現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

新婚、生活費24万程度でやりくりできるか。 携帯からの書き込み

トピ主
2017年5月12日 13:15

9月に結婚し、近畿圏の比較的田舎のほうに引っ越します。
彼は4月から地方公務員として働いていて、私は薬局事務として正社員で働いています。
結婚引っ越しにともない、仕事を退職することになり新天地で働き口を探しています。
最初は正社員かフルタイムで働こうと思っていたのですが、今の事務の給料が手取りで12万ほどしかありません。
新しい場所でも正社員やフルタイムパートはあるのですが、同じような金額です。
彼から、働いてはほしいけどその手取りだったら税金や保険とかで引かれて逆にもったいないからそれだったら扶養内のパートにしたほうがいいんじゃない?
といわれました。
扶養内だとすると月8万ほど、
彼の手取りは16万。
2人合わせても24万です。
自分は30歳でして、子どももそのうちと考えていますが、まずこの金額で貯金ややりくりできるでしょうか?
ちなみに家賃は住居手当がでて4万5000円、都市ガスです。2人ともお酒やたばこもしません。
貯金も4、5万ほどしたいと考えていますがやはり無謀でしょうか?
ここは気をつけるべし!というものがあれば教えてほしいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:5155018242  


お気に入り登録数:106
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本


タイトル 投稿者 更新時間
なかなか厳しいね
ななみ
2017年5月12日 17:06

我が家は主人のみの給料で26万。それに私の扶養内パート代です。
毎月、ローンが5万、貯金11万+私のパート代から約5万といった感じのやりくりをしています。
食費は週4000〜5000円。
贅沢はできないけどやれないことはないです。
この金額をどう思うかですね!
子供は、金銭的に無理じゃないけど、大学までの教育費が不安だったのでいません。

後、給料12万だと今後法律が改正された場合、ギリギリ大丈夫な扶養範囲内ではないでしょうか。(この改正を必ずチェックして決めたほうがいいです)
それだったら働けるうちに貯めたほうがいいですよ。
もし、あなたが出産ということになって、旦那様の給料16万でやっていけますか?
地方でも、かなり厳しいと思います。
実際、我が家は計算上はそれくらいでやっていますが、車は所持していません。
車が必要な場所なら貯金どころかやっていけないと思います。
出産であなたが働けなくなる可能性もゼロではないのと、もし出産となった時に育休がとれる正社員のほうがいいと思います。

ユーザーID:4348399762
やりくりとは何?
里子
2017年5月12日 17:07

生活していく上でのやりくりなのか? 貯金4〜5万ありきのやりくりなのか

よく解りませんし、予想している家計の内訳が解らないので何とも言えません。

ユーザーID:3529302930
やるしかない
まもーん
2017年5月12日 18:01

そんな金額では無理ですと言われても
どうしようもないですよね?

今までの家計支出で計算してみて
下さいね。

できる出来ないは他人では分かりませんが、
やるしかないでしょ!

ユーザーID:9266240493
生活費24万円で計算するのはNGかも!
キャン
2017年5月12日 18:14

あなた様がパートで再就職するなら
生活費を24万円で計算するのは危険ですよ!

あくまでも参考程度に...。
子どものことを考えているなら、
夫の給料でやりくりする。
妻の給料はできるだけ貯蓄にまわす。
なぜなら、
妻がパート勤めだとしたら、産休や育休がない。
子どもが小さい内は、妻の再就職は難しい(パートでも)。
よって、
出産時からしばらくは彼の給料に頼る期間があるので、
今から夫の給料でやりくりできる生活力をつけておいた方がいいです。
出産前に貯金した妻の給料は、臨時の出費(家電などの修繕費や冠婚葬祭時の費用)や子どもの費用に充てます。

これから再就職するなら、できれば正社員が良いと思いますよ。
税金や保険で引かれる部分は目先の金額なので、
末長く見たら、産休や育休が取れる正社員で探した方がいいのでは?

彼が公務員なら、今後はお給料のベースアップも見込めそうですね。
末長くお幸せに!!

