現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

フリーランスのデザイナーです。仕事を頑張るか婚活するか。

もふもふ
2017年5月18日 23:08

30歳女性です。
元々メーカーでデザイナーをしておりましたが今年の初めから本格的にフリーランスになりました。
今は辞めた会社からお仕事をもらって生活しています。

働く時間が会社員だった頃の10分の1になりました。
収入は会社員だった頃とほとんど変わらないのですが、とにかく暇で暇で。
1週間のうち働いている時間は5時間くらいだと思います。

空いている日は図書館に行ったり美術館に行ったり映画館に行ったり交流会に行ったりしていますが、すぐにやることがなくなって空しくなります。
仕事している時が1番充実しています。

ただ、安定しない仕事だし、ものすごくガツガツ働きたい訳でもないし、年齢的にも将来の伴侶を見つけて安心しながら働きたいと思い、婚活も始めようと思いました。

そこで、暇な時間を有効に使うために、新規顧客を開拓しつつ婚活も始めようと思うのですが、フリーランスのデザイナーとしてお仕事されている方にお聞きしたことがあります。

●新規顧客はどういう場所・経緯で獲得しましたか?
●在宅で会社員並みに稼げるフリーランスの女性は婚活の場で需要が高いですかね?結婚相手はどうやって見つけたのでしょうか?

ユーザーID:8418500581  


お気に入り登録数:36
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
どちらも頑張ってください
あずき
2017年5月19日 15:20

デザイナーではありませんが私も30歳でフリーランスになりました(フリー歴18年)。フリーになってから婚活をして結婚もしています。

私は不器用だったのでフリーになって5〜6年は仕事を軌道に乗せることだけに集中していたので、婚活スタートは遅れました。
なのでトピ主さんがタフで器用なら同時並行で頑張ったらいいと思います。若いから婚活というより恋活でもいいと思います。

フリーで会社員時代と同じ収入ならもっと焦ったほうがいいです。交通費も通信費も全部経費は自腹だし、厚生年金ではなく国民年金なので、会社員時代の額面の倍以上売上げてやっと手取りは会社員時代の水準じゃないですか。
収入が増えても生活レベルを上げず貯金のペースを上げるくらいで丁度いいと思います。いいペースで稼げるようになったら、翌年の住民税、国民健康保険料ががっつり上がってびっくりしますよ〜

在宅勤務で出会いがなかったので婚活して夫と出会いましたが、夫と付き合う前にもけっこう申し込みは頂きましたし職業で苦戦したとは感じませんでした。

ユーザーID:5088980066
フリー続けるの無理だと思う
パライソ
2017年5月19日 16:00

デザイナーで独立20年以上で、若い子も育て送り出してきました。

>働く時間が会社員だった頃の10分の1になりました。

独立したてはお祝い的に仕事が入るものです。それで1/10は厳しい。
今のトピ主状況で「収入的には変わらない」くらいじゃフリーとしては失格です。
おそらく年齢と共にどんどん先細りしていく可能性が高いんじゃないかな。
今更新規顧客の開拓なんて相談してるのもね…。

婚活に関しては知りませんが、
「在宅で会社員並みに稼げるフリーランス」なんてのが維持できると思わないほうがいいですよ。
フリーは時間もメチャメチャになるし、プライベートの境界も曖昧になりがちです。
同業者か、近い職業の人は理解があるでしょうけど。

というより、トピ主って本当にフリーランス?
なんか言ってることがデザイン専門学校出たての子みたい。

ユーザーID:8278963213
私もフリー
QP
2017年5月19日 16:28

私は同じくフリーでデザイナーをしています。

>●新規顧客はどういう場所・経緯で獲得しましたか?
私の場合は、営業はしていないので主に口コミになります。
担当の方が移動や転職されたりして、広がっていく感じでしょうか。(ありがとうございます。)

