現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

教えてください!フランス旅行のあれこれ

胡桃
2017年7月13日 15:31

閲覧いただきありがとうございます。

インターネットでも色々と勉強してはいるのですが、実際に皆様がフランスへ行かれた際のお話を是非お聞かせください。

9月上旬に新婚旅行でフランスへ行く事を予定しております。20代胡桃と申します。
主人は出張でアジア系の国へは行ったことがあるのですが、私は海外自体が初めてで全く知識がありません。
大変お恥ずかしい話なのですが、以下の内容についても教えていただけると幸いです。

・フランスのチップについて
・スリ対策
・9月上旬ごろの気温
・持っていくべきものなど
・おススメのお土産

主な行き先は、モンサンミッシェル、エッフェル塔付近、ベルサイユ宮殿、ルーブル美術館等です。
自由時間は1日半あります。
何卒よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4531836858  


お気に入り登録数:41
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本

タイトル 投稿者 更新時間
いってらっしゃい!
mimi
2017年7月13日 17:08

★チップはいりません。飲食店でよっぽどサービスがよかった時だけ、50セントから2ユーロくらいテーブルに置きましたが、7年の在仏経験で3度くらいです。

★大使館のメールでもスリ情報が回ってきます。貴重品は首から下げて衣服の中に入れる旅行用の貴重品入れなどを使いかばんの中に入れない。私はいつも普通にトートバッグに入れていますが、贅沢な格好をしていません。自分の後ろに人がいないか常に確かめる。主人はスイスで少年たちにエスカレーターの後ろに張り付けられたけれど、振り向いたら逃げていきました。かばん類を下におかない。

★9月上旬は暑い日もありますが、朝方は寒いので長袖のアウター、羽織ものは必携。靴はどこも石畳が多いので歩きにくいです。スニーカーで行動する場面が多いと思います。

★オペラ座付近のギャルリーラファイエットというデパートの食品売り場にはおかしの名産品が置いてあります。モンサンミシェルは有名なメーカーのガレットがありますが私はそれほどおいしいとは思わなかったです。普通のスーパーのガレットなら2ユーロ以下で買えておいしいと思いました。

以上何かのお役に立てれば幸いです。

ユーザーID:2535037169
パスポートだけは死守
ちらむん
2017年7月13日 17:21

ご結婚おめでとうございます。

別にフランスに限らず、人混みの多いところスリありです。
パリだと地下鉄(特に古くからある路線)が危険と聞きます。
門さんミッシェルやベルサイユはあまり心配ないと思います。
パスポートとクレカさえあれば旅行は何とでもなりますので、この2つは肌身離さず携帯することが必須です。
旅行用具売り場に行けば、首からかけるタイプや腹巻タイプ等のパスポートケースを売ってますので、これにパスポートとクレカを入れて服の中に入れておけばいいです。

他の観光地にも居ると思いますがノートルダム寺院周辺では署名してくれというおばちゃんにつきまとわれました。恐らく署名しているスキに何か盗るつもりなのでしょう。
ご主人と一緒ならつきまとわれるのはご主人と思いますが、しつこければ「ノンメルシー!」とさけんでやればいいです。

チップも大抵の国で一緒で、請求額の1割程度です。
「釣りはいらねえ」でもいいです。(Gardez la monnaie)
しかし、ちゃんとしたサービスをしてもらった時や荷物を運んでくれた時、サービスが気に行った時でいいです。
カフェなら気に入れば2〜5ユーロでいいと思います。
良くわからなければ添乗員さんに聞けばいいです。
でもコレご主人の役目じゃないですかね。
家族で旅行してもチップの払いは私がします。

自由時間のお薦めはいろいろありますが、コースに入っていなければ是非オペラ座の内部見学をお勧めします。
シャガールの天井画見るだけでもパリに来て良かったと思えます。

ユーザーID:8517088710
お役立ちな、延長コード
おっさん
2017年7月13日 17:29

 ヨーロッパ大好きオヤジです。
チップは 一般的ですね。タクシートランク2個なら2ユーロ、ホテル連泊なら2ユーロ レストラン 適当

スリ対策 ショルダーバックは前に掛ける。後ろ向きは絶対に駄目。財布ブランド物など使わずに、ウォレットチェーン。スマホを取られるのは、電話通話中。ストラップは必須。私は、大きめのショルダーに全部入れています。このバックは絶対に手放しません。このバックに、スマホも財布も全部コードでつながっています(笑)