ユーザーID:8712606657
ご主人、お若いのでしょうか?携帯からの書き込み
k
2017年5月12日 18:41


トピ主さんは30歳との事ですが、ご主人はとってもお若いのでしょうか?
大卒の新卒で4月から公務員とか?
新卒としか思えない程、お給料が低いですね…
2馬力で貯金を頑張ってから子供を作りたいところですが、トピ主さんの年齢を考えると悠長に構えている時間はありませんね。

世帯収入24万、浪費しなければ十分生活出来ますが、決して多くありません。
貯金は出来ても月に数万でしょう。
とりあえずボーナスは全額貯金する事にしては?
節約を頑張れば月々4、5万は貯金出来ると思いますよ。
車は2台お持ちですか?
パートになるなら自転車で十分。
トピ主さんの車は手放しましょう。
ぐっと節約出来ます。

問題は、妊娠後トピ主さんが働けなくなった時です。
ご主人の手取りだけではかなり苦しいでしょう。
妊娠中や産後は貯金を切り崩し、出来るだけ早くお仕事復帰された方が良いですね。

ユーザーID:5362914387
正社員をお勧めします
海賊の妻
2017年5月12日 19:05

私も主人が初任給の地方公務員の時に結婚しました。私はその一年前に正社員の幼稚園教諭として働いていました。幼稚園教諭はとても安い給料で、私はそこで8年間働きました。
今年金生活ですがその分頂いています。後で良かったと思える程度です。
私の息子も初任給は貴女の彼位で苦しいとよく言っていました。、同じく地方公務員です。
しかし結婚すれば二人で力を合わせて何とかやれますよ。
私からのアドバイスは、少しでも早くお子さんを生むことです。先送りにしているうちに完全に高齢出産のリスクを背負います。不妊だとしたら早く気が付いた方が有利です。
お子さんを産むうえでも正社員の方が産休も取れて先々心配がありません。
不安も多いとは思いますが思い切って飛び込んで御覧なさい。私だってやれたのですから貴女も頑張って下さい。公務員は初めは収入も少ないですがボーナスも出ます。少しずつでも収入は上がります。何とかなりますよ。
どうぞお幸せにね。応援していますよ。

ユーザーID:6206814160
できなかないけど稼いだ方がいい携帯からの書き込み
2017年5月12日 20:33

公務員なら、しっかりボーナス出るでしょうし、若いほどきちんと昇給していく可能性が高いから、ほんとに手取り24万でやりくりは最初の3年くらいでは。

ただ、子供が産まれて家事育児との両立が厳しい、体力が続かない、といったことでない限り、出来るだけ稼いだ方がいいのでは。
月4万、年間48万は大きいですよ。

夫さんの税控除による減税額と夫さんの職場の家族手当てに類するものの合計が48万を超えるなら、扶養内でもいいのではと思いますが、公務員でそこまでもらえるかしら……夫さんの勤め先の規則を確認しては。公務員なら容易に入手可能でしょ。

なお、東京都は、配偶者の扶養手当は月1万円とホームページに公開されています。


生活費については、こんなものかな。

住居費5万(駐車場込みとして)
光熱水2万
通信・受信料2万
食費6万
日用品・美容・医療・被服3万
車2台(保険料、ガソリン)4万

計22万

基本これで、小遣いほしけりゃ、貯金したきゃ各項目細々節約して2〜6万捻出。
ボーナスは全部貯金して、家電故障と車買い換えに備える感じだね。
昇給してもこのペースで子供費用と自宅購入に貯金。

ユーザーID:6963105706
月4,5万貯金なんて無理じゃない?
ゆきの
2017年5月12日 20:35

でも生活はごく普通に出来るのでは?普通って堅実・地道に、という意味です。

毎月の貯金は少なくても、夏冬のボーナスを手を付けないで貯金するとかね。

でも30才ならまずお子さんを急いだ方が良い。そのうちなんて思ってると妊娠適齢期があっという間に過ぎてしまう。2人欲しい、良い条件で生みたい、とか思ったら今すぐじゃないと間に合わない。

9月結婚ならそれまで出来るかぎり貯金して、後は結婚には極力お金をかけないで預金し、産後数年のあなたの無収入期間を乗り切るのが賢いと思う。

いろいろ体裁を整えたり、豊かな暮らしは後からでも出来るけど、より良い条件で妊娠出産を迎える、ってここ数年が特に大切になってくる。後から取り返せることとそうじゃない事があるからね。

「公務員の収入で家族と生活できない国はない」って聞いたことがあるから、堅実にやっていけばきっと大丈夫だと思う。

がんばってお幸せにね。

ユーザーID:7916886544
我が家は携帯からの書き込み
ひよ
2017年5月12日 22:46

こんにちは、我が家の家計は大体同じかトピ主さんよりも低いので参考になれば、

旦那の収入は会社の制度にある財形貯蓄という形で強制的に5万円天引き。ボーナス時には15万引かれます。
一年で80万たまります。これは絶対に何があっても動かさないお金です。無かったと思って生活しましょう。
将来、永住する家などを購入する際に使うお金です。

