現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「うかつ」

七兵衛
2017年5月27日 9:19

中学高校の日本史の教科書に、古代の鏡の写真が掲載されていたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。

私は、あの写真を見て、とても人の顔が映せるとは思えなく、とても不思議に思っていました。

だいぶ後になって、確か三十代半ばだったとおもうのですが、実は、あれは、鏡の装飾を知ってもらうために、
鏡の裏側の写真を載せているのだと知りました。

言われてみれば確かにその通りで、鏡の表側は、ピカピカに磨かれた金属の面があるだけで、特色も何も分かりません。

我ながらなんてうかつなんだ、人に話をしなくて良かったと、つくづく思ったものです。

そこで、よろしければ、皆様の「うかつ」話を披露して頂けないものかと、トピを立てた次第です。

よろしくおねがいします。

ユーザーID:2947966261  


お気に入り登録数:37
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
「うかつ」というか
うちの猫はキジトラ
2017年5月27日 11:05

「思い違い」「思い込み」。
子供の頃「三味線には猫の皮が使ってある」とききました。
しかしどう見ても表側(糸が張ってある方)は白く、猫の皮らしい色柄ではありません。
そこで「きっと弾いている時には見えない三味線の裏側が三毛やトラ柄の毛皮なのだ」と思っていました。
大人になって本当の事を知りました。
(そういえば誰も「猫の毛皮」とは言っていなかったような・・・)

ユーザーID:1360716071
あー、勘違い
還暦過ぎ・夫人
2017年5月27日 13:42

梅の枝に、濃い緑色をした鳥の、つがいとヒナの三羽がとまっていて、「ホーホケキョウ」と鳴いていたので、「ウグイス」だと言うと、あれはメジロだと教えられました。どこかでウグイスも鳴いたのでしょう。これまでウグイスとメジロを勘違いしていて、「梅にウグイス」と思い込んでいました。

ユーザーID:9003163393
トピ主さんセンス抜群
鵜飼の鵜
2017年5月28日 1:00

「うかつ」という表現が妙にはまって、おかしくてたまりませんでした。
最近ほのぼのとした笑いがなかったので、本当、感謝致します。
自分にもうかつだったこと、たくさんあったと思うのですが、
今、これが面白すぎて思い出せません。
思い出したら、レスします。

ユーザーID:0486502543
今もってわからないこと
tora
2017年5月28日 18:32

スタバなどでホット・コーヒーを注文すると、カップにプラスチックの蓋をかぶせて渡される。
その蓋のふちに小さな穴が開いている。

今まで、その穴に口をつけて飲んでいたが、飲みづらかった。
妻に聞いたら、あれは蒸気を逃がす穴で、飲むときは蓋をはずして飲むという。

そこで、疑問だが、あの穴は何のためにあるのだろうか?

ユーザーID:5304424091
「思い込み」も言える事かも知れません
七兵衛(トピ主)
2017年5月29日 18:45

レスありがとうございます。

【うちの猫はキジトラ様】
>「思い違い」「思い込み」。

確かに、「思い込み」であることも確かですね。

私は、

>「三味線には猫の皮が使ってある」

と聞いて、”白猫”がもっぱら使われているのだと思っていました。

>(そういえば誰も「猫の毛皮」とは言っていなかったような・・・)

そう言う事なのですね。

勉強になります。

三味線つながりで、沖縄の蛇皮線は蛇の皮が使われていますが、どうみてもハブはあんなに大きくないのにと不思議に思っていたら、あれは、ニシキヘビの皮のようです。

うかつ(思い込み)ですね。

【還暦過ぎ・夫人様】
メジロは見つけやすいですが、ウグイスは見つけにくいのかも知れませんね。

早春賦の歌詞の「谷の鶯 歌は思えど」、この歌は、別に、うぐいすが谷の奥底に潜むと言ってる訳でないと思いますが。

私は、メグロという鳥がいる事を知って、改めてメジロと命名した人に感心しました。

その時も、やっぱり俺は考えが足りないなあ、と思った次第です。

ユーザーID:2947966261
思い出しました
七兵衛
2017年5月29日 20:02

鵜飼の鵜様

レスありがとうございます。

>思い出したら、レスします。

思い出しました。

二十代後半だと思いますが、靴を買いに行った時の話です。

試着の際に、店員さんが、握り拳の手の親指を人差し指の上に滑らせるようにして突き上げ「こうしてみて下さい」と言いました。

私が、「これで靴のサイズが分かるのだろうか」と不思議に思いながら店員さんのマネをしたところ、店員さんがとても怪訝そうな顔をしたので、やっと、足の指をそうしてくれと言っているのに気が付きました。

何も無かったかのように、足の親指を突き上げて、サイズ合わせは無事終了しました。

これは、うかつと言うよりは、粗忽者の方が近いでしょうか。

あの時、店員さんは、どう思ったのでしょうか。

それは、今でも疑問です。

ユーザーID:1326649855
気が利いている?
七兵衛(トピ主)
2017年5月30日 7:47

tora様

レスありがとうございます。

>そこで、疑問だが、あの穴は何のためにあるのだろうか?

申し訳ありません。

私は、スタバを利用しないので分かりません。

>妻に聞いたら、あれは蒸気を逃がす穴で、飲むときは蓋をはずして飲むという。

なお残る疑問が何であるかを教えて頂けたならば、幸いです。

コンビニの抽選で、コーヒーが当たりました。

氷入りのカップをもらって、自分で、サーバーから注ぐ奴です。

蓋を取ってサーバーの下に置くのだろうと思いつつも、最近は気が利いているからそのままで良いのかも知れないと思って、蓋を取らずにスイッチを入れたら、蓋にはじかれたコーヒーが、まるでおもらしでもしたかのようにレジの床周りにこげ茶色の水溜りを作りました。

知らないんだったら聞けよ、そういう話ですよね?

