現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

義理姉への卵子提供 頼まれたら?

ally
2017年8月3日 5:28

トピを開いていただきありがとうございます。
悩みに悩んだ挙句やっぱり一人では答えがでません。是非ご意見下さい。

海外在住の日本人妻39歳です。知り合って5年、結婚3年目、同じく39歳の外国人夫と妊活を初めてもう4年になります。
私の卵管に問題があるとわかってからは体外受精のみしております。当方の住んでいる国で体外受精を3回、8分割まで育った受精卵を合計7個戻し、全滅でした。
その後私達は、以前の病院とは違う方針を持つ隣の国の病院にて顕微授精、胚まで育った受精卵を戻し初めて陽性反応が出ました。
人生初めての妊娠で、夫婦、両家族揃って泣いて喜んでおりました。
妊娠7週目のエコーで心拍確認できましたが、8週目のエコーで心拍が確認できませんでした。
残念ながら9週目でも心拍が確認できず、今週摘出手術予定です。

私には日本に弟が一人おり、義理妹さんは私の里帰りの度に、オーガニックのものをわざわざ取り寄せて贈ってくださいます。
彼女のお母様は不妊治療クリニックの看護師をされていたため、不妊治療の知識も多く、私のこともよく相談して下さっていると母から聞いています。

先日母と今後の治療の進め方を話していた時に、私が卵子提供について話しました。私の在住国では匿名卵子提供はしておらず、ここに提供者を見つける必要があるため、私には夫弟嫁さんか、実弟嫁さんぐらいしか当てがない。ただ、隣国なら匿名卵子提供は受けられるが、日本人提供者はなかなかみつからない という内容です。
すると母は、実弟嫁さんにお願いしてみたらどうか、彼女なら悪い気はせず逆に名誉なことだと思うだろう、というのです。

母と実弟嫁は、2-3ヶ月に一度家族で会うぐらいの仲です。実弟嫁さんは30半ばで、子供が二人おります。

皆さんなら義理妹に相談してみますか?
皆さんなら、相談されるだけで今後の関係が難しいとお感じになりますか?

ユーザーID:1359322536  


お気に入り登録数:1265
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:8本
トピ主のみ(8)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です。追記させてください。
ally(トピ主)
2017年8月4日 3:06

文字数の関係で、事実のみご説明させていただきましたが、追記させてください。

実弟嫁さんからの卵子提供の可能性に関しては、随分前から夫とも話をしておりました。夫はできることなら私の子供を授かりたい。無理なのであれば、できれば少しでも私に似た方に卵子を提供してもらいたいと話してくれています。

日本人の方で私よりも若い卵子をお持ちの方の中で気を悪くせず話を聞いてくれそうなのは、実弟嫁さんしかおりません。(夫弟嫁さんは白人の方です。)

私は実弟嫁の義理妹さんに承諾してもらえるという自信はございません。
その前に、彼女がお願いを快く聞いてくださるかどうかも分かりません。

私は海外生活が長く、実弟が彼女と知り合ったときにはもうすでに海外在住で、お会いしたのは彼らの結婚式も含め、5回ほどです。

彼女が結婚したとき、私は彼女に、「私は一生日本には戻らないかもしれない。だから両親に何かあった時に頼れるのは貴方達しかおりません。大変心苦しいですが、どうかその際は力を貸してあげて下さいますか。」と話をした際、彼女は、「いえ、光栄なことですし、よく分かっておりますので、お姉さまもご心配なさらないで」と仰っていただきました。その時に、この方は本当にいい環境で育った心優しい方だと思ったのをはっきり覚えています。

もうすぐ私は40歳になります。私の卵子も日々衰えていきます。いろんな選択肢があるなか可能性だけは確実に薄れていくことに、正直焦っているのも事実です。

匿名卵子の方が私の心情的に楽なのではないか?誰の卵子かわかっていればその分気を使い自分が苦しくなるのではないか等も、何度考えても私にはまだ分かりません。

賛否両論があると思いますが、是非皆様のご感想を教えていただければ本当に助かります。よろしくお願いします。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。ありがとうございます。
ally(トピ主)
2017年8月5日 18:14

皆様、お時間を割いてご感想までお寄せいただき大変感謝しております。今現在2017年8月4日 8:45 青さんまで拝見させていただきました。皆様のご意見は何度も読み返しております。
引き続きご意見をいただければ大変うれしいです。