9月は暑いです。

持っていくべきもの。フランスというよりヨーロッパ・海外旅行のお役立ちを。
 最近は、充電するものが多いので、変換プラグは当然だと思うのですが、コンセントが何箇所もないので、日本の普通の延長コードがあると、便利です。これが一押し。1箇所コンセントがあれば、3台の充電ができます。

トイレットペーパー(向こうのは厚くてゴワゴワ)
ティッシュ(ティッチュもごわつく)我慢すればよいだけですが。


フランス土産は
帰りのシャルルドゴール空港で、マカロン(私はラデュレ)空港で買えばかろうじて持って帰れます。(日持ちしないので)


とにかくホテル以外のトイレは汚い、それに便座がないですので、座るのは覚悟が必要。妻は、相当量のトイレットペーパーと、アルコール除菌ペーパーを持ち歩いています。とにかく女性はトイレは覚悟して下さい。

ユーザーID:8176622691
ルーブル美術館は携帯からの書き込み
飛び熊
2017年7月13日 18:47

お勧めしません。ルーブルは廊下の長さだけで全長7km程あり、1日で廻るのは大変です。まして日本人が見たいと言う、ミロのビーナス、ジョコンド、落穂拾いは全て離れた場所にあり、サクッとは見れません。観光客が早足で駆け巡っている姿を良く見ましたが、あれは鑑賞と呼ぶものでは無いと思います。どうせ観るなら、ニケの左側階段を登ってすぐにある、「ギャルリー・ダポロン」にある、宝石の方が見応えあります。特に鶏卵大のルビーは凄いです。ダイヤモンドも大きいですが、カットが、稚拙であまり綺麗ではありません。あと猫好きなら、ルーブルの裏手に、「長靴をはいた猫」の像がありますし、パリには猫グッズ専門店の、「オ・シャ・ドルマン」があると思います。(大分古い記憶なので、潰れたかもしれません) パリへ行った方は大抵7泊でも足りないと言っていますから、あまり欲張らず、一ヶ所集中の方がお勧めです。ロマや写真対応は他の方にお任せします。

ユーザーID:6272074201
いいですねー
2017年7月13日 22:30

チップについて。普通のカフェとかレストランだったら、サービスに不満がなかったら小銭(数ユーロ)をテーブルにおいておけばOKです。それなりのところだと支払いの5%を置くといいようです。

スリについては、財布をカバンの奥底などとりにくいところにしまう、大金を持ち歩かない、ATMに行くことがあれば引き出さない人が周りに目を配る、財布の出し入れがあまり見えないようにする、ブランド品や貴金属をたくさんつけない、ブランド品を買うならショップのバッグのまま持ち歩かない、人に話しかけられたら荷物に特に気をつける、目の前に地図や本を広げられたら目の前がふさがらないように距離をとる(大抵は集団スリ)、署名活動にはNO、飲食店でもカバンは膝の上など安全な場所へ置く(特にテラス席)・・・など。在仏日本大使館のサイトで犯罪情報・旅行の注意点など見られるので、読んでおくといいですよ。万が一被害届出す場合にもお世話になります。

気温。上に羽織れるものがあれば夏の格好でよし。出発直前に天気予報を確認しておく。

持って行くもの。パスポートとクレジットカード、デジカメ・スマホ等の充電器&ケーブル(240vまで対応のもの)、胃腸薬、折り畳み傘、高めのレストランに行くなら相応の服装。

お土産。バター、チョコレート、モンサンミッシェルならメール・プラールの製品(スーパー・免税店でも売ってますが)、その他予算やあげる人によって様々。スーパーでも日本ではないものとか、日本にも売ってるメーカーだけど日本にはないものもあるから、そういうのもいいかも。

楽しんでください

ユーザーID:9117890997
楽しみですね
エリー
2017年7月14日 11:42

自分は何回かパリに行きましたが、やはり日本ほど治安はよくありません。オペラ座近くを歩いていてスリに遭いそうになりました。未然に防げましたが斜め掛けしていたショルダーに男が手を掛けて引っ張っていました。すぐに気づいて前に寄せるとあきらめてよそに行きましたが危なかったです。気をつけていても相手はプロです。用心していてし過ぎることないです。

バッグやリュックはカッコ悪くても前に向ける(抱っこするように)。
お金はいくつか分けて入れる。(一か所に入れない)

