現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

起業する理由って何ですか? 携帯からの書き込み

歯医者さん
2017年7月11日 2:21

質問を見てくれてありがとうございます。
質問は2つです。

1起業をする人の起業をする理由って何でしょうか?

2起業をするには、どのタイミングが良いのでしょうか?起業をしたいと思ったら、すぐしたら良いのか。または、起業をしたい気持ちがあり、且つ能力がある程度備わった時にすれば良いでしょうか(つまり、起業をしたい気持ちがおっても、能力が備わってないなら、備わるまで待つのが吉)?

ユーザーID:5935720088  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
私の場合
まつり
2017年7月11日 12:25

1、雇われでは働きにくくなってきたから
独立できる時期がきたから(2にもあたる)

2、金銭的にも技術的にも、独立して大丈夫かなとなってから
勤め始めた時から、いつかは自分の会社を、と準備はしてきていた

起業の意味合いがトピ主さんの考えるものと同じなのかしら?と不安はありますが、
商業デザイナーの私の場合はこんな感じです。

ユーザーID:0924627282
お答えします
純一
2017年7月11日 12:31

1. 会社員はやってられない、と思ったから
2. 能力など永遠にそろわないので、6割くらいで見切り発車する

----------------
今から20年ほど前。30歳を前にしたある日、「ボーダレス社会になる」というイメージが具体的に思い浮かびました。そしたら、どうなるか。会社の言うとおり働いても、世界で勝負できる人間にはなれない。発展途上国と言われる国の労働者と比べて自分が優れているところがあるのか。ボーダレスになれば、彼らとも競争することになる。そうなれば、「サラリーマン意識」の会社員では自分の給料も雇用も守れないだろう、と。では、「打って出るしかない」。そのために世界で勝負できる人間になりたくて、まず英語を勉強して、外資に転職しました。5年ほど外資を渡って、だいたい世界も見えたので起業しました。

外資に転職したのは、「成績悪ければクビ」という厳しい世界でも耐えられる事を実証したかったし、自分でそういうリスク感覚に慣れたかったから。外資で通用しないのに起業なんて無理だろうと。

で30代半ばで会社作りました。それから15年ちょっと経ちます。大変ですが、よかったですね。多分、わがままな性格なので、日本の会社みたいにガッチガチだと耐えられなかっただろうから。あ、希望通り海外企業とも取引していますよ。

ユーザーID:4810288418
流れに身を任せてきた結果
パ好き
2017年7月11日 12:45

1.
勤めていた会社が色々あって事実上廃業。
そういう事態になると人間の本性出ますわ。
相容れない人たちと働くより起業が一番。

2.
私の場合は「思い立ったが吉日」「案ずるより生むが易し」。
何が吉かは結果論。
時間が経てば、すべて話のネタ、笑い話です。

こんな私でも、とりあえず、無借金で10数年やれてます。

ユーザーID:1594903442
ご参考
凡人
2017年7月11日 12:46

>1起業をする人の起業をする理由って何でしょうか?

そりゃアイデアがあったからじゃないですか?
このアイデアを実現したら、お金になると思ったからでしょう。

>2起業をするには、どのタイミングが良いのでしょうか?

スティーブ・ジョブズなんかは、創業期は自宅の車庫を事務所にしていましたよね。
コンピューター業界なんてスピード勝負だから、大学も卒業まで待ってたら乗り遅れるので中退して自宅の倉庫で起業したはず。

>起業をしたい気持ちがおっても、能力が備わってないなら、備わるまで待つのが吉?

起業の元となるアイデアがあって、例えば経理・財務面で知識が足りないなら、そういう方面に詳しい人を雇うしかないですよね。

HNが「歯医者さん」ということは歯科医院の起業を考えておられる方でしょうか。
その場合はちょっとアドバイスが違って来ると思いますが。
まぁ、開業するほどの経験や腕がまだ備わってないのであれば、自信がついてからでいいんじゃないでしょうか。

ユーザーID:4661800494
サラリーマンだと
理由は様々
2017年7月11日 13:08

やりたいようにやれない
人から指図されたくない

このような人が自営業に
あこがれて起業しますが
95%以上の確率で失敗します

そして、やっぱ
雇われて仕事してたほうが
全然気楽だ
ということに気がつくわけです

特に、今の、ご時世
普通のことをやっていたのでは
お客さんはやってきませんし
買ってくれません

昭和の時代は良かったね
脱サラという言葉があり
喫茶店をやっても
レコード屋をやっても
食っていけたのだ

なので平成の時代は
ものすごく絶対成功するという
計画を先に考える必要があるし
もし金がなければ
銀行から借りると思うのだが
事業成功するということを
銀行に説得して納得してもらわないと
金貸してくれません

