現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

どこまでうまくなるのか、ピアノ

カノン
2017年7月23日 8:08

ここ数年特に思うのですが、若い方のピアノ演奏技術のすごさに驚きます。コンクール本選でも当たり前のようにラフマニノフやプロコフィエフの2番が頻出、しかも完璧。プロでなくても難曲バリバリ弾きこなす人もいて。オリンピックと同じで、どんどん技術向上していくのだろうか…

ユーザーID:2310658021  


お気に入り登録数:58
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
大切なのは携帯からの書き込み
ぴあこ
2017年7月23日 15:17

ラフマニノフのピアノ協奏曲も3番を演奏する人もいますね。

コンクールはあくまでもコンクールであって、
上手だけど心に響くものは少ないです。

演奏家を目指されるのなら、
その先が必要だと思います。

ユーザーID:7715658096
テクニックと感動を生む演奏とは別物では?
kinky kids
2017年7月25日 8:28

 確かに超速弾きなどは「凄い!」とびっくりするけど、まるでコンピューターが弾いてるようです。限界まで速く弾くことも可能でしょう。

 しかし晩年のホロヴィッツが弾いた「子供の情景」などの演奏は並みのピアニストには無理でしょう。彼は言いました。「あらゆる芸術に触れて感動する心を持ちなさい。絵画や文学など音楽以外の分野での幅広い感動が音楽を深めていくのです。」

 上手な演奏なら自動ピアノで良いしそのうち AIロボットが演奏してくれます。

ユーザーID:6456126129
同意します
チレメントリコ
2017年7月26日 22:41

私も全体のレベルが恐ろしいほどに上がってると思います。最近のフィギュアスケートと似たような感触ですね。

昔は、選ばれた人のみが演奏出来る様な印象だったラフマニノフの協奏曲3番やソナタ2番も、最近はもはや必須課題といった様相ですし、夜のガスパール、イスラメイ、ペトルーシュカあたりも、もはや自慢できる曲でもなくなりました。

最近の学生が腕自慢に使う曲は、アルカン、アムラン、もしくはリゲティあたりの練習曲のようです。学生によるリゲティ全曲、なんてプログラムも目にします。

あと、これらを弾きこなし、トップレベルのピアニストを目指している人々は、音楽的な事も常に追求しているので、ロボットの様だ、と思った事はあまりありません。むしろ、一昔前に微妙に活躍したピアニストに感じる事が多いです。

ユーザーID:0542205907
何にでも言える
ローズマリー
2017年7月28日 22:32

音楽だけではなく、全てにおいて、レベルは上がっています。
一昔前、短距離走100m、十秒切るなんて考えられなかった。
バレエも、足を上げる角度がかなり大きくなってきています。足が上がって当たり前。
バイオリンなど他の楽器も然り。

情報が広く行き渡って、かつ世界的な競争が起こっているからでしょう。

しかし、数字で結果が出るものはともかく、音楽は
やはり技術だけではなく、それ以上のものが求められますね。
いくらラフマニノフ弾けても、何も伝わって来なければ、また聴きたいと思わない。
それを兼ね備えた人がどのくらいいるか、です。

昔の巨匠は、その両方を当たり前のように兼ね備えていたように思います。
だからやはり昔の巨匠ばかり聞いてしましますね、私などは。

ユーザーID:8881117987
低年齢化
hatuki
2017年7月31日 2:03

技術の向上が低年齢化してきてますね。何でもそうですが。
それはそれとして、最近、大器があまり育たないなと思います。

ただ弾くだけではなくて、個性だの表現だのもよく考えてるんだけど
どうも小手先に聴こえることがあるというか。
何だかこねくり回しているように聴こえることもあるし。
将来、巨匠と呼ばれるようになりそうな人はなかなか見当たらないというか。

ユーザーID:9481937402
弾けるだけですごい
カノン(トピ主)
2017年8月5日 20:46

その昔、アレクセイ・スルタノフというピアニストがいました。初めて見た時にはびっくりしましたが、今はそのレベルの方は特に珍しくもなくなりました。私の感覚はテレメントリコさんに近いです。というか、コンクールの入賞者レベルの演奏しか聞いたことがないからかもしれませんがみなさま素晴らしい。なるほどフィギュアや陸上競技の記録と同じかもしれませんね。これからもどんなすごい方が出てくるか楽しみです。

ユーザーID:2310658021
 
現在位置は
です