現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

在宅介護・親の看取りをされて後悔している方いますか。

ふき
2017年6月10日 17:31

はじめまして、こんにちは。
4月に最愛の母を、在宅介護で看取りました。進行性の癌で、検査にて見つかった時にはすでに手遅れで余命は一週間位ではないかといった状態でした。
家族全員で、介護をして看取ったものの 後悔ばかりで母に対して申し訳ない思いでいっぱいです。
余命はわずかでも、家に戻りたいと言い続けた母の希望を叶えてあげることはできたけれど、帰宅して16日目に息をひきとってしまった母。

こんなに、症状が重くなってから癌が見つかるなんて。
もっともっと、前に気づいてあげられていたら、母は今も生きてくれていたのに。

いろんなことが、頭から離れずで、支離滅裂な文章になっているかもしれません。

在宅介護で親御さんを看取られた方、後悔していることがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3652702453  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
後悔するものなのです。
バナナラマ
2017年6月11日 1:07

父母ともに見送った50代女性です。
友人や知人に励ましを込めて言われた、忘れられない言葉があります。
『どんなにしてあげても、絶対に後悔は残る』
その通り、母の時に後悔だらけだったので
父の時は思い残すことのないようにと出来るだけの事をしたつもりでしたが
逆に自己満足に過ぎなかったのでは?という後悔が残りました。
結局、人は必ず後悔するのでしょうね。
あなたも私も、親たちが自分にとってそうであるように
子として親にとってかけがえのない存在でいたのです。
残念ながら私は子に恵まれませんでしたが
友人が自分の子どもについて話す時の幸福そうな表情を見て
私も父母にこのような幸福を感じさせる存在であったのかと思うと
少し救われました。
英語のことわざでも Always look on the bright side. と言うそうです。
今はdark side に囚われやすい時期だと思いますが
ご家族で故人の思い出話をなさり、よくご供養なさってください。
そして、これまでのbright side を見つめなおして下さい。
お家に帰って来られたことを、絶対に喜んでおられるはずです。

ユーザーID:8151463248
トピ主、補足です。
ふき(トピ主)
2017年6月11日 7:24

以前から、食が細かった母で退院後は、みるみるうちに痩せ細り、栄養状態が悪い為に起こるものなのかエアーマットと擦れてのものなのか、床ずれの前兆みたいに身体のあちこちが赤くなってきているのが気になって、ひどくさせたくなくて負担にならない程度にマッサージしたり身体の向きを変えて様子を見る日々でした。亡くなるその日も、母に声をかけながら身体の向きを変えたのに、いつの間にか首がうなだれるような状態になっていて窒息死してしまいました。兄と妹も私も、それぞれが仕事をしているので事前に話し合い交代しながら母の介護をしていました。母の死因は、私の介護ミスによるものでした。訪問看護の医師は、癌の状態が相当に悪かったので 窒息が直接的な原因ではないと言ってくださりましたが、兄妹から「人殺し!」「おまえは、金輪際うちに関わるな」等と言われ、初七日や初めての月命日の花やお供えの果物を送っても送り返されてしまいます。母を死なそうとしてした行為ではありませんでした。自分がした事の後悔。まだ生きたかった母の思いを思うと涙が止まらなくなります。亡くなる日の朝に母と目が合いニコッと笑ってくれた顔が思い浮かび苦しいです。

ユーザーID:3652702453
お悔み申し上げます
あさり
2017年6月11日 8:10

大切な人を亡くした時、誰でも少なからず悔やむ気持ちは抱くと思います。

私も父を亡くした時に色んな思いが浮かんで毎日のように泣いたものでした。
突然倒れた時、
他の先生に診て貰っていたら、もっと違う対処をして貰えたかも、
どうして先にあの病院に行かなかったのか…
そういう後悔もありました。

だけど、悲しいけど、その時に最善と信じて家族皆で行動するしか無かった。

後悔がひとつも無いなんて、なかなか無い事だと思うんです。

私の父も本人の強い希望で一時在宅介護でしたが、
意識が無くなり結局再入院し、2か月後に病院で亡くなりました。
ずっと意識が戻らないまま亡くなったので、
その瞬間に家族がそばにいてあげられなかった事が悔やまれました。

