現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

精神科を受診すると罪悪感が出てしまいます。

buu
2017年6月10日 19:24

私は5年ほど前から、年に2回ほど、理由もなく集中できない・パニックになって泣きながら歩き回る・電車に乗れないなどのことが起き、自分ではどうにもならなくなって精神科に行きます。けれど、精神科に行くといつも罪悪感が募って辛くなり、自分でなんとかできそうですと打ち明けて、行かなくなってしまいます。

1. 精神科の面接を受けることが辛いです。先生の質問に答えているうちに、自分が病気を作り上げているような感覚になります。実際、自分の訴えを、対処が必要な問題と認めてもらえると嬉しいです。けれど、嬉しいと感じている自分に罪悪感を感じ、翌日、大抵寝込んでしまいます。加えて、30分以上時間を取ってもらったりすると、病気に何の関係もない私のヘタレ話に先生の時間を使わせてしまったのではないかと落ち込んでしまいます。

2. お薬を飲むことが辛いです。これまで1週間以上飲み続けられたことがありません。まず、お薬を飲むことに罪悪感を感じてしまいます(自分でなんとか出来ることを病気のせいにしているのではないか)。それから、お薬を飲んで気分が変わって行く感覚が怖いです。心の重荷が取れすぎてしまって、自分の人生がなくなってしまったような絶望感があります。

こうした経験をされている方、他にもいらっしゃいませんか?私はどうすればいいのでしょうか。どなたかご助言をお願いします。

※先日、また辛くなって、以前とは異なる精神科に行きました。初回の面接を終えて、やっぱり罪悪感があります。面接では、自然治癒に任せる今までの対処法を続けるのか、投薬をやってみるか、次回までに考えてみてくださいと言われました。

※これまでは、学校を休学したり長期休暇を利用して、自然に気分が上向きになるのを待ってなんとかやってきました。けれど仕事が始まったら数ヶ月も休めないので、別の対処法を探さなければなと思っています。

ユーザーID:7430421292  


お気に入り登録数:51
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本


タイトル 投稿者 更新時間
大丈夫、あなた病気ですよ携帯からの書き込み
コーヒー
2017年6月10日 23:04

大丈夫というのも変ですが、書いてあるあなたの症状や、休学しなければならないほどの辛いということから病院にしっかり通院したほうがいいですよ。

ちがう病気ですが、私も精神科に通院しています。薬もしっかり飲んでいます。医者はあなたの話を聞くのも仕事で、そこから報酬も出てるので申し訳ないと思う必要ないですよ。病院には見た目は元気そうな人も老若男女様々な人が来てます。

私は調子の悪い時も身の回りの人にあまり弱音が吐けなくて、 ぐちぐち弱気なことも聞いてもらってますよ。薬を飲むのがいやなら漢方やカウンセリングも試してみたらいいと思います。
私の病気はほぼ一生薬と付き合っていかなきゃならないので、薬を飲みながらまあまあの調子でいられるならいいと思ってます。

医師に話を聞いてもらうことや薬を飲むのに罪悪感があると、それこそ医者に相談すべきです。

ユーザーID:2198128759
レスします
ぷ〜にゃーパン
2017年6月11日 1:03

このトピに書いた事を医師に思い切って相談してみて。対処してくれると思うよ。
精神科の医師は、心の病を治す手助けをするためにいますからね。
ちゃんと話は聞いてくれますよ。

持病持ちの私は元気に病院に通うのがモットー。
たまに違う病がありそこを通い続けると、たぶん治ったと思うが・・・まだ通わないとならないのかな?と思いつつ通う。
トピ主さんのように、今はなんでもないのに通うのって・・・という気持ちにもなりますよ。
でも治すために通うのです。

