現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

昨日父が亡くなりました。 携帯からの書き込み

みーこ
2017年7月12日 1:46

初めて投稿します。
気が動転しており文章が乱雑するかもしれません。申し訳ございません。
誰にも相談できずここへ来ました。
昨日父が亡くなりました。
私は24歳です。実家から離れて一人暮らしをしています。
仕事へ向かう途中警察と病院から電話があり、くも膜下出血で亡くなりました。
母も気を失い、母の職場からも連絡があり
私は仕事へ向かっていましたがもう、父がいる場所へ涙も出ないぐらい気が動転して向かっていました
正直、記憶がないぐらいです。
職場から連絡があり、事情を説明し、しばらく出勤できないと思いますのでシフト調整します。とありがたいお言葉を頂きました。
ですが、今後離れて暮らしていた母が心配ですし、今後仕事に戻れる自信もありません
退職を考え、母と一緒に住み実家へ帰ろうと思っています。
そこで皆様にお尋ねしたいのが、
いつ頃連絡すれば良いのでしょうか
気持ちが落ち着き次第というのは、ただの自分への甘えでしかないですし、これ以上職場の皆さんに迷惑をかけたくないです。

ユーザーID:3167413414  


お気に入り登録数:26
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


タイトル 投稿者 更新時間
お悔やみ申し上げます
esezou
2017年7月12日 12:14

心中お察しいたします。

以下辛口ですのでご不快なら読み飛ばしください。

お父様への愛情が感じられ、優しい方だと思いました。

真に残念な事実ですが、生物である人は150年は生きられません。

死亡率100%は厳然なる事実です、その上で。

あなたの人生はあなたのものと思います。

親は子供に幸せになって欲しいと思っています。

可能な限り自分の人生を生きてください。

お母様も一般論としては必ず亡くなります。

そのときは何時かは誰もわかりません。

残りの人生を親に捧げるのが正しいのか良く考え行動されて下さい。

都合の良い選択肢はありません。

私見では直に退職するのがいい方法とは思えません。

良く考えた末行動してください。

ユーザーID:7401835539
ゆっくり考えていきましょう
チュン夫
2017年7月12日 12:17

ご愁傷様です。元気な人が突然に亡くなると、心の準備もできてないし、お辛いことと思います。

これからお葬式などもあって、バタバタしますので、1週間くらいは休ませてもらって、本当に退職するのかどうか、お母さんともゆっくりと時間を取って話をすれば良いと思います。

忌引休暇は3日〜7日くらいあるでしょう。まずは、急ぐ「処理・手続き」を終わらせることが大切です。

お父様の職場の処理や、銀行など金融機関への連絡、役所での手続きなど、急いで平日におこなう手続きもあります。(葬儀会社が手続きの一覧表を渡してくれます)

金融機関へ連絡すると、お父様名義の預金は、相続手続きが終わるまで引き出せなくなります。(新聞に訃報が載れば、それを見て銀行が口座を閉鎖します)それまではお母様とトピ主さんのお金で生活することになります。

電気や水道費もお父様の預金からの引き落としなら、変更手続き書類をもらう連絡も必要です。

気が動転してるのに、やる事もたくさんあるのに、簡単に「退職」なんて決めないで下さい。

お母様だって、今すぐに退職して、一緒に住みたいのかどうか、聞かないとわかりません。次に勤めるまでは、トピ主さんの貯金とお母様の給料で暮らすわけです。お母様のほうが、気が動転しているのに、すぐに正常な判断はできませんよ。

とりあえず、1週間くらい休んで、仕事には一度復帰して、お母様とゆっくり話し合いましょう。

ユーザーID:6581942555
母親の立場より
50代オバさん
2017年7月12日 13:27

お父様の御逝去、お悔やみ申し上げます。


ですが職場より先にお母様に相談して下さい。

母親は自分自身や、亡くなった配偶者より
子供の事が一番なのです。

これから未来・将来のある人です。


私なら娘が退職し、自分と一緒に住むため帰省してもらっても
正直負担に感じます。

「自分の為に娘の人生変えてしまった・・・」
その気持ちしか感じません。

もし、お母様が精神的にトピ主さんの助けがいるなら
それは別です。

ですがもう少し、しばらく様子を見てみませんか?

