現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

出張中に母親が意識不明

正浩
2017年6月18日 10:53

私の最愛の母親がショートステイ先で意識不明となり翌日亡くなりました。

要介護の母親を、年に1回の泊りの出張の為、施設で2泊3日お世話になる事にしました。
ショートステイ先から私の携帯に電話があったのは、帰る前の夜の事でした。
「お母様が夕食後、意識不明となり現在救急車で搬送中です。直ぐに帰ってもらえますか」

4時間かけて夜の12時前に病院の集中治療室に着いた時、母親は人工呼吸器を
付けられ、意識不明のまま私からの呼びかけに何も答えてくれませんでした。翌日、私の
見守る中静かに息を引き取りました。
夕食後、他の利用者のケアの為、母親の周りは誰もいなく15分後に発見された時は、
顔面蒼白で口から舌を出しぐったりして既に脈も意識も無かったとの事です。
誤嚥による窒息でした。警察の調査で事件性は無いとの事でした。

たった一人の家族でした。とても穏やかで優しい母親は子供のようで私のかけがえの無い宝物でした。仕事と母親の介護を両立させながら(日中は訪問ヘルパーさんに来てもらい)7年半頑張ってきました。
「おかあちゃん、お互い寂しいけど施設の人にお世話になりな、頑張っておいでな。また月曜の夜に会おうな。」と言うと「頑張る」と言って元気に出発したのに・・。

3回目になる同じ施設でしたが、念の為事前に相談員と看護師にも自宅に来てたもらったのにこんな事になるなんて惨すぎます。お通夜も告別式も終え、今は悲しみと喪失感で辛くて堪りません。亡くなった日は私の誕生日で、親戚からは「お兄ちゃんの誕生日に生まれ変わったんや」「お兄ちゃんにもう苦労させたくないからお兄ちゃんのいない所で逝ったんや」とか慰めてくれますが、今の私には却って応えます。

歳の順番といえ、どれだけ心細かったのか?その時の事を想像すると胸が締め付けられます。これからどうしたらいいのか苦しいです。

ユーザーID:5655485482  


お気に入り登録数:178
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:42本

タイトル 投稿者 更新時間
一日も早く・・
セロン
2017年6月19日 19:26

あなたは本当に親孝行な息子さんですね。他人の私でも嬉しく有難く感謝いたします。

あなたのお誕生日とお母さんの命日が一緒、これって私(お母さん)のことを忘れないでくれと言う意味ですよね。また、お母さんなりに、子供であるあなたに迷惑を掛けたくないと言う、言い換えれば子ども孝行かも知れません。

あなたがいつまでも、くよくよしていてはお母さんも悲しみます。一日も早く、元気を取り戻してください。

それが更に親孝行です。

ユーザーID:2317084986
残酷だったらごめんなさい
美世
2017年6月19日 19:47

お母様のこと、お悔やみ申し上げます。主様にとっては悔いの残る看取りになったのですね。
でもね、あなたは亡くなる時にそばにいてあげることができたのです。
お母様とすごそうとしたあなたの気持ちをお母様は受け取ることはできたのです。
お母様との別れ方として、主様がひどい別れ方をしたとは、私には思えません。

人は必ず死を迎えます。小児や高齢者では、思いがけないことで急変することが少なくありません。
介護や医療にかかわっているスタッフは、仕事の範囲で尽くしてくれていると、私は思います。その中でできること、できないことが出てくるのは致し方ないのではないのかなと私は思っています。
それでもどうしても許せないと思うのであれば、あなたがその施設で1週間でも働いてみたらよいと思います。高齢者介護の仕事の実態を理解したら、お考えが変わるのではないのかなと思います。

ユーザーID:9886868182
見なくて良かった、そう思うほうがいいかもしれません
くさのは
2017年6月19日 22:28

私も昨年、母を突然亡くしました。
主さんと違うのは、私の母はまだ全く寿命だの何だのといった気配がなかった。
毎日元気にサークル活動をして、料理も洗濯も家事全般何でもやってたし、要は普通の人でした。