元気に生きるためだもん。元気でないとおいしいもの食べれないし、楽しい事が楽しめませんからね。

ユーザーID:2401533646
通院は悪くない携帯からの書き込み
ねこ
2017年6月11日 8:20

通院は悪くないですし、むしろ良い事です。
お薬も飲まないと寝込んでしまうなら、お薬は良いものでしょ?
通院を続けましょう。あなた1人では治せないと思います。

ユーザーID:4135124943
自分の体験ですが。
匿名
2017年6月11日 9:10

こんにちは。

自分の体験に当てはめて考えると、まず2について、
>自分の人生がなくなってしまったような絶望感
とのことですが、これは「病気」に依存しているのかなと思います。
病気にアイデンティティを求めてしまっている感じです。

依存とは、自分は病気だからxxできなくていいと甘えてしまうという意味ではありません。
「この病気を抱えながらも生きていく自分」に固執してしまい、病気を手放して
他の価値を高めていく自分になれない状態です。

1については、病気を病気と思えない、ということは精神科の病気ではよくある
ことだと思います。わたしも良くなったころ過去を振り返ってみればあれはおかしかった、
と思えることがあります。でもその時点では自分が病気だと思えなかったんです。
つまり、「病気であることを認められないこと自体」が病気の証拠、でした。

主さんを、「病気を治してはいけない」と、幸せになるのを阻む心の正体はなんでしょうね。
ともあれ、一朝一夕にぱっと解決するものではないので、まずは病気であることを
受け入れて治療を進めてくださいね。

ユーザーID:1496396116
このトピを印刷して病院へ持っていく
ナスカ
2017年6月11日 9:16

トピックスに書かれている事(罪悪感)は、一般の方には無いと思います。

つまり病気からくるもの、だと思います。
その罪悪感を含めて治療する必要があります。
ぜひこのトピックスを印刷して受診して先生に相談しましょう。
先生は貴方のお話を聞く事で報酬を得ています。
貴方のお話を聞く事は先生にとってもいい事なのです。
罪悪感を持つ必要はありません。

処方されたお薬はキチンと飲みましょう。処方して下さった先生に失礼でもあります。
お薬の力を借りるのは悪い事ではありません。
私は胃が悪くて薬の力を借りますが、それだけでは良くなりません。
食生活をキチンと管理しない事には良くならないんです。
それと同じで、貴方自身の努力に少し力を添える為にお薬を利用するんです。
変わる感覚に不安があるでしょうが、ちょっと我慢してみましょうよ。

社会人は健康管理も自分でする事も必要です。
これは自分の力だけでなんとかする、という事では無く、専門家の意見をちゃんと聞き、それに沿って自己管理をするという事です。
病院へ行く事、薬を飲む事は社会人としての第一歩です。
大変でしょうがトライしてみて下さい。

ユーザーID:0254848015
覚悟を決めて治療を受けなさい
みかん
2017年6月11日 10:38

トピ主には病気を治そうという覚悟がないのですか。
あなたが受診した精神科医は、あなたの症状を改善するために薬を処方しているのに、薬を飲んで症状が和らぐことをあなたは拒否しているようです。
自分が病気を作り上げていると思うなら、一刻も早く病気から抜け出しなさい。
あなたは、精神科を渡り歩いて、他の再診患者さんたちの貴重な診療時間を奪っています。
これから別の対処法を考えるのではなく、精神科医の処方に従って薬を服薬し、真剣に治療を受けてください。
薬を飲んで、副作用や違和感があれば、治療を止めるのでなく、処方してくれた医師に相談しましょう。
トピ主が病気を治そうという強い意志を持つことが何より大切です。
私はパニック障害を克服しました。あなたにもできるはずです。

ユーザーID:1285612833
その罪悪感は勘違い
さやか
2017年6月11日 11:22

風邪で酷く体調不良な状態に陥ったら病院へ行くのでしょう?
例えば咳が酷くて息苦しいという症状が出ていたら、そのことを医師に伝えますよね?
「こういう風邪だ。対処が必要だ」と医師が診断したら、罪悪感を感じますか?

医師が咳に効く薬を処方してくれ、それを飲んだら咳が収まって楽になって行った。
その時、あなたは「本当は何でもないかも知れないのに、風邪のせいにして薬を飲んで楽になる自分が許せない」と思いますか?
薬によって体調不良が改善されて楽になりすぎてしまうと、自分の人生がなくなってしまったような絶望感に苛まれますか?

