現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

2度寝 3度寝の毎日で反省するも改善しません

寝ブタ婆様参上
2017年6月9日 22:03

還暦近くのシングル女性の皆様の毎日は如何でしょうか?

年齢と共に早く目覚めるそうですが、私には当てはまりません。
一度目覚めても眠くて2度寝3度寝と繰返して気付けば午後。
このような毎日を反省するも改善は無。

夜も早めにベッドに入っても朝起きることができません。
6月は日が長いですが、11月から冬至までの期間は起床してから日没後までの時間が短く、直ぐ暗くなって落込むだけ。

私は更年期の症状が早く表れました。
同時系列で還暦前の両親が相次いで倒れ、更年期の体調不良の中、介護が始まりました。
必死で乗越えて自分自身のことは全て後回し。

両親が鬼籍に入ってからは期限のあることだけを済ませ、直ぐ着手しなくても構わないことは放置して現在に至ります。
家族を全員看取ってからは力が抜けたのか、何もやる気がおきません。
一時は更年期の症状が重くて精神科と婦人科で加療中でしたが、発症から6年程年経過後、やっと通院しなくてよいと言われました。

心から笑うことがなくなって四半世紀くらい経ったでしょうか。
自分自身が老後の域に入り、漠然とした不安が常にあります。

年に1回受診の人間ドックで遺伝性の病気をチェックすることだけは欠かさずにしています。
寝てばかりでは身体に悪いと週数回は一人で外食に出かけますが、それ以外の外出は持病の通院のみ。
何をしても楽しめずに大過なく、消日するだけ。

学友は優秀な人が多く、情けない私は過去には、利用されるばかりで段々と距離を置いてきました。
門柱や玄関ドアが一定期間開かなければ、警備保障会社が訪ねてくれるとは思いますが、気が重いです。

ユーザーID:6083100204  


お気に入り登録数:96
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
朝早いババアです。携帯からの書き込み
ババア
2017年6月10日 5:06

私もです。確かに眠いですね。生活リズムを考えたらと。無理しない貴女なりの1日の予定を、実行したらと。簡単な朝食を…パンと牛乳なりコーヒーなどで。少し散歩です。億劫でも散歩しませんか。朝早く気持ち良いですよ。最初は、外に出て深呼吸でも。一歩・二歩歩き完了。翌日は…もう少し頑張って見る。焦らずゆっくりと。散歩すれば挨拶交わす事も、出来ます。

ユーザーID:3986972391
24時間自由時間は羨ましい
寝坊大好き
2017年6月10日 5:22

私も朝寝坊大好き
そして損をしたような気分で反省します。

いいじゃないですか。
24時間自由時間ならどこで寝ようが起きようが。
でも、夜明けと共に起きて陽が沈んだらトーンダウンしていって日付が変わる前に就寝するのがいいでしょうね。

寝室を東の部屋に出来ませんか?
窓から太陽の光が入って眩しくて日焼けして眠って居られないような位置に。

そしてね
高齢になると大切なのは
「ちょきん」と「きょうよう」らしいですよ。
貯金ではなく貯筋・・・筋力つけなきゃ
教養ではなく今日用・・・今日する事の予定

WiFi環境のあるお気に入りのカフェでモーニングしながら小町タイムして、公園や川辺や海辺を散歩するのはいかがでしょう。

私はお家モーニングでちょっと奮発した珈琲淹れてサラダを作ったりピザ焼いたりします。

ユーザーID:6097641066
ん?
私もアラ還
2017年6月10日 7:59

一体いつから更年期症状が現れたの?

更年期と介護が同時。
発症から6年後、治療完了。
笑らわなくなって四半世紀=25年。

お若い時期からツラいこと続きでしたのかしら?

