現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

機内で読書。オススメは? 携帯からの書き込み

クリステン
2017年5月10日 7:34

6月に夏休みでヨーロッパに一人旅する者です。
飛行機で眠れた試しがないので、文庫本を何冊か持ち込んで読もうと思っています。

皆さまのオススメありましたら教えて下さい。

以下 希望ジャンル
これから旅が待っているためあまりネガテイブな内容は避けたい
海外もの
ファンタジーは苦手
アッサリと女性向きのライトノベル
小説以外でもOK

ワガママ言って申し訳ありませんが
あまり本を読まない私にアドバイスお願いします。

ユーザーID:0683564648  


お気に入り登録数:24
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
これからの自分と重なるような本
22世紀梨
2017年5月10日 18:28

行き先の国の本を読むようにしてます。ベタですが、カナダなら赤毛のアン、ポーランドならキュリー夫人、スペインならドンキホーテ、フランスなら三銃士やアルセーヌルパン、イギリスならホームズやアガサクリスティとか。
ラインナップが小学校の学級文庫みたいになってしまいましたが… その舞台を想像してみて、実際はどうなのか楽しみにします。
あと、お一人旅ということなので、やはり一人旅の「深夜特急」とか
ヨーロッパだから「ドナウの旅人」も面白いかも。

ユーザーID:2629344399
おすすめです
ブックバンド
2017年5月10日 20:31

村上春樹の「遠い太鼓」です。
旅エッセイでイタリア・ギリシャで生活して感じた事を綴っています。
気楽に読めますし、もしかして同じ所に行ってみたくなるかも?

文庫で結構厚く、この1冊だけでもつと思います。

ユーザーID:1795476881
紙の本よりも。。。
あらいぐま
2017年5月11日 9:48

朗読がお勧めです。ボランティアが録音しているlibrivoxは英語圏で始まったのでボランティアをするには英語が読めないといけませんが、最近日本語の朗読が増えてきて楽しみです。検索も日本語でできます。 内容は夏目漱石や太宰治などの著作権が消滅した作品ばかりで全て無料でダウンロードできます。有料の朗読ダウンロードサイトからは現在活躍中の人気作家の朗読も入手できるかもしれません。

朗読をお勧めするのは若い方なら誰でも持っているスマホに結構長い時間入れることができて眼を閉じたまま聞けて文庫本数冊よりも軽いからです。 また飛行機内の読書灯は自分のところに集中的に光が当たって眼に良くない気がします。

文庫本なら短編集はいかがでしょうか? 川端康成の「掌の小説」は分厚い文庫本に短編小説が満載されていてこれ一冊(+朗読)で十分かもしれません。それから画面が大きめのスマホをお持ちならやはりボランティアが運営している青空文庫のサイトから著作権切れの電子書籍を無料ダウンロードしておくといいでしょう。librivoxと青空文庫の専用のアプリもあります。旅には重たい紙の本はなるべく持たずに行きましょう。

ユーザーID:1480066216
黒柳徹子さんのエッセイをお奨めします
お世話好き
2017年5月11日 15:48

軽くて読み易くて全然重くありません。

ユーザーID:8432187456
欧州行きは寝ない方が良いです
欧州在住
2017年5月11日 16:39

おそらく日本朝発現地夕方着だと思うので。

私は旅行に行く先を舞台にしたエッセイ、小説なんかが好きです。気分が盛り上がりますし。普段から読書好きですが、集中して読めるかどうか分からないので、旅行には軽い物を持っていきます。機内ではガイドブックを読んでる方も多いですね。

ユーザーID:1020380893
意地悪なようですがお勧めしません
一人旅熟練者
2017年5月11日 21:25

機内の読書灯は暗いし、文庫本は文字が小さくて読みにくいので、普段本を読まないトピ主は読みにくくて本を閉じてしまうと思います。マンガの方がまだいいと思います。

それよりもDVDと携帯プレーヤーを持ち込んで映画を見るのはいかがでしょうか。6月なら機内サービスの映画プログラムもHPで公開されているでしょうから、かぶらないようにして1、2枚持っていくことをお勧めします。

ユーザーID:8110949201
私は旅好き・本好きですが
余計なお世話ですが
2017年5月12日 13:51

旅行好きのため長距離を飛行機に乗ることしばしばですが、私はなぜか機内で本が読めないです。酔っちゃうのかな。本はいつも携帯しているのですが、いざ読もうとしても数分で嫌になってしまいます。

私も割と行先に関する本を持っていくことが多いですが、たいてい読むのは飛行機内以外のところです。

普段携帯を持っていないので、普段接することのないゲームをしばらくして、機内にある雑誌や新聞にざっと目を通したり、あとは映画を見ますね。私の場合だと機内は読むものより見るものの方がまだいいようです。それも長時間は続かなかったりしますが。

トピ主さんが本を読める方なら、ですが、機内のために何冊も本を持って行って結局読まなかったとなると荷物になるだけだな、と思ってあえてレスさせていただきました。

ユーザーID:7088235393
ちょっと違うかもしれませんが携帯からの書き込み
りり
2017年5月12日 16:47

◆海外が舞台
・辻仁成 情熱と冷静の間
イタリアが舞台。映画化されたからもうご存知かも?
・辻仁成 サヨナライツカ
バンコクが舞台。男性目線からの不倫ストーリーだったけど、風景などの描写が文学的?←個人の感想

