現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

絵本を探しています(おばあさんが編み物、至福のお茶時間)

モカロール
2017年4月27日 16:33

はじめまして。
トピを開いてくださりありがとうございます!
8年前くらいに読んだ絵本を探していますが、題名や作者等がわからず、皆様の力をお借りできればと思い投稿します。

絵本の内容は
・ 男の人がおばあさんに編み物を依頼する。
・ おばあさんが編み物中、男の人は出来具合を見るため何度かおばあさんの家を訪れる。
・ おばあさんは男の人に自分の作ったアップルパイやミルクティーを提供する。
・ おばあさんの編み物が仕上がってみると、男の人は困ってしまう。おばあさんと過ごすお茶の時間が至福のときであった。
というものです。

有名カフェのコンテストまたはオリジナルの絵本という記憶がありますが、誤っているかも知れません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!

ユーザーID:1306905884  


お気に入り登録数:52
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
追記です
モカロール(トピ主)
2017年5月1日 18:51

トピを立てる以前に、絵本について有名カフェに問い合わせもしましたが「見当たりません」との回答を頂いています。
記憶にある絵本の語句をネット検索しても、現在のところまだヒットしていません。

絵本を読んだときに購入しておけばよかったです。そのときは「題名も素敵な、かわいい絵本だな〜」と思いながらも棚に戻してしまいました。
もし発見しましたら、こちらでまたご報告させて頂きますね!

ユーザーID:1306905884
おぼろげですが
恵比寿の隣は目黒
2017年5月1日 20:23

「おばあさんのひこうき」 佐藤さとる 小峰書店かな? 昭和45年前後。どこの学校図書館にも置かれていたような。
編み物好きのおばあさんが 調子に乗って 編み物で飛行機を作ってしまうような 楽しい話だった。

ユーザーID:3382118418
初めまして♪携帯からの書き込み
*マジュ*
2017年5月2日 17:42

私も絵本が大好きなのですが…トピ主様のお探しになっている絵本は思い当たりません…内容を想像すると素敵な絵本ですね。
児童文学評論家の『赤木かんこ』さんのσ⌒本の探偵と言うオフィシャル・ブログの中でキーワードなどをいくつか入れると探して下さるみたいですよ~素敵な絵本見つかると良いですネッ☆☆☆お役に立てずごめんなさい。

ユーザーID:1946760844
お礼 1
モカロール(トピ主)
2017年5月7日 20:24

この度はレスありがとうございました!
お読みするのも返信も遅くなり、申し訳ありません。
お二人からのレスをうれしくお読みしました。
激励を頂いた気分です♪

これはなんとしても探し出したいと張り切っていますが、別の可能性も出てきました。
それは、当該絵本がコンテストの候補作品であったかもしれないということです。
その場合は非売品、かつ入賞されていないようなのでその後の出版もなかったことでしょう。
曖昧な結果で終わってしまいそうですが、前進がありましたらまたご報告致しますね!


恵比寿の隣は目黒様

レスありがとうございます!
「おばあさんのひこうき」さっそく検索しました。
私の探している絵本とは違うようですが、こちらの絵本もかわいくて夢のあるお話みたいですね!
「本当に良い本というのは、出版された当時はほとんど判断がつかない。ただ、時が経つことにより素晴らしいものだけが残る」との講義を思い出しました。
恵比寿の隣は目黒様がオススメくださった本も永い年月を経過している様子、とても興味があります。
さっそく探してお読みしてみますね!
どうもありがとうございました!

ユーザーID:1306905884
お礼 2
モカロール(トピ主)
2017年5月7日 20:40

*マジュ*様

初めまして♪
レスと絵本への共感、ありがとうございます!
新たな検索方法については勉強になります。
探している絵本は、国会図書館の検索やネットでの画像検索でも見つからなかったので「小町でもわからなければ、これはもう絵本のコンシェルジェのような方にお聞きするしかないのでは」と思い始めていたところです。
判明するかはわかりませんが、絵本のお好きな*マジュ*様のお気遣いとやさしい文章にホッと心があたたまりました。
また機会がありましたらご報告させていただきますね☆
どうもありがとうございました!