なので
生半可な準備と気持ちでは
失敗しますよ
ということです

ユーザーID:4787350797
がんばってくんなまし
モノクロ
2017年7月11日 14:03

1.条件が整ったため。
 起業したほうが経済的に有利だと確信したため。

2.条件が整うのを待つのが最良だが現実的にはどこで折り合いをつけるかが大事になる。
家族の協力、融資の有無、専門知識・経営知識・人脈の確保、物件などとのめぐり合い等。

できれば融資は最小限にとどめたですね。
私は融資ゼロで始めた上、個人資産は八桁ありました。参考まで

ユーザーID:6915551401
人それそれでしょ
チュン夫
2017年7月11日 14:23

1.京セラの稲盛和夫さんは、最初に勤めた会社で意見が合わず、辞めることになりました。

すると、周りから、「研究しているのだから、会社を起こしたらどうだ」と勧められ、さらに、融資してくれる人もいて、起業できたそうです。(稲盛和夫が語る「企業家精神」−WEBより)

私のいた会社の社長は2代目でしたが、単一の事業では起業から30年で終わると見込み、別事業を起業して成功しました。資金は元の事業からつぎ込んだそうです。

元々、自分で何かの事業を興したい人や、個人的に新製品を開発したので起業するなど、動機は様々でしょう。

2.まずは、「商売にするモノやサービス」「資金」が揃わないと、起業は不可能では?

モノやサービスは自分で考えるしかありません。

資金は、事業内容で人をうまく説得できれば、誰かから融資してもらうこともできます。

それとともに、営業や技術や経営などの能力が必要ですが、技術はともかく、営業や経営は、「やりながら」学ぶしかないと思います。そりゃ、経営者向けの知識や簿記の知識は学んでいた方がよいですが、欲張ると、能力が備わるまでに、おじいさんになります。

稲盛さんが京セラを大企業にできたのも、まずは人心掌握の方法に苦労したそうで、起業当初に10数名の社員の不満を徹夜で聞いて、会社の状況を真摯に説明し、説得したそうだし。

持ち前の技術者精神で、会社の決算書などの分からない点を、経理担当者に納得できるまでトコトン聞いて、最後は経理担当者も、経理上の常識が少しおかしくて、稲盛さんの言うとおりだと思ったりした点もあったとか。

結局は普段から不断の勉強ですね。

ユーザーID:5345642074
お応えします
通りすがり
2017年7月11日 15:14

夫が起業しました。理由は様々ですが、

1 能力がない上司にこき使われるのが我慢できなかった。それなのに、自分の努力が上司の功績になり、上司がどんどん出世。馬鹿らしくて、辞めて起業。
サラリーマン時代は、理不尽な事もやらされてきたし、プライベートな時間も犠牲にしていたので、ストレスで体調にも変化が。

そもそも搾取されるのが嫌で、人に使われるのも嫌、自分の能力がそのまま収入に繋がることに、喜びを感じる性格であったこと、親も自営で、苦労も喜びも知っていた。
これらのことから、サラリーマンに、早くから見切りを付けました。

2起業は、景気が良くなりそうなときにやると、財布の紐が緩んでいるので、その波に乗って商売も上手くいきやすいと言われます。
逆に、デフレの時にすると、物件が安く借りられ、初期費用が抑えられ、その分資金繰りに余裕が生まれます。
さて、どういう時が良いか?と言えば、それは誰にも分かりません。

しいて言えば、その商売のニーズがどの程度有り、何年で回収できるか、その試算を間違えないように、しっかり下調べする事が重要かも。
その反面、チャンスを逃すと、すぐライバルが出現します。チャンスを見付けたら、素早く動くことも重要。

能力が備わるってどういう意味?何の能力?経営のノウハウのこと?それなら、普段から経済学の勉強をしておけばよいのでは?
資格を取る取らない、という話を言っているなら、勿論、資格を取って、ある程度経験を積んでから起業でしょうね。
でないと、銀行だって資金を融資してくれませんから。

