現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ピアノ再開 − 左手の強化

小枝
2017年7月27日 21:09

こんにちは。トピを開いていただいて有難う御座います。

大人になりピアノを再開しました。15歳で止めたのでブランク20年程ですが再開して3年が経ち、ベートーベンやモーツァルトのソナタ、バッハのフランス組曲等に取り組もうと思っています。

今回のご相談は左手の強化です。

スケールを練習していてもどうしても左手の粒がそろわずスムーズに聞こえずがたがたになってしまいます。左手のコントロールをよくしてベートーベン、モーツァルト、バッハ等もっと綺麗に弾けるようになりたいと思っています。

そこで何かよい練習方法が有れば是非教えて下さい。昔スタッカートや付点をつけて練習するように言われた記憶が有りそれは実践していますが、他に何か効率が良い練習方法が有れば是非知りたいです。

宜しくお願いします。

ユーザーID:4885728668  


お気に入り登録数:39
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
3年メドに、急がば回れ。携帯からの書き込み
なは
2017年7月28日 0:16

効率的には無理だと思います。


モシュコフスキー20番→15番
ピシュナ60番
インベンション&シンフォニアのさらい直し

で、左手の錆びつきは概ね取れると思います。

ユーザーID:0946547274
別の練習方法。
ピアノ下手
2017年7月28日 0:22

左利きになってみれば
良いんだと思います。

やはり、器用、不器用ってあると思いますよ。

ですので、今日から
仕事以外の暇な時は
なるべく左手で作業してみてください!

食事の箸とか、重要じゃない手書きとか
また、携帯やスマホの操作も左手でしてみるのも
いいかも!

ユーザーID:6566112388
私も細々と再開
ピアノマン
2017年7月28日 10:21

ツェルニーの左手のための24の練習曲どうでしょう。

子どもの頃、のんびりお稽古の先生から別の先生に変わったとき、
ハノンと合わせてこれを徹底的に練習させられました。
自分でも変わったのがよくわかりました。

ユーザーID:5302835355
練習あるのみ
ピアノ弾きたい
2017年7月29日 10:39

だと思います。
それも、超ゆっくり。
最初から、「スピードをあげよう」と頭がそっち方向に行ってませんか?

楽器の練習って、
絶対に最初からスピードを上げようと思っちゃだめなんだそうで、
どんなに華麗な速い旋律でも、畳一畳くらいの大きさの紙から、B5の用紙まで、順番に縮小コピーをしていくように練習するんですよねえ。

メトロ90なら、40くらいから目盛りを一ずつあげていくような。
私はそうやって練習しています。

ユーザーID:8080290650
正直、そこを攻める
ぺそ
2017年7月29日 13:16

ピアノ講師で、自分でも演奏します。
フランス組曲とあってつられて出てきました。
日頃毎日基礎練習としてスケール全調、アルペジオ全調
ほかショパンのエチュードなどをさらっていて
(毎日、何十年なので、けっこう惰性になっていますが)
スケールの弾き方で悩んだことはあまりないですが

フランス組曲をコンサートで弾こうと準備していたとき
5番のクーラント、左手のオクターブの下行形を弾くと
たった1オクターブなのに
不揃いが気になってびっくりしたことがあります。
オーソドックスなリズム練習、アクセントなどで解決するかと思いましたが
結局そこだけをよく聴いて
納得するまで攻めて攻めて攻めまくる、が正解でした。

リズムのおそらく付点のタッカタッカ、逆の付点のタタータター、
4音ずつのタータータタ、タータタター、タタターター
ターータタタ、タターータタ、タタターータ、タタタターー、

アクセントを4音ずつで強弱弱弱、強弱強弱、弱強弱強、
あたりは使っておられますね、

きめ細かく弾くのに
アクセントの強弱弱弱→弱強弱弱→弱弱強弱→弱弱弱強
でさらうのが音が揃い易いと思います。

バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン
いずれもテクニックのアラが目立つ作品ですが、
ご経験があって再開されたのでしたら確実に
子供時代よりも良い演奏になるはずです。
ただし大人ですからどうか
手のコンディションには気をつけて頑張ってください。

