現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小学校4年生からのバイオリン

アマデウス
2017年5月20日 4:55

将来音楽の先生になりたい子供(9歳)と楽器経験あり(音大卒ではない)の親子です。海外在住です。

3歳の頃からピアノを習っていて一応音大受験も視野に入れたレッスンをしていただいています。6歳の頃バイオリンもやってみたいと言い出したのでピアノ演奏の助けになれば、くらいの気持ちで習わせました。バイオリンの先生が引っ越しされることとなり、ここ1年程バイオリンのレッスンは受けていません。最近になって本人が「やっぱりバイオリンの音が好き。バイオリンのレッスンをまた始めたい。ピアノはちょっとスローダウンしてバイオリンの先生になりたい」と言い出したのです。

そこで音楽経験者の皆様に質問です

1)バイオリンを9歳で始めて(ノンビリレッスンの経験は数年ありですが) 大学で音楽専攻できるレベルになれるものでしょうか?
バイオリンは幼少期から始めるものだと思っていたので、9歳になった今レッスンを再開してもどこまでものになるのか?バイオリンの経験がない私は自分の子の筋が良いのかもわかりません。

2)譜読みが苦手な子のピアノ専攻で将来はどうだと思いますか?
最近うちの子は軽症のディスレキシア(LDの一つである難読症)を持ってると診断されました。そういえば小さい頃から譜読みが遅かったです。なので単旋律の楽器に変えた方が譜読みにかかる時間がピアノに比べて短くなり音楽自体を楽しむための練習に時間を割けるとも考えます。

日本ではバイオリンをされるお子さんは3-4歳くらいから始めるのが普通だという認識ですよね?私たちの在住国では10歳くらいから始める子も多いらしく、周りからは始めたい時に始めれば良いと言われます。でも本人は音楽の大学に行きたいと言っている(9歳児の言うことですが)親としては今からバイオリンを始めても間に合わないのではないかと心配です。

音楽経験者の方からのお話をお待ちしております。

ユーザーID:0757465362  


お気に入り登録数:30
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
追加情報を
音大卒の在外邦人です
2017年5月20日 11:43

>音楽の先生になりたい子供
これは、日本で中学が高校の先生、ということでしょうか?
もしそうなら、声楽が有利だと思います。

>私たちの在住国では10歳くらいから始める子も多いらしく
私が以前住んでいた国でもそう言われていましたが、実際は
家庭で触っていて、外部の先生に付くのが10歳という意味だと
聞きました。

>ノンビリレッスンの経験は数年ありですが
これは何歳からですか?

>単旋律の楽器に変えた方が譜読みにかかる時間がピアノに
>比べて短くなり
はい。おっしゃる通りだと思われます。
素晴らしい着眼点だと感じました。

もしよろしければ、追加情報を頂ければ、もう少し回答できるかも
しれません。

ユーザーID:6920293178
やりたいならやればよい!
mt
2017年5月20日 12:30

やりたいときに初めて、一生懸命やればよい。

芸大卒のヴァイオリニストの佐藤久成さんが、レッスン始めたのは9歳だそうですよ。

ユーザーID:3700973424
お子さん次第
ナオ
2017年5月20日 12:59

ピアノを習っておられるのでしたら、ヴァイオリンを今から始めても全く問題ないと考えます。譜読みが不得意という点ではヴァイオリンを習う子は、譜読みが不得意と言う子は多いですよ。耳で覚えてしまう子が多いので。耳が鍛えられるからなのでしょうね。