トピ主さんのお母様は、ご自宅に帰りたいという願いを叶えて貰えて嬉しかったと思います。
ご家族で最善を尽くされた。それで十分だと思います。

ユーザーID:0000475766
お疲れ様です。携帯からの書き込み
garnet
2017年6月11日 13:05

一生懸命に頑張った方々ほど、後悔される事が多い様です。どんなにどんなに尽くしてでもです。

大事なお母様だったわけですから、思い残すことはないと簡単に言い切れるものではないとも思います。

私の母は余命1年と言われ、でもそこまでもたずに逝ってしまいました。私はなーんにもできませんでした。
でも最近気づきました。早く楽になってほしいと、私は思っていたんだって。
冷たいですか。
でも、亡くなった後、満面の笑顔で夢に出て来てくれました。まるで、もう苦しくないよって、言いに来てくれたようでした。
勝手な思い込みかもしれないけど、そう思わなければやってられません。

トピ主さん、いつまでも悲しんでいると、成仏できないとも言います。お母様の思い出が、1日も早く、温かく優しいものになっていきますように。

ユーザーID:5454754661
どうかご自分を責めないで!
悪魔な天使
2017年6月11日 17:21

トピ主さんへ。
この度は謹んでお悔やみ申し上げます。

最愛のお母様の死。さぞやお悲しみの事、痛い程分かります。
私も10年前に大切な身内を亡くしましたので…
トピ主さん、どうかご自分を責めないでくださいね。
在宅でお母様を看取るなんて…ある意味理想的な事です。
やはり病院や施設ではなく自分が今まで住んでいた自宅で息を引き取るという事は人として最高に理想な事なんです。
お母様も家族に心配掛けたくない…と、きっとギリギリまで辛抱なされてたんでしょうね…でも長年の介護を要しなかったという事はお母様の家族への最大の思いやりであり気遣いです。お母様も最愛のご家族に看取られて天に召されたという事は本当に幸せだったと思います。
トピ主さん、後悔よりも最高の親孝行をなさった事を誇りに思ってください。
きっとお母様も天国でご家族を見守ってくださってますよ。
故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ユーザーID:6200018420
お辛いですね。
ハイビスコ
2017年6月11日 21:02

最愛のお母様を亡くされてお慰めの言葉もありません。

医療機関で長年働く妹が言っていました。

最愛の家族を見送って後悔のない人はいない。
もし、あの時・・
もっとこうしていたら・・
なぜ、あそこで・・
どんなに最善を尽くしても、かならず何かしら悔いは残るものだよ。と。

病気に気づいてからお別れまで、あまりに短すぎたことも、あなたを苦しませているのだと思います。
何のお力にもなれませんが、時が少しずつでも解決してくれますように。

ユーザーID:8203457641
はい・・
yuki
2017年6月12日 10:27

同じです、後悔してる事ばかりです。

同じような気持ちのトピを見つけて書き込もうと思ったけど・・
辛くて、これ以上書けないほど、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
精一杯やったつもりだけど、病気の発見から最後の介護まで全部。
自分がもっとちゃんとしていれば・・と思う事ばかりです。

ユーザーID:1792770487
びっくりしました
raccoon
2017年6月14日 1:32

2月に母を自宅で看取った者です。
トピ主さんのお母様と私の母の状況があまりにも似ていて、びっくりしてレスせずにはいられませんでした。

母も癌が見つかったときには既に手遅れの状態で、手術もできなかったのですが一時期病状が安定していたこともあり、退院しなければならなくなり、亡くなるまでの3か月を自宅で過ごしました。
最後のほうは胸水が溜まって呼吸ができなくなり、酸素を送り込んでやっと生きている状態でした。

亡くなった日は、母の体を拭くために体の向きを変えたところ呼吸ができなくなって一時間足らずで息を引き取りました。

これまでずっと、もっと早く検査していれば、違う病院に行けばよかったとか、後悔するばかりでしたが、解決されるものではありません。

泣いてばかりの日々でしたが、先日母が夢に出てきて、笑顔でもう泣くな、大丈夫だから。と言ってくれました。
お母様がトピ主さんのせいで、亡くなったなんて、よく言えますね。外野は気にしないで、自分のことを責めないでくださいね。
お母様はきっとわかってくださっていますよ。

