現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

幹線のアース

musememory
2017年6月17日 3:18

電気設備の現場代理人です。
幹線のアース太さについて、いつも疑問に思うことがあります。

内線規定によれば、ATx0.052でアースの太さは決まるわけですが、
なぜ、ATなのでしょうか?

例えば、今担当している物件(マンションです)で、設計図では、
100AF/10ATで契約する予定の住戸があり、将来的に住む事を考えて幹線の太さだけCVT38になっているのですが、アースだけはなぜか、3.5sqになっています。

私的には、これは、アースも5.5sqにしたほうがいいと思っているのですが・・・
社内で意見を聞いてみたのですが、見解が分かれました。

ユーザーID:4066599115  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
商売…
にらいかな?
2017年6月18日 13:14

とりあえずレスします…

私は無線通信士ですので弱電・高周波が専門で、
船舶勤務の都合から多少は強電の知識があるというレベルです。
陸上の建築物に関わる電気の知識はほとんどありませんが、
法的な問題と企業の利益を考えると、
現状で受注した工事に不必要な太いラインは不要と思います。

将来的にキャパの不足が起こった場合、
給電ラインに余裕が無いのは「安かろう、悪かろう」になりますが、
アースは目立ちません。
企業としては経費を減らす「ツボ」なのではないでしょうか?

すべてのラインを張り替えるのは再入札になると思われますが、
アースだけなら「メンテナンス」扱いで、優先的に受注できそうに思います。

安い見積価格で受注、
資材経費を抑えて利益を高め、
将来の仕事に繋がる…
初めの施工時に法的な問題が無ければ、
企業として順当な判断だと思います。

現場の技師はプライドにかけて完璧を目指しますが、
企業としては利益を増やすことが求められます。
アースラインを断面積の小さい安価なケーブルで施工するのは、
現場の技師に給料を支払うためにも妥当かと…

ユーザーID:3093736813
プラントエンジニアです
麦飯
2017年6月19日 22:22

専門は機械工学ですが、単線結線図は自分で書きます。
もちろん電気担当の人間にチェックはしてもらいますが。

アンペアフレームの設定自体が余裕を持ったものになっているからではないでしょうか。
的外れな回答だったらごめんなさい。

ユーザーID:9987604969
にらいかな様 ありがとうございます
musememory(トピ主)
2017年6月20日 20:01

にらいかな?様:
レス頂きまして、誠にありがとうございます。

最初、他のSNSで質問していたのですが、回答がつかなくて・・・
ちょっと話題がずれているかなとは思ったのですが、小町でトピを立ててみました。

おっしゃること、とても理にかなっていると思いました。

------------------
疑問に思っていたのは、なぜ、3.5sqという中途半端なものにしたのかな、ということでした。
10ATなら、2sqでいいんです。
逆に、最大契約容量で使うとしたら、5.5sqが必要になります。
幹線がCVT38なので、それに見合ったアースを選ぶならやはり5.5sqかなと。

でも、にらいかな?様のレスを読んでいて、3.5sqという判断も妥当かもしれないと思えてきました。
3.5sqの限界がちょうど60Aですから。

ユーザーID:4066599115
話変わりますが
musememory(トピ主)
2017年6月20日 20:38

無線通信士ですか。すごいですね。

以前、弱電の積算や、メーカーでSE部隊の手伝いをやっていたことがあるので、無線通信の難しいこと少しは存じています。
私は電気回路が好きですが、にらいかな?様は、電子回路が得意なんでしょうね、きっと。
電子回路のほうがはるかに難しいと思います(汗)

ユーザーID:4066599115
麦飯様も、レスありがとうございます
musememory(トピ主)
2017年6月23日 19:40

麦飯様も、レス下さって誠にありがとうございます。

プラントエンジニアですか、こちらもすごいですね。
私が身を置く世界でも、プラントの電気工事を手掛けられるようになったら、それはもう超一流の証です。
私のような者には、夢のまた夢です。

ユーザーID:4066599115
 
現在位置は
です