ご自分の収入から貯金ができるならば別枠で月2万以上貯めるといいかと思います。
が、こちらは子供が生まれたり引っ越しの際などに使うお金です。
おそらく、すぐになくなります。
このお金は必要な時に使えるお金。
なので、トピ主様がお仕事を辞めてもある程度はこの貯金でやっていけますし、この貯金が無くなったら節約でどうにかなる金額です。

我が家は洋服や化粧品はほぼ買いません。一年に2回のバーゲンセールの際に最終日近くの底値でシーズン終わりを買い、それを何年も着ています。化粧品や、シャンプー、石鹸などの消耗品は決めたものを安い時に大量にまとめ買いして、それを何年も使い続けています。
家賃はなるべく安くを目標に、家賃が安ければ色々妥協も必要、、
など気をつけています。

ユーザーID:6336871997
けっこう厳しそうな。
ひのひかり
2017年5月13日 2:58

私も近畿の片田舎に住む主婦です。
私の感覚からすると、厳しそうなイメージです。

今現在の状況はどうでしょうか?
私は家賃5万、軽自動車と400CCバイク所有、夫はタバコと酒をたしなむ、これでよけいな支出がなければ毎月25万円ほどです。

タバコ月一万、酒月五千、バイクの保険代月五千、軽自動車も同様、約二万五千を引いて、22.5万くらいでしょうか。

でも、大体特別な支出があり、+2〜3万円くらいは必要です。会社の飲み会、母の日父の日、他の方へのお祝いから結婚式出席、などなどで、削れないことも多上、子供が出来れば更に支出が増えます。

金銭的に厳しいと、心の余裕がなくなるとのことで、私も共働きです。

出産したら、正社員も難しい世の中だそうですし、出産までがおかねの貯め時といいます。身体等が大丈夫であれば、ボーナスのある正社員をオススメします。

ユーザーID:5336854776
老婆心のまなざし
無常の風
2017年5月13日 7:04

やってみもしないで、
あれこれと考えてみても
どうすることも出来ません。

やってみて、こうだった、
ということがあって、
新しい生活が始まるというものです。

ユーザーID:2201636459
正社員も捨てがたい、、、、
ちゃむ
2017年5月13日 9:52

住居手当もあるので、切り詰めれば何とかなると思います。

でも正社員も捨てがたいですよ。確かにそれで税金と保険を払ったら、パートの8万円と大差なくなるかもしれません。夫の扶養に入れば、保険料は払わなくて済みます。

でも正社員だと失業保険も出るし、将来の年金で違いも出ます。再就職するときも正社員としての履歴の方が、役に立つかもしれません。そのうち有給とかも貰えるでしょう。目先の税金だけでなく、トータルでみたら正社員が得ということもあるので、よく計算した方がいいですよ。パートで、扶養を超えないように計算するのも大変なので、忙しい年末に「これ以上は働けない」と揉めたりするのも嫌ですしね。

ただ妊娠した場合、正社員で転職したてだと、さすがに気まずいとかもあります。良く考えましょう。

私は働けるうちは正社員がお勧めです。

ユーザーID:9540509212
貯金は財形貯蓄携帯からの書き込み
通りすがり
2017年5月13日 14:15

4万円を財形貯蓄し、残った20万でやりくりします。

節約しやすいのは、食費、光熱費、通信費です。
三食自炊で、スーパーは閉店間際に行きます。
閉店間際なら、国産食材も安いです。
買った食材でメニューを決めるようにしましょう。
ペットボトル飲料や菓子類は買わないようにします。節約になるし、太りません。

住む家が3Kで古い賃貸物件なら、30Aくらいからやってみて下さい。
夫婦のみで築40年の3K(6畳二間、K6畳、トイレ風呂別)に住んでいた時、30アンペアで足りました。
レンジとトースターは一緒に使えません(笑)
月に3000円くらい〜8000円程(夏場にエアコンをほぼ24時間回しっぱなし)でした。
アンペアは変えられますから、駄目なようならアンペアを上げればいいです。ただし、アンペアを上げれば、基本料金と使用料金が上がります。
エアコンは使わない時は、コンセントから抜きます。エアコンの待機電力はバカになりません。

スマホは格安にするか、ガラケーにします。
PCやタブレットがあるなら、スマホは要らないと思います。

ユーザーID:2181145894
4万の差は大きい
葉子
2017年5月13日 23:47

彼の言う意味がよく分かりません。
正社員なら手取りが12万。パートなら8万。
4万も差がありますよね。しかも正社員ならボーナスもあります。厚生年金にも加入して老後に受け取る年金額も増える。
正社員の方がメリットが多いと思いますけど。

もし彼の扶養に入ることで、この4万もの差を埋められるほど給与が上がるのであれば、パートでもよいと思いますけど、どうなのですか?

