現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

この少女漫画のタイトルお分かりになりますか?

ちゃんちゃん子
2017年5月17日 16:21

昔、姉が持っていた本でタイトルを忘れてしまったマンガがあります。

ちょっとうろ覚えなのですが、ある新婚夫婦が引っ越して来た古い家にはヤクザの幽霊が住んでいて、
その幽霊は、想っていた姐さんに義理立てして?入居する人を次々と追い出している・・・といったストーリーで
ホラーではなく、コメディで、ちょっと重い感じの独特の絵だったと記憶しています。

どなたか、お分かりになる方いらっしゃいますでしょうか??宜しくお願い致します。

ユーザーID:9174786650  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
ミセスとユーレイ?携帯からの書き込み
ぽう
2017年5月17日 17:59

おそらく もりたじゅんさんの「ミセスとユーレイ」ではないかと。
1970年前後のりぼん掲載ではないでしょうか。この新婚の奥様が実は幽霊さんの慕う姐さんの仇の組長の孫娘で 結婚を反対されて駆け落ち結婚していて…という設定だったと思います。最後は組長を許した幽霊さん 無事成仏…はなさらず まだ屋敷にいて 二人の赤ちゃんをあやしていて 夜中にドスのきいた子守歌が聞こえる…という 涙あり笑いありのお話でした。
ちなみにもりたじゅんさんは本宮ひろしさんの奥様で 一度引退して本宮さんのアシスト後 復帰してレディースコミックで活躍なさっていましたが 現在はまた引退されていらっしゃるようです。
当時のりぼんでは一条ゆかりさんと並んで大人っぽい作品を描いていらっしゃいました。

ユーザーID:6492058910
ミセスとユーレイ
ネコ
2017年5月17日 19:29

もりたじゅん先生の
「ミセスとユーレイ」です

ただかなり古いので入手可能かどうか…
私も懐かしくて数年前に古本で入手しました
電子書籍ならば有るかもしれませんよ

ユーザーID:4597132945
古いのですが、これかな?
そう来たか
2017年5月17日 20:03

もりた じゅん の

ミセスとユーレイ

でしょうか。

私の記憶違いじゃなかったら、ですが

*Gか何かを退治するのに、ご主人が開発した【人畜無害の】粉薬(薄めの缶に入っていて、ペコン、と一押しすると適量の粉が出てくるもの。時代ですねえ・・・)を使うも、逃げられる。

それを見ていたユーレイさん、「ユーレイにはどうかしら?」と言ってペコンと押すと、「やっぱり効くー!」とひっくり返る。

*最後には夫婦待望の赤ちゃんも産まれる。その子をあやすためか、その家の付近では、妙にドスのきいた子守歌が聞こえる時がある。この場面が最終回だったような。

違ってたら、ごめんなさい。

ユーザーID:8569512694
森田じゅん先生の
ちーさん
2017年5月17日 22:15

「ミセスとユーレイ」ではないでしょうか。40年以上前にコミックスで読んだ記憶があります。
表題作はハッピーエンドの分かり易い話でしたが、他の収録作品はバッドエンドのオトナの
世界、って感じでした。出版社などがわからなくて、すみません。
みつかると、良いですね。

ユーザーID:4753094724
もりたじゅん さんの「ミセスとユーレイ」
追憶
2017年5月17日 23:41

今は引退された、もりたじゅんさんのラブコメ漫画
「ミセスとユーレイ」ですね。1972年の作品です。

敵対するヤクザ一家の卑怯な手口で
愛していた姐さん諸共、殺されてしまった恨みから
地縛霊となって、事件のあった家に取り憑いていた
ヤクザ幽霊と

その家に何も知らずに転居してきた、浮世離れした学者と
天真爛漫な新妻という、新婚カップルとの笑いあり涙ありの
コメディですね。

何とか脅して追い出そうとするヤクザ幽霊だけど
とんちんかんな反応をする夫婦に、調子を狂わされながらも
いつしか心を通わせて、夫婦と仲良くなったものの
新妻の父親が、仇のヤクザ一家の親分だと判って…
といったストーリーで