ならないでしょ?
不調を感じたら病院に行き、症状を話して診断を受け、必要な薬を出して貰って飲む。飲んで楽になったら「あぁ、良かった。これで元気になれる!」って喜ぶものだよね?

心身ともに健康で元気な状態がベストだよね?
体の不調と心の不調で何が違うの?
不調を感じたことにより、受診して薬を飲んで元気になることの何が悪いの?

心だろうが体だろうが、元気で楽な状態が一番嬉しいんじゃない?
不調を責める必要はない。
医師と薬の助けを借りて楽になったら喜ぶだけの話だよ。

ユーザーID:1940372650
病状に波があるのですね
エリー
2017年6月11日 14:59

精神科を受診すると罪悪感が出てしまう、そのことも症状かもしれないので治療は継続、必要だと思います。

日常生活はちゃんと送れていますか?
医師との相性があるのでむずかしいところではありますが、メンタルの病は治るのに時間がかかることがあるので根気よくつきあうつもりでいたほうがいいと思います。

パニックになったり電車に乗れないといった症状は日常生活に支障があって大変ですね。自分も過呼吸の症状が出て苦しみましたが、初診から6年経ちました。今は落ち着いて過ごせております。個人的には自分だけでなんとかしようとしないほうがいいです。よくなりますからあきらめないでね。お大事になさってください。

ユーザーID:8296734925
精神科を受診することで罪悪感に苛まされる必要などありません
早期退職06号
2017年6月11日 20:09

元うつ病、双極性障害だったおっさんです。文面から判断するとパニック障害を5年間患っておられるようですが、学校とかお仕事うまくこなせていますか?
頻繁にパニック状態に陥るようなら通勤、仕事、食事でさえ普通にできていないのではありませんか。
あなたの挙動は会社の上司、同僚等が見ている筈で、ある程度以上の大企業であるならば人事部を介して、産業医の診察を受けるように指示される筈ですが。
これは会社命令となりますので、医師による診断も、薬物療法の有無も当然拒否することはできないです。
腹をくくって全てを医師にゆだねてください。
パニック障害についての知識は持ち合わせていませんが、少なくとも今の状態よりは改善されると思いますよ。
薬については確かに精神科のお薬は脳に作用するものなので、副作用もあり、辛いことは認めます。
しかし精神疾患の対処療法としては薬物療法やカウセリングくらいしかないので我慢して受け入れてください。
そうすれば時間はかかるかもしれませんが私のように症状が徐々に改善されて寛解します。
ただ仕事は責任の軽いものに変えてもらって再発しないようご留意ください。

ユーザーID:6767524221
それは偏見だと思う
絹子
2017年6月12日 12:13

今は、誰だって、うつになったりするし、過労死とかを防ぐためにも、いじめによる自殺などを防ぐ意味にも、
優れた人格者に、精神科の医師を願う時代です。

私の父親は、精神科に偏見を持ち、認知症を馬鹿にして、世間性ばっかり気にするため、周りの者を振り回します。
こういう高齢者よりも、まじめに治療を受け、家族と仲良くしている人のほうが、尊敬できると思います。

ユーザーID:4968237759
まずは落ち着いて
ぽむぽむ
2017年6月12日 12:38

恐らく心のバランスが崩れているのかと思います。
身体だけでなく、心の面でも健やかでなくなったら、治療が必要です。
例えば頭痛や発熱に悩まされて病院に行けば、
いつ頃から症状が現れたかなど事情を聞かれて説明しますよね。
心の病院も同じです。
根本的な原因を取り除くまたは対処するため、
治療に際して患者と話をし、より良い方法や薬を検討します。
ただ、どんな薬が合うのか、副作用の強さは?など最初は手探りなので状況の改善を実感するまで時間がかかるかもしれません。
業務に影響が無ければ、一般的には会社への報告も不要でしょう。(念のため就業規則はご確認下さい)
早く良くなるといいですね。