>●在宅で会社員並みに稼げるフリーランスの女性は婚活の場で需要が高いですかね?結婚相手はどうやって見つけたのでしょうか?
相手が会社員なら特に気にしないと思いますが、同じフリーの方だとイヤもしれませんね。
(所得云々ではなく、フリーは家に居ている時間が長くなるので、お互い息が詰まるという意味です。)

時間がるのならば、婚活パーティー等に参加されると良いと思いますよ。

>ものすごくガツガツ働きたい訳でもない
取引先が多くなれば、比例して忙しくなります。
トピ主さんの場合だと、その気になれば年収1,000万円程度なら稼げるのでは。
ただフリーの場合だと作業量に限界があるので、むやみに取引先は増やさない方が良いと思います。
と言っても1週間に5時間だと流石に暇なので、あまりオススメはしませんがクラウドソーシングも利用されても良いかもしれません。

ユーザーID:7997926490
何故会社を辞めたの?
あーあ
2017年5月20日 9:06

トピ主はフリーのデザイナーと言ってるけど、世間一般に名の知れてるデザイナーは別にして
外野からみたら「ただのフリーター」にしか映りませんよ。

仕事だって辞めた会社からしかもらってないんでしょ?
それ途切れたらどうするの?
独立するって大勢のクライアント様を抱えた状態でするのかと思ってたけど随分軽率で浅はかな人なんだな〜
という印象ね。

婚活にしても「フリーランスのデザイナーです」って言ってもきちんとした男性なら相手の女性にも
ちゃんとした条件を求めるだろうし(学歴や正社員の会社員とかね)トピ主さんの場合はかなり不利だよ。
婚活は会社勤めの時に始めた方がよかったんじゃない?と言っても後の祭りですが・・

独立したけど新規顧客の獲得は?婚活は?なんて悠長に聞いてるトピ主さんにはどちらも無理、不利。
頭下げて会社員に戻った方がベターだよ。

ユーザーID:5983100876
関係あるかなぁ
いっちゃん
2017年5月20日 23:49

同業者です。

・新規顧客→ 「元在籍していた会社のツテと同僚から」というパターンが多いです。

・婚活の需要→ 関係ない。と思います。私の周りでは、同業者は大学の時から付き合っていたとか、同じ会社に務めていたとかそんな感じで長い付き合いの果てに結婚したご夫婦が多いです。

バリバリ稼ぐデザイナーとして婚活した人は
ちょっといないんだけど、
それ、関係あるかなぁ? って思います。

結局、良きパートナーと結婚した人を見ると、
人柄が良かったり楽しい人だったり。
お金じゃなくて、中身だと思います。


婚活の市場で、収入を武器に探したら、
あまり稼ぎのない、ハズレ男ばっかりが
引っかかるのではないですかね?

そういう人がトピ主さんの好みなのなら
頑張って養ってあげればよいかもしれませんが…
ちょっと想像してご覧なさいよ。

ユーザーID:4207055412
今のうちにガツガツ稼いでおけばいいのに
阿古屋貝
2017年5月22日 12:21

元の職場からの「おこぼれ」を貰い、持て余すほどの暇がありながら正社員時代と同じだけ稼げるなら、婚活など後回しでネットや持ち込みなどで営業しまくって顧客を増やし、がむしゃらに働いて老後資金まで見込んで蓄財すればいいのにと思います。

婚活市場における在宅で稼げるフリーランスの需要ですが、色々な面でアテにされやすいことは確かでしょう。家事育児介護もやりなおかつ稼ぐ便利な女とみなされ、夢追いヒモ男や勘違い男尊女卑男が寄ってきやすいのでは。納期に追われているのに俺の飯は?母さんのオムツは?子供が泣いてるぞ、こないだの仕事で入った金は?と要求ばかりの男に捕まったら大変です。

仕事も結婚への心構えもどちらも中途半端なのはリスクが高そうなので、どちらかに絞って時間とエネルギーを注いだ方がいいのではないかと思います。私がトピ主さんだったらまず稼ぐ方に専念しますが。

