現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

教えて下さい!ニューデリーの大気汚染

こんこん
2017年6月7日 9:35

主人の転勤で、ニューデリーに行くことになりました。
中三の息子を連れて、一緒に行くかどうか悩んでいます。
というのは、息子は五歳の時に小児ぜんそくだったことがあり、ニューデリーが大気汚染が深刻だと聞いたからです。北京より状態が悪く、目や鼻が痛くなると、インターネットで読みました。
私もぜんそくの既往症がありますが、今は完治しており、息子も同様です。
これまでは、私も息子も海外転勤の帯同を楽しみにしており、今回もこれがインドの大気汚染がない街であったら、迷いなく付いて行くと思いますが、ぜんそくのリスクだけが心に引っかかっております。
期間は一年間です。現地の様子が分かる方、ぜひ教えて頂ければと思います。

ユーザーID:3334814416  


お気に入り登録数:18
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

タイトル 投稿者 更新時間
一度行ってみては
mmm
2017年6月8日 2:51

空気汚染は軽く考えない方がいいです。
私達はマニラでも大変でした、排気ガスの匂い、古い車が多いのでそれは
マスク外せませんでしたよ。
あの毒ガスを吸いつずけたら私は一日中頭痛吐き気。五分でもです。

現地の人は強いですね、汚い、とかよりも何よりも、この空気から逃れられないということが
一番きつかったです。ニューデリーに行った時はマニラの何倍も凄いと感じました。

一年なら私は行かないと思います。貴方が一度行ってみて決めれば良いのでは、と思います。
逆に平気という日本人もいますし。ただ弱い人には初めから進める物ではないです。

ユーザーID:6973082178
あまり無責任なことは言えませんが…
yoko
2017年6月8日 14:20

アトピーぜんそくアレルギーの既往歴を持つ成人女性です。
ちょうど先月旅行でニューデリーに1週間ほど滞在しました。

確かに砂埃がすごいなとは感じましたが、ぜんそくの発作は起きなかったです。
ニューデリー自体は整備されていて程よく自然もありますよ。
隣のデリーはまだ発展途上国という感じで、バイク・車だらけではあります。
でも、感覚としては東京の排気ガスの方がきついような…

怖いのは大気汚染より、不潔な食べ物やお水かなと思います。
水や野菜に気を付けていれば、お腹も壊すリスクも避けられます。
(食べ物のスパイスが多いので、その刺激で下痢することは多いですが慣れだと思います)

転勤でそちらに滞在している方は、快適に暮らしているようでしたよ!
私は北京にはいったことはありませんので、比較できませんが。。
ご参考までに!

ユーザーID:4885209917
やめましょう
ワオキツネザル
2017年6月9日 19:22

インドじゃないんですが…中国に住んでいます。
中国の春節の時期に空気が一気に悪くなるので(PM2.5が900台のレベル)、そんな感じでしょうかね。

私は健康そのものだったんですが、こっちに来てぜんそくのように、夜中咳がずっと止まらない時があります。

何もわざわざそんな空気の悪い所に、たった1年の駐在に帯同するのはやめましょう。
しかもお子さん中3ならとっても大事な時期です。

健康はお金では買えません。
大学生になってから、お金を出して1年間くらい留学させてあげてはどうですか。
年200万円くらい出せば1年間留学できるところはいくらでも探せますが、病気になって200万円以上かけて治そうとしても治せない人は星の数ほどいますよ。

ユーザーID:8203478196
インドは大気汚染と暑さです。
エリザベス
2017年6月11日 13:05

  インドは好きと嫌いとはっきり分かれるようです。私が行ったのは4月の終わりころで、乾季が終る頃でしたが、日中の気温は41度日向は50度でした。しかも高湿度。流石の現地の方達も昼間の外出を控えていましたが、観光の為レッドフォートを輪タクで回りました。 「明日の朝太陽が昇らなければいいのに」と思いました。

海外転勤なら、多分ディプロマティックエンクレーブ(各国の大使館がある所)にお勤めでしょう。 で、大気汚染ですが、外は一日煙草を二箱吸うのと同じと言われています。 兎に角人が多すぎる、「車の排気ガス規制があるのか?」と思うほど、上記の所を少し離れると、生ゴミも凄いです。 あっ、それからマーケットに行った時には、日本と違い山の様な大きなお香を焚いていて煙公害。 おまけにスパイスもそのまま売っているので、目に沁みます。

と、折角の転勤を驚かせて御免なさい。とにかく一度行かれてから決めることをお勧めします。私はそんなインドが好きで、何でも食べてみてお腹も壊さず無事に帰りました。雨季はまた事情が違うと思いますよ。