なのに、突然、クモ膜下で意識不明に。
そのまま意識が戻らず2週間、でした。

サークル活動中のことでしたので、状況は周りから聞きました。
その時は、その瞬間に立ち会えなかった自分を少し責めもしましたが…

でも、見なくて良かったと…今は思います。
想像だけで。
その時を見てしまったら、目に焼き付いてそのほうが辛かったと思う。

私は今、半年くらい過ぎました。
最初は本当におかしくなりそうでしたが…
今はわりと楽になってきました。

主さんも必ず、少しずつ気持ちが落ち着いてきます。
今の苦しみは察するに余りありますが、いつか必ず、大丈夫です。

お母様のご冥福をお祈りいたしますとともに、うちの母は大変世話好きでしたから、主さんのお母様とも楽しくやっていると思いますよ。

ユーザーID:1305915204
半年前に母が急死しました
リリー
2017年6月20日 7:06

お母様の急逝、お悔やみ申し上げます。
私も半年前に最愛の母が亡くなりました。クモ膜下出血による突然死で、周りは誰も思いもしないことでした。
それも孫2人が産まれ、初めて年末、みんなで勢ぞろいする前日でした。
帰省前日での訃報。なぜ、その日に。神様は、あと一日でも二日でも待っててくれなかったのか。家族に会えることを楽しみにしていた母が、一人トイレで倒れていた事を思うと、今も胸がはりさけそうです。
気持ちのやり場はないですが、寿命・運命と思うしかないと、なんとか自分を納得させています。もし交通事故や事件によるものでしたら、誰かを恨むことになっていたでしょうし、許せなかったでしょう。静かに周りを煩わせる事なく亡くなったのは、いつも周りを思っていた母らしい最期だったのではと。
無理やり納得しようとしている部分もありますが、何より家族が悲しんで前を向けないのは母が望まないだろうと。
時間の経過と共に、トピ主様の心に活力が戻ってくることを願っています。
トピ主様にそこまで思ってもらえる、とても素敵なお母様だったのでしょうね。
心身共にお疲れかと思います、ご自愛くださいね。

ユーザーID:7685128169
お母様は幸せだったと思う
日照雨
2017年6月20日 10:42

 私も2年前に実家の母を亡くしたので、トピ主さんの文章を読んで涙が出ました。私も母の臨終には数分だけ間に合いませんでした。

 たった一口の水でも高齢者は誤嚥を引き起こします。誤嚥を引き起こさないためにトロミ食品を使用することもありますが事前に看護師さんにみていただいたのなら必要性はないと判断されたのでしょう。ご自宅ではトロミを使われていたのですか?

 誰にも看取られないで亡くなられて大変残念だと思いますが、しょうがないです。

 お母様は仕事をやめてご自分の面倒を見てもらうより、トピ主さんには仕事を続けていてほしいと願っていると思いますよ。

 寝たきりで家族に迷惑をかけるよりも、動けるうちにぽっくり死にたいと高齢者の方は思っています。

 お母様が一番願っているのは、トピ主さんの幸せです。

 今までトピ主さんが愛情を注いでお母様のお世話をして差し上げてとても感謝していると思います。

 

ユーザーID:0001339309
気持ちをはき出して!
ハロン
2017年6月20日 12:17

お話を聞き、さぞ心残りで無念な思いだろうと胸が締め付けられます。貴方の辛さは他人には計り知れぬほど深いものでしょう。

最愛の母が旅立った事実は受け入れる他ないが、とても簡単には気持ちの整理がつくものではないと思う。

貴方は本当にお母さんを大切にして差し上げたのですね。仕事と両立させながらの7年半だなんて並大抵ではできることではない。

お母さんは本当に幸せな方だったと思う。「頑張る」と言って元気に出発したお母さんは具合が悪くなった時も心細いよりも出張中の貴方のことを気遣ってくれていたのではないでしょうか。