ユーザーID:4652358578
みなさま、どうもありがとうございました。
ふき(トピ主)
2017年6月16日 9:32

バナナラマ様、あさり様、garnet様、悪魔な天使様、ハイビスコ様、yuki様。

私のトピを見て、皆さんの貴重なお時間を割いてレスしていただき励ましてもらえて、とても嬉しかったです。
本当は、お一人お一人にお礼をお伝えしなければならないのですが、体調が思わしくなくてまとめてのお礼になってしまい申し訳ありません。
何か口に入れと、途端にお腹がゆるくなり横になっているのみの状態です。
まぶたを閉じると、母と目が合いニコッと笑ってくれた顔が浮かんで辛すぎて。母の葬儀を終えた後、仕事に復帰しましたがめまいがひどく耐えられないので仕事は辞めました。
今は、母に詫びる日々を過ごし、体調が快復してきたら再び仕事を探してみようと思っております。
まとめてのお礼になってしまった事、どうかお許しください。

レスしていただいた皆さんが、一日一日を穏やかに過ごせますことを願っております。

どうもありがとうございました。

ユーザーID:3652702453
2度目です
あさり
2017年6月16日 19:44

トピ主さんのレスを読みました。
お辛いですね…お気持ちお察し致します。

ご兄妹は悲しさのあまり、トピ主さんにあたっているのだと思います。
わざとした事ではないと頭ではわかっているはず。
それでも何かのせいにしなければ、平静を保てないのでしょう…。

ただ、大人はそういう時でも、人を責めず何を言わないものです。

じゃあその日の介護が自分の番だったとしたら?
絶対に大丈夫だったと言い切れるのか?

そんな事は誰にもわかりません。
なのに責められるのなら、その辛さを想像出来るから何も言わないものなのです。

トピ主さんはお母様を本当に大切に思い、精一杯の介護をされた。
それはお母様にも伝わっていましたよ、きっと。
どうか、トピ主さんの心が癒される日が1日も早く訪れますように…。

ユーザーID:0000475766
お礼が遅くなり、すみません。
ふき(トピ主)
2017年6月20日 21:26

raccon様、こんにちは。

私のトピにレスしてくださり、どうもありがとうございました。
だいぶ前にレスしていただいたのに、お礼をお伝えするのが遅くなってしまい申し訳ありません。

まだまだ生きたかった母に、こんな仕打ちをしてしまったのは…広い世の中といえども、私一人だけだろうな…と思っておりましたので、
raccon様のレスを読んで驚きました。
大変勇気付けられました。

外野の言うことは気にしなくて良いですよ。と、言ってくださり嬉しいです。
レスしていただいた喜びを、深く感謝してお礼をお伝えしたいのに言葉が浮かんできません。
申し訳ない思いでいっぱいです。お礼出しが遅くなってしまって、すみません。時間が過ぎるのは早いもので、もうすぐ二回目の月命日を迎えます。
母が居て当たり前だと思っていましたが、居て当然と思っていた母が居なくなってしまい、自分の親が亡くなるというのはこんなにも立ち直れないものなんですね。
有難うございました。

ユーザーID:3652702453
あさり様へ
ふき(トピ主)
2017年6月21日 9:17

あさり様、こんにちは。

二回も励ましのレスをいただいて、とても嬉しいです。
あさり様のレスに書かれているように、大人だったら責め立てたりはしないと私も思います。

でも、あさり様のレスに書かれているとおり、、誰かを責めないとやりきれないと言うのもまた事実で…仕方ないのかな…と、あさり様が書いてくださったレスを読んで思いました。母が亡くなってから現在に至るまで、今もなお許してはもらえずにいます。きっと、新盆にも一周忌にも私が顔を出せる状況ではないと思うので、これからは一人で母の供養を私なりのかたちでしていこうと思っています。自分のこれまでの人生を振り返ると、自分の考えが一番正しいんだ!っていう気性を持つ兄や妹とは気が合わずのところがありましたから、今回こういうかたちで疎遠になれて良かったのかもしれないと思えるようにもなりました。私のことを気遣い心配してくださっている、あさり様もどうかご自身の体に気をつけてお過ごしくださいね。
気持ちの吐き出し場に困りながらも小町と繋がれて、小町の皆さんから励ましてもらえて嬉しかったです。

