現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

乳ガンと診断されました 携帯からの書き込み

ちよすけ
2017年5月4日 22:00

39歳独身。左胸に自分でしこりを感じ、先々週エコー検査を受け、翌週にマンモ、エコー、針生検をうけ一昨日乳ガン(粘液ガン、混合型)と診断されました。
エコーでのしこりは1センチ程度、サブタイプは病理検査がまだのため判明しておりません。
町の乳腺科での診断ですのでCTやMRI、手術をする病院はこれから決める所です。
診断のショックともともとうつとパニック障害があった為か気持ちが落ち着かず恐怖で何も手につかずゆっくり寝ることもできず、辛くてどうしてよいかわかりません。
うちは家族同居ですが、母は若年性認知症で施設に入っていて、父はとても気性の荒いタイプの人なので相談できる相手もいず、
病理検査もこれからなので悪い方悪い方へと考えてしまいおかしくなりそうです。
また、息子同然の愛猫11歳がおり、心臓の病気を抱えており、私にしかなついていないので私に何かあったらと考えると心配でなりません…
ガン経験者の方、告知された後、治療中のメンタルはどうでしたか?
どの位で落ち着かれましたか?
早く落ち着かないと思っておりますが恐怖で全く落ち着けません、
宜しければ経験談などお聞かせ頂けましたら嬉しいです。

ユーザーID:5338548114  


お気に入り登録数:126
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:26本

タイトル 投稿者 更新時間
まだ初期だから!頑張って治して!!
みもざ
2017年5月5日 0:38

お気持ちお察しいたします。

2年前ですが、子宮がんの手術をしました。
同じ子宮がんの治療をした友人に1番励まされた言葉が「まだ初期だから治るから!」でした。
乳がんのことは詳しくわかりませんが、1センチだったらまだ初期のはず。

お医者様を信頼してしっかり治しましょう。
乳がん治療した友人で術後5年以上が経過して元気に過ごしている人がいます。

頑張って!

ユーザーID:2230953570
ポピュラーな病気です
千葉市民
2017年5月5日 5:54

4年ほど前に女房が乳がんと判定されました。
生まれてこのかたお産のとき以外には病院に入院した経験がなく健康だけが取り柄
と自分で言っていたのでショックが大きく、食欲がなくなりげっそりやつれました。
ガンセンターに入院し、一緒に医者の説明を受け徐々に落ち着きを取り戻した感じです。
何よりも乳がん患者の数の多さと先に入院していたおばさんがあれこれ励まして
くれたのが大きかったようです。
罹患が見つかった時点では悪い方悪い方へと考えてしまうのはほとんど全員です。
最近よく言われておりますが今は男女とも日本人の半数が一生の間にがんを経験する
時代です。それ程にポピュラーな病気です。
当方女房同様、医者の説明を聞かれたら落ち着くことができると思います。
手術も考えていたよりずっと短時間で終わり、今ではすっかり元気にしております。

ユーザーID:8775424597
とおりすがりの乳癌経験者
とおりすがり
2017年5月5日 6:39

お気持ちよくわかります。お辛いですね。
私は2015年の秋に乳がん告知をうけました。
初めて診察を受けたその日に「おそらくガン」と言われて、
「なんで私が」とその場で泣きましたよ。
落ち着いた(ガンを受け入れるまで)のは告知後1か月くらいたってからかと思います。
先生によると大体みんな1か月くらいだそうです。
ガンを受け入れた後、私は最初から全摘を薦められたので
悩むというか、納得するのにかなり時間がかかりました。

素人の推測ですが、腫瘍が1センチほどならステージ1くらいでしょうか。
ちなみに私は1.5センチでした。

ガンは早期発見するかしないかの差で、ものすごい違いがあると身を持って体感しました。
サイズとしては十分早期発見の部類に入るのではないかと思います。

しっかり治療して、早く元の生活に戻ってくださいね。

ユーザーID:1209951761
2週間
すずめ
2017年5月5日 6:41

私もガンと診断された後、苦しくて苦しくて色んな事が駆け巡りました。
ただ、何かパンフレットなどにパニックになって落ち込むのは2週間と書いていました。
人間なかなかどうして、ずっと落ち込み続けるのは難しいようです。

実際、私も2週間ほどで少し気持ちが落ち着いたように思います。
まだ、2日しかたっていないのでまだ苦しいとは思いますが、もう少しですよ。
頑張って下さい。
そして、いっぱい気持ちをはきだしてください。
小町でも、病院でも。

応援してます。

ユーザーID:9476194121
泣いていいんですよ
nori
2017年5月5日 9:06

突然の乳がんの診断、ショックを受けられたことと思います。
今はまだ落ち着く必要ないと思います。泣いていいんですよ。
猫ちゃんのことを心配されていますが、ねこちゃんは最近のあなたを心配しているのではないのかしら?
通院している医療機関に患者の会とか心のサポートをしてくれる相談機関とかの有無について、お話聞いてみられたらと思います。

