現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

三国志○○の□□が好き

文遠
2017年5月24日 9:10

NHKの100分で名著で、陳寿の「三国志」を扱っていました。

劉備と孔明の緊張関係など、へえ、そうなんだと思いながら見ていました。

私は、張遼が好きです。

冷静沈着な仕事人で、情にも厚いなど、勝手な思い入れを持っています。

そこで、三国志の登場人物で、「私は○○の□□が好き」など、皆様の拘りを教えて下さい。

ユーザーID:8859087851  


お気に入り登録数:42
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:33本

タイトル 投稿者 更新時間
呉の魯粛
ハイヨー
2017年5月24日 16:04

子供の頃にNHKの人形劇三国志にハマり、三国志演義、色々な小説版、ゲーム、映画、ドラマと楽しんでいます。

ベタですが、人形劇時代からずっと趙雲が大好きです。

でも最近はThree Kingdomsという中国制作のドラマの影響で、呉の魯粛が好きになりました。

孔明(と周瑜)の引き立て役の、人のいいおじさんという扱いが多かった魯粛ですが、ドラマをきっかけに注目してみると、実は心に熱いものを秘めた強く優秀な人だと思うようになりました。

コーエーのシミュレーションゲームでは趙雲、張遼と共に、必ず探して自軍にスカウトする人です。
義理堅いので大抵断られますが。


張遼も名場面が多くて格好いいですね!

ユーザーID:8244757028
中学時代は
2017年5月24日 17:32

曹操孟徳が大嫌いでしたが、今はだいぶイメージが変わりましたね。
あの頃は、ただただ悪の鋺にしか見えなかったのだけど、能力があれば上へ
引き上げてくれるので、色んな意味で再出発を図る人には良いですよね。
ただし能力の無い人には厳しい職場ですよね。(例えば、私みたいな汗)
結構、昔は嫌われ者だったようですが、今は政治家としても文化人としても
評価高いそうです。(ゴメン、でも一緒には働きたくない。汗)

地味な所では徐しよとか諸葛均とか燻し銀で良いかなぁと思っています。
地味でサラッと忘れがちなキャラクターも出てくると嬉しいです。

ユーザーID:5082979289
張遼いいですね
小喬(嘘)
2017年5月25日 1:08

正史はきちんと読んだことがないのですが
演義で劉備たちに処刑を引き止められるくだりも好きです。

私は、張遼以外だと諸葛瑾とか、諸葛誕とか
もちろん諸葛亮も

裏切りが当たり前の殺伐とした世の中で
絶対的に信頼できた人
この人のためなら死ねるとまで言われた人に惹かれます。

ユーザーID:4350311555
三国志○○の□□が好き携帯からの書き込み
Kyo3594
2017年5月25日 1:25

初めまして。

私は北海太守孔融の武将武安国が大好きです。虎牢関の戦いで、穆順が順に呂布に挑むも相次いで斬り殺されていく中、武安国だけは呂布と戦い命からがら生還する場面は涙無しには見られませんでした。

ユーザーID:9705893394
呂布だなあ
ソラリス
2017年5月26日 18:44

『蒼天航路』の呂布がそれはそれは格好良くてなあ。
蒼天航路は呂布が死ぬところがピークだったんじゃないかと思うくらい、
死ぬときの呂布は格好良かった。

それまで「ただの腕力だけの馬鹿」
と思ってたんだけど、
いやあ、馬鹿も突き詰めればあんなに素敵になるんだなあ…ということで呂布推し。

あと、蒼天航路は董卓もいい。
すっげぇ魅力的な人物に仕上がってた。

ユーザーID:1306778835
反則だけど…
にらいかな?
2017年5月26日 19:57

三国志には美女も登場しています。

小嬌さんと「ちょうせん(文字化けで漢字入力不可)さん…

不倫は社会通念上宜しくないので、
「ちょうせん」さんを推したいけれど、
恋敵が強過ぎるので無理だと思う…
…私はヘタレな妄想オヤジです…

ユーザーID:6728182107
曹操
パンダちゃんの里親
2017年5月26日 23:35

中国四川省に住んでいます。
四川省と言えば「蜀」の国ですよね。

四川省成都市は以前と比べてガラリと様変わりし、超近代的な街になり、世界的観光地となりました。
三国志ファンももちろん多く訪れますので、トピ主さんもぜひお越しください。

有名な「武候祠」を見学し、その横の「錦里」というだだっ広い古鎮で中国を堪能し、国宝の四川劇「変面」を中国茶を飲みながら鑑賞してください。
ここには諸葛孔明が考案した武器で遊ぶところもあり、張飛に扮装したおじさんが張飛牛肉を売ってくれます。