本当に本当にありがとうございました。

ユーザーID:3652702453
在宅での看取り
Francesca
2017年6月22日 21:45

先日、家族を自宅で看取りました。
実際経験してみて、想像以上の傷が、残された家族に残りました。
ほんとうに苦しいです。
本人が自宅での最期を希望したので、それを叶えたということが
唯一の救いです。

家には今も、その時のまま片付けられることができず、
思い出がたくさんあり見ているのも辛いです。
やはり、家族の一人は、今、体調を崩しています。
自宅介護の時点で、相当の負担が掛かっている上、
最期の時を迎えるまでには、
普段感じることのないような死に対する恐怖とともに、
見守り続けなければならない悪夢のような時をすごしました。

時が経つのと共に、ただ今は、ひたすら寂しいです。
在宅での看取りが、美化されている気がしてならないです。

ふきさん、私も今、安定剤飲みながらなんとかやっています。
お互い、労わってやっていきましょう。

ユーザーID:2324867638
Francesca様へ
ふき(トピ主)
2017年6月26日 20:09

こんにちは。
今月初め頃に掲載していただいた私の悩みに、レスしていただいてありがとうございます。
大事なご家族を亡くされたばかりのようですのに、レスしていただけた事へ感謝の気持ちでいっぱいです。私以上にお辛い思いでしょうに…。Francesca様からいただいたレスを、繰り返し読みました。

『在宅での看取りが美化されている気がしてならないです』
この箇所を見て、実際に私も家族を看取った一人としてそう思えてなりません。どうしてなのでしょうね。

早いもので母が亡くなって二回目の月命日が過ぎました。いつまでも悲しんでばかりいてはいけないと思いまして、今日は雨が降り出しそうになる前に思い切って近くのお寺さんへ行って手を合わせておみくじを引いてきました。
結果は凶。一瞬、残念な気持ちになりましたが、書かれていたことが当たっていて驚きました。
【今は計画に対して反対する人、または露骨に邪魔する人が多くて、なかなか成就させるのが難しい。このような時は、無理に行動を起こそうとせず、時節が来るのを待てばよい】と書いてありました。
計画とは、新盆に行くかどうしようか…と悩んでいたことです。
邪魔する人、反対する人とは、兄と妹。

不思議なこともあるものだなと思いましたが、亡くなった母からの伝言かもしれないと思うようにして、これからの日々をなるべく前向きに捉えて生きていけたらいいな。と考えるようにまでなりました。

こんな風に気持ちを切り替えられるようになったのは、励ましのレスを寄せてくださった方々と励ましのポチを送ってくれた方々のおかげです。
涙ポロリポチを押してくださった方々にも感謝しております。

小町の皆さま、どうもありがとうございました。

ユーザーID:3652702453
ふきさんへ
Francesca
2017年7月5日 21:24

私こそ、あまり人に話せない、心にしまい込んだ感情をこのトピに出させてもらい、
ありがとうございました。早いもので、一ヶ月が経ちました。相変わらず、足の竦むような寂寥感と、本当にこれで良かったのかと自問自答する日が続いています。


ふきさんは、ご兄弟との関係も難しそうですね。
私も、最期の時は家族がおりましたが、同居しながら介護していた私とは、やはりいろんな意味で温度差があります。
最近、家で一人でいるのは寂しいけど、そんな家族に気を使うのもストレスなのが判り、少し距離を置いている所です。
兄弟とはいえ、こんなにも考え方とか違うものなのかと、以前は悩んでおりました。

普段、仕事をしている時は、人に分からないように涙を流したりはしていますが、至って普通に見えると思います。
ただ、最期の最期まで親と暮らしていた家,私にとっては普段の生活の場である家に戻ると、やはり辛く、精神的に不安定になり苦しいです。
在宅での看取りの弊害でしょうか...。
まだまだ、傷は癒えそうにありません。

フキさんの気持ち、少しでも前向きになられるといいですね。私も、少し時間かかりそうですが、前を向いていきたいと思います。また、のぞかせて下さいね。

ユーザーID:2324867638
 
現在位置は
です