現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

情報求むー英語の本の好きな方

英子
2017年5月9日 17:45

英語圏に住む者です。長く住む間、だんだんと英語で本を読むことに慣れてきて、図書館に行くのが習慣です。
私は、好きな作家が見つかったら、徹底的に作品を読むタイプです。家族や人間関係のことを書く作家が特に好きで、お気に入りの作家は Anne Tyler, Amy Tan
そしてちょっとこわい本も好きで、S. King, Ruth Rendell
他には、P. Auster, David Lodge など。
上にあげた作家の本はかなり読んでいます。でも、なかなか新しい自分が好きそうな作家を見つけるのが難しく、 ここにトピを立てて皆様情報を是非参考にさせていただきたいと思います。
おもしろかった!と推薦できる本、作家を教えて下さい。(サイエンスフィクション、ファンタジーはあまり好みません)

ユーザーID:8769835552  


お気に入り登録数:30
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
Sue Grafton
にゃん
2017年5月9日 19:46

ミステリー小説
元警官の女性探偵が主役。
アルファベットシリーズで、AからZまであります。

ユーザーID:5193000269
The remains of the day
とろろ
2017年5月9日 21:00

邦題は「日の名残り」で、Kazuo Ishiguro氏の小説です。イギリスの、「本物」の執事である主人公の細かい心理描写が淡々と綴られていきますが、読後に爽快な気分が味わえる秀作です。
映画化もされていますね。

ユーザーID:0571199641
古いんですが、、、
Books
2017年5月9日 21:04

Sarah's Key - by Tatiana de Rosnay 号泣
The Immortal Life of Henrietta Lacks 今テレビ映画か何かになってる
The Firm - John Grisham これはクラシック
My Sister's Keeper - Jodi Picoult 号泣、倫理的に考えさせられた
The Ghost Map: The Story of London's Most Terrifying Epidemic - Johnson これも面白かった

図書館員さんに相談すると色々と教えてくれると思いますよ。

ユーザーID:5433572453
同じく英語圏永住です
マカロン
2017年5月9日 21:07

Iris Murdoch
Margaret Atwood
Penelope Lively
以上の作家は、どの作品も素晴らしいので、次々に読みました。
人間関係を深い洞察力で描いていると思います。鋭いイメージです。読み終わった後、長い間考え続けたことがあります。日本の小説のような柔らかさがありません。

Road Dahl (子供向けで有名ですが、大人向けの作品がとんでもなく面白いです)

Ken Follett
SFやファンタジーとは違います。ロマンスもある歴史小説のような冒険物です。
わくわくするのですぐに読めます。

どの本も図書館で見つかるはずです。
楽しめるといいですね。

ユーザーID:1280018064
脳神経科医師のOliver Sacksが一押しです。
旅行大好きあらいぐま
2017年5月10日 3:09

わたしも英語の原書には抵抗がなく多数読んでいますが主さんと重なる作家はゼロです。まあその方が情報を交換する甲斐があります。わたしは歴史・ノンフィクションや科学技術に関する本が好きです。

タイトルに掲げた医者兼作家のSacksはとにかく文章が上手く、医療を通しての人類愛に溢れた人物です。短編集のAn anthropologist on Marsが読みやすいかな? あまりに奇異なストーリーばかりが語られていますが全部実話だそうです。そうそう、彼の Awakeningの中の一挿話は邦題「レナードの朝」としてロバート・デ・ニーロ主演(患者役)、ロビン・ウィリアムズが医者役の映画になって高く評価されています。ただ多くのストーリーを含む同作は同僚の医者向けかもしれません。彼の趣味は植物鑑賞(特にシダ類)で植物園で 入手した彼のエッセイも面白かったです。

わたしは、英語でもそうでしたが言語の習得ためにまず対象言語で推理小説を読み、それからノンフィクションに移ってフィクションは敬遠しています。こんなわたしでも良かったら推理小説とノンフィクションをもっとご紹介します。フィクションの紹介もよろしく。

ユーザーID:5366165422
ご希望に沿うか分かりませんが
聴書
2017年5月10日 7:53

私は最近読書というか、オーディオブックの聴書(?)を楽しんでします。
家事などの作業をしながらでも同時に読書ができるのでとても便利です。

さて、私は主にロマンス系を好んで読んでいるのでトピ主さんの好みに合うか分かりませんが、私が読んだ中で家族や人間関係となると...
The Secret Keeper ... Kate Morton
I'll Give You The Sun ... Jandy Nelson
あたりが該当するかなと思います。

個人的には The Secret Keeper は無駄に長くて聴き終えるまで忍耐が必要でしたが、レビューは良いのでトピ主さんが興味を持てる可能性もあるかなと思います。