紆余曲折を経て最後は丸く収まり、旦那さんは学者を辞めて
実家と絶縁した奥さんと一緒に、夜鳴き蕎麦の屋台を引き、
ヤクザ幽霊は、夫婦の間に生まれた赤ちゃんのお守りで

その家からは、ヤケにドスの効いた子守唄がに聞こえてくるそうな

と、めでたしめでたしのハッピーエンドでした。

ユーザーID:9849055678
題名までは
inu
2017年5月18日 9:11

すいません。。題名もわからないのにきてたのですが、本の表紙が新婚夫婦のうしろにやくざの幽霊があるやつじゃないですか?
一年前にシーモアの読み放題で人気がないワースト4くらいにあったのですが、
おもしろそうだなと思ってみてました。でも読んでないんです><すいません。
絵も昔の重いのですよね。
その人の作品はシーモアの少女マンガ部門で人気がないほうにたくさんあったので、シーモアをとってる小町のかたにきいたらわかるかなと思うのですが。
でもまだあるかな。。

ユーザーID:4662289809
ミセスとユーレイ
ちびすけ
2017年5月18日 16:56

もりたじゅん の、「ミセスとユーレイ」です。
コメディだが、しんみりするところもあって、大好きです。
ラスト近くで、ヒロインの旦那さんが妻を取り戻すため、
妻の実家である任侠団体にユーレイと一緒に乗り込むところが
記憶に残っています。

ユーザーID:4805393356
ミセスとユーレイ
樹音
2017年5月18日 17:46

もりたじゅんさんの「ミセスとユーレイ」です。
電子書籍で読めるみたいです。

ユーザーID:5946771174
りぼんに掲載された
銀チョコ
2017年5月19日 7:29

もりたじゅん先生のミセスとユーレイではないでしょうか。懐かしいですね。

ユーザーID:7204183034
なつかしいです
とおりすがり
2017年5月19日 14:14

もりたじゅんの「ミセスとユーレイ」だと思います。りぼん掲載1972年の作品ですね。なつかしいな。

ユーザーID:6176488302
ありがとございました!!!
ちゃんちゃん子(トピ主)
2017年5月20日 22:11

皆様、お詳しい方ばかりで感動です!!

「ミセスとユーレイ」で画像を調べましたら、この絵でした。作者も、もりたじゅんさんで間違いないです。ありがとうございました!!!一条ゆかりさんも大好きな漫画家さんです。りぼん、懐かしいですね。姉が持っていた、りぼんの付録が凄く羨ましくて、いつもこっそり見ていました。

今はもうマンガを描いていらっしゃらないのですか?何だか寂しいですね・・・。旦那様が同業の漫画家って、他にも何人かいらっしゃいますよね。本宮ひろしさんってサラリーマン金太郎の作者の方ですよね。今知りました。

それから、ペコンと押す殺虫剤?そうです!そのシーンが印象的でした!!!凄く面白かったのですが、私がその文章を書いて分かって頂けるか自信が無かったのでちょっと書けませんでした。ありがとうございます。

シーモアでも読めるのですか?探してみますね。電子書籍で昔の古いマンガが沢山読めるようになるといいなと思います。版権とか色々難しい面があるのでしょうか。

懐かしい好きな漫画のお話が出来て嬉しかったです。本当にありがとうございました。

ユーザーID:9174786650
余談ですが…携帯からの書き込み
ぽう
2017年5月22日 1:14

正解だったようで良かったです。
本宮ひろしさんはそうです。サラリーマン金太郎の作者です。最近見ていないのでわかりませんが 本宮作品の女性キャラはもりたさんが描いていらっしゃいました。
復帰後の時期はレディースコミックをたくさん執筆されていたので 古書店なり電子書籍なり探してみられてはいかがでしょうか?
漫画家のご夫妻…大御所では 松本零士さん・牧美也子さん 新谷かおるさん・佐伯かよのさん 柴田雅弘さん・市川ジュンさん 最近だと幽遊白書の作者さん(名前ド忘れ)とセーラームーンの武内直子さん夫婦とか 吉田戦車さん・伊藤理佐さんとか新井英樹さん?…(名前ド忘れ)と入江喜和さん
他にもまだまだかなりいらっしゃるみたいですね。

ユーザーID:6492058910
 
現在位置は
です