ユーザーID:2231810151
ざっくりと
らっこ
2017年7月11日 15:30


じゃあ逆に、企業に雇われることを目標に就活する理由って何でしょうか?
そこを考えれば自ずとわかると思います。


何をしたいかにもよりますが…
事情が大体許すなら、すぐでいいんじゃないでしょうか。

ユーザーID:7728667704
ん!?
とるる
2017年7月12日 2:54

私は、28歳の時に起業して、5年後には2000万弱の年収にすることができ、現在、1500万前後で起業した者としては1000人に一人に入っていると思います。
その私の立場から厳しいことを言いますと、このトピの段階でまだまだだと思います。

起業することは誰でもすぐにできます。しかし、継続して一定程度の成功を収めるのは非常に難しいです。
私の場合、親が商売をやっていた訳でもなく、お金もありませんでしたので会社登記からすべて自分でやりましたが、何か備わっているか否かは手段手法の問題であり、重要なものは理念と決意です。

会社が向かないとか・・は話になりませんね。

また、歯科開業をお考えなら、ご存じのように業務をこなす歯科医師免許を持っている人の一人となるか、何かこの業界で特殊な専門性や技術力など負けない何かがあるかなどいかがでしょうか?
私が現在通っている歯科では、患者の遅刻でも厳しい指導をしているのですが、非常に高い仕事レベルです。
東京SJCDを調べてみてください。

ユーザーID:2720739190
レスします
ふーん
2017年7月12日 23:07

1 会社員を長年やって、合わないと分かったから。

2 何となく「起業したいな」と思って以来、好んで「社長」とか「個人事業主」の人たちと多く付き合うようになりました。(前職での付き合いがあったのがラッキーでした)

「何もできないけど何か起業したい」と話したら、社長の1人が仕事を回してくれることに。

自分で言っておいて、いざ仕事をあげると言われたら怖くなって「いや、スキルも知識もないし無理」とビビッていたら、最初は何も知らない新米アルバイトでもできるような簡単な仕事を回してくれました。それを一生懸命やっているうちに、少しずつ知識も身について、そのうち自分で考えて仕事を提案できるようになってきました。

こう考えると、自分の場合は、流れ的にはサラリーマンの成長とあまり変わらないような気が・・。

まあ一応、その社長だけじゃなく、他の会社からもお仕事をもらえるようになって、ちょっとは起業した人っぽくなってきました。
やる気だけで、能力なんて皆無でしたね(笑)今もそんなにずば抜けた能力があるわけでもありません。かなり安全第一、できることしかしない主義でやってます。

ユーザーID:7772191083
在宅主ですが
もも
2017年7月14日 11:19

従業員はいません 私一人でやってます
レス・・・私も参加をしていいですかね?

1.人に雇われたくない 指図をされたくない。好きにしたい
 私は最初に入社した会社で(高卒なので19歳時に「あんな風になりたくない先輩」をたくさん見てきました。毎日のランチや他人のグチ等に辟易してたので
状況打破を目指して突き進みました)周囲が半面教師でした

2.私はまず資格を得て、人脈を作り開業の準備をしました もちろん信用や自分のファン(応援してくれる人)を増やすことも大事です

>能力が備わってないなら
飛ぶんですよ。頭できない理由、逃げる理由を探さない 怖いから逃げたくなる
考える前にとにかく飛びます でも飛ぶには・・準備や自信が必要だと思います

何だかんだで、一番大事なのは、気の強さかな(笑)

ユーザーID:3455230500
みなさんありがとうございます。携帯からの書き込み
歯医者さん(トピ主)
2017年7月17日 0:42

みなさん回答ありがとうございます。一人一人にそれぞれには返しませんが、みなさんありがとうございます。

ちなみに質問の理由としては、僕が起業したいからではありません。起業する気は今の所ゼロです。歯医者というネームも自分に関係ありません。
理由は、自分の周りに起業してるまたはしたい友達がちらほらいるのですが、彼らをより理解したいからです。より理解し、話をもっと有意義なものにしたいからです。彼らと話しているのですが、理由や理由以外もですが、理解出来ない部分や分からない部分がいくつかあり、そこで、ここで聞いてヒントを得よう、理解を深めようと思いました。

みなさんのおかげで、より彼らの理解を深められそうです。得たヒントを元に、また別の角度から話を聞き出して、より彼らの正しい理解、彼らの立場に立った理解をしようと思います。

ユーザーID:5935720088
 
現在位置は
です