今はどんな言葉も慰めにはならないかもしれないけど、時の経過に連れ少しずつ気持ちが整理されて行きますように。

決して気持ちを押さえず、思い出の品に囲まれ母のことをいっぱい思い出し時には泣いていいと思う。それが何より供養となるでしょう。

そして時を経て少しずつ元気を取り戻すことが出来れば、母もきっとほっとして天国で微笑んでくれます。

今までは仕事中、母のことが気掛かりだったのではと思いますが、これからは母は常に貴方と一緒、常に傍、心の中に居てずっと見守ってくれると思います。

ユーザーID:2086698101
お悔やみ申し上げます
オーロラ
2017年6月20日 13:08

お母さまのこと、心からお悔やみ申し上げます。

私の父もショートステイ中の誤嚥で意識不明になりましたが、幸い一命をとりとめることができました。
しかし、1週間ほど人工呼吸器をつけてicuに入っていたせいで、体の自由がきかなくなり、今では寝たきりです。
それまでは、認知症で多少問題行動はあったものの、年齢の割には体が動き、日中はひとりで過ごすことができました。

親族の中には施設側を責める者もいましたが、私はむしろ、施設に感謝しています。
自宅にひとりでいる時に起こったら、間違いなく即死でした。
施設の方の目があったからこそ、看護師さん等の応急処置を受け、救急搬送していただけました。
家族の誰かと家で過ごしている時だったとしても、気が動転して、プロの処置はできなかったと思います。

トピ主さん、どうぞご自分をお責めになりませんよう。
天国のお母様はトピ主様に感謝こそすれ、決して恨んだりしていないはずです。

ユーザーID:3139911347
親戚の方がおっしゃる通り
2017年6月20日 13:25

長期介護が必要だった親を今春亡くし、今現在は義両親の介護をしている者です。
介護をしながら思うことは、自分の子供に自分の介護はさせたくないということです。
私に介護が必要になったら、直ぐに施設でお世話になれるよう手続きをするように、子供に言ってあります。
正浩さん、お母様はきっと正浩さんの長きに渡る親孝行はもう十分、後は自分の事だけ考え、幸せになって欲しいと願っていたんじゃないですか。
私があなたの母だったら、きっとそう思う。
親は自分の介護をさせるために子供を育てるのではありません。親はただただ子供が健康で幸せになる事だけを願っているのです。
今回のお母様の事故は、大変痛ましいとは思いますが、どんな形であれ、親は子供より先に逝きます。
悲しんだ後は、未来に向かって頑張ってくださいね。
お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ユーザーID:1321737587
御看取りができてよかったですね。
世間様
2017年6月21日 11:17

 ご愁傷様でございます。
 出張中とはいえ、頑張って帰ってよかったですね。言葉は交わせなかったようですが、最後に御看取りができたようで、お母さんも喜ばれたことと思います。ショートスティをご利用する年令とのことですので、寿命と考えてよいかと思います。お母さんが生前何か言っておられましたか?お墓のこと、供養のこと、自分の持ち物のこと、そしてトピ主さんのこと。ひとつひとつ思い出してあげましょう。

ユーザーID:0370308844
愛する人との別離は
たか
2017年6月21日 14:36

この世でもっとも辛いことですよね。私も両親が高齢になってしまったので毎日のように考えてしまいます。正浩さんと違うのは、離れて暮らしているため会えるのは年に数回しかないということです。それが二十年も続いてます。正浩さんは一緒に暮らしてたんですよね。お母様は愛する息子の顔を毎日見れたので、多分すごく幸せだったのではないかと思います。それだけでものすごい親孝行をしていたと思います。悲しみは、時間が癒してくれるのを待つしかないでしょうが、そのうちおかあちゃんとの思い出を懐かしく振り返る日が来ると思うので、それまで強くしっかり生きてください。

ユーザーID:1640759188
私も同じ。
みかん
2017年6月21日 16:33

トピ主さんのお母さんへの愛しい思い、息子さんに介護してもらい幸せそうな様子が会話から伝わってきて涙が出ました。

私も母を亡くし1人暮らしになりました。
母の介護をする事が生き甲斐のようなものでしたので、もう自分のやる事は何もないような毎日です。
喪失感と寂しさは消える事はないと思っています。

