね。

しかし自閉症はそういうものではなかったと思います。
症状も人によって違います。

やめたほうがいいのでは?

ユーザーID:5176569684
嫌がる人の気持ちを全く想像ができないなら残念過ぎる
もじょ
2017年4月20日 15:22

自分で書いていてわからないのかな?
もう孫もいるくらいのイイ年なのに…

あなたのその「支援活動したい」の原点は
>小学校は普通クラスに在籍し、その後定型の子と変わらなくなりました

>孫が生まれるまで「うちの子は昔、発達障害だった」ことを忘れていました

くらい軽度だったからでしょ。
そうじゃない人の方がずっと多いってなんでわからない?
ひと目見て「自分の子供よりずっと重度」とわかる障害児親子が
サークルに入会してきたらなんて言うつもり?
それとも「入会条件軽度の発達障害児のみ」とでも明記するつも
りだった?
親が「家の子は軽度。医師が何と言おうとも軽度よ!」って信じ
込んでいる人だったらどう対応するの?

数十年前は今よりも情報が少ないから、なんとかしたい親達は皆
藁をもつかむ思いで必死に情報を探したはず。

「保育園や幼稚園すら断られた。小学校はどうなるんだろう…」
「夫が障害がある事もこの子の存在も認めてくれない」
「今は幼いからまだいい。でも、10代後半以降はどうすれば…」

こういった切迫した人達相手にかける言葉はあるのかしら?
トピ文を読む限りそうは思えないけど。

ユーザーID:5996005486
専門家ではない素人だから、だと思います。
ぽん太
2017年4月20日 18:46

自閉症や発達障害の子を持つ母親は様々な体験や情報収集を通して、
ある程度の知識を得ることができます。また、その体験や感じたことを
「経験者」として(実感や熱を持って)語ることができるとも思います。

ですが、自閉症や発達障害を専門に研究したり、指導者として研鑽を積んだ立場からすると
「ひとりの母親のひとつの意見」に過ぎません。
障害を持った子供の数だけパターンがあり特徴があります。

特に、療育で行ったことを素人のトピ主が人を集めて公民館で再現する意味、
その影響、そこに来る人たちの思いにどこまで応えられるか。いくつも疑問が沸きます。

トピ主の話を詳しく聞きたいと思う人は、
「発達障害でも『就職・結婚・出産』を享受し得る」という一例を聞いて
自分の子供もそうなれるかも、と希望を持ちたい人たちだと思います。
でも結局、同じ人間が存在しないのと同様、全く同じ経過を辿る発達障害の人はいません。
あなたの話を聞いて、余計に絶望する人がいるかもしれない。
あなたの話を聞いて、希望を持ったけど不安で、あなたに攻撃する人がいるかもしれない。
それだけデリケートな問題ということをご理解ください。

ユーザーID:5607290706
問題が解決すれば・・
デジン
2017年4月20日 18:52

トピ主さんの場合、結局、問題が解決したから、こうだった、ああだったっと今は言う気になれるんですよね。

中には、問題が解決しないう人も、おると思いますので・・

ユーザーID:3283364300
そっと静かに・・・
月子
2017年4月20日 21:06

発達障害は、境界があいまいだと思います。

個性として、障害と診断されないまま、成長している人もたくさんいます。

こだわりが強かったり、人とうまく調和できなくて、発達障害・・と言われる人もいます。

今、息子さんが社会人としてしっかりやっているなら、特に昔のことは語らず、そっとしておいてあげていいのでは?今後、もし、これからお孫さんに何かあったり、また何かあるお孫さんが産まれたりしたら、息子さんのせい・・・と言われたりすることがあるかも。

そして、発達障害で苦しんでいる人に「うちの子は治った」と言って、治るもの、と変に期待をさせて、苦しませないであげてほしいです。

息子さんの場合は、ごく軽い発達障害で、克服できた、と言うほうがまだ正しいのかも。

子どもに携わる仕事をしていて、この子は何かあるな・・と思うお子さんの親御さんは、まず個性だ、となかなか認めてくれない場合もあります。夫婦で育て方が悪かった・・と悔やむ人もいます。一人ひとりケースは違うので、安易に治った、と言うのは避けてほしいです。

ユーザーID:0219648380
自分の経験を伝えたいって事?
プチシュー
2017年4月20日 22:10

伝えたいという事でしたら、ブログやHPを作って、来た方と交流を持っては如何ですか?
そういう方のブログを見たことがあるし、その方は本の出版まで行きました。

療育経験がおありなら、発達障害児が様々で、同じ人は1人もいないと言って良いほど多様だと知ってますよね?
貴方の教えを乞い、信じて・・・全く違う経過をたどって、恨まれる可能性は考えたんですか?
話を聞いて期待が膨らんで、絶望するかもしれない母親については?
トピ主さんの望む形より、もう少し距離を取って、ネットで一方的に発表、来たい人だけ来る方が良いと思います。