中国の小学校の教科書に絶対出てきて意外にも人気なのは“曹操”です。
「曹操の話をしていたら本当に曹操が来たよ」(噂をすれば影)でもおなじみですね。

また、「蜀」の字形が蚕に似ていると言われ、蚕の生産地としても有名でシルク製品が非常に多く、「錦里」ではその製糸工程も見学することができますよ。

また、成都市から4時間で“昭化古城”へも行けますよ。

お土産は「三国志登場人物のチェス」を買って帰ってください。
(ちなみに私は三国志ファンではなく、パンダちゃんの熱狂的ファンです。ごめんなさい。)
ぜひぜひご堪能あれ〜

ユーザーID:1658802360
ハイヨー様
文遠(トピ主)
2017年5月27日 5:55

レスありがとうございます。

魯粛は、横山光輝さんの三国志では、周瑜と孔明の間で右往左往するお人好しの人物に描かれますが、その中においても、周瑜に後事を託されるので、不思議な感じがしました。

(横山光輝さんは、作品として分かり易くしたのだろうと思います。)

最近では評価も変わってきて、孔明とは違う形ですが、孫権に「天下三分の一の計」を進言していて、荊州も、それに従って、呉が劉備に貸し与えていたのが事実に近いようですね。

魯粛は、その地方の名家で、孫策が旗揚げをして、魯粛に支援を要請した際に、家の蔵の半分を提供するなど、太っ腹な人物であったようです。

>実は心に熱いものを秘めた強く優秀な人だと思うようになりました。

魯粛が、孫権に、私なら魏に下ってもそれなりに扱ってもらえるが、あなた(孫権)はせいぜい馬数頭を用いるだけの地位しか与えられない、と説くところは、魯粛が単なる出世主義者ではなく、志操の高い人物であったことを示しているように思います。

レスのテーマを汲んでいただき嬉しく思います。

ユーザーID:8859087851
亮様
文遠(トピ主)
2017年5月27日 6:37

レスありがとうございます。

最近、仕事をしている時に、自分が物事において徹底することが出来なくて、それが仕事が改善しない真の原因だと考えるようになりました。

曹操がまだ若くて、洛陽で警備の役人をしていたとき、相手が高官の子弟であろうと厳しく取り締まって高官からも恐れられたエピソードがありますね。

それが、実は、どれだけ大変であるか、長年勤めてきて、やっとわかってきました。

成功する人物はそこが違うのだろうと思ったりもします。

>ただし能力の無い人には厳しい職場ですよね。(例えば、私みたいな汗)

いえいえ、ご謙遜を。

曹操が、「××(名前は忘れてしまいました)は、酒に意地汚いから起用はさけた方が良い」と進言され、「××も余の下で長年勤めてきたのだから都の長官くらいの地位につけてもおかしくないだろう」と答えるシーンがありますね。

人間味のある人だなあ〜、と思いました。

私は、失敗ばかり繰り返す無茶な若い頃の曹操が好きです。

ユーザーID:8859087851
小喬(嘘)様
文遠(トピ主)
2017年5月27日 12:46

レスありがとうございます。

>裏切りが当たり前の殺伐とした世の中で
>絶対的に信頼できた人
>この人のためなら死ねるとまで言われた人に惹かれます。

周倉が、関羽の後を追って、城壁から身を投げるシーンは、顔を背けてしまいますね。

横山光輝さんの三国志のシーンです。

漢の臣たちが、忠心をとなえて董卓や曹操を除こうとするのには、自らの官職への欲望も含まれている事を考えると、我が身を振り返らないその姿には、救いを感じますね。

趙雲の自らの立身を顧みない姿は、一服の清涼剤ですね。

ユーザーID:8859087851
Kyo3594様
文遠(トピ主)
2017年5月27日 12:53

レスありがとうございます。

>北海太守孔融の武将武安国

私は、知りませんでした。

>虎牢関の戦い

気を付けてみます。

勉強になります。

ユーザーID:8859087851
少し哀れな感じがします
文遠(トピ主)
2017年5月28日 18:26

「蒼天航路」ですか。

私は、知りませんでした。

>馬鹿も突き詰めればあんなに素敵になるんだなあ…ということで呂布推し。

呂布は、馬鹿と言うか、少し哀れな感じが、私はします。

>蒼天航路は呂布が死ぬところがピークだったんじゃないかと思うくらい、
>死ぬときの呂布は格好良かった。

曹操に、「どうだ、俺はまだ利用価値があると思うぞ。俺を将として使ってみないか」と迫るところは、無念の思いがにじみ出ていて、最後まで呂布らしいという意味で、潔い気がします。