もう少し経ってからでも遅くはないはずです。


事を急がないで。 もう少し冷静になって下さい。

ユーザーID:9412581079
何もかも今、一度に決めなくていい。
薔薇子
2017年7月12日 15:02

突然の不幸にパニックになっている事と思います。
冷静になれと言うのが無理です。
でも一つだけ。
今退職とか、実家に帰るとか決めなくていいのですよ。
職場に迷惑って、人は皆親兄弟家族を持ち、
こういう不幸は誰でも起こる事。こういう場合の休暇はお互い様です。
家族が亡くなったから迷惑かけるからと、即退職していたら
世の中退職者だらけですよ。

まずは、父上を見送る。事務処理を行う。
人ひとりがこの世からいなくなると、色んな手続きが発生します。
それをやっておかないといけません。
これだけは、肉親しかできない事です。

それが済んでから、少しずつ状況を見ながら考えればいいのです。
私はあなたの父母の世代ですが、父上の気持ちを考えると、
娘には、そうやすやすと退職はしてほしくないですね。
退職し、実家で母と暮らすとなると、
恋人も作りにくくなる。
あなたには未来があるのです。恋をして結婚。自分の家庭を持って欲しい。
母上が心配でしょうが、一緒に暮らすだけが親孝行ではないはず。

家族を突然失って、パニックになるのは当たり前です。
でも、あなたは生きて行かないと。生きるためには食べないと。
食べるためにはお金がないと。
お金を得るためには仕事が無いと。

仕事をしている間は、寂しさ悲しさを紛らわすこともできるのです。
それもあなたの心を守る術になります。

今何もかも決めない事です。
退職はいつでもできます。
でも今ではないですよ。

仕事に戻る自信がないからやめたい?
そんなものいりません。自信なんか皆持っていない。
けれど食うために働くのです。食うのです。
あなたは食って食って、強く生きるのですよ!
それが父上からのメッセージ。父上の望み。

ユーザーID:9417776352
忌引きが空けたらで良い
ちび
2017年7月12日 17:14

会社をやめるかどうか、そんなに重要な事を、気が動転している時に決めてはいけません。
第一、仕事をやめてご実家に戻るとしても、社則に「退社する2ヶ月前に退社の意向を伝える」等載っていませんか?
さらに、お仕事に戻る自信があろうとなかろうと、社則に記載されている忌引き期間が明けたら、
あなたは会社に戻らなくてはなりませんよ。

初めての事でショックなのはわかります。
とてもお若いあなたに、どうしてこんなに辛い出来事がなくてはならなかったのか、とても胸が痛みます。
だけど、あなたはもう大人の世界にいるのだから、
個人的に何があろうとも、社会のルールを守る事を頭のすみに置いておいて欲しいと思います。

自分が先に死なない限り、親は誰でも亡くします。
あなただけに与えられた悲劇ではないのです。
だからこそ、みんながあなたを支えたいと思うのです。
どうかそれを忘れないで、乗り越えてください。
心から祈っています。

ユーザーID:0769566512
お悔やみ申し上げます
ゆかり
2017年7月13日 7:30

 お父様のこと、お悔やみ申し上げます。突然の出来事、ご家族の皆様もさぞかしお辛いでしょう。お察し申し上げます。

 さて、あなたの親世代の私から、一言だけアドバイスをします。

「心が動揺している時、人生で大きな悲しみの只中にいる時にはどんなことであれ、重大な決断をしてはいけません。」

 今は目の前の「やらなければいけないこと」に気持ちを集中しましょう。仕事のことはとても気になるでしょうけれど、今は周囲の方の配慮を受け取り、やるべきことを淡々と行なってください。

 もう一度。「今は重大な決断をしてはいけません。」

ユーザーID:6048041231
何ヶ月か後で
もう
2017年7月13日 9:44

1週間くらい休んで、とりあえず仕事に復帰したほうがいいと思います。
今はまだ冷静に考えられない状況ですからね。

一旦復帰して、ゆっくり考えてもいいと思いますよ。
たとえば半年後に「実家に帰ることにしました」と会社に言っても
事情はわかってもらえると思います。

お母様にしても例え今は娘が一緒に暮らしてくれてありがたいと思ったとしても
徐々にやはり一緒に住まない方が良かったかも…と思う場合もあります。

それでもトピ主さんがどうしてもすぐに実家に帰って親と一緒に暮らしたいと
思うのでしたら、休み明けがいいと思います。

個人的には今すぐ決めない方がいいとは思いますけどね。

ユーザーID:0981752742
お父さんのために頑張って
jvjnhj
2017年7月13日 11:02

ふた月前に家族を亡くしました。

トピ主さんが仕事先に迷惑をかけたくない
という気持ちはわかります。

これから葬儀です。
葬儀が終わり、四十九日法要は
アッという間です。
来月は新盆です。

悲しんでいる暇はないでしょう。

亡きお父様のために
踏ん張って乗り越えていきましょう。

お役所等々の手続きには
期限があるものもあります。

お母さんの代わりにトピ主さんが
動きましょう。

退職をいつ伝えるかは
職場はいつどのように知らせてもらったら
助かるのかを考えてみましょう。

ユーザーID:6478178677
 


現在位置は
です