彼の給与から配偶者控除があった場合に戻ってくる額。
彼の勤め先で配偶者手当があるならその額。
これが両方で4万以上あるなら、ようやくパートでも・・・という話になると思います。


そもそも新婚の女性が就職活動しても、正社員の職になかなか付けない可能性があります。
まずは探してみてはいかがですか。採用してもらえるならやっぱり正社員のほうがいいと思いますよ。
採用されなくて、仕方ない場合に「パート」という選択肢になるのではないでしょうか。

ユーザーID:1437297842
できるか?じゃなくてやり繰りしなくちゃいけないんです
りの
2017年5月14日 14:02

日本の世帯平均年収は400〜500万円だ、イヤ800万円ないと家庭なんてやっていけない、いや今の時代は年収1千万はないと暮らしていけないと数字ばかり踊ってますが、他人と自分の生活水準を比べても仕方ないです。

今のあなたはが闘う目の前の現実は、月収24万円で家庭を切り盛りし、家を買い、子供を育てること。それだけです。月収24万円でそれらを全てやり繰りするにはどういう場所に住んで、どれだけ毎月貯金して、子供の教育に掛けるお金も自ずと決まってくるでしょう。

ここからは人それぞれの考え方なので一概ではありませんが、例え今の手取りが12万円でも私なら仕事を続けます。社会保険を差っ引いてもほとんど残らないなんてことありますか?それに年齢や経験年数と共に給与は必ず上がります。

今は結婚していても女性には様々なリスクが伴います。旦那さんが突然事故や病気に遭われたり、離婚もしかり。予期せずシングルマザーになってしまう可能性だってあります。仕事は続けることを私なら選びます。

ユーザーID:3173521178
できるか、というかやるしかないと思うけど
よんどころ
2017年5月15日 19:04

でも昨今の情勢を考えたら、とりあえずお二人の生活である新婚当初はなるべくフルタイムなり正社員なりで働いておいた方が良いのではないでしょうか。
現在の「扶養の範囲内」は今後間違いなく縮小される方向に行くでしょうし、「住居手当」だってなにしろ「手当」ですから永続的なものである保証はありません。
私の勤務先はかなり安定した経営状況の大企業ですが、この数年間で住居手当は縮小され、さらに年限が定められました。世の中全般がそういう方向に進めば、公務員だってその流れからは逃れられないでしょう。転居を伴う転勤があるのであれば、住居手当の支給にも一定の必然性がありますが、転勤リスクの少ない地方公務員であり、しかも比較的住居取得費用の低い地方都市であれば、自力で住居を確保せよとの圧力にさらされることも十分想定できます
目先の損得でなく、少し長期スパンで考えれば、正社員としてのキャリアを積んでおく、少しでも蓄財をしておくべきと考えます

ユーザーID:3689434607
24万程度って
アダモ
2017年5月17日 10:28

24万を今まで稼いだことがないのに、程度っておかしいですよね。
彼の薄給を気にするよりも、自らが今まで12万円しか稼いでいないことを問題視すべきです。

ユーザーID:5168828085
ちゃんと自分で考えなよ
飛鳥
2017年5月17日 13:50

正直、給料16万の人にお金の指図を受ける筋合いはないです。

トピ主も、もったいないとか損という部分しか頭に残ってなくて、何がどう引かれて、どれぐらい損か、ちゃんと考えてないでしょう。



たとえば、夫が年収1000万円とかで、その妻が時給800円でパートしてて、うっかり扶養を超えてしまったために、月に5〜6万の国民健康保険料を支払わなければならなかったという場合、確かに「働き損」と言えるかもしれません。

でも、月給16万の夫だったら、正直、そんなでもないでしょう。
国民健康保険料の壁はたしかに高いですけど、住民税とかはそんなに高くもないのでは?120万ぐらい稼いでも、バチはあたらないのでは?
ていうか、その辺の税金や保険の仕組みは理解していますか?

ネットを探しても、条件分岐がひどすぎるので、自分にピッタリの情報は見つからないと思います。
役所なりプロに教えてもらうか、自分で勉強するしかないです。

自分の頭で考える癖を身に着けないと月12万の収入すら難しい底辺になってしまうよ。

ユーザーID:2684018540
 


現在位置は
です