ユーザーID:5051481288
既婚・フリーランスのディレクターです
ピオニー
2017年5月22日 15:06

デザイナーでなくて申し訳ありません。

私はフリーランスでディレクターをしています。
厳しい意見も散見されますが、私はこの内容だけでフリーランスを辞めるというのは早計と思います。

●新規顧客の獲得方法
今は退職した会社1社から請けているようですが、その担当者が転職したり、口コミで広がったりということもあります。
手っ取り早くいくならエージェント登録をする方法もあります。派遣と同様にどこかの企業に常駐する案件が圧倒的に多いですけど。。

●フリーランスは婚活で需要が高い?
そもそも、結婚は『頑張ってするもの』ではないと思うのです。
生活基盤がしっかりしていることは大前提ですが、『条件だけ』に固執すると『結婚後に性格に難ありだった』ということが分かって苦労するかもしれません。

『仕事が落ち着いたら』と思っていたら、いつまでも結婚できませんよ。
仕事が落ち着く日なんてきません。

人生はやり直しがきくこともありますが、『旬』があるのも事実です。
30歳ならまだお若いですが、結婚したければゆっくりしてられませんよ。

恋も仕事も両方とることをお勧めします!

ユーザーID:6513758135
もしかしてリストラ?
おたまじゃくし
2017年5月22日 16:51

もしかして、トピ主さんはリストラされたのではないかとふと思いました。クビではなく、正社員から業務委託への転換という形で徐々に切っていく方法というのがありますから。

正社員だと色々と制約があるけど、業務委託になれば通勤しなくていいし、自分のできる範囲で仕事を受けて、自分のペースで好きなように仕事ができるからもふもふさんに向いているよ。仕事は前と同じように回すし、どう、考えてみない?なんて言われたりしていませんか?

元職場以外に顧客の当てがないのに独立する無鉄砲さの裏にこのような事情があるのではと想像してしまいました。

今は楽なわりに前とほぼ同じ収入があるせいかのんびりしていますが、年金や国保の請求書が来るようになると愕然としますよ。これからは全額自腹ですから。しかも元職場がコンスタントに仕事をくれる保障などありません。意図的に依頼を減らして切る方向に変えても「ウチも厳しくって」と言えばいいので、元職場は痛くもかゆくもありません。

私の想像が外れていればいいのですが、あまりに呑気なのでつい書いてしまいました。

ユーザーID:3998724392
男性は許されない
アダモ
2017年5月23日 11:24

フリーランスの男性が仕事を頑張るか婚活するかということで悩む確率はほぼゼロです。その両方を同時並行して頑張るのが当たり前です。

ユーザーID:1504872169
トピ主です
もふもふ(トピ主)
2017年5月23日 12:33

皆さん参考になるご意見ありがとうございます。
あずきさんのようになりたいですね。
とりあえず仕事が安定するように頑張りつつ、婚活や恋活は余力で頑張ろうと思います。
やはり倍以上稼ぐことが必須なんですね。
最近、会社の人からの紹介で少しずつ収入が増え、先月からやっと1.5倍くらいになりました。
色んな人に助けられていることを実感してます。
QPさんのご意見も参考になりました。
クラウドも考えたのですが、単価が安く仕事量が多そうなので少しビビっています。
私も今年はクチコミで地道にクライアントを増やしていこうかなと思います。
皆さんありがとうございました。

ユーザーID:8418500581
トピ主です2
もふもふ(トピ主)
2017年5月24日 18:02

辛辣なご意見からとても勉強になる素晴らしいご意見までたくさんレスを頂きありがとうございます。
皆さん、何も考えていない私に対して喝を入れたりアドバイスして下さってありがたいです。

今さらですが自分の甘さを痛感しています。
何人かの方からご指摘のあった通り、元々フリーになろうとしていた訳ではなく、なりゆきでなったので、ゆる〜くボケーっと仕事してました。
最近顧客も増えちょこちょこ稼げるようになって仕事へのモチベーションも高まり、もっともっと稼ぐため新規顧客を獲得しようと動いているところです。
ここ数日、本を読んで勉強したり税理士さんや会計士さんに相談しに行ったりしてお金についてのイメージが以前よりかなり明確になってきました。