ユーザーID:3902002218
難しいと思う
うん
2017年4月20日 22:49

>「療育で行ったことを公民館で再現するサークルを作りたい」「子供が好きな遊びの情報交換をしたい」


 うん。療育の先生の言うとおりやめたほうがいいかと。というのは、障害程度やお困りごとや特性の強弱や言葉の出方や性格や発達段階や最終的な成長具合とかは個人個人で全然違うからです。

 嫌味とか自慢とかではなくて、トピ主さんのお子さんに通じたことが他のお子さんには通じないことはよくある話です。むしろ通じない場合がほとんどでしょう。
 トピ主さんのお子さんのようになることができると変に希望を持ち、結局そうはならなかった場合、その親御さんやお子さんのダメージは決して小さくはないでしょう。自分の子より軽い障害程度の子を見ることそれ自体も負担になることすらもあります。

 支援学級の環境ですら、保護者間の関係は難しいです。癖のある人もそれなりに多いです。療育の先生の言うとおり、難しいと思いますよ。


 なお、情緒支援系の子たちはその子に合った教育環境と就業環境を与えれば、定型発達の子とかわらない生活を送ることができますので、お子さんはその成功例でしょうし、運が良かったねと思います。

ユーザーID:9002756370
いいと思います携帯からの書き込み
ねこ
2017年4月21日 4:33

同じようなグレーゾーンの子供を持つ親からしたら、定型の子供さんのような振る舞いもできる子になったことは希望の光ですよ。

支援者として、うまく子育てをされたのではないかと。
自助会や家族会などで親の目線でお話してもらえるとありがたいですね。
ただ、自閉症スペクトラム児は様々な形があります。多様性を理解したうえで、教育論などは押し付けずに、大変な中で子育てをしていることに共感してもらえたり、こんなこともあるよというアドバイスをもらえると凄く親は嬉しいのではないでしょうか。

ユーザーID:3551005714
発達って個人差大きいですよ携帯からの書き込み
りとゆ
2017年4月21日 5:45

全ての子どもに、あなたのご家庭の経験が当てはまるわけではないと思いますが?

その話を聞いて、実践するも逆効果…というケースがあるかもしれません。

専門家ではないのだから、黙っていらしたら?
どうしても、指導する立場になりたいなら、学校にでも行ってきちんとした資格などを取ってはいかがでしょう。

ユーザーID:2035738419
親からの話なら参考にならない
2017年4月21日 8:05

可愛い我が子を冷静に見ているとは思えないからです。
子供の人間性を分かっていると断言するなら、その方が問題です。

息子さんの妻が彼に対して密かに不満を抱えていることもたくさんあるかもしれないのに。
「何でこの人はこういう事が出来ないんだろう?」と。
(言っておきますがお嫁さんはネガティヴな本音を義母には言いませんよ、絶対に)

親子関係では分からず、男女や自分が築いた家庭内でのみ見える部分はたくさんあります。

ユーザーID:0648908231
よかったですね
匿名
2017年4月21日 10:45

それはお子さんが、発達障害といってもその要素が元々薄く、知能が人並みで、普通にやっていけるようになったということで、大変ラッキーだった例です。
何をしたからよかった、というより、生まれつき割と大丈夫だったという面が大きいのでは? 

そういう人はいますよ。子供が小さい時に療育で一緒だった子で、この子は普通っぽいな、先々大丈夫かもと感じたお子さんいましたから。その子は引っ越したので現在の様子を知りませんが。
ただ、その頃やはり一緒だった子で、その子もかなり能力高くて大丈夫かなと感じたんですが、意外と特性が残って…というお子さんもいます。

こうしたからよくなった!と言い切れるか疑問ですが、ご経験から、特にこれは良かったと思う、他の人にも教えたい、とお思いなら、そこをお書きになったらいかがですか。

ユーザーID:2933530971
話し方
まみこ
2017年4月21日 11:18

××で○○をしたら定形の子と変わりなくなりました
○○いいですよ

のような言い方をされたらいやだなあと思います
特にトピ主さんのお子さんは初めから普通クラスに在籍できたということで、そもそもが障害が軽かったのではないかと思います
○○をしてもしなくても普通クラスに在籍できるお子さんだったんだろうなと思うのです
自慢とも嫌味とも思いません
「ヘーヨカッタデスネ」としか思いません

そういう人がトップに立っても、療育でうまくいかない人の気持ちはわかりませんよね
そういう人に、うまくいかない人のフォローはできるのでしょうか
○○をしても、障害の重さ次第で普通級に行けない子供は行けないのです

療育にはいろいろな方法があり、それが誰にどう効果が出るかわかりません
それをトピ主さんが経験したものをすべてに効果があるかのように実践されては、効果の無かった人から「療育は無駄」と言われるかもしれません

「療育っぽいこと」をされては困るから「やめたほうがいい」と言われたんでしょうね
もしこれから障害のある子どもたちの味方になってくれるなら、それ相応の勉強をどうぞ

ユーザーID:7653713135
『やめた方が良い』の理由は聞かなかったの?
2017年4月21日 12:06

 自閉症、ポーターの知的障害児の担任と里親をしていました。
療育の先生がどうして止めたか理由は聞かなったんですか?