開き直ったら、覚悟ができたら、男性よりも女性のほうが強いと思います。
だから今は混乱しておられると思いますが、少しずつ少しずつ病と闘い、共に生きる心の準備ができてくると思いますよ。
ネットからではありますが、大応援しています。

ユーザーID:7036729451
病院選びは医者のメンツや恥も外聞も捨てて
どんこ
2017年5月5日 9:19

 ちよすけ様
 私の妻は、初期の乳がんでしたが、病院選びを失敗したと今でも残念で仕方がありません。医師というか担当者のおごり、経験が少なかったせいかも知れません。ごく初期だったにも拘わらず、左乳房の全摘の手術を受けました。それから5年後に病院から相談したい事があるとのことでしたが、肝臓がんに転移の末期、余命半年で、手の付けようが無いとの宣告を受けました。全然場筋違いのまったく検査も受けていない肝臓がんでした。
 このことから、その地区にあるがん専門のセンターとか、がん対応の集中治療に少しでも早く転院をすることをお勧めします。ご自分の病気とか命を守るために、かかりつけの医者のメンツを考えることなく、専門の医療機関を訪れることをお勧めします。お大事に!

ユーザーID:5343395870
他人には話さない
ガラケー愛好者
2017年5月5日 10:13

肉親に恵まれていないのはお辛いですね。でもまだ初期の可能性が
高いですね。私もステージ1でした。私の場合仲のよい友達が経験者
だったので良きアドバイスをいただきました。彼女もまた仲のよい
経験者がいて話してくれたそうです。その中で私も体験したのは、本当に
他人には出来るだけ話すなということです。でもネットでメール交換
してる相手は不思議に思いますよね。今ならスマホがありますが。
それでそういう方たちには知らせました。二通りの反応。冷静に、特別な病気
ではないよという反応はありがたかった。
過剰反応、あなたの事が心配なのよと言った反応は煩わしい。所詮他人事。
そしてお見舞いなんて不要です。あくまでも軽かったからかもしれません。
私は手術前不安で、経験者の友達と何度も話しました。彼女は手術が
終わった時の事をイメージしてと言ってくれました。それに支えられました。
手術後は歩けますし、手も使えました。
なおペットの犬はもう15才だったので、この子の為に頑張るぞという
エネルギーに変えました。二人に一人の時代です。自然体で臨んで下さい。

ユーザーID:0188057925
落ち着いて携帯からの書き込み
ぶぶ
2017年5月5日 11:37

まずは落ち着いて、信頼してる人に相談しましょう。
これから大きな病院で入院、手術がありますから、気持ちをしっかり持って対応してください。
私も2年前に乳ガンの手術しました。独身、認知症の親、飼い猫1匹あなたと似てます。歳は私が上ですが、大丈夫!負けないで

ユーザーID:9370336987
人それぞれかと
香子
2017年5月5日 14:16

私は数年前に乳ガンになり、治療をフルコースしたものです。
元々の性格や治療によっても、メンタルの落ち着く頃は人それぞれかと思います。

私はメンタルが強くないのに痛みにも弱いので、術後は泣いて泣いて過ごしました。抗がん剤治療も辛くて、何もなくても号泣するようになり、放射線治療では、いくら技師とはいえ、見知らぬ男性に胸や術後の傷跡を1ヶ月見せ続けることが憂鬱になり、ウツっぽくもなりました。ホルモン治療では、更年期障害が出てイライラするようになったり。

落ち着いてきたのは術後3年くらいしてからでした。

というわけで、今、出来ることを考えましょう。猫ちゃんは、信頼できる飼い主を探すのはいかがでしょう。病気が落ち着くまでの期間限定で。
猫ちゃんにも理由をよく話して聞かせたら、分かってくれないかな。

手術する病院に乳ガンの認定看護師さんがいたら、治療や病状について、不安なことを相談されたら良いと思います。乳ガンの患者会に入って、色々と話を聞いてみるのも良いかも。

トピ主さんが安心して治療に専念できるように地盤を固めましょう。

ユーザーID:1518755899
私の場合
みなみ
2017年5月5日 17:09

50歳離婚経験者。1人暮らし。
子どもがいますが成人し既に独立。両親は共に他界。
兄弟および子どもとの付き合いはそれなりにはありますが、
じっくり相談するような関係ではないです。