正史では、最後に、劉備に、「この男こそ曲者である」と食ってかかるあたり、呂布は、意外に、ちゃんと見抜いていたのかも知れませんね。

ユーザーID:8859087851
女性の登場人物が少ない?
文遠(トピ主)
2017年5月28日 18:56

>恋敵が強過ぎるので無理だと思う…
> …私はヘタレな妄想オヤジです…

貂蝉は、主人である王允が好きだったような気がします。

その恋敵は、「あなたより死を選ぶ」と、貂蝉から手痛いしっぺ返しを食ったのですから、望みなしとはしなくても良いように思います。

>三国志には美女も登場しています。

でも、三国志は、圧倒的に、女性の登場人物が少ないような気がしますね。

ユーザーID:8859087851
西施の人気は、どうですか
文遠(トピ主)
2017年5月28日 20:17

”昭化古城”、張飛と馬超が一騎打ちをした場所が近くにあるようですね。

成都に行く機会があれば、幸いです。

>(ちなみに私は三国志ファンではなく、パンダちゃんの熱狂的ファンです。ごめんなさい。)

私は史記も好きですが、パンダちゃんの里親様は、歴史には興味がないということですか。

あるいは、好きな時代が違うとか。

>中国の小学校の教科書に絶対出てきて意外にも人気なのは“曹操”です。

西施の人気は、どうですか。

よろしければ、現地の人しか知り得ない事を教えてて頂けたら幸いです。

ユーザーID:8859087851
トピ主様、
2017年5月29日 0:04

お返事ありがとうございます。
貂蝉ちゃんの名前が出てきてますが、私が
三国志にハマったのがNHKの人形劇で演出
で関羽と貂蝉ちゃんが口では好きだって言えず.....
ってなってましたね。
彼女が、董卓と呂布を天秤にかける逸話は実際は
一人の侍女にセクハラした話に盛大に盛った物らしいです。
傾国の美女を多く輩出しているお国ですので、私もお目に
かかりたいです。
美の基準は時代や地域で様々ですが私も到底、無理かもしれない
けど百花繚乱を競ってみたいです。(汗)

ユーザーID:5082979289
ベタですが
ナビ
2017年5月29日 8:57

マニアでも何でもない一般人です。三国志と言えば諸葛亮孔明です。出師の表は名文で涙もの。日本にもこのような宰相がいたのならと思います。
しかしながら、勝ちを収めた仲達は、なかなか優れた人物で、それを起用した曹操も非凡な人物だと思います。

ユーザーID:4243767398
すごく哀れですよ
ソラリス
2017年5月30日 1:28

お返事ありがとうございます。

>少し哀れな気がします。
すごく哀れです。マジで泣けます。

王欣太『蒼天航路』は、巻数多くて…

機会があればどうぞ。

ユーザーID:1306778835
立ち去るものは美しい
文遠(トピ主)
2017年5月30日 12:22

>貂蝉ちゃんの名前が出てきてますが、私が
>三国志にハマったのがNHKの人形劇で演出
>で関羽と貂蝉ちゃんが口では好きだって言えず.....
>ってなってましたね。

私も、NHKの人形劇を見ていました。

せんだみつおさんの張飛の声が、見事にはまっていたと思います。

曹操が、「荀いく」と呼ぶシーンは、いかにも憎まれ役登場という感じで、面白く思いました(ワクワクしました)。

関羽と貂蝉が恋仲だった。

う〜ん、覚えていませんが、言われてみれば、そうだったような・・・。

面白い着想ですね。

劉備が追われ者としてかくまわれていた際に恋仲に落ちた娘さん、

「民衆を安んじんとする気持ちに変わりはない。でも、本気で恋した事にも変わりはない。」

その時の劉備のセリフです。

立ち去るものが美しいのは、古今東西変わりはないようです。

あの娘さんは、幸せになれたのでしょうか。

ユーザーID:8859087851
楽毅
文遠(トピ主)
2017年5月30日 12:42

ナビ様

レスありがとうございます。

>三国志と言えば諸葛亮孔明です。

楽毅(がくき)は、孔明が敬愛していた人物と言われます。

楽毅の事は、検索頂ければ、直ぐに分かりますので、割愛します。

なぜ、この話をするのかと言えば、仲達に、「あの世で教えを乞いたい」と言わしめた孔明が、自ら師とする人物をきちんと持っていた事に、ある種の感銘を覚えたからです。

孔明は、決して、自分の才能を誇る人物ではなかったように思います。

仲達も、先の言葉からしてしかり。

曹操も、書物を手放さない人物であったとか。

話が面白くなるのもうなずけますね。

ユーザーID:8859087851
すみません。携帯からの書き込み
本好き
2017年5月30日 13:12

 諸葛亮または、諸葛孔明です。
諸葛(氏)亮(名)孔明(字名)、全てを繋げて表記したり呼んだりしません。
大抵は氏字名で、諸葛孔明、と表記するそうですよ。

ユーザーID:7493963324
 
現在位置は
です