ともかく、お疲れ様でした。
今はゆっくり体力を回復して持病が悪化しないようにお体を大切にしてください。
私は病弱ですがまだまだ現役働いてます。
病弱だからこそ頑張って働かないと老後の年金が少ないのです。

ユーザーID:9969784436
よく頑張られましたね!
じゅのん
2017年6月10日 8:06

介護に看取り、そしてご自分の病気。
大変な日々でしたね。

ひとつ、分からない事があります。
トピ主さんは、トピ文から察すると現在はお仕事はされていないようですね。
日々の生活や通院などにかかる費用は、どのようにして捻出されているのですか?
介護や病気などの為にお仕事を辞められ、今はその時の貯蓄で生活しておられるのでしょうか?

私にはその点がどうしても気になる為。あなたに対して
「介護や病気で辛い日々でしたね。」
以上のアドバイスができにくいのです。

二度寝、三度寝して起床が午後になる毎日・何をしても楽しめない毎日…
これは、持病や看取りの後の脱力感だけが原因ではないと思うのです。

人から必要とされる事が生きる力になります。
必要としてくれなくてもちょっとだけ関わりを持つだけでもいい。

だれか人と接する。
少しだけでも働いてみる。
…そんな風に一歩を踏み出しませんか?
嘆いてばかりでなく、努力する事も必要だと思います。

ユーザーID:0255011462
生活リズムを戻す
tomo
2017年6月10日 8:46

長年の習慣でリズムや体内時計が狂っておられるのでは?
更年期や何やらで安定剤的なものを服用していたり、篭った生活をしていると、
ドーパミンが分泌されにくくなり、活動や意欲がなくなってきます。
不安もそれを増長していると思いますよ。
無理にでも朝6〜8時ごろに太陽の光に当たる生活をされては?

朝いちで10分太陽を浴びる、朝食を取ったら30分ほど散歩に行く

この辺から始めてみてはいかがでしょう?
最初は眠くても、続けていくと目が覚めるリズムが整い、
さほど苦ではなくなってくると思いますよ。
このままの生活を続けると、鬱になる可能性も高くなってくるかと思います。
お好きな趣味でも始探してみては?

ユーザーID:0481797362
ゆっくりなさって下さい
考年期
2017年6月10日 11:12

ご家族全員を看取るなんて、素晴らしいですね。しかも、通院しながらなんて。
睡眠時間が長いのは、持病のおくすりの副作用とかではないのですか?
だとしたら、体力がおありなのですよ。
ある有名作家のお父様は、80を過ぎても、夕方6時に就寝、朝5時に目覚める生活だったそうですよ。
午前中に散歩をし、お風呂と、お酒好きだったそうです。家事は全てお母様まかせ。
10人の子どものために、働き続けられたのですから、何歳から、そういう生活をされたのかは知りませんが、
体力を睡眠で消費されていたのかも?

ユーザーID:8227461180
同世代です
絹子
2017年6月10日 12:23

私も、心が疲れ切っていた時期は、それでも生きていて、朝がこなくていいのに、などと思うこともありました。

ご学友が立派で幸せそうに思う事をやめましょう。

誰にだって、幸せにも波があり、どん底で苦労する場面があると思います。

ただ、この年齢で若々しい人は、心を元気にさせることができるかどうかだと思います。

介護の苦労が心に及ぼした苦悩は、図りようもなく、分かち合ってあげることはできません。

だけど、介護が終わったら、幸せになれると思わなかったのですか?

心が少し元気になれば、苦労した分のご褒美があっていい、と思いませんか?
おいしいものを食べて、意欲を持ちましょう。

ユーザーID:7105703042
問題なし
こぼちゃん
2017年6月10日 15:00

心から笑っている人など、小学生まででは?
ほとんどいませんよ。安心してください。

還暦近くの独身で、二度寝三度寝しても
生活できる財力があるようなので
別に問題なしではないでしょうか?