北京の大気汚染は、冬に集中しています。

ユーザーID:6134619779
ありがとうございます
こんこん(トピ主)
2017年6月12日 9:59

mmmさん
マニラにいらしたんですね。マニラも空気が悪いというのは知りませんでした。確かに大気汚染にプラスして「悪い空気の中で、嫌でも生活し続けなければいけない」という気持ちは、ストレスになりそうですね。PM2.5については怖い報道もされたので不安になります。本当は現地に行って見てみるのが一番なのですが、時間がなくてその余裕が無さそうです。
yokoさん
ニューデリーに一週間滞在されたとのこと、緑も程よくあるということはちょっと安心材料になります。グーグルアースで見たところ、住宅地はイメージよりは人も車も少ないようでした。食べ物に気を付けるということをよく言われますが、具体的には、どういうことでしょうか?生野菜や氷を避ければ大丈夫でしょうか?

ユーザーID:3334814416
とりあえず長期休みに短期滞在してみては?
元周辺国の住民
2017年6月12日 17:27

日本人ではないですが、友人家族が駐在中です
その家族は周辺諸国(私達はその国で知り合いました)からの移動でしたが、それでも暑さ・文化の違い・大気汚染等、慣れるまで周囲の手助けが必要だったと言います&学校の長期休みは国を出ています

私の元在住国でも空気が悪い時は屋外作業・運動禁止、外出時は特別なマスクを着けてと言う警告が出て、体育や学校行事等の延期・中止もありました
そういう日は外に出れない・遠くが見えない等の心理的負担もありますし、屋内にいても何となく頭や目が痛かったり咳が出たり…何日も続くと気持ちの良い物ではありません

あと気になるのは、ご子息が中3で1年間の滞在と言う事
中高一貫校休学等で、高校受験の心配をしなくて良い環境ですか?

私の周りは逆に中学・高校進学前に、母親+子供で帰国する家族が多いです
学校にもよりますが日本人学校なら中3は比較的少なく、インターなら夏休み以降は高校生扱いになる可能性もあると思います

環境&文化的に合うかどうか個人差が大きい国だと思うので、実際に行ってから決めた方が良いと思いますよ

ユーザーID:9681874564
情報助かります
こんこん(トピ主)
2017年6月14日 11:51

ワオキツネザルさん
中国で咳が止まらなくなってしまったんですね。確かに本格的なぜんそくを発症してしまうと、帰国後も治療が長引いてしまう
かもしれません。それが私の躊躇する理由です。健康はお金に換えられないというのが、正直な気持ちです。

エリザベスさん
気温五十度に高湿度って、想像しただけでくらくらしますね…。でもエリザベスさんは、インドが合っていらしたようですね。
うちの息子も好奇心旺盛で、「こんなチャンス二度とない」と言っています。行ったことないから、そう思うのか。

こちらの病院で相談しても、「気管支の弱い人がPM2.5の多い場所で必ずぜんそくになるかというと、そうではなく、こればかりは行って見ないとわからない」と言われたのでいっそう迷います。ニューデリーには大きい病院があるから、ぜんそくを発症した場合も、予防薬や止める薬を処方してもらえる、と言われました。

ユーザーID:3334814416
ありがとうございます
こんこん(トピ主)
2017年6月15日 12:46

元周辺国の住民さま
お友達のご様子を教えて頂き、ありがとうございます。途上国が初めてでなくても、ストレスが多いとのこと、インドは適応できるかどうかは一概には言えないようですね。息子は中高一貫校に通っており、高校受験が無く、大学受験もまだ先であることから、行って見たいと言い出したようです。好奇心の旺盛な子なので…。他の方もおっしゃる通り、主人にすぐ付いていくのではなく、一度子供に下見をさせた方がよさそうですね。

ユーザーID:3334814416
なぜ体調をくずすのか?
mmm
2017年6月17日 3:46

兄がインドと取り引きがあり、年に6回行ってます。
相当に気を付けてますが、帰りの飛行機の中で、5時間トイレに篭ってました。
レッドカード覚悟だったそうです。
あちらの人の衛生観念が全く日本とは違う、綺麗な水がどこでもある環境ではない。
兎に角 洗礼式と呼ばれるほどに日本人には付き物のようです。
マニラ市の空気の汚染は、行ってみないとわかりません。
あの空気の中で逃げようがない、、、在住の方たちは、市内にはすまないんでしょうかね。
でも、マカテイという高級住宅地も市内でした。

社会勉強にはなりましたが。
一緒にいた友人は参って、2日で郊外へ逃げました。

ユーザーID:6973082178
 
現在位置は
です