旅先では歩くので履き慣れた靴で。オシャレな靴は荷物に入れておく。

除菌ウエットシートを持ち歩くと便利。ホテル室内で履くスリッパも。
ほかの方のレスが自分も楽しみです。いいですね〜よい旅を。

ユーザーID:3846410794
思いつく範囲で
黒猫
2017年7月14日 14:38

スリ対策

出歩く際には必要なだけの小額紙幣とクレカ1枚だけ入れて持ち歩く。
タイトなジーンズの前ポケットに入れておくと今まではスラれたことは無いです。

ヴェルサイユは宮殿の見学コースだけなら半日だけど、庭園行くと1日かかります。
ルーブル、好きなら1日いられそうなものですが、人間美しいものを眺める集中力にも限界があります。2-3時間に留めた方が健康のため(笑)。
好きなら通った方が良いです。

個人的にはノートルダム寺院お勧めしますね、傍にのみの市もあったような気がする。ルーブル→オルセー→エッフェル塔までセーヌ河沿いのお散歩コースです。

ユーザーID:1860979723
そうですね
なっく
2017年7月14日 15:39

チップは北米程気を遣う必要はありませんが、全くなしというワケにもいきませんね。一般的な額で、10%くらいじゃないですかね。

スリですが、どこにもいます。特に駅や美術館、観光スポットにはうじゃうじゃいると考えた方が良いです。
おススメなのは、持ち手の短いバッグを肩にかけ、脇で挟み、更に持ち手を手で持つ事。
よく持ち手の長いバッグを斜めがけしている方がいますが、あれは引っ張られると転んだり引きずられたりと結構危ないのですよ。
バッグはもちろんファスナーつきで、ファスナーが前に来るように持つ事も大事です。

9月上旬はお天気次第で気温がずいぶん変わってきます。晴天なら暑く、荒天なら9月とは思えない程冷える時もあります。私は9月上旬にアテネから荒天のパリへ移動し、震えた覚えがあります。必ず羽織る物を持参してください。

因みに靴は、履き慣れている革靴が良いです。フランス人は足元を見ますのでヨレヨレのスニーカーは避けましょう。そして毎日靴を拭いてから出かけましょう。

そしてパスポートですが同じホテルに滞在してる間は(きちんとしたホテルという前提ですが)セキュリティに預けて、コピーを持ち歩くのが安心だと思います。

ユーザーID:8490932452
モンサンミッシェルは
2017年7月14日 18:03

島の近くのホテルに泊まるのがベスト。

近くの村からシャトルバスが遅くまで運行しています。

夕方や夜間、朝焼けの景色、また朝一で入場してゆっくり見物。

「パリから長時間かけて来て、見物客マックスで人の波に押されて、また時間をかけてパリに帰る」
これはしない方がいいです。疲れるだけです。
朝パリを出発してくる観光客が来る前に見物を終えたほうがベター。

ベルサイユ宮殿、ルーブル美術館等にはスリが多数いますので要注意。
リュックは前に抱える。

余計なことですが、写真の最初の一枚はお二人のスーツケースをパチリ。
もし行方不明になった時に画像を見せて説明できます。
帰って来たら保存しないで(プリントアウトしないで)消去すればいいから。

ユーザーID:7706183686
わたしも同時期にパリに行きます!
ぱぱぱ
2017年7月15日 0:47

トピ主さん、こんにちは!

奇遇ですね。わたしも9月上旬にパリに行く予定です。完全旅行者目線で答えます。

・フランスのチップについて
とーっても素晴らしいサービスをされたり、とーってもおいしい料理を出されたら渡してください。
本当にそういうことがあることがありますから、その時はコメントとともにどうぞ。

・スリ対策
上部にチャックがついているものが安心です。たすき掛けでもご注意を。パリ・オペラ座裏でチャックをあけたまま背中側に背負っていたら、通りがかりのフランス人から「バッグが開いてるわよ!」と英語で警告されました。
地下鉄の出口の改札で、友人が手に持っていた紙袋を引ったくられました。手に持つなら、ぷらぷら、ではく、がっしりと持ってください。

・9月上旬ごろの気温
梅雨みたいに雨の時もあれば、普通に暑い夏の時もあります。折り畳み傘は持って行った方がいいです。夕方に雨が降ると、湿度が低いことがあり冷えます。

・持っていくべきものなど
べき、まではありません。日差し対策でサングラスがあると目が楽です。日本人の目の色は強い日差しに比較的強いようなのですが、実際サングラスをかけると違います。

