現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

夢ノート ありがとうノート ほめ日記

文具好き
2017年7月15日 8:54

50代前半の文具好きの女性です。昔から「夢ノート」「ありがとうノート「ほめ日記」などの本を読むたびに いいな書いてみたいな と思っておりました。
たいてい まずお気に入りのノートを準備しましょうとあるので お気に入りのノートを準備するのですが、使うのがもったいなくて書き出すことができません。
また、自分が突然なくなってしまって 残されたノートを家族等が読むことを考えると 意識してしまってますます筆が進みません。
でも 書くことが好きだから 何とか自分の気持ちを表現したいという思いは強くあるのです。
1年前にがんの手術をしたこと、身内が突然死してしまったことで ますます 「書きたい」「でも書けない」が強まってしまいました。
夢ノートや ほめ日記など を書いておられる方のお考えを聞かせていただければ嬉しいです。

ユーザーID:0224151541  


お気に入り登録数:37
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


タイトル 投稿者 更新時間
ぺんてるの黒のサインペンと100円の『じゆう帳』をたっぷり!
スーザン
2017年7月15日 10:57

わー、私もやってますよ、「いいこと日記」。

タイトルにも書きましたが小学生用のあの「じゆう帳」が大好きで近所のスーパーや文房具屋さんに寄ったときにまとめ買い。
これまた大好きなぺんてるの黒のサインぺン(一本百円くらい?)

 どちらも安価です。それにあの真っ白で線もなにもない紙、大好きです。

 トピ主様も一度「小学生用のじゆう帳」を売り場で見てください。

 きっと何か書きたくなります!

 トピ主さんに「いいこと」がおきますように・・。

ユーザーID:3961828889
物欲ノートは書いてますよ
mame
2017年7月15日 19:32

自分がいない後の心配なんてするなと、父がよくいってます。
だってもうこの世にいないんだから恥ずかしくても、感じようがないと。
そういえば、祖父の夢ノート見たいのがありましたが、、ごちゃごちゃ書いてあって読むの面倒です。
生きてる母もメモ書きまくってますが、ごちゃごちゃにダンボール何個もあって読みたくありません。
そんな母も父からもらったラブレターを、大きくなった私に読まれるのが恥ずかしくて捨てたとかいってます。
トットけばいいのにね〜

夢ノートとかは安いノートでもいいんですって。描きやすいもの。
トピさんの状況からすると、書いたほうがいいです。自分の考えをまとめたり不安を整理したり、物事の良い面を考えるのに役立ちます。

ユーザーID:2473972576
気持ちわかります
リボン
2017年7月15日 22:28

もし明日死んでこのノートを見た人どう思うのか・・・
考えてしまうのですよね。
私は結局できたことは一週間に一度、良いと思った言葉を書き留める
日々の中で時々嬉しかったことを書く・・
例えば○●にご飯食べに行った♪
くらいの短い文章で落ち着きました
これなら私が死んで誰かが見ても大丈夫と思い・・・
ついいろいろ考えてしまいます

ユーザーID:0710231180
夢日記
エスプレッソ
2017年7月16日 17:52

わたしも書くことが大好きです。小さい頃は、漫画を。中学生時代は詩を。高校では交換日記を。年がわかりますね。
大学では小説を書いていました。
今、ほそぼそと続けているのは、夢日記です。
と言ってもこれは母が亡くなり、初七日に不思議な夢を見てから書き出したものなので自分の書きたいという思いとは直接は繋がっていないかもしれません。
夢日記はかれこれ10年は続いています。母との大事な連絡帳のようなものになりました。
それから、大好きな言葉や詩も、ノートに万年筆できれいに書き出しています。読み返すのも楽しいです。
かなりアナログですね。
といいつつ、ツイッターもやってい ます。ツイッターは短くしかかけないのがちょっと残念。

ほめ日記やいいこと日記も楽しそうですね。
ノートに書くという作業が好きなので、私もやってみたいです。

ユーザーID:7994056312
私も。
2017年7月18日 9:49

お気持ちよくわかります。
同じ思いの方がいらっしゃるなぁと、思わず書き込んでいます。

私も自分の思いをノートに書きたいのですがトピさまと全く同じ気持ちで、
書きたい、けど書けなくて、時間ばかり過ぎてしまっています。

私は10年くらいブログをしていますが、
ブログはやはりある程度内容は限定されて、
腹黒い本音や細かい感情などは書けません。。。

以前、ホメ日記も書いたことがありますが、
それも、自身の死後読まれたら恥ずかしい、などと思い、処分しました。
あと、ほめ日記は、書く内容もだんだん決まってきて、
面白くなかったのでやめた、というのもあります。(私の場合です)

アナログでノートとペンを使って、思いの丈を綴りたいなぁと、
時々たまらなくそういう思いに駆られます。

私が今書いているのは、自分の気持ちではなく、
気に入ったエッセイや掌編小説、詩、などの書き写しです。
死後、読まれても支障のない物です。
何かをノートに書きたいという気持ちは、少しは満たされますが、
心を綴りたいですよね。

死んじゃえば、恥ずかしいも何もないでしょう、と言われればそうなのですが、
なかなか本音を書くというのは、勇気がいります。

日記って難しいですよね。
毎日日記を書いているという友人も、死ぬ前に全部捨てなくちゃ、と言ってました。

ユーザーID:8092173306
小さなノートか手帳から
りっちゃん
2017年7月19日 13:36

自分も同じような思いで読ませていただいています。

子どもの頃から作文とか書くことがわりと好きですが、日頃は雑事にかまけて、何も書かない日があります。何か継続的に書けたらよいのですが。

ドラマなどを見ていて、いい言葉に出会った時など、忘れないようすぐにメモっておける薄いノートや手帳をリビングに置いています。

自分も50代半ばですが、書くことは続けたいと思っています。

文具好きさんは、文具好きですか?
自分もそうです。お気に入りを見つけて気軽に始めてください。応援しています。

ユーザーID:7381158340
 


現在位置は
です