いずれもレビューなどを参照して、読んでみるか決めて頂ければと思います。

ユーザーID:0501779683
英語は専門ではないけれど
ぴゃー
2017年5月11日 20:46

これらの本が読みたくてチャレンジしています。
邦訳が出なくなってしまったので。

Elizabeth George
事件のストーリーもドロドロだけど、レギュラー陣の人間関係もドロドロ。

Martha Grimes
一応ミステリなんだけど、レギュラー陣やゲストたちの描写が細かくて
そもそもの事件よりも印象に残る。

どっちも警察官が出てくるのですが、貴族がからむので、
Ruth Rendellの警察官ものよりは浮世離れした感じです。

ユーザーID:4996159380
ブッククラブに入っています
ブッククラブ
2017年5月12日 9:16

最近読んだ本の中でよかったもの
The Immortal Life of Henrietta Lacks 自分の細胞がどこかで増殖されているかもしれない、と恐ろしくなります。 
The Story Teller おばあちゃんが一人語りを始める頃から本を置くことができません。
Hillbilly Elegy 世の中には話し合いさえできない人たちが実在するのだ、と喫驚。
Rosie Project 続編も出ましたが、こちらの方が面白い。

今 読んでいるのは
A Gentleman in Moscow
100ページほど読み進んだ私には今ひとつまだ面白みがわかりませんが。

ユーザーID:7089784044
トピ主です
英子(トピ主)
2017年5月12日 16:25

ご投稿ありがとうございました。
聞いたことのない作家や本の名前が多く、メモをとりました。
ご紹介いただいた作家の中で、カズオ・イシグロさんの本はよく読んでいて、特に”Nocturns”が一番好きです。あと、皆様が推薦して下さった中から、夫の書架にはKen Follett, John Grishamが、子供の部屋にはRoald Dahlがありました。今まで何故かこれらを手に取ったこともなかったので、身近なところから読んでみるつもりです。
私は、若いころ翻訳された本が大好きで、よく読んでいたのですが、もともと英語で書かれた作品を今頃英語で読んでみると、非常に面白く感動することにも気がつきました。「大地」「風とともに去りぬ」「武器よさらば」「レベッカ」・・など。やはり原語にはそのパワーがあるのですね。翻訳がどんなに素晴らしくても、時には『何か』をなくしてしまうことがあるのかも。

次に図書館に行ったら、メモを参考に新しい本にチャレンジしてみます。ありがとうございました。

ユーザーID:8769835552
教科書+ゴシップ記事のノンフィクション
あらいぐま
2017年5月13日 1:44

"Triumph of Justice" by Daniel Petrocelli : 数年前に大手出版社などに出版企画を送るフリーエージェントの人に「英語の本で翻訳して売れそうなものはないか?」と聞かれ、躊躇なくこの本を推薦したら、一読した後で「面白かった。でも日本では売れない。」一蹴されてしまいました。元花形アメフト選手のO.J. Simpsonの元妻殺人事件では割と後に出て破れた検察側の人々が書いた本に比べて噂と関心がいまいちでしたが、アマゾンのサイトによれば電子版も出て平均評価4.5(評価人数100人超)を得ています。元来わたしがこの本を推薦した理由は裁判員制度が導入されて日が浅い日本で司法の独立(この場合は刑事法廷と民事法廷の独立)を教える教科書として読んでもらえると思ったからです。もちろん弁護士である著者の被告O.J. Simpsonの元カノに対するインタビューなど、ゴッシップ記事的に読める箇所も多いです。著者がどのようにして刑事裁判の結果と真逆の結論を導いて、元妻殺人の現場を不運にも目撃した息子を殺されてしまったGoldman氏の無念を晴らしたのかが描かれています。

ユーザーID:5366165422
私もオーディオブックで聞いてます。
元書店員
2017年5月14日 12:26

私も地元の公立図書館からMP3のオーディオブックが借りられるのを利用してもっぱら聞いて楽しんでいます。最近聞いた中で家族の話に絡んで面白かったのは
Harriet Wolf's Seventh Book of Wonders ‐ Julianna Baggott
The Nix - Nathan Hill
A tale for the Time Being - Ruth Ozeki
です。知らない作家さんの本を発見するのは楽しいですよね。

ユーザーID:8478413237
Lillian Hellman
ラピスラズリ
2017年5月14日 23:56

劇作家ですが、散文の方が好きです。Pentimento など。
John Irvingの小説は、たっぷり読めます。
既出ですがKazuo Ishiguro。
今は、Donna TarttのGoldfinchを読んでいます。他の方のレスを参考に、次を決めたいです。

ユーザーID:5936950065
Psychological fiction
Mono
2017年5月15日 8:42

昔は探偵小説が好きでしたが、最近はヒューマンドラマの方が面白くなってきました。
恋愛小説は好きではなく、psychological fictionと言うジャンルの本を主に選んで読んでいます。
私が面白いと思ったのは、J Paul Henderson, J W Ironmonger, Rachel Joyce, Erin Morgenstern,Audrey Niffenegger, Andrew Nicoll, Jonas Jonasson辺りです。まだありますが書き切れないのでこれくらいで。

ユーザーID:1715691808
 
現在位置は
です