喪失感を抱えながら心の中にいつも一緒にいる母とこれから先生きて行こうと、母を亡くして2ヶ月経った今思います。
私も同じですよ。

ユーザーID:0816861260
親孝行な主様ですね携帯からの書き込み
私も愛しい子亡くした
2017年6月21日 20:32

主様は息子さんなんだね。1人っ子だったのかな?兄弟姉妹がいたら介護も逝去後も悲しみ分けられたかもだが(無論兄弟姉妹にもよる)息子の誕生日に逝去したのは、今迄頑張った主様に自由をプレゼントして下さり、お母様自身も又身体の不自由さや苦痛から自由になられたんです。私も愛しい子亡くしましたが‥私の場合私の判断ミスから寿命短くしてしまったが、主様は十二分に親孝行なさいました。お母様を思うなら、これから主様が幸せになる事です

ユーザーID:0421277612
そりゃきちんとご供養することです。
ako
2017年6月21日 21:54

>これからどうしたらいいのか苦しいです。

きちんと法事をすることです。
それを出来るのはトピ主さんしかいません。

死んだらおしまい、と
思っている人が多いようですが
法事は50回忌まで続きます。

むしろ生きてる間よりも
死んでからの方が長いつきあいになるのです。

49日に月命日、お彼岸にお盆etc.
やることはけっこうたくさんあります。

ぞれぞれ何をするのか
きちんと学んで、手配をして
お母様のご供養をしてください。

めそめそしているのが一番親不孝です。

ユーザーID:8070279508
ふーく
2017年6月22日 2:52

子供の頃読んだ新聞記事で、忘れられない話があります。

仕事現場で大事故が起こり、痛ましいことに多数の死傷者がありました。

亡くなった夫を悼む妻が、
「あの事故の日に、いつも持たせているおにぎり弁当がいつもより小さかった気がする。だから、お父さんは逃げ遅れたんじゃないだろうか」と、自分を責めていた、と。

遺族は、こんな風に切なく、愛する人を悼むのかと、強烈に記憶に残りました。


数年後、私の家族が事故で亡くなった時、ふと気づくと食事をする自分を責める自分、笑う自分を責めている自分に気づくことがありました。

大切な人を亡くすと、様々な思いが突然沸き起こり、動揺し、疲れはて、呆然とします。

どんな大切な人からの慰めや、冷静な事実も、頭で分かっても受付られない場合もあります。

今は、受け入れられない自分がある段階。
一瞬頭の奥の片隅に置いて、今は自分の心と向き合って下さい。

大切なお母様を悼む、大切な大切な時間ですから。


ただ、出来るだけ食べて出来るだけ眠って下さいね。

お母様のために。
お母様が一番あなたの体を心配しています。
今の自分に出来る最大の親孝行は、食べることと寝ることですよ。

ユーザーID:0896411474
同じ
小心者
2017年6月22日 17:14

どんな亡くなり方をしても「後悔」だけが残ります。
2年たってもまだ立ち直れません。大泣きすれば立ち直れるといわれても、泣けません。私には情というものがないのかもしれません。

ユーザーID:9831226624
トピ主です。1
正浩(トピ主)
2017年6月23日 22:31

皆さまのご意見ありがとうございます。
すべてのレスに感謝致します。

母親が亡くなり、通夜・告別式・骨あげ(初七日もその日の内)を済ませ、
親戚・弟家族とも離れて一人になった最初の2日間はおかしくなりそうでした。
自分自身が良からぬ事をしてしまいそうな位、絶望しておりました。

施設からの事故状況の説明もまともに聞く事さえできませんでした。
なぜ?母親を無事に帰してもらうことが出来なかったのか?
相手を責めることしかできませんでした。

母親の死後から1週間経って初めて、何度も私の携帯に電話を入れてきた
一人の男性職員(当日母親とは接触なし)を受け入れ、部屋に来てもらうことにしました。

「お母ちゃん、息子がいつまでもクヨクヨして情けない男でごめんな。お母ちゃんは
前の介護事故の時も人の事を一切恨んだりする人やなかったから、ここに来てもらったよ。」と言った途端、その職員は母親の遺影の前で土下座して号泣されました。