ユーザーID:1306905884
探し続けましたが
ママラッチ
2018年1月24日 21:28

内容に惹かれ、読みたい一心で探し続けましたが残念ながら見つかりません。

もう一度トピックを掘り起こしたく、アップします。

ユーザーID:9231350119
お礼 3
モカロール(トピ主)
2018年2月7日 9:10

ママラッチ様

 もうこのトピをご覧になっている方はいらっしゃらないと思っておりました。
 私自身も久しぶりにのぞき、ママラッチ様のレスを拝見して驚き喜んでおります。
 絵本を探してくださった上にトピの再アップまで、本当にありがとうございます!

 絵本についてはわからないままです。
 せめて絵本の記憶をお伝えしますね。

・絵本はオールカラーで横向き
・絵はクセがなく、人物画は絵本「ひとまねこざる」に近いがもっとふんわりした色使い
・主人公のおばあさんは髪がグレーでふんわりアップのお団子ヘア、鼻メガネをかけ、ロッキングチェアに座って編み物をしている。傍らに犬かネコ。暖炉のある居心地の良い家に住んでいる。
・おばあさんに編み物を依頼する男の人はお金持ち。初登場時はサングラスをかけたコワモテで、格闘家蝶野正洋氏またはアニメ映画「怪盗グルー」のようなイメージ。黒っぽい服を着てお金のつまったアタッシュケースを持っている。
・男の人がおばあさんに編み物を依頼した理由は「一番ぜいたくなものが欲しい」と、今はもういない自分のお母さんが編んでくれたようなセーターが欲しかったため。
・アップルパイを食べるシーンは、見開きどちらかの頁におばあさんが座って編み物、反対頁に男の人がダイニングテーブルに座ってアップルパイ一切れをフォークに差し今にも頬張ろうとしている絵。このときサングラスは外され、小さなかわいい目が見えている。

続きます。

ユーザーID:1306905884
続きです
モカロール(トピ主)
2018年2月7日 9:45

 絵本の文章をムリやり再現しますと

 ある日、一番のお金持ちがおばあさんを訪ねてきました。お金持ちはおばあさんに、一番高価でぜいたくなセーターを注文しました。
 おばあさんの編み物が仕上がるまで、お金持ちは仕上がり具合を点検するために訪ねてきました。
 おばあさんはコーヒーと手作りのクッキーをふるまいました。
 お金持ち「もうできるか」おばあさん「まだまだかかりますよ」
 後日またお金持ちが訪ねてきました。おばあさんはミルクティーと手作りのアップルパイをふるまいました。
 「もうできるか」「もうすぐですよ」
 いよいよおばあさんのセーターが仕上がると、お金持ちはこう言いました。
 「今度は一番高価でぜいたくなマフラーが欲しい」
 お金持ちは、おばあさんのマフラーが仕上がるまで度々おばあさんの家を訪れては、おばあさんが自分のために編み物をしてくれる姿を眺めながら手作りのお菓子とお茶の時間を過ごしました。
 おばあさんのマフラーが仕上がった後も、お金持ちは次々と編み物を注文し仕上がり具合の点検にやってきては幸せなお茶の時間を過ごしました。
 ついにおばあさんが最後の注文を仕上げると、お金持ちは困ってしまいました。
 「ええと、ええと、次は」
 次の注文が思いつかず、お金持ちは泣き出しそうになってしまいました。
 一番ぜいたくなものはおばあさんと過ごすかけがえのないお茶の時間だったのです。
 おばあさんはお金持ちの様子を見て驚きましたが、笑ってこういいました。
 「いつでもお茶にいらっしゃいな」
 お金持ちはホッとして、その後も度々おばあさんの居心地の良い家を訪れてはぜいたくで幸せなお茶の時間を過ごしました。

 拙い記憶と文章で申し訳ありませんが、ママラッチ様に少しでもイメージが伝わりましたら幸いです♪
 進展がありましたらまたご報告致しますね。レスありがとうございました!

ユーザーID:1306905884
既に結論が
モカ
2018年2月10日 14:43

>有名カフェのコンテスト

>当該絵本がコンテストの候補作品であったかもしれないということです。
>その場合は非売品、かつ入賞されていないようなのでその後の出版もなかったことでしょう。

タリーズピクチャーブックアワードの事ですよね。
毎回「店舗審査(お客さま審査)」という来店者に候補作を読んでもらい審査してもらっているようですので、その段階で読まれたという事なのでしょう。

トピ主さんが書かれた通り、惜しくも受賞ならず、出版も無しという事でしょうから、幻の作品となってしまったのではないでしょうか。

ユーザーID:8209232879
 
現在位置は
です