昨年6月にしこりを自分でみつけ受診。
7月に乳がんと診断。術前抗がん剤→温存手術→現在放射線治療中。

仕事は休職していましたが、副作用が酷く休職期間を超え退職。
今年の秋頃には何か仕事が出来ればと思うも、今はまったく未定。

診断が下りてしばらくは開き直っていたのか、気分は大丈夫でした。
私が不安定になったのは、抗がん剤の治療が始まってから。
個人差はかなりありますが、私はたまたま副作用が酷い方だったので、
その時から眠れなくなり、今でも睡眠薬は処方してもらっています。

食事はあまり食べられない時期もありましたけれど、考えすぎず、
食べられるものを食べられるだけ食べるように。
あとは、考え込む時間を減らすため、見たかった映画やドラマ、
バラエティなどを見まくる生活をしています。

気分的なことは抗がん剤が一段落した後は、かなりマシになりました。

ユーザーID:1655212542
入院するまで泣いていました
経験者
2017年5月5日 18:01

私は38歳、独身で右スキルス癌に罹りました。

1・5×2センチ

手術迄2週間。

ずっと一人で布団の中で泣いていました。

親には、この悲しみは分からずほったらかし。

手術3日前に病院にキャッシュカード1枚持って入院しました。

後は『まな板の上の鯉』と『早く癌を取って』だけの気持ちでした。

明日、手術という夜には腹も決まりました。

手術の後は爽快でした。
方胸は失くなってリンパも全部なくなって不自由になったけど。

『元凶の癌が取れた』と言うことで。

同じ病気の仲間が病棟に沢山いたので心強かったです。

現代医学は発達しています。

大丈夫ですよ。

ユーザーID:0124188669
お気持ち察します
悩めるおばさん
2017年5月5日 21:07

私は昨年夏に自己触診で気づき病院に行きました。
毎年検診をしていたのにショックで仕事も辞めてしまい「何で私が乳がん!?」この事ばかり考えていました。
恐怖でがん=死しか出て来ませんでした。
検査が進み手術迄は手術を目標に気丈に頑張りました。
手術が終わった頃あたりから鬱になりました。ホルモン剤の影響もあるかと思います。
怠くて怠くてしんどかったです。暫くは自力で治そうと思いましたが無理でした。心療内科で眠剤と鬱の薬を出してもらったらとても楽になりました。
手術して治療方針が決まれば少し気持ちは落ち着いてくると思います。
半年を過ぎた今は日常生活に戻っています。
同じ様に闘ってる仲間がいますよ。
応援しています。

ユーザーID:3509447580
一年前
ジェス
2017年5月5日 21:27

ちょうど一年前に診断されました。びっくりしました。たくさん泣きました。
私がしたことは

話を聞いてくれる人を探す。
私の近くに丁度引退した乳がんの専門医がいまして、時間があったのでいろいろ話を聞いてもらいました。近所の乳がん経験者と話をしました。

専門知識を入手
知っているとあまり怖くなくなります。今はいい本がいっぱい出ていますね。読んでみてください。

できるだけうちにドジこもらず、基本生活を続ける。
そうすると忙しさに紛れます。

こっそり泣く
人に迷惑かけないように隠れて大泣きしてみます。結構すっきりします。。

医療は受ける。
先生のいう選択はよく考えて受けていきましょう。
その日その日を大事に。

一年たった今は落ち込むことなく今月末に胸の再形成手術をします。
がんの転移はありませんでした。反対の胸にもあったしこりは消えてしました。

ユーザーID:4863078214
大丈夫ですよ
カサブランカ
2017年5月5日 23:52

さぞかしお辛い事と心中お察し致します。
私も四年前に乳癌にて手術をしました。今は抗ホルモン薬を服用しながらですが、元気でピンピンしていますよ。

シコリの大きさが1センチ程度ならば、ステージ1だと思いますし、その5年、いや10年生存率だって90パーセント近くあったと思います。
それに粘液癌は乳癌の中でも性質が穏やかで、予後も良いと聞いた事がありますし、しっかり治療をすれば完治出来る可能性は十分あると思います。
治りにくい病気と思われているかもしれませんが、10年20年元気な方々も沢山いますよ。
私も最初はそうでしたが、悲観する時間はもったいないです。好きな事を沢山して、可愛い猫ちゃんとゆっくり過ごして免疫力上げて下さいね。きっと大丈夫です、頑張って下さい。

ユーザーID:7720417655
とにかく悪化を防ぐようにしましょう携帯からの書き込み
2017年5月6日 0:14

五時間ごとに酵素サプリ(又は癌の本よくある作りたての野菜ジュース)を補給、ブロッコリースプラウト、免疫の9割は腸が握っているということで乳酸菌やエビオス(または強力わかもと)。薬局にあるクエン酸で身体を酸性に傾けないよう気を付ける。細胞強化にLカルニチンとαリポ酸(どちらも海外製品が良い)
金銭的に余裕があれば、キノコ系サプリとフコイダン(プレマ)などもオススメです。

