現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

境界線ブロック 携帯からの書き込み

きゃん
2017年5月12日 13:18

50年前に、親が盛り土をして駐車場にしてた所に、私は、家を建てて30年になります。

境界線ブロックは、お隣さんがうちの高さに合わせて積んでくれたそうです。現在、お隣の娘さんが、家を新築中で、ついでに古くなったブロックも新しくされるそうですが、費用が40万円掛かるそうです。

うちは、おいくらお出しすればよろしいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

ユーザーID:9003712650  


お気に入り登録数:50
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
折半で携帯からの書き込み
デコポン
2017年5月12日 15:06

2年くらい前に境界線のブロック代お支払いしました。

折半です。トピ主さんの場合は20万ですね。

ユーザーID:0638080738
ブロックの位置によります
ソナタ止まり
2017年5月12日 16:41

我が家の場合は高低差が無い隣家との境界線上に、境界線が中心になるようにブロックを積みフェンスを建てました。
費用は隣家と折半です。
業者さんが「境界確認書」のような書類を作ってそれぞれに実印を押して交換しました。

近所で最初に家を建てた家は、隣の土地になかなか家が建たなかったので境界フェンスを自分の敷地内に自費で作ったそうです。

土地に高低差がある場合は、高い方の土地の持ち主は土留めをしないと家が傾いてしまうので、自分の敷地内に自費で土留めをするが、隣家と話し合って境界線上に作る場合もあるそうです。
隣家が土砂の流入を嫌って費用を折半する場合もあるそうですが、土地に余裕があるとわざと無視して、上の土地の人が自費で自分の敷地内に作るのを待つこともあるらしいです。

トピ主さんの場合は、土地は高い方のようですが、良好な関係のようですので、隣家の敷地内に作るとしても、今までと同じ位置に作ると言うことで費用を半額もってはいかがですか。

ユーザーID:2539285451
補足します。携帯からの書き込み
きゃん(トピ主)
2017年5月12日 17:50

境界線ブロックは、お隣さんの敷地内です。
5段で、25メートルです。

ユーザーID:9003712650
どこにブロックを建てるのか
まもーん
2017年5月12日 17:57

相手の敷地に建てるのなら、相手が100%では?

もちろん、その場合はそのブロックに
トピ主さんの家の物を立てかけたりはNGですよ。

ユーザーID:3366936572
土地家屋調査士に頼むのが良いが
ポンチーヌ
2017年5月13日 8:16

過去の経緯と、現状確認が大切です。
既設の塀があった由です。その塀を隣家が設置されたとのこと。

と言う事は、「先方の敷地内に、先方の費用で設置」されたと
言うことではないかと思います。

塀の設置の方法は互いに別々に、それぞれの敷地内に設置する
方法。土地の境界線上に「費用を分担」して設置する方法があり
ます。

拘りがあれば、それぞれが設置するのが宜しいでしょう。
なければ、双方分担で設置するのが和やかで良いかも。ただし、
勝手に取り壊したりすることはできません。相手の了解が必要
となります。

土地家屋調査士に依頼すれば、中に立って調整して頂けます。
極々一般的な塀の設置で境界も明確なら、双方の話し合いで
設置なさったらと。その場合は、双方共有の塀となります。

ユーザーID:8240829634
境界線はどこ?
シーラカンス
2017年5月13日 8:53

お隣が積んだ境界線はお隣の境界線内ですか?それともトピ主宅との境界線の真ん中ですか?本当は各々が境界線の自分内につまりお互いのブロックの間が本当の境界線になる様に積むのがトラブルなくて良いですよ。

相手に任せておくと後々本当の境界線が分からなくなってしまったりで面倒な事になります。わずか2段でも良いですから自分は自分のブロックを積むことをお勧めします。お互いがお金出しあうのはあまりお勧めしません。ブロック幅分でも20〜25センチはありますから×長さで計算すると結構な土地面積になります。今はお互いが分かっているから良いかも知れませんが後々の代になった時揉めるのです。境界線にしっかり印を受けておくことも大事です。費用は掛かりますが測量をして境界線の印を付けてはっきりさせておくことが重要です。お隣さんと気まずい関係にならない為にもこのチャンスを逃してはいけません。

ユーザーID:2342307296
情報量が少なすぎてコメントできません
茶トラ11キロ
2017年5月13日 11:49

とプロが言っていますので、よければもう少し情報を。

盛り土と書いてあるのですが、あなたの家が立っている土地のほうが高いのですか?
境界標識(頭が赤いプラスチック製の杭・境界と書かれた金属プレート・鋲など)はありますか?
あるとすれば、境界線ブロックのどっち側?
ブロックの高さは?