・おススメのお土産
一般ケーキ屋さんのクッキー詰め合わせを買って帰ってきたことがあります。しみじみおいしかったです。パリならLe Bon Marche(ボン・マルシェ)という高級スーパーがあります。そこもおすすめです。ワタシはもっぱらモノプリで爆買いですが。。

ご参考まで

ユーザーID:7702613612
行きたい!
2017年7月15日 1:29

 うらやましいです。行きたいな。

 私はトイレットペーパーをもって行きます。それでお尻も鼻水も拭いちゃう。海外の紙は硬くて。

 パリのお土産なら自分用にどっさりとバターを買います。折り畳み式の保冷バッグをもっていってホテルの部屋を後にするまで冷凍庫へ。そのあとはスーツケースに入れて空港で預けてしまいます。それで8月は大丈夫でした。

 私は海外へ行ってもスリに狙われたことがありません。きっときれいな格好をしていないからだと思います。ただ、荷物は絶対に床に置きません。隣の椅子にも自分の背中側にも置きません。鞄のファスナーはきちんと閉めてファスナーのカンを持つようにしています。

ユーザーID:2080230364
チップは基本いりません
ひろ
2017年7月15日 14:20

 フランスといわず、ヨーロッパだとたいていサービス料込の請求が来ているはずなので(請求書を確認)、特にチップは不要です。
 あと、レストランなどでの支払いにはクレジットカードと暗証番号が便利です。(こういう状況だと特にチップを払う展開になりませんし)
 ただし、状況によってどうしてもチップを置いておきたいなら(現金払いの場合には)お釣りの一部とかそのままとかを残して行きます。カードの場合は…現金を出して置いておく、かな。
 アメリカとちがって、15%とか20%が目安、というようなこともなく、気がむいたら、で十分です。気になるようでしたら、周囲の人を観察してからでもよろしいかと思います。

ユーザーID:8024380585
ツアーですか?携帯からの書き込み
通りすがり
2017年7月16日 0:24

自由行動が1日半とあるので、添乗員付きツアーですかね?
添乗員付きなら、治安やチップについて説明があると思います。

スリはどこにでもいます。斜めがけのダブルジッパーのショルダーで、ファスナー付き大小ポケットが外に付いているものが便利だと思います。
本体には財布やパスポートのコピー、Wi-Fiルーター等を入れ、ダブルジッパーの口に錠前を付けます。
外のポケットにはガイドブック(私は必要な部分をコピーして、色々書き込んだもの。嵩張らない)ハンカチ、ペン、ホテルカードなどを入れます。
100ユーロ程を入れた小銭入れ(ちょっとした買い物をする時に、いちいち財布を出さなくて済む)とスマホを入れたポーチは、チェーンやびよーんと伸びるストラップとつなげ、カバン本体とショルダーベルトを繋いでいる金具の部分に繋げます。外ポケットに入れていても、盗られにくくなります。
スマホは心配なら、本体のほうにしまって下さい。
錠前の鍵もなくさないように、外ポケットに入れておいて下さい。ホテルに鍵の予備を置いておきます。

パリなら、大抵の物は買えます。薬やコンタクトケア用品といった、買いにくい物はお忘れなく。

お土産で喜ばれたのは、スタバのパリ限定品、ディズニーランドパリやディズニーストアグッズ、フォションやエディアールのジャム、スーパーやデパートのエコバッグ、レターセットやカード類でした。エコバッグやカード類はおしゃれで安価なので、ばら撒くのにはいいかも。

自分用には、フランスのブランド品(シャネルで買った靴を履いていたら、日本のシャネルの店員さんにどこで買ったか聞かれた)調理器具、雑貨類、絵本、ランプ(蚤の市で買った)

エッフェル塔のふもとにショッピングモールが出来ました。何でも揃うし、日曜も20時までだったかな?やっているので、ここで買い物を済ませてしまうのもいいと思います。

ユーザーID:9391328916
けっこうフレンドリー
ハロン
2017年7月16日 4:20

パリの人はお高く止まっているみたいな先入観があったが、街角で道を聞いても、また観光施設や交通機関の職員なども皆、気さくでフレンドリー、気取ってるどころかおせっかいなぐらいに親切な印象でビックリした。