 トピ主のお子さんは障害のない人と変わりなく育った。
結果そうなっただけですよね?
他のお子さんに同じ事をしたらそうなると変な期待を持たすとになりませんか?
確かに悩みや経験からアドバイスや話を聞く事は出来るかもしれませんが
普通の子と変わりなく。と思うのが親心。
返って辛い思いをする親御さんが出るかもしれません。
そのホローはできるのですか?
専門的な知識も経験も実践もないのに
『療育で行ったことを公民館で再現』して大丈夫なんですか?
一つ一つの動きには理由があるはずです。
その説明もできるのですか?

 元保育士ですが、その辺の専門知識はないので私には正直できません。
児童養護施設にいた子が上記に記した子でしたが、試行錯誤でしたが
結果、医師からも褒められる程の成長を遂げました。
これは結果です。
その時はがむしゃらに一生懸命でしたが一歩間違えば違う結果になっていたと
今ではぞっとする事も多いです。

 あなたのやり方が万人にいい結果が出るとは限りませんよ。
 

ユーザーID:9519686268
そうじゃなくて
るなたろ
2017年4月21日 12:45

「自慢ととられるか?」
そうではないと思います。
ただ、つらいでしょう。

話す方はそんな気がなくても
当人は子供のことで、「今現在」とても苦しんでいるんです。
そこに「もう療育が必要なくなった」話を
聞かされても、ありがたくも何ともない。

同じ立場の人同士の交流は精神面で有益だと思いますが
発達障害の子の療育は千差万別ですから
トピ主の「うちの子はこうして定型になった」体験談は
いらないんですよ。
同じようにしたから、定型になる保証もないのですから。
情報が欲しければ、専門家に聞きます。

「サークルを作りたい、情報交換したい」と
言ったら先生にとめられたのですよね?
それが答えです。
経験者という名のもとに、素人が安易にアドバイスすべき
問題じゃないということです。
かえって害になる可能性もありますから。

自閉症の子をもつ方の相談トピ、確かにあります。
アドバイスしたくなることもあるでしょうけど
共感の言葉をかけるだけにとどめた方がいいかと思います。

ユーザーID:2567321697
言って得なことはないかも
posuyumi
2017年4月21日 13:49

ご希望の立場のものではありません。
が、発達障害を持ちながらも社会にうまく適応できた事例を聞くのは自慢だったり嫌味だったりにとらえることはまず、無いと思います。

ただ、そもそもが診断上軽度なものだったのかな、とは思います。
また、今うまくいっているのは特別に周囲に恵まれてるということかもしれません。
少なくとも第三者から「この経験をいかして誰かに伝えたら」とすすめられていないということは他者にとって参考になりにくい要素があるのかなと思います。

また、こんなことを言うのは良くないかもしれませんが、
社会は不寛容です。
子どものことは大目にみても、大人になってからなにかあればそこに気質的原因を探し、強く指摘されるおそれがあります。
あえてうちの息子は不安定要素があります、と公表してのちのちいい事など無いと思いますよ。

そう、それこそネットで誰かが悩んでいればそこに経験者として温かい回答を寄せられれば十分かと思います。

ユーザーID:3529980015
療育も定義も昔とだいぶ変わった
真奈
2017年4月21日 14:10

私は30代ですが、昔は発達障害という言葉がありませんでした。
現在の学習障害に該当する子供は、
明確な診断がされていませんでした。

しかし、この数十年で、発達障害について医学が進歩し、
診断の基準や、ボーダー判断、療育方法など、日々進歩してしています。

トピ主さんのお子さんはもう子供を持つくらいの年齢ですよね。
当時の医学で自閉症と診断されていても、現代の診断ではどうなるか、わかりません。
療育方法も異なりますし、はっきり言って、そんな昔のケース、参考にできません。
嫌味や自慢とかではなく、単に昔すぎて、参考にならないのだと思います。

また、こういったケースは個々で異なりますので、
誰がどうなったという情報に、意味なく踊らされるよりも、
一人一人我が子の様子をしっかり見極めるのが良いのではないでしょうか。

むしろ、発達障害の経過が良くなく大人になった方を育てていた方の意見の方が、苦労や乗り越え方など参考になるのでは?
結局楽な方に進んだから、トピ主さんの経験は苦労知らずで価値がないのでは。

ユーザーID:8498702812
障害を受け入れる
コナ
2017年4月21日 19:54

障害を抱えた子と向き合おうとしているお母さん相手に、
「将来、健常児と同じように生活出来るかも。」
と思わせる事にどんな意味が?
希望を持たせる事が大事なのでなく、
問題と向き合って対処することが大事だと思います。
結果は人それぞれです。
あなたの経験談を聞く事は、
障害を受け入れられない原因になりかねませんよ。

ユーザーID:5190674759
 
現在位置は
です