私はその時に少しだけ、母親と私自身が救われた様な気がしました。
その夜から、積極的に(といっても寂しさを紛らわす為)ほとんど毎日の様に知人や
母親が生前中に週に数回来てもらっていたマッサージの人とお酒を飲んだり、母親の想い出話を言ったり、聞かせてもらったりしておりました。

新しい週に入り、仕事内容も変わった事から日中は忙しさで辛い気持ちをその時は忘れることもできました。が、やはり夜一人になると母親の事ばかり考えてしまいます。
スマホで撮った母親の動画を見ながら色んなことを思い出して寂しくて仕方ないのです。

ユーザーID:5655485482
トピ主です。2
正浩(トピ主)
2017年6月23日 23:19

セロン様
激励の言葉ありがとうございます。他人の貴方様から嬉しく感謝していただき
私からも感謝の気持ちでいっぱいです。
私の誕生日に逝った母とは、一卵性親子だったかもわかりません。

美世様
もしかしたら介護現場で働いてる方でしょうか?
私のレスで気を悪くされたのならお許しください。
ただ一人の人間が亡くなったのです。その事実は消えることはありません。
私は母親の介護では人様には言えない体験もしております。
決して綺麗事ばかりではありませんでした。
2度目の転倒事故(ヘルパーの方の不注意)では、世話になってるからと相手を責めることをせず、親子共々気持ちを抑えていたら、その事業所は10日後に訪問ヘルパー業務を
撤退すると言ってきて、その後母親の身体機能低下に対する保障は全くありませんでした。逃げたのです。
それ以降、いろんな事ができなくなった母親を責めた事もありました。(本人は悪くなのに)半年位はベッドで排泄の世話もしておりました。

くさのは様
元気だったお母様の突然の出来事、本当に辛かった事かと思います。
お母様は、友達も多く活発な方だったんでしょうね。
それでもプラス思考に考えられて少しずつ落ち着かれているという事で励みになります。
女性の方が強いのかなあ・・。

リリー様
お母様も周りの方を気遣う優しい方だったんですね。
お一人で亡くなられたという点が今の私の立場と重なり、貴方のお気持ちが良くわかります。それでも前を向いていかないといけないんですよね。
私の母親は子供みたいに全く毒の無い人でしたよ。(悪く言うなら世間知らずかな)
母親の従姉妹の姉さんらは「お母さんは天使に羽根が生えた様な人で、子供の頃よく可愛がってもらったよ」と言ってました。

ユーザーID:5655485482
トピ主です。3
正浩(トピ主)
2017年6月23日 23:53

日照雨様
私の文章でご自身の経験を重ねられて涙が出た・・という事。
お母様は喜ばれてることと思います。
母親の食事は飲み物はトロミをつけておりました。
食べるものも最近は卵かけご飯にしたり飲み込みやすいものが多かったですね。
脱水予防の飲料もゼリー状のものを服用しておりました。

ハロン様
温かいお言葉ありがとうございました。お人柄の良さがわかります。
とても身にしみました。私は通夜では母親の思いや人柄を伝えたく20分程、自身の言葉で弔問いただいた方の前で話しをしました。
涙される方が多かったです。(少し迷惑だったかも知れませんが)
その時は、涙が溢れて止まりませんでした。亡くなる直前と通夜で一生分の涙が出たかなと思います。

オーロラ様
お父様の事大変だったですね。
私の母の場合、心臓が止まってからかなり経っていた為、自発呼吸ができないまま24時間後に息を引き取りました。
もし助かっていてお父様の様に寝たきり状態になったとしても私自身は母親に生きて欲しかったというのが本当の気持ちです。
お父様ご自身が一番辛いかと思います。どうぞお大事にされてください。
私も少しだけですが前を向いております。

涙様
私は親の気持ちがわかりませんが、今回の通夜で母親の従姉妹から自身も娘が24歳の時に事故で亡くした時の気持ちを私に話しをしてくれ、辛い気持ちを共有してくれました。親を思う心、子を思う親心には勝てずですね。私が母親を思う以上に、母親は私の事を一番気にしてくれていると思います。従姉妹の姉さんからも教わりました。
身内の方の介護をされながらもご自身はされたくないとの気持ち・・。
少し複雑ですが、子どもさんを思われてこその親心ですね。