正直ここまで否定的なご意見ばかりが続き驚いています。ご体験者が少なく、これが世間というもの。気づけてよかった(苦笑)。

主人にも説明しました。否定的意見が多い日本の状況を知り、実弟嫁にお願いしてみるだけでもリスクがあると判断、依頼はしないと結論づけました。
ご意見いただき本当にありがとうございました。

さて、母の発言ですが、大変誤解を受けやすく書いてしまったなと反省しております(お母さんごめん)。
母は、「彼女は2児の母親、母になる喜びを知っている。誰もが自分の遺伝子を持った子供をと望むもの。自分の遺伝子を選んでくれる他人がいたら、自分を評価してくれたという意味で、選んでくれてうれしいと思う。」という意味です。「彼女が名誉に受理してくれる」という意味では決してございません。

もしも身内に依頼されたら、承諾するかしないかは別として、私も頼ってくれて名誉だと思うでしょう。

私は夫と共に子供の親になりたいです。長い治療を通し、子供が自分の遺伝子を受け継いでいるかどうか、それは私達には昔ほど重要ではないことを確認し合いました。もちろん、里子を受け入れることも視野に入れています。


ぴあこ様の、匿名卵子をお金で解決すべきという意見を聞いて気づきました。

長年こちらに来たいと言っていた弟家族をこちらに呼び、ホテル滞在費、旅費を全てこちらで工面。お礼金は、エッグドナーの市場価格以上で向こうが望む金額を用意するつもりでした。

でも良く考えたらこれ、身内内でのビジネス取引ですね。複雑な話の中金銭まで絡むことに気づけてよかったです。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。追記2、レス大変感謝しております。
ally(トピ主)
2017年8月9日 0:13

皆様、引き続きたくさんのレスを頂き、ありがとうございます。今現在2017年8月7日 15:00のとある母様まで拝見させていただきました。

皆様のレスは全て何十回と熟読しております。
私は過半数以上の方から「卵子奪い取ろうとするモンスター姉」と思われていますね。

私の投稿目的は、「タブーとされる卵子提供について一般的な日本の感覚はどういうものかを知る」です。よって、ありのままのご意見を届けてください。いただけるお言葉には全て感謝しております。恨んだりしませんから(笑)。


いろんな「ベキ論」が並ぶ中、愛のあるご教示かそうでないか、私には伝わっています。また、本当にごく少数の方ではございますが、ご自身のご経験まで添えて私を暖かく応援すると仰ってくださった方々に出会えてよかったという気持ちです。

特に、ころころころんからのコメントには、涙が溢れ出しました。母親の名誉発言を貴方様は私の追記を読む前に誤解せずに理解いただけた唯一の方です。貴方様のお陰で手術室には自分に自信を持って進むことができました。本当にありがとうございます。貴方様にも貴方様が求める幸せが訪れますように。私も応援しております。

さて、実弟嫁さんへの相談はしないと答えを出しましたが、私の意見が日本の一般意見からはかけ離れている事を痛感しました。

彼女に相談をしたいと思った背景や理由、今の私の人格を形成した環境と教育、私の治療経験等は、追記3以降で、誤解が生じないよう順序だててご説明させていただきます。

最後に一つお願いです。母を悪く言うのだけはもう終わりにしてください。
「頼りに思われることが名誉な事」だとして言い訳していると仰る方。私はモンスターかもしれませんが、嘘つきではないですし、嘘つく必要はないです。

続きます。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。追記3、回答します
ally(トピ主)
2017年8月9日 4:34

極少数の方々ではございますが、まだ自分の卵子で頑張ろうと仰ってくださる方、そして実弟嫁に話してみたらどう?私ならOKですよ、と仰ってくださる方がいて、救われた気持ちになりました。びっくりポチが5000を超えている中、このようにエールを送ってくださる方がいるのは本当にうれしいです。ありがとうございます。