悪性癌の進行スピードもあるので、色々同時に取り入れるのが大切です。民間療法なんて、と思われるかもしれませんがかなり違います。

キーワードで奇跡的に回復された方のブログを色々見るのもオススメです。(上記のものはそうやって調べました)

白砂糖はできるだけ避けましょう。小麦製品も。
身体を暖めましょう。(ラジウム石を買ってお風呂をラジウム温泉にして毎晩しっかり入るのも良いです)

初期であるなら、とにかく色々な要素で同時に叩いた方が絶対に良いです。末期だと、難しくなってきますから…
どうかよくなりますように。

ユーザーID:9321218278
あと、携帯からの書き込み
2017年5月6日 0:19

猫に関しましてもしもの時のために(入院など)、近くのボランティアさんに相談しておくのもいいかもしれません。。
友人など、相談できるかたがいらっしゃればいいですが…


あと、難しいかもしれませんが『癌に勝ってやる!』という強気でいることもとても大事です。
病は気からという言葉があるように、実際に気の持ちようでキラー細胞の働きも変わってくるらしいので!

たくさん本もありますから、色々情報を仕入れてみてください

ユーザーID:9321218278
困りましたね
みつい
2017年5月6日 1:52

兄弟はいないのですか。

お父様には
どうしても話さなければならないと思います。

ユーザーID:6471916973
1人ではありませんよ
ハナ
2017年5月6日 5:02

ここにも、自分でしこりを見つけて、乳がんだと診断された患者がいますよ。診断された時は、すべてのものがガラガラと崩れ落ちる感じがしました。「絶望」という感じでしょうか。この強い私が、しくしく泣きました。あなた、1人ではありませんよ。

眠るために、お医者さんに、睡眠導入剤を処方してもらうようお願いしてください。睡眠は、食事と水分摂取同様、とっても重要です。寝てない頭では、正しい判断は下せませんし、体力も落ちます。まず、寝ましょう。

私は、2-3日したら、開き直って、まな板の鯉のごとく、なんでも来いという感じで、次々検査を受けました。だって、くよくよしたって何かが良い方に変わる訳でもなく、返って、悪い方に考えて逆効果です。

自分がゆったりできることをして(例えばお風呂にゆっくり入る、アロマをやる、散歩する)、気を落ち着けてください。ブログを立ち上げて、自分の気持ちを書いてもいいと思います。

猫ちゃんが心配ですね。手術になったら、その時はだれか信頼できる人にお願いするしかないと思います。

1人じゃないです。良くなりますよ。

ユーザーID:7755215904
とりあえず2週間がんばれ
ぴよこ
2017年5月6日 14:42

昨年9月にしこりを見つけ、10月初めに告知。
HER2陽性だったため、抗がん剤と分子標的薬の治療を半年やって、4月初めに全摘&再建手術。
現在ハーセプチン単独投与と、再建のエキスパンダーの水を入れている最中です。
私は医療職で乳がんがほかのがんに比べれば治りやすいということもわかっていましたが、
しこりを見つけてから告知までものすごいストレスがかかっていたなと思うし
告知後は遠隔r転移してるんじゃないかと気がおかしくなりそうでした。

でも不思議と画像データが出そろい、治療方針が決まると落ち着いてくるものです。
ふりかえってみると告知の際のショックでよく使われるグラフ(どーんと落ち込んで2週間前後で復活してくる)とぴったり。
ほぼ2週間で復活しました。
何人かは復活できずにうつになったりしますが、その場合は精神腫瘍科の助けを借りればいい。
とりあえず2週間をいつか必ず抜けると思って過ごしてください

そのあともいろいろ苦しいことはありますが、大きな山が初発の告知なので
ここを超えればなんとかなります。
希望に向かって治す努力をするのみです。
応援してます

ユーザーID:1874222650
私も同じでした。
アップルパイ
2017年5月6日 17:06

ちよすけさん、
初めまして。
私も2009年5月に乳癌と診断され、その日から不安と恐怖で、l眠れぬ日がスタートしました。
私の場合、不眠症と急激な食欲不振で体重が減り、自分に無理やり言い聞かせるように無理やり食べていました。
担当医師に相談し、睡眠薬をもらいなんとか数時間ですが、眠れる日をなんとか過ごしました。

自分がまさかガンになるなんて思っても見なかったので、全て不安で大変怖かったと記憶しています。
手術をし抗がん剤を終え、職場復帰できたのは、診断から半年後でした。

私も同じように色々な事が心配で、毎日辛かったですが、それがごく普通な事です。
お医者様や病院を信じて、少しずつ良くなるために、一緒に考えていけると思います。
1人じゃ戦えないので、沢山担当医師と話しながら、毎日少しずつ進んで行ける事を祈ってます。

ユーザーID:3905062153
 
現在位置は
です