土地に高低差がある場合、普通は土地が高いほうがブロックを積みます。
斜面を管理しないと、自分の土地が崩れてなくなるからです。

土地に高低差がない場合
A、境界の真ん中にブロックを積む場合は折半。
B、100%自分の土地(境界に沿っての場合と下がって積む場合がある)に積む場合は、全額自分です。

最近、右側はA、左側はBという土地を測量しました。
左側の土地は住んでいる人が亡くなり、今の所有者と連絡がとれなかったので境界に沿ってブロックを積んだそうです。
今の所有者と連絡が取れ確認してもらったところ、一部隣の土地にはみ出してブロックが積まれていて揉めました。

まず、きちんと境界を確認して下さい。

ユーザーID:7837008475
どこに建ってますか?
多胡天
2017年5月13日 21:44

敷地境界のブロック塀、底地(建っている土地)はどちらの敷地でしょうか。
それにより対応が変わって来ると思います。

●塀の全部がお隣の敷地内に収まっている場合
塀の改築にトピ主さんがお金を出すと「他人の土地に共同所有物がある」状態になってしまいます。
全額をお隣さんが出し、(お隣さんの判断だけで)必要な時にいつでも塀を建て替えられる形にした方がスッキリします。
ただトピ主さんも塀がある事で敷地境界が明確になるという反射的な利益を受けていますので、基礎工事などの土工事が一時的にトピ主さんの土地にかかる事や作業者の敷地立入りなどは都度快諾した方が良いと思います。

●両方の敷地にまたがって建てられている場合
塀の改築費用の半分をトピ主さんが出し、持ち分割合1:1の共同所有物にするのが一番スッキリします。
持ち分割合が折半でないと、修繕の時などに困るかもしれません。
お隣の新築意匠に合わせた装飾的な要素が強く標準より高額な施工費用と考えられるなら「装飾資材・工賃を除いた基本費用を折半」「現況の塀の再構築費用の半額」等、何か根拠を持った費用負担をした方が良いと思います。

ユーザーID:4534206743
前回
2017年5月15日 11:02

お隣さんが無償で積んでくれたのなら、今回は
こちらが全額負担するのがよいかと。
今後の付き合いが持ちつ持たれつの再認識で円滑になるでしょうね。
私ならそうします。額面の話ではなく恩義の話だと思います。

やるとやらないでは大きく違いますよ。心象の良い悪いで、
相手方が知り合いなどに家の話をするときに隣家の境界線の
話にもなるでしょうから。
「以前はうちが無償でやってやったのにこれだけしか出さない!」と
「うちはお隣が義理堅い誠実な方でよかった。」じゃ全然違いますからね。
つまり今後ですよね。永い付き合いになるでしょうから、
「全額」をおすすめします。

ユーザーID:4049043528
ありがとうございました♪携帯からの書き込み
きゃん(トピ主)
2017年5月15日 20:05

皆様、色々教えて頂き、感謝しています♪

お隣さんは、とても良い方ですので、これからも良いお付き合いができそうです。

あちらのブロックですが、お世話になっておりますので、お礼はするつもりです。

ありがとうございました♪

ユーザーID:9003712650
今後
hia
2017年5月15日 21:01

気持ちよくお付き合いしていくつもりなら、折半がいいですよ

ユーザーID:2120905945
ありがとうございました♪携帯からの書き込み
きゃん(トピ主)
2017年5月16日 18:27

とても、丁寧に説明して下さり、心より感謝申し上げます。
初めての事で、私も、色々と勉強になりました。
皆様、ありがとうございました♪

ユーザーID:9003712650
段差があるなら擁壁ですよね
それって
2017年5月17日 11:18

擁壁は基本的な考え方があって、低いほうの土地所有者の持ち物なんです。
境界線は擁壁の内側にするので、ブロックだとしても通常は高いほうの土地に入り込む形で設置しますが、慣例として境界を侵したことにはなりません、理由は下の土地が登記上の面積一杯を使う権利があるからです。
でもって、その擁壁を下の土地の所有者が自己都合で取り壊し再建する場合、上の土地の所有者に費用負担の義務はありません。
稀に、境界線の真ん中に擁壁を立てて共有としているケースがあり、この場合は例外的に折半となりますが、義務関係はなく取り壊しを必要とする側が全額負担することが殆どです。
費用負担する場合には、それが共有物である旨の覚え書きを交わさないといけません。

ユーザーID:2288306756
土地家屋調査士の業務
茶トラ11キロ
2017年5月17日 13:40

塀を造る時、どちらの土地に建てるか費用はどうするかなどの調整は、土地家屋調査士の仕事ではありません。

土地家屋調査士の業務は、境界確認・分筆・地積更正・地目変更・建物表題登記などです。
境界確認をした時に、「塀を造るときは、一般的にはこうです。」などのアドバイスをすることはあります。

ユーザーID:2094435349
 
現在位置は
です