◆女性むきの小説
・唯川恵 永遠の途中
会社の同期の二人の女性がお互いの人生を羨みながら憎みながら賞賛しあいながら交錯させていく「結婚した人生」と「しなかった人生」の倫舞
・梨木 香歩 西の魔女が死んだ
題名はファンタジーぽいけど、中身は西の魔女と呼ばれていたイギリス人のおばあちゃんの家に行った主人公が、丁寧に生きるおばあちゃんの生活に感化されて自立する…というハートフルヒューマンストーリー

◆ライトな小説
・有川浩 クジラの彼、空飛ぶ広報室、県庁おもてなし課

とか?最近の本詳しくなくてすみませんが、旅行楽しんできてください。

ユーザーID:3823399006
遠い太鼓に便乗
くれは
2017年5月13日 7:59

文面を読んで『遠い太鼓』がぴったりだなと思っていたらオススメの方がいて、調子に乗らせてください。
『雨天・炎天』はギリシャとトルコですが、こちらも西へ行く旅行記なのでおもしろいですよ、ハードですが。
『辺境・近境』はちょっと地域が違うんですが、旅行物として。
『シドニー!』はオーストラリアだけですが…。
小説だと『スプートニクの恋人』が、半分ヨーロッパ方面が舞台なので…(読み方によってはネガティブなラストでもないし)。

村上春樹さんは、ちょっと有名になったら名前だけで毛嫌いされるかたもいますが、エッセー・旅行記は小説にある癖みたいなのはないから、誰でも楽しく読めると思いますよ。エッセー集『村上朝日堂』シリーズも軽くてオススメです。

なにより、食べ物が美味しそうで彼の地で食べたくなるんですよね…。

食べ物エッセイでは石井好子さんの『巴里の空の下オムレツの匂いはながれる』『東京の空の下オムレツのにおいは流れる』が、海外でいろいろ食べてみたくなる話です。

ユーザーID:9162616184
ありがとうございます!携帯からの書き込み
クリステン(トピ主)
2017年5月14日 19:53

色々なご意見ありがとうございます。
今回、エールフランスを初めて利用するのですが、あまり機内の映画に期待できそうにないし、レスにあったように朝発、夕方着なので、まず眠れないなぁと思い、このトピを立てました。

皆様のオススメ作品や、映画の方が良いなど
色々な意見を頂き感謝です。
主は、かなり映画が好きなので、無理に本を読もうとしない方が良かったかもですね…DVD持ち込み、検討してみます。
旅のプランを機内で立てるのも良いかも知れませんね。ガイドブックを見て機内で勉強をするのもありだし、赤毛のアン…大好きなんですよね。読んでみたいなぁ。

あと、朗読についても教えて頂き、ありがとうございます。すごく面白そうです。流石、小町の皆様は博識で的確な意見を下さるなぁと頭の下がる思いです。

引き続き、何か良い案がありましたら
教えて下さい。

村上春樹さんや黒柳徹子さんの本も興味しんしんですが、目に良くないとの意見もあり、ガイドブックや雑誌をアプリで熟読する方がいいのかしら…迷います。

ユーザーID:0683564648
機内に持ち込む媒体は色々あったほうがいいです。
あらいぐま
2017年5月16日 4:59

他のみなさんも挙げている媒体の長所と短所を比較してみました。

1. 紙の本(文庫本) は重いので一冊(薄いものなら2、3冊) だけ持っていくのがお勧めです。電子機器の使用ができない飛行機の離着陸前後の10分から15分間も読めますが読書灯に対する角度を保つ必要があるので長時間は読めません。わたし(オタク)は手持ちの文庫本のほとんどをスキャンしてiPadに入れて肌身離さず持っています。離着陸前後は空港で買った新聞を読みます。

2. スマホと電子書籍リーダーはバックライトがあるので暗闇でも読めます。アプリによっては単語の意味をワンプッシュで表示できます。各種ある電子書籍リーダーは全て読書専用の機械ですがスマホは朗読に加えてカラー画面でカラー写真やイラスト入りの書籍を楽しめます。

3. DVDプレイヤーを機内で使っている人は見たことがありません。機内で自分の映画を見る人は皆ノートブックパソコンです。仕事などで必要があってもちこんでいるのでしょう。わたしが会員になっている航空会社は多彩な映画コンテンツを機内で提供していますが出立地が真夜中の時は途中で寝るかもしれないので敬遠してしまいます。

ユーザーID:1480066216
トピ主です。携帯からの書き込み
クリステン(トピ主)
2017年5月23日 7:33

色々なご意見をありがとうございます。
まず、携帯に書籍をDLして持ち込み、
文庫本は村上春樹さんのもの、
そして薄い雑誌を何冊か持ち込むことにしますね。

かなり久しぶりの長距離飛行なので色々ソワソワすることもあると思いますが、
私の拙いトピにお付き合い下さりありがとうございました!
無事に行ってまいります。ちなみに滞在地はフランスです。

ユーザーID:0683564648
 
現在位置は
です