あ〜あ、うかつ。

半年前の話です。

ユーザーID:2947966261
出島
七兵衛(トピ主)
2017年5月30日 18:30

長崎の出島を知ったのは、中学の日本史の教科書だったと思うのですが、何故か、私は、それを江戸城と思い込んでしまいました。

うかつなのは、先生は、出島をそれとして説明していたはずです。

私は、先生の説明を聞きながら、何を考えていたのでしょうか。

汚名返上(「汚名挽回」ではないらしい)。

姫路城は、別名、白鷺城と称されます。

(落ちの見える話ですみません。)

大天守、小天守の構えが、鷺が羽を広げたように見えることに由来しているそうです。

その話を聞いて、「なら、黒鷺城で良いのではないか。白鷺城の方が印象が良いにしても、それでは、看板に偽りありではないか。」と、ずっと思っていました。

でも、平成の大修理で、その疑問は氷解しました。

これは、私がうかつという事ではないように思います。

ユーザーID:2947966261
ヨコです
通りもん
2017年5月31日 13:19

toraさま、あの穴は空気穴です。あれがないとパッチリ締まる蓋が上手くはまりません。いきよいよく蓋をするとカップの中で圧力が増して、溢れてしまう可能性があります。

私のうかつは、帰国して直ぐにありました。日本の企業に出張を頼まれ、喜んで行きました。なぜ喜んだかと言いますと、私がいた海外の機関では出張中の食事もカバーされていたからです。勿論上限付きですが。うかつでした。日本では自腹なんですね。だったらもっと節約しておくべきだった、とケチな事考えちゃいました。

ユーザーID:9411966696
ス一パーに行く途中ジロジロ見られて
うかつ処の話じゃない
2017年6月1日 19:47

私ヘン?と思ったらその通り変でした

マンションのゴミ捨て場に持ってくつもりのゴミ2袋を持ったまま歩いてました
たしかに今日のおかず何にしようって考えてたけど

さり気なくUターンしてゴミを捨てたものの
「いよいよか」とおびえてます

ユーザーID:9100369199
謝意
tora
2017年6月3日 15:59

ご教示、ありがとうございます。

やはり、聞いてみるものですね。

ユーザーID:5790675115
さんまの缶詰
はかたんもん
2017年6月5日 23:22

スーパーでさんまの缶詰を買いました。
「さんまの蒲焼き」のつもりでした。
一つ88円だったのです。安いなあと思いながら。
ご飯にのっけて蒲焼きご飯にするつもりでした。

家に帰ってよく見ると「さんまの塩焼き」でした。
仕方がないのでそのままいただきました。

ユーザーID:8764151016
蒲鉾
七兵衛(トピ主)
2017年6月15日 15:23

はかたんもん様

レスありがとうございます。

蒲焼きと塩焼きでは、味わいが随分と違いますから

>仕方がないのでそのままいただきました。

さぞ、無念でありましたでしょう。


魚つながりで一つ。

私は、蒲鉾の原料が魚である事を、知ろうともしていませんでした。

知ったのは、おそらく、二十代後半です。

知らないフリをする「カマトト」の語の由来が、関西の大店の娘さん(だったと思います)が、カマ(蒲鉾のこと)はトト(魚:関西方面の幼児語だとか)で出来ているの?、と質問した事にある、そんな話を知ってのことでした。

私は、蒲鉾を、何だと思って食していたのでしょうか。

なんたるうかつ。

ユーザーID:2947966261
せっかちと言うべきでしょうか
七兵衛(トピ主)
2017年6月15日 15:56

うかつ処の話じゃない様

レスありがとうございます。

>さり気なくUターンしてゴミを捨てたものの
>いよいよか」とおびえてます

もしかして、それを仰ってますか。

いえいえ

>たしかに今日のおかず何にしようって考えてたけど

誰にでも、よくある事だと思います。

私は、若い頃から、何故か、自動販売機で買い物をした際に、おつりだけ持って帰る癖がありました。

また、コンビニでは、温めをお願いしたものを受取らずに帰ろうとして、店員さんに呼び止められる事がよくあります。

これは、うかつよりも、せっかちと言うべきでしょうか。

ユーザーID:2947966261
思い出しました
鵜飼の鵜
2017年6月18日 13:37

面白い話でなくてすみません。
以前勤めていた職場の先輩社員の披露宴の二次会で。
余興のひとつで新郎新婦にまつわるエピソードで聞きたい話、
というところで、100%冗談な内容をあえてウケ狙いで聞いたところ、
新郎新婦から真顔で怒られ、その場を盛り下げてしまいました。
ホントうかつというか、短慮でした。

ユーザーID:0486502543
あらぬ事を口走って、会場をシーンとさせてしまいました
七兵衛
2017年6月22日 12:56

鵜飼の鵜様

レスありがとうございます。

>100%冗談な内容をあえてウケ狙いで聞いたところ、新郎新婦から真顔で怒られ、その場を盛り下げてしまいました。

>ホントうかつというか、短慮でした。

そんなこともあるさ、という気がしますよ。


私は、大学時代の友人に、披露宴でのスピーチを頼まれ、「僕の仲間は女嫌いが多くて、○○は違うと思っていたので、一安心です。」と、あらぬ事を口走って、会場をシーンとさせてしまいました。

招待客の半分は女性であることに思い至らなかったところ、うかつにも程があります。

友人が、「好きなこと話して良いと言ったのは俺だから。」と言ってくれたので、事なきを得ました。

ユーザーID:1326649855
 
現在位置は
です