例えば路線バスで運転手さんに「このバスは〇〇に行くか?もし着いたら教えてくれないか」と頼んだら、その停留所に着いた時に運転手が教えてくれるより先に運転手の近くに座っていた一般客が「〇〇だ」と私達に声を掛けてくれたのです。私が運転手さんに話していることを耳にしていて自発的に教えてくれたようで驚いた。万事、こんな感じ。

ただ、店員さんは普通の店でもけっこうプライドが高い感じで、日本の店員さんの雰囲気とは違うようでしたが。

行ったのはかなり前で「フランス人は英語が話せない。仮に話せてもフランス語が一番だと思っているので英語はわざと話さない」などと聞いていたが、逆に「英語が話せる人は得意そうにうれしそうに英語を話したがる」印象で、英語が話せない人は「英語が話せなくて申し訳ない」と本当にすまなさそうで「聞いていたのとは違う!」と驚いた。

今の時代はますます英語が通じるようになっているのでは。

とにかくおせっかいなぐらいに人が温かいのが意外で感激した。
私が片言でもフランス語をかじって行って少しでも話そうとしたので相手も気をよくしたということがあったのかどうかは不明。
もし本当にそうなら、片言の旅行フランス語でも目を通して行けばより楽しめるかも。しかし別に英語だけでも同じように親切なのではと思います。

チーズ専門店があり、いろいろなチーズを置いていて店内でワインと一緒に食べることも出来るようだ。
フランスの店は営業時間が限られているので利用できなかったのは残念だが、興味あれば入ればいいかも。

新婚旅行なのですね!
楽しい思い出に残る旅になることをお祈りしています。

ユーザーID:4796319303
私も新婚旅行9月上旬パリ・レンヌ・モンサンミシェルでした
なな
2017年7月17日 20:36

8年前ですが。とても楽しかったです。フランスに留学していたので友人に会う旅でした。既にご覧になっているかもしれませんが、「ふらつー」で検索してください。膨大な情報があり、とても役立ちます。

・フランスのチップについて
なくてもいいですが、1割くらい小銭があるときは置いてました。

・スリ対策
パスポートとカードは首から下げて下着の中に入れてました。

・9月上旬ごろの気温
寒暖の差がありますが、乾燥しています。Tシャツもセーターもいるので脱ぎ着しやすいものを。

・持っていくべきものなど
ふらつーで検索がベスト、お洒落な服が一着あると写真映えします。

・おススメのお土産
個人的には不思議のメダイ教会のメダイは手ごろな値段でお洒落且つ話のネタになります。日本だとケタ一つ違う。
モンサンミッシェルにいくとラ・メール・プーラールのお菓子が有名ですが、モノプリなどのスーパーで安く手に入ります。現地で買うと観光地価格です。お土産はスーパーに限ります。

ユーザーID:9793025549
皆様たくさんのレスありがとうございました!
胡桃(トピ主)
2017年7月18日 14:52

皆様、たくさんのレス本当にありがとうございます!
まとめてのお返事で申し訳ありません。
丁寧に事細かにご説明いただいて感謝しております。ありがとうございます。
ご指摘の通り、海外旅行がほぼ初めての為、添乗員付きツアーです。
スリ対策やチップについて詳しく教えてくださって助かりました。
イメージが湧き、役立てそうです。
おススメの観光方法、お土産の持ち帰り方法や店舗名も具体的に頂戴することができ、楽しみが膨らみました!
良い思い出となるよう、スリには細心の注意を払いながら旅行を楽しめたらと思います。
ネットでも拝見しましたが女性より男性が色々対応するというのが、現地では普通のようですね。
当日は私よりも海外慣れしている主人にリードしてもらおうと思います。

レス頂きました皆様、本当にありがとうございました。

ユーザーID:4531836858
週末パリに行きました
マミ
2017年7月19日 0:03

長く住んでいると、気がつかないこともあるので、週末にパリに行った際に
初めての旅行で気をつけることは何か考えてみました。

・チップはお茶や気軽なランチでは置かなくて大丈夫です。ただ、お店でタクシーをお願いした場合は
 2ユーロ位置くようにしています。ホテルにはしばらくチップを置いていなかったので、試しにダブルベッドの枕元に2ユーロ置いてみました。結果は特に丁寧な掃除もなく、お風呂場の髪の毛もそのまま、使ったコップもそのままでした。結果、今後もチップは置きません。

・スリ対策はメトロでは両はしの車両がスリにあいやすい。特に、出入り口付近。メトロ1番が被害が多い。ルーブルではモナリザの前。ベルサイユでは説明を聞いている時に横や後ろをすり抜けて行く若者に注意。オペラやノートルダム付近ではアンケートのようなもので署名を求めてきたらすぐ逃げること。