ピオニーさんのご意見すごく参考になりました。
エージェント登録、早速やってみたいと思います。
体力がある今のうちにせっせと稼いで老後の蓄えを増やしたいです。

ユーザーID:8418500581
うーん。
マギー
2017年5月25日 17:57

トピ主さんの名前で様々なところから仕事が来る。
というわけでなく、昔のツテという事は、
数年後はちょっとわからないですね。

今から徐々に新規開拓して行った方が良いです。
幅広い媒体をデザインできる様にした方が良いですし。
今からスポットが当たる様な業種を選別して、そこに売り込むのも良いですね。
年収は他の方がおっしゃる様に、今の倍は必要かなと。
年々保険料、税金上がりますしね。
共済とかにも入った方が良いですよ。

婚活は…。
うーん、どこに住んでますか?
都内だと自営業じゃ保育園難しいですよ。
私は働きまくって主人に育休とってもらってどうにか預けられましたけど。
会社員共働きより優先度落ちます。

なので、子供を育てるなら仕事続けるにも覚悟が必要です。
週5時間の仕事で稼げるというのが、その時まで続いてれば良いですけども…。
こればかりは運ですから。
産前産後、子供のトラブルで働けない事もあります。
自営業は誰も守ってくれないです。

でも、たいていの男性は、家に奥さんがいるという事は、
自分は家事育児しなくて良い。それなのに稼いでくれる!
と思うから婚活の需要はあると思いますよ。

ユーザーID:1162665201
私の場合 追記
QP
2017年5月25日 22:48

文字数の関係で記載出来なかったのですが、私がフリーになった時もトピ主さんと同じ様に、そんなにガツガツ働くつもりはありませんでした。
(今はガツガツ働いていますが…。)

生きていくために最低限必要な金額(税金、経費、食費、家賃など)は月いくらなのか計算して、その分だけ稼げればOKという感じでしたよ。
なので、相場より低い金額で依頼を受けて、自由な時間を作るために早く納品していたら、ドンドン依頼を頂けるようになりました。

その経験から「早い、安い、クオリティが高い」を満たせば、営業はしなくても口コミで広がっていくと思います。
ただ、売上は直ぐにアップしないので中長期的と考えてくださいね。
将来トピ主さんの取引先が、依頼を頂いている今の会社を含めて3〜5社程になれば売上1,000万円も可能だと思います。
(フリーであれば売上1,000万円は、一度は目標とする金額だと思いますしね。)

クラウドはあくまでもサブで、空き時間に活用するのが良いと思いますよ。
(私は利用したことが無いのですが…)


フリーは人脈が命綱なので、元勤務先との繋がりを大事になさって下さいね。

ユーザーID:7997926490
トピ主です3
もふもふ(トピ主)
2017年5月28日 13:00

マギーさん、QPさん、ありがとうございます。
とりあえず前職で働いていた時に入会していた確定拠出年金を個人型に移し、老後のための積み立てをしています。共済も調べてみます。
また、保育園や子育ての話も参考になりました。ありがとうございます。
やっぱり甘くはないですね。子育てしながらは大変ですよね。
ただ会社員と違って時間のコントロールはしやすいのですかね?
QPさんのご意見も非常に勉強になります。
私もこの間まで生きていければいいや〜もうバリバリ働きたくないという考えでした。
今は少しずつ仕事が増えてきて、これ1本でやっていこうという覚悟が決まってきた感じです。
仕事の早さには自信があります!
会社員時代から仕事が早く、他の人の分まで手伝っていました。
ものすごいオシャレなものを作れるかと聞かれたら自信無いのですが…
クオリティについては勉強してもっと頑張ります。
ありがとうございました。

ユーザーID:8418500581
 
現在位置は
です