現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

営業職

あい
2017年6月7日 21:21

営業職は自分の時間が取れないのが普通でしょうか。
私は営業職に就きたいのですが、以前いた会社は早く出社するのは当たり前(定時より1時間程度)、遅く残る(定時より1時間半以上遅く)のも当たり前。
そこまではわかるのですが、更に休日出勤に、また休日には「セミナー」というものの予習をしなければならなくて、休みが全て潰れてしまう・・・。(その「セミナー」は、仕事の時間外に行います。お給料は出ません。)
私が居た会社が活気づいていただけでしょうか?営業の会社はどこもこうなのでしょうか?
営業職に戻りたいものの、どこもこうなのかと思うと二の足を踏んでしまいます。
現在営業職に就いている方、過去に就いていた方、現状を教えてください。

ユーザーID:2890912314  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本


タイトル 投稿者 更新時間
会社と業種によりますが
おかめ
2017年6月7日 22:33


例えば お酒を売ってる会社の営業であれば

それこそ、スナックなどが開いている夜が営業活動時間です。

もちろん朝も早く出勤して、昼間は酒屋を周り 夜はまたスナックやレストラン・・

私は英会話スクールで営業しましたが、当然土曜勤務

かつ研修があれば日曜が移動日になったりで 忙しいでしたね。

あと営業成績悪いと 休み返上です。

ユーザーID:3447622659
時代は変わりつつある。携帯からの書き込み
傀儡課長
2017年6月7日 23:40

日本の長時間労働は、昔から問題視されていましたが、行政も放置していました。

日本は世界第三位の経済大国ですが、長時間労働の蔓延のせいで、1時間当たりの労働生産性は世界23位になっています。

あなたの会社の「セミナー」も、自主的に研鑽したい人にとっては自己啓発の一環ですが、

そうでない人に対して参加を義務付けるのは、ブラック企業と言われても仕方ないかも知れません。

「参加するもしないも自由だけど、年収は営業成績の良し悪しだけで決まるから、いい成績を出して高給取りになりたかったら、参加してみて下さい。」という感じが理想かな?

ユーザーID:6904798410
会社によって違う条件を他人に聞いてどうするの?携帯からの書き込み
2017年6月8日 6:20

『私は』毎日が殆ど自由時間で遊んでいましたよ。

営業といっても、会社や上司の考え方で全く違います。

私が営業の頃の上司の思考は、
年間目標をクリアできれば、遊ぼうが寝ていようが何をやってもOK という考えの方でした。

4月〜6月の3ヶ月で年間目標はクリア
その後は休みを除いて毎日出社→朝に会社から遊びに出掛けて家に直帰の毎日

でした。

ユーザーID:0440891715
業種によりますね携帯からの書き込み
こまき
2017年6月8日 12:15

こんにちは!
旅行会社7年と、石油業界5年、法人営業に従事しておりました。

旅行会社ではほぼ24時間体制の営業活動でしたが、石油業界では毎日18時には事務所を出て会社携帯が時間外、休日に鳴ることはありませんでした。

石油業界への転職時に仕事のやり方を工夫し、お客様とともに私なりの働き方を確立させていった感じです。

営業職ではワークライフバランスは無理、という考え方は違いますよ。

私も営業職が大好きです。
転職時にエージェントにワークライフバランスが叶う営業職を探している、とお伝えになり探してみられてはいかがですか?

ユーザーID:5889818627
当たり前です!営業が会社を支えてるんです!
QTQ
2017年6月8日 13:03

営業には自分の時間などありません。
営業が商品を売ってこなければ会社は潰れてしまいます。
営業が会社を支えてるんです。
貴方は商品を売って会社を支えることを
仕事にしてお給料もらってるんでしょう?
自分の時間ではありません。全部会社の時間です。
そのご飯だってスマホの代金だって会社からもらったお金で
まかなっているのでしょう?
だったらあなたは会社そのものです。24時間すべてをささげて
働かなくてはいけません。

さあもっと外に出て売り上げを伸ばしてください。さあさあさあ。

…と言われて営業職の仕事は辞めました。

ユーザーID:4204326566
ん・・
とるる
2017年6月8日 17:05

各社で差がありますが、概ね体育会の雰囲気ということは一致すると思います。

もう一つは、あなたが仕事を通じてどうしたいのか?何を目指しているか?
10年後、20年後どのようになっていたいのか? このあたりを明確にすべきです。

営業の仕事で出来る人出来ない人は雲泥の差です。

自分の休みや時間が潰れる・・ということでは、10年・20年後も周りの人と同じレベルになりますね。

ユーザーID:9763531118
基本的にお客様次第携帯からの書き込み
飛び熊
2017年6月9日 10:00

どんな営業職でも、自社の商品を購入してもらってナンボの職業です。お客様のニーズがあれば、土日祝日・早朝深夜を問わず対応してくれる営業が喜ばれるのが当たり前です。あと、自社商品をきちんと理解できている営業。私が良く営業に言っていた台詞が、「自社の商品を理解していない営業からモノを買うバカがどこの世界にいる」と、「俺が働いているのに、休みとはいいご身分だね」と、「お前の仕事は客に合わせてナンボの商売だ」でした。潰れた方も多かったですが、生き残った方は皆、部長以上に出世しました。

ユーザーID:1103863347
ひとくくりではない携帯からの書き込み
あやな
2017年6月9日 22:23

業績一番な営業なら、時間配分を自分で出来る営業なら、仕事開始(クライアントに合う)前なら、アパレルをのぞいたり、お茶したり出来ます。

また、クライアントがキャンセルしてきた場合は空白になり、新たに戦略を練ったり、仕切り直しの前に、美味しいイタリアンで舌鼓など。

デスクに戻って、自分のクライアントの為に色々考えをめぐらせる。一旦ボンヤリコーヒーブレイクなど。
色々ありますよ。先輩と一緒にランチ♪などもよくあります。

ユーザーID:4758913446
営業の横話携帯からの書き込み
白熊
2017年6月16日 13:34

友人から聞いた話です。大阪に工場・本社がある企業の営業が東京の某企業に売り込みに行きました。開発責任者に気に入られた営業マンの扱い高は増え続け、ついには北関東に工場を建築するまでに。営業マンは若輩ながら異例の出世で営業部長になりました。その為外回り営業から解放されましたが、大口の開発責任者が、「私に顔も見せなくなるとは、出世して偉くなったんだね」と言ってその企業との取引を停止しました。慌てた企業は、大口のその企業のみ営業部長自ら御用聞き、季節の挨拶等を担当させる案で、大口開発責任者の機嫌を回復し、取引再開の運びになったそうです。 やはり営業は、取引先に気に入られてナンボの職業だと思います。

ユーザーID:1103863347
 


現在位置は
です