やりたいことがあると言う事は素晴らしいお子さんだと思いますし、出来る事であれば応援して上げて欲しいと思います。

ユーザーID:6629906077
貴方は何を求めているのですか
コータロー
2017年5月20日 13:11

1960年代から、子供にピアノを習わせる方が多くなったようです。でも、その方々が、プロの演奏者になったのでしょうか。中村紘子さんは、小さい頃から、期待され、練習に励まれたようですが。
1950年代、私は4人兄弟で、私以外は、ピアノを小さい頃から習い、2人が音大に進み、1人は作曲に、1人はピアノと進みましたが、結局、家庭に納まりました。小さい頃からピアノのレッスンをした方が、何人プロとして演奏しているのでしょうか。バイオリン・フルート・チェロ奏者が、小さい頃からそのような教育環境にいたのでしょうか。
私は、音楽とは程遠い、商品研究・開発の世界に入り、何とか生活を維持し、現在は、年金生活を過ごしております。でも、時に、ピアノを弾くことで楽しんでいます。クラシックも弾きますが、ポピュラーをメインに時々練習をします。
小さい頃に、ピアノ・バイオリン・フルート・チェロなどの選択ができるのでしょうか。逆に、その選択ができた時が、先々、伸びるきっかけではないでしょうか。大事にしてあげて下さい。

ユーザーID:0225762909
どこを目指すか
音楽科卒
2017年5月20日 13:12

>音楽の先生になりたい

なら音大だけでなく教育学部の音楽科も選択肢に入るということでしょうか。

まず音大のレベルも様々なので、どこでもよければ、努力すれば音大でも教育大の音楽科でも今から間に合わないことはないと思います。
ただ特定の大学やレベルを想定されているなら難しいかもしれません。
その辺は実際お子さんが先生についてやってみないと誰にもわからないでしょう。

「一応音大受験も視野に入れたピアノレッスン」というのも曖昧ですが、その程度の認識ならとりあえずバイオリンも習わせてあげたらいかがですか。

ってのが、9歳ともなれば本気の人はヴァイオリン、ピアノに関しては「音大しかない!」と切磋琢磨されていてもおかしくない年頃だからです。

今のトピ文のニュアンスからだと、やってみて、1,2年経ったらまた気も変わるかもしれないし、様子をみたらいかがですかとしか言えないです。

世界トップレベルのソリストを目指すならともかく、音楽の先生ならピアノ、バイオリン、両方弾ける、教えられるってのも強みになります。本気出すのもまだまだ遅くないです。

ユーザーID:8284170423
9歳は適齢期
コンセル
2017年5月20日 22:14

私も海外在です。こちらの音楽院を卒業しています。

私がついたピアノの教授がピアノを始めたのは10歳の時、中学入学時に居住地区の中学へ進学するのを好まなかったご両親が、音楽院付属の中学を薦めたのがきっかけだそうです。(入学試験は適性検査のみ。)
室内楽の教授(ピアニスト)に至っては18歳からピアノを始めたそうです。どんな和音でも掴めそうな大きな手の持ち主で、初見が物凄く得意な人でした。

3-4歳から始めなければ、というのは「日本神話」です。だいたい、そのうち何人が、フルサイズ楽器を演奏するのに適した体格に成長した後も続けていますか?


大切なのは最初の先生。三つ子の魂百まで。最初についた癖は一生残ります。良い癖を習得させてくれる先生を選ぶ。これが一番大事です。
私は3歳からピアノ科出身でない街の先生に習い、最初に悪い癖をつけた例。
私の師は最初からプロピアニストを何人も輩出している教師の下で良い癖を習得した例。

もし、お子さんが音楽に必要な素養を持って生まれ来ているのなら、専門の道に進めるかどうかは、今からつく先生のレベル次第です。年齢的には、始めるのに一番適した年齢です。