ユーザーID:2669392517
コツコツやる
大人生徒
2017年7月29日 15:18

トピ主さんと同じようなことを何年か前に思っていました。
その経験からお話しします。
スタカート、付点、逆付点のほか、
例えば、ドレミファ、だったとすると(CDEFと書きます)
CDCDE-F-、C-DEDEF-、C-D-EFEF
あるいは三連符にして当てはめ箇所をずらす
などするとパターンがいっぱいできます。

弾きたい曲でその部分を徹底的にやるのが良いです。機械的なトレーニングでは完成度が甘くなってしまいます。
ただし焦って手を傷めないように
積み重ねていくと確実に良くなります。

ユーザーID:5568118866
地道に…
おばさん
2017年7月30日 0:58


地道にハノンなどをやりましょうよ

でも、一気に練習時間を増やしたりすると
手やひじを痛めて、本末転倒ですよ

ユーザーID:4452989711
インヴェンションを左右逆の手で弾く
マライヤ
2017年8月2日 22:48

左右逆の手で弾く練習法は、
ロザリン・テューレックの「バッハ演奏の手引き」という教則本で知りました。

この本には、インヴェンション1番を左右逆の手で演奏するための楽譜が掲載されています。
通常は、下声が左・上声が右ですが、上声の旋律を左、下声の旋律を右で弾きます。
手が交差しないように、この本の楽譜はピッチを変えてあります。

左右逆の旋律がすらすら弾けるようになったら、演奏力が上がりました!(自分比)

ユーザーID:4436027602
トピ主です。ありがとうございました!
小枝(トピ主)
2017年8月7日 19:08

皆様、お返事が遅くなり申し訳御座いません。アドバイス有難う御座いました。

効率的な練習法を知りたかったのは育児仕事住宅事情、それに伴う私の疲労状態(!)で一日の練習が多くとも1時間ほどなのです。現在スケールアルペジオ全調から見直していますが左手だけをこつこつやっているとそれだけでタイムオーバーで曲まで勧めないという情けない事情が有ります。特に左手の薬指が転び、親指が突出してしまう等コントロールが不能ですので何とかならないかと思った次第です。

始めは昔弾いていたショパンラベルドビュッシーから見直しましたが左手がボトルネックになる曲を選ばなかったので何とか?弾けていた(と自分では思う)のですがもっとレパートリーを広げたいと思い、またバロックや古典もやはり好きなのでもっと曲に挑戦したいと思っています。そうなると左手がどうしても気になってしまっていました。

提案いただいた左手の練習曲、少しずつ取り入れてみたいと思います。また「ゆっくり」弾くアドバイス、わかっちゃいるがどうしても早くなっていたので基本に戻ってゆっくりから始めます。また曲中納得できないところを責めまくる、というのは時間が限られた中で私の今のおかれた状況にあった練習法だと思いました。付点はつけましたがアクセントまではつけていなかったので早速試してみようと思います。また付点だけでなく連譜の練習法も取り入れるとパターンが沢山できますね。なるほどなるほど、目から鱗です。インベンションも好きなのでマライやさんの左右逆練習法も調べて見ます。

子供の頃は嫌々やらされていた感が有りましたが大人になってからはとても楽しくピアノを練習しています。有難う御座いました!

ユーザーID:4885728668
ハノンは大事
しおり
2017年8月9日 15:20

本命の曲を練習する前、ハノンで指のウォーミングアップはしていますか?
最初はゆっくり、慣れてスピードを速められるくらいまで何度も弾くと、運指が滑らかになります。

私は左利きですが、ハノンで手を温めなければ、
左手ではどうしても細かい音をこぼしてしまうことがあります。
ピアノも地道な基礎練が大事です。

ユーザーID:8119614950
 
現在位置は
です