ユーザーID:0385277179
罪悪感を抱くことが病気でしょう
けろっぴ
2017年6月13日 11:14

お医者様にかかり続けられた方が良いですよ。

たとえば他の科、耳鼻科や眼科を受診して、「こういう症状があって、病気だと思うのですが」
と言うあなたがいる。

お医者様が「○○病です」と言うにしろ、「それは病気じゃなくてこうでしょう」と言うにしろ、お金を払って受診しているあなた自身は罪悪感を抱くことはないはずです。

その「罪悪感」こそが診てもらうべき病気だと認識して治療を続けられたら良いのではないかと思いますよ。

お大事に。

ユーザーID:8897739960
風邪をひいた時を考える
ミンミ
2017年6月14日 13:49

風邪をひいたとして家でおとなしく寝ていれば治るでしょう。
でも仕事中咳が出て困るとか夜高熱が出て体力を消耗して治りが遅くなるなら
病院に行って薬を貰うのは全く悪いことではありません。
例えば痛み止めも病気の原因を治す薬ではなく飲まなくても治るかもしませんが
普通に売っているし利用してる人も多いですよね。
心の病気も同じですよ。
病気を治すのはもちろんですが治るまでの間の症状を抑えて
日常生活を楽にしたり治りを早くしたり悪化を抑えたりするのも病院の役割です。
時間がかかってもちゃんとお金を払っているんだし医師もその報酬で生活をしているのだから気にする必要はありません。
嬉しいとか悲しいとか感じるのは脳でトピ主さんはそのバランスが悪くなっているので整える必要があります。
必要のない罪悪感を感じるのは病気の症状なのでその事もちゃんと医師に話してください。
今までの薬が合わなかったのかもしれません。

ユーザーID:4180906106
入院してみて良かった。
通行人
2017年6月16日 21:28

 初めまして私は統合失調症です。

数年前に過重労働、閉経期、サマータイム制度、ファストフードの食べすぎ、ドリンク剤の飲みすぎなどが重なって統合失調症になりました。
職場は契約を途中で切られました。

ある夜、毒を盛られて失明の危機が迫っているという妄想が現れ、夜中に自ら救急車を呼び、近くの救急の精神科に運ばれました。
40数日間入院しました。
とても大切にして頂いていい思い出になりました。

入院する前は精神科に関わると甥や姪の将来に響くと思い、怖がって逃げていましたがいざ、入院してみるととてもいいところでした。
繭にくるまって外の世界と遮断されて回復に向かっているような感じでした。

ユーザーID:9137769128
20年前にあなたと同じ症状になりましたが。。1
いぬ
2017年6月21日 13:02

たぶんすごく参考になると思います
あなたと20年前全く同じ症状がでました。
医者に行っても無駄だし、お薬を飲んだらもっとだめです。
あなたの精神構造が、ずっと学校の中で人と暮らしていく中で
人に嘘をついたり、人をうわまったりそういうのができない可能性があります。
でも安心してください。
あなたのような人は予備軍として女性全体の3割くらいいると思います。
要するに、自分の頭の中の構造が従順すぎて、相手に従ったり、ピュアな心のつながりを求める構造になっています。
他の人は、自分に無理な状況を回避したり、自分の醜い感情を相手にわからないように隠す感情が表にでないすべをあなたよりもってるから、平常でいられるんです。
私自身克服しましたが、ただ鍛錬しかなかったです。
他人との関係で自分が他人に細かい感情を読まれてしまう愚か者なので、ヨガ、
バレエ、ヴァイオリン、合気道、仕事などありとあらゆることをやってみました。
社会にでると人間関係が複雑になり、利害関係の要素が強く、相手より上を精神構造の中でももたないと勝てません。

ユーザーID:1652816106
2
いぬ
2017年6月21日 13:03

相手はあなたの中でどんな関係がつくられるか予想してつきあってるわけなのだから。
あなたのピュアさをすきになってくれる男性とはやく結婚して行動半径をせばめるか、ひたすら努力しかないです。
あなたがこなせる人間関係の幅がとても狭いんですよ。

ユーザーID:1652816106
 


現在位置は
です