ユーザーID:3833760435
私も海外在住です。
チキンダンス
2017年5月21日 11:38

高校生の娘がいます。 娘の小学校では三年生、つまり9歳から音楽の授業で 弦楽器を選択できます。 娘も9歳でバイオリンを初めて 授業以外にも 先生についたりして 今高校のジュニアですが そこそこ弾けるレベルです。友人と四弦楽団を組んで 時々パーティなどで余興として演奏しております。と言っても音楽専攻するつもりはないようですが。。。
娘のクラスメートには やはり小学三年で初めて 学校以外に個人レッスンを受け中学に行く頃には 大人に混じって 在住市一番の 室内管弦楽団に入団して 第一バイオリンとして活躍している子供もいます。
そのお子さんは高校生になってからは そこでは物足りなくなり さらに遠方の 評判の良いオーケストラに入ったようです。 地元の管弦楽団では 時々の ゲストのソロバイオリンとして 時々コンサートに出て来ます。 さらに娘の学校では やはり小学三年で初めて 同じように活躍している高校生フレッシュマンの子もいます。彼も 州や地域でのコンクールで良い成績をとっているそうです。
本人の資質のあるでしょうが 9歳でも決して遅くはないようですよ。

ユーザーID:1037154470
音楽専攻はやめましょう
バル
2017年6月8日 11:14

音楽で頭角を現せるのはほんの、ほんの一握りです。
非常に才能があっても、あるからこそその道を選択しない人も多いいです。
覚悟してその道で食べていくくらいの子は9歳ならもう結果だしてますから。

趣味なら全然いいと思うので好きならやらせてあげればいいと思いますが、音大レベルではない気がしますし、音大でなくても世界で音楽の先生やってる人もたくさんいるので、あくまで趣味程度(試験を受けて行って最低限の資格を取るレベル)でいいのでは?

インターとかなら数学や物理の先生やりながら、クラブ活動でバイオリンやサッカーなど教えるのは普通のことなのでそれで十分では?。

私の親戚は7歳からバイオリンの舞台へ立ち、某国のお偉いさんの前で演奏もしたこともあり、某国の王立音楽大学へ16歳で推薦されましたが断って数学を専攻し、今年からスイスの銀行への就職が決まっています。
小学校から有名私立の学費はすべて奨学金をもらえたのはバイオリンの才能ではありましたが、あくまで趣味、と割り切ってました。
(バイオリンの値段がその数年分の学費と同じくらいなので儲かった感は全くなしらしいです)

ユーザーID:8250692105
トピ主です、お返事大変遅くなりました
アマデウス(トピ主)
2017年10月10日 4:39

今日は、トピ主です。
トピをたててから5ヶ月、お返事もせず大変失礼いたしました。
皆さまのレス一つ一つ読ませていただきました。9歳からでも遅くはない、娘のやりたいという気持ちを尊重するべき、との皆さまのレスのお陰で楽器替えの決心がつきました。(とは言っても決心がつきかねていたのは親の私だけで、子供の気持ちはとっくの昔に決まっていたわけですが)

ピアノを辞めてバイオリンに変更する事を決めてから先生探しに奔走しました。コンセルさんのレスにあった「三つ子の魂百まで、初めにつく先生が大切」とのアドバイスを肝に命じて、紹介してもらった先生の演奏会に足を運んだり、色々な教室の発表会を聴きに行ったりしたのですが、これと思った先生が見つかっても教室に空きがなかったりと苦労いたしました。ひょんなご縁から最近私たちの地域に引っ越して来られた著名な先生を紹介していただける事となり、親子で面接を受けた後その先生にレッスンをして頂ける事となりました。人柄も演奏も素晴らしい先生で、娘は先生のことが大好きです。まずは基礎からやり直しという事で、立ち方、構え方からみっちりシゴかれました。数ヶ月経った今は曲集とエチュードも加わって、毎日練習に励んでおります。

バイオリンに変更して良かったのは、娘が本当に楽しんでレッスンに通っている事です。ピアノを習っていた頃とはレッスンの時の目の輝きが違います。先生の出す音色が本当に素晴らしく、その音色に少しでも近づけるようになりたいと頑張っている娘を見て、親があれこれ先回りして心配するよりも、子供がやりたい事を親が出来る範囲でサポートする大切さを学びました。

先生には一年後に室内楽のオーディションを受けてみようと言われています。これからも音楽の先生になりたいという娘の夢に近づけるように親として出来るだけ応援していきたいと思います。

ユーザーID:0757465362
 
現在位置は
です