現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大切な人が亡くなってしまいました。

ねこかん
2017年6月17日 8:26

その人の家には小さい頃何度も友達と遊びに行っていました。
その人は色々な場所に連れてってくれたり、
私に沢山の経験を与えてくれました。
今でも、思い出すと沢山の思い出が蘇ります。
そのとき私は既に両方の祖父を亡くしていました。
ですから私にとってその人はおじいちゃんみたいな存在でもあったのです。
それから、高校に進学した後、1度だけ会ったのですが、
「また来てね」と別れた後それ以来1度も会いに行けませんでした。

ですが、高校3年五月末、不意にその人が夢に現れたのです。
起きた時不思議に思い、何だか不安にもなりましたが、
その時は何も分かっていませんでした。

その知らせを聞いたのは、その数週間後でした。
その人は既に一ヶ月前に亡くなっていたと、友人から聞いたのです。
私の頭は真っ白になりました。ですが、まだ信じられていませんでした。

つい先日その人の家に久しぶりに行くことが出来ましたが、
そこにはもうその人は居ませんでした、
私は、その時にようやく理解し、後悔しました。
もう会えないんだと。あんなに優しくしてくれたのに、
お礼の一つも言えなかったのだと。
会いに行こうとしたなら、いつでも行けたはずだったのに、と。

聞くと、死んだのは一ヶ月前だが、納骨は六月に行われたらしく、
五月末時点では、まだその人はこの世に留まっていたと言われました。
私は夢の内容を思い出していました。
最期に、私に会いに来てくれたのかなと思うと今も涙が抑えられません。

それからそのショックと後悔を引きずって、今、何も手につかない状態です。
その人はそんな私になることを望んでないでしょうし、
後悔してももう遅いということも分かっています。
ですが、わだかまりが消えません。

こういう時、一体どうすれば良いのでしょう。
どうすれば良かったのでしょうか。

長文失礼しました。

ユーザーID:5765115367  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
心の中で祈る携帯からの書き込み
詩音
2017年6月17日 13:17

人は親しい人との別れを経験すると、同じような思いを抱くのです。
「あの時ああしてれば.......。」「もっと〇〇してあげれば良かった。」

今年、実の祖母が亡くなりました。亡くなる半年以上前からターミナルケアで入院。病院は私の職場から車で5分。足繁く通おうと思えば出来ました。でも出来ませんでした。
私の母と祖母は実の親娘でしたが、1度も一緒に暮らしたことがなく母が既に家庭を持つ立場になってから祖母の希望で再会したとか。それ以降、折々に触れて交流はありましたがあまり関わりたくないという気持ちを母は隠すことをしませんでした。
「おばあちゃん。」と気楽に慕うことが、大人になればなるほど出来ず.......。母の気持ちを尊重するあまり会いに行くのが憚られたのです。

亡くなった時、後悔が残りました。可愛がってくれたことに謝意を述べることも、花嫁姿を見せることも孫を見せることもできませんでした。もう出来るのは冥福を祈ることだけ。
あとは後悔のないよう周りに感謝すること。別れはいつ訪れるか分かりませんから。

ユーザーID:5469487566
お墓参りしてあげましょう
ぴりり
2017年6月17日 13:33

お家の仏壇にお線香を上げに行ってもいいし、ご冥福を祈りながら近況報告しに時々お墓参りに行ってあげたらいいと思いますよ。

ユーザーID:6958925896
本当、後悔先に立たず。。。
さばかん。
2017年6月17日 17:29

「孝行したい時に親はなし。」と言う有名な諺がありますよね。
トピ主さんの場合親御さんではありませんが、このような古い諺があるという事は人々は古くからこのような気持ちを持って来たのでしょう。

故にトピ主さんだけではありません。誰でも大切な人を亡くした時に思うのですよ。「ああ、あの時ああしておけば良かった。こうしておけば良かった。」と。。。
でもだからと言ってもう其の方はこの世には居ません。
その代わり、亡くなった後もその人を思い、その人を知っている方と一緒に思い出話を沢山してあげれば良いのですよ。
自分が亡くなっても自分を思い自分との思い出話をしてくれる人が居るって亡くなっても幸せだと思いませんか?。

ユーザーID:8033513064
亡くなった人にとって携帯からの書き込み
ばあちゃん
2017年6月17日 21:20

私の経験です
娘をなくしました
その前に祖父を亡くしました
同じ場所に行ったのに比べようもないくらいの悲しみでした
周りの反応は、最初は話を聞いてくれてもしばらくするともういいでしょ?という反応でした
そんな経験からグリーフケアに興味を持ち勉強しました
まず亡くなった方はあなたのことを大事にしています
だから流した涙のぶん、思い出した過去の在りし日の姿、全て供養に繋がっています
仏教の言い方ですとこうですが、外国でも亡くなった方について思い思いにスピーチをする場があるそうです
やはり、思い出すこと、語ること。
最初は涙が止まりません
最初は笑って泣きながら感情の収集がつきません
でも時間が優しい思い出に変えてくれます
大事にしている人ほど。
仏教だとあの世の1日はこの世の10年とも100年とも
私たちもあの世で再会できると信じています

ユーザーID:6203815712
菩提寺の住職さま携帯からの書き込み
なばな
2017年6月18日 14:03

トピ様へ

辛くても悲しくても介護もありで、なかなかおまいりに出られなくてと住職さまに申しましたら
「何時でも手を合わせる事ができます。心の中でも大丈夫です」
とお話しくださいました。
このお言葉にずっと癒され救われております。

ありがとうとそれぞれに感謝しながら手を合わせています。
        合掌

ユーザーID:8010398097
よい人との出会い
まりた
2017年6月22日 3:29

トピ主さんは、その恩人さんのことを忘れていたわけではなくて
自分の人生を一生懸命に生きていて、充実した人生を送っていたわけですよね。

心の中でいつも、感謝していたし、今も感謝している。

そのことを故人は分かっていると思いますよ。伝わっていると思います。

確かに、お世話になった人に、時折会いに行ってお話したり
何かお手伝いをしたりして自分の気持ちを伝えるということも良いと思います。
もし
この先の人生で、大切な人が出来たら、今度はそうすればいいとも思います。

でも、その方への一番のお礼は
あなた自身が、誰かのために、温かい思い出を残すことのできる
愛情深い大人になることです。

たぶんね、その時、あなたにも分かると思います。

その男性が、お礼を言ってほしくてあなたに優しくしてくれたわけじゃないこと。

そして
誰かに優しくするということは、その相手のためだけではなくて
自分の幸福そのものでもあるということ。

あなたの大切な人は、あなたがいてくれたことで
とっても

幸福だったんですよ。

だから、あなたにお礼を伝えたくて、夢の中にあらわれたのです。

あなたに幸せになってほしい、そう思っていらしたのでしょう。
それを伝えたかったのではないでしょうか。

とても素敵な出会いでしたね。

あなたはこれからも、
その大切な方を思い出して「ありがとう。」と伝えてあげてください。

「ありがとう、私は幸せだった。今も幸せだよ。がんばって生きてるよ。」

その言葉を聞くたび、その方は微笑んでくれますよ。

ユーザーID:0146831054
 


現在位置は
です