ユーザーID:5655485482
トピ主です。4
正浩(トピ主)
2017年6月24日 0:18

世間様
母親は79歳でした。実は父親も一昨年末79歳で亡くなりました。
父親は一昨年まで平日の日中は、母親に代わり家事をしていました。
父親に異変が出る一昨年の4月までは、
朝と仕事を帰ってからの夜、そして会社の休みの日は私が母親の介護をしていました。
父が骨まで転移した癌と認知症が同時に発覚してからはしんどい事が多かったですが、
それでも両親がいた事は、とても有難い事だったと一人になってしまい
しみじみ思います。父親も79歳で亡くなりました。
父も母も自身が亡くなるとは思っていなかったので、死後の話しは生前全くした事がありませんでした。
父親は「好きな物を食べるのを我慢したり、息子らに面倒を掛けるくらいなら長生きしたくない」とよく言っておりました。
母親は「まだお父さんのところには行かへん」と言ってました。

たか様
もし今度帰られたら親孝行を今まで以上にしてあげて下さい。
私は父親に対しては少し心残りもあるんです。
たまにお母ちゃんの動画をスマホで見てます。それを見ていたらなんか死んだ気がしないんですよね。まだ半分は嘘のような気がして・・。

みかん様
私も7年半の内、6年は楽しみながらやっていましたよ。父親も途中までは元気でしたしね。お風呂を入れてやったり、車椅子から乗り換えて車にも乗れてましたから気分転換でドライブに連れてやったり、母親に喜んでもらうのが生きがいでしたから。
みかん様の言われる喪失感・・まさにそのとおりですよね。
正直何もしたくならないし、自分の事で何がしたいかもわかりません。
母親は親でありながら、娘のような、友達のような全て当てはまる存在でした。
母親の死から2週間程経ちましたが時間が止まったままなんですよね。

ユーザーID:5655485482
トピ主です。5
正浩(トピ主)
2017年6月25日 0:13

皆さまからレスをいただき感謝申し上げます。

私も愛おしい子を亡くした様
私には二つ下の弟がおりますが、若い頃から親元を離れ、結婚後も
単身赴任で滅多に顔を見せないので、疎遠になっております。
あまりにも温度差があり、悲しみを共有できないのが残念ですが仕方ありません。
お子様を亡くされた辛さは、到底他人様にはわからないものかと思いますが、
他人の私にお気遣いいただきありがとうございます。
自分が元気にならないといけないですね。何よりの供養かと思います。

ako様
叱咤激励いただきありがとうございます。
長らく休んでおりましたが、配置転換となった職場での仕事も始まり1週間経ちました。
慣れない仕事で、ぼーっと考える間も無く業務の追われ、夜は相手を変えて
酒を飲んだり、ご飯を食べたりして気を紛らわしていました。
おっしゃる通り早いもので初七日から1週間が経ち、もう二七日です。
四十九日や一周忌など式事を、きちんとしていく事が親への供養ですね。
さすが50回忌までは私も無理ですが・・。

ふーく様
昔の新聞記事をご心境に合わせていただき、同じ事を私も思いました。
それでもお腹が空いたらご飯を食べてるし、夜は慣れない仕事で疲れているのか
寝つきは良いです。4時頃に目が覚めますが・・
今夜は外で、一人焼肉でした。(さすがに夜の一人は他にいませんでした。)
カルビとアバラ、ハラミに生ビールとご飯・も頼んで満腹になりました。
葬儀直後の夜はおかしくなりそうでしたが、正直行動している自分に驚いています。
母親がそうさせてくれている気がしています。

小心者様
最愛の人を亡くしたのですから、他人様にいくら励まされても後悔は残ります。
もう2度と同じ人と出会う事はないのですから・・
私も母親が息を引き取る瞬間とお通夜は、一生分と思われる位涙が溢れましたが、
それからは、なぜか涙が出ないのです。

ユーザーID:5655485482
 
現在位置は
です