今やらなくてはいけないことは
財産後見人と断捨離。
亡くなった後の遺品整理は大変です。
すっきりと潔く綺麗に亡くなりましょう。
あとは福祉がどうにかしてくれます。

ユーザーID:4404485110
大変でしたね
めるこ
2017年6月11日 9:49

三十代半ばで更年期と介護ですか、それは大変でしたね。

私は独身アラフィフです。
父親と二人暮しですが、まだ父が元気で身の回りのことはなんとか自分でできるため、介護が必要な状態ではありません。

仕事は多忙ですが見合った収入もあるため、不満はありません。でも同僚や部下が優秀で、自己嫌悪に陥ることはしょっちゅうです。記憶力もやる気も年々落ちて行く反面、責任は重くなり、気が滅入ることも度々あります。

週末のうち、一日は家事、一日は友人かボーイフレンドと過ごしたり、好きなことをしています。父は私の生活に一切干渉しないのでありがたいです。

今は特に辛いこともなく、どちらかというと楽しく過ごしていますが、先々の不安もあります。なのでお金だけは貯めておこうと考えてます。私もいつトピ主さんと同じ立場になるか、わかりませんもの。

迷惑かける人がいないなら、今の生活でも良いのでは?病気なんですから。私なんて元気なのに週末はぐうたらしてますよ。

ユーザーID:4233647525
共感しました。
ごろごろ
2017年6月11日 12:25

私は40代ですが、寝てばかりです。
起きていると、嫌なことを考えてしまうので
寝ている時が一番幸せ……、だから時間があれば寝てしまう。

同じく親は看取った独身です。
私が寝ていても、誰も困らないというのも寝る原因かも。
家族の世話をしていた時は起きていたので。

仕事の日は、起きて始業30分から1時間前には職場にいて仕事の準備をしています。
仕事は好きではないですが、「起きることの動機付け」にはなっています。

これでもし仕事もしていなかったら、主さんと同じ状況になると思います。

私は起きる動機付けのために、何か趣味のサークルに入りたいと思っています。
以前、心を病んで1年働けない時期がありました。
アパートの前に市営温水プールがあり最初は勇気を出して出掛けました。
水中歩行だけでも気持ちよく、通う習慣ができました。
教室もしていたので、参加希望を出し「毎週何曜日の何時」に用事ができました。
半年くらい経つと、顔馴染みもできて話をするようにもなりました。

今は引っ越してしまいましたが、あのプールに救われたと感謝しています。
主さんも、何か起きる動機付けができるといいですね。

ユーザーID:1215679814
50代女性です
まな
2017年6月11日 12:47

わたしも朝は苦手なんですが、最近は目覚ましが1回鳴っただけで起きています。ついこの間までは、携帯のスヌーズ機能を使い、目覚ましを数回鳴らして20〜30分くらいベッドのなかでゴロゴロしていたのですが、最近はそれがなくなりました。いちばんの理由は、その30分ほどの時間が非常にもったいないと思ったからです。だから、ためしに最初の1回鳴ったところで起きてみたら、案外平気だったのでそれ以来続けています。

ためしに、1回だけでも目覚まし1回で起きてみてはいかがですか? 1回で起きても、よけいに眠くなるようなこともないですよ。

ユーザーID:5450315910
皆様 ありがとうございます
寝ブタ婆様参上(トピ主)
2017年6月14日 16:20

健康ジャンルで睡眠について伺うに当たり、睡眠障害になる迄の経緯をお伝えしたつもりがこの点が協調されてしまったようです。

介護保険のない頃に複数の病人を抱えることになり、退職以外の選択肢はなく、他界後の処理に想像以上に時間を要したことや税制度の関係で仕事は諦めました。
介護開始時には保険制度はなく、不運でしたが、どなたも通る道で私だけが大変だったと思っている訳ではございません。
国民の義務として納税、先祖代々行っている福祉団体を通じての寄付はずっと継続しております。

40代に入り、かつての学友達の活躍を新聞の人事欄で頻繁に見るようになり、心身が最も辛い時にはコントロールが大変でした。
人様との比較が無意味なことは頭では理解しているのですが。

私の幼少時に生家は4世代の敷地内同居をしていて家庭訪問時に地方ご出身の担任教師から都会の4世代同居を驚かれたことがあります。
東京近郊のお盆は7月で盆の入り日迄、1ケ月となりました。
姿なき家族の里帰りは人任せはできませんからこの時期だけはいつもより早く起きるように心掛けていて明日の目標では午前中の起床です。

ユーザーID:6083100204
 
現在位置は
です