・持って行くべきもの、今回4つ星に泊まりましたが、スリッパ、ガウンがありました。3つ星にはこれらはありません。帰りに捨てられるスリッパ、歯ブラシ、シャンプー、コンディショナーは持参してください。ホテルのシャンプーでは髪の毛がギシギシになります。コンディショナーが付いていても同じ結果です。あと、観光の際のトイレで、ティッシュ切れもあるので、流せるティッシュがあると安心です。また、お手拭きはありませんので、除菌ペーパーも。

・おすすめのお土産はマリアージュなどの紅茶、フラゴナールでもお土産にいいものが見つかるでしょう。(ルーブルの地下にどちらもあります)もし行けたらボンマルシェの食品館は、お土産用のジャムや食料品がたくさんあります。ギャラリーラファイエットのグルメ館よりもお勧めです。

最後に、もしチャンスがあれば、サンドイッチ(こちらではフランスパンに挟んであるものをさす)をお勧めします。パン屋さんで指をさして選んでください。

ユーザーID:0897971361
フランス大好きです!
豚の丸焼き
2017年7月22日 0:57

チップ…レストラン等ではほぼ不要です。ホテルでは枕銭で残った小銭を置く感じです。

スリ…人混みはとにかく注意しましょう。パスポートは薄手のポーチに入れて首から下げ、服の中に入れたり、腹巻型の薄手のポーチに入れて、服の中に隠しましょう。

9月の気温…朝晩は肌寒いので、上着は必要です。日本の様に道路がきれいに整備されていないので、スニーカーがお勧めです。

持って行くもの…ホテル内はスリッパが無い場合が多いので、折りたたみまたは使い捨てのスリッパがあると便利です。
デジカメの充電器⇒あれもこれも写真をいっぱい撮りまくると、自分で思っているよりも早く充電が切れます。
海外旅行中、午前中の観光で写真を撮り過ぎて、夕方以降充電切れで写真が撮れない人を多く見かけました。

お土産…モノプリという、パリの高級スーパーのエコバッグはお勧めです。
オリジナルのエコバッグは、デザインも可愛いし、価格も1〜2ユーロ程度で買えます。
女性用のバラマキ土産に、たくさん買って配りました。
Bonne Mamanのマドレーヌや、Mère Poulardのサブレ(モンサンミシェルのサブレ)は有名ですし、安価で美味しいです。ただ、この辺は日本でも普通に買えるかな…?
他に、ベルサイユ宮殿で売っている、ローズティ。日本でも買えるそうですが、パッケージも可愛いし、ティーバッグが2個入った小さい箱が100円程度で変えるので、たくさん買って配りました。
美味しかったです。

ルーブルとベルサイユ宮殿は、ガイドさんの説明付きのツアーにした方が良いです。
特にルーブルは、短時間で混雑している中、効率よく回るには、ガイドの案内があった方が良いです。
日本人人気の高い絵画や美術品を中心に回ってくれるし、解説があるので、ただ漠然と見て回るより、良いです、

ユーザーID:6249304133
楽しみですね
アンチョビ
2017年7月22日 10:01

パリに滞在していた事があります。

どなたかも仰っていたとおり、フランス人は冷たいというイメージが先行しているところもありますが、実際はわりとフレンドリーで話好き、世話好きな人が多いです。英語に関して言えば、余程の田舎でない限り、話せる人は多いです。特に比較的若い世代はむしろ積極的に英語で話してくれますよ。日本の若者も同じだと思いますが、自分の英語を試してみたいと思うのではないかな、という印象です。フランス人はフランス語に誇りを持っていて英語を話したがらない、と言いますが、どちらかというと、プライドが高いのでたどたどしい英語を話して相手にバカにされたくない、という話を聞いた事があります。全員が全員そういう思考かは分かりませんが、意地悪ではなく無駄に高いプライドなんだな、と思うと憎めなく思う事もあります。あと困った時は、女性は男性に、男性は女性に聞くといいです。特に年配の人は世話焼きです。バス停で暇そうにしている人もおすすめです。

お土産のおすすめは至る所にあるMONOPRIX(モノプリ)というスーパーのエコバッグです。レジのところに積んであります。1ユーロ程でとても軽く丈夫ですよ。

ユーザーID:5013098177
 
現在位置は
です