>なぜ実弟嫁さんがいいのか?なぜ彼女がトピ主に似ていると夫が思うのか。
私は弟のことを誇りに思っています。家族を養うために転職し、マイホームも建てて、激務でも子供とお嫁さんとの時間を大切にしている。実弟嫁さんは仮に家族でなくとも私には大変魅力的で人に流されることなく自分をしっかりもち、いつも笑顔で、ポジティブ。そんなお嫁さんだからこそ、弟は幸せなんだとよくわかります。そんな彼女だからこそ、もしも私に卵子提供をいただける人を選ぶことが許されるなら、是非彼女にお願いしたいと思いました。

夫に「似てる」とは具体的に何か聞いたところ、「君に似た笑顔の持ち主だから、かな?」と言っていました。新しい発見でした。

>なぜ卵子提供にこだわるのか、子供のいない人生は考えられない?夫を解放してあげるのは?
原因が自分にあると知った時から、私は何度か夫に離婚して他の方と子供を授かる道を選ぶことを勧めた事もありました。
彼は「君がいないと意味がない。子供ができなくても僕は君と一緒にいたいよ。」と今でも変わらず言ってくれています。本当に幸せな事。そんな夫だからこそ、彼の子供に会いたい。そのためにまずは自分の卵子で、それが不可能な場合は(将来的に)卵子提供をという希望に至っています。
将来的に授からなかった場合、養子を授かるか、二人で二人の幸せの形を見つけていけると信じています。
でもまずは諦める前に、自分が納得できるところまでやってみたいというのが本当の気持ちです。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。追記5、回答します
ally(トピ主)
2017年8月9日 5:18

母にもこの内容はありのまま伝えました。
私と母が傲慢で上から目線、図々しく不気味な親子と思う方がいらっしゃること、そして皆さんが依頼を受けた立場なら疎遠、絶縁、離婚等をお考えになること全てです。
母は、「ね、日本の一般常識というものが、貴方の住んでいる国とはかけはなれていること、貴方もこれでよくわかったでしょう。皆様の意見をちゃんと読んで、お礼してね。」
ここに投稿して本当に良かったと思います。

>両親に何かあった時に力を貸してほしいとは、両親の介護を実弟嫁に頼んだの?
いえ、入院とかその他誰かの助けが必要な時の事です。老後をお願いをするつもりは最初からありません。
私の在住国でいいなら喜んで迎えます。今はまだ授かっていない将来の子供二部屋とは別に部屋があるところを購入しました。
弟も自主的に、両親を迎えることができる和室を設計して建てました。
ですが両親は施設に入ると言っています。延命治療が嫌な両親は、延命治療の拒否選択が出来る私の在住国に来たいとも言っていました。

>とぴ主さんはセレブですか?
いえ、平凡なサラリーマン家庭で、特別扱いされることなく育った者です。ただ皆さんと私が違う点は、私が社会人生活のほとんどの期間を海外の外資企業で過ごした事でしょうか。日本での社会人生活は1年半しかありません。そして10年近くになる現在在住国は、世界幸福度ランキングで上位になる国です。社会寛容度は高く、多様性を受け入れる社会で暮らしています。
基本的に「お互いが素直な意見で話し合い、理解し合う。合意できなければ、意見の相違を尊重し納得する」という社会ですので、断わることに罪悪感は持ちません。ですから、実弟嫁さんが生活する今現在の日本の一般常識というものを知りたかったのです。
断わったら恨まれる可能性がある社会だとは正直思ってもいませんでした。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。追記6、血のつながりと家族
ally(トピ主)
2017年8月10日 6:07

引き続きご意見いただきありがとうございます。皆様のコメントは全て何度も何度も読み返しています。
少数ではありますが、私の気持ちにご理解いただける方、ご自身の経験を話してくださる方、まだ自分の卵子で頑張れとエールを下さる方々からのレスには胸が熱くなります。

個別に感謝したい方々がいらしたのですが、胸が痛むレスをされた方々がいらしたので、まずはその方々に向けて話させて下さい。

>血縁でないと自分の子供ではない

「子供は3歳までに一生分の親孝行をする」と聞いたことがあります。赤ちゃんは人を幸せな気持ちにしてくれますよね。子供の無邪気な笑顔も同じですね。
親と子は、一緒に泣いて笑って時にはケンカしてぶつかり合う過程を通し、心の繋がりや絆ができ、そして家族になるんだと思います。
縁起でもない話ですが、もしも皆さんの成長したお子さんが病院で取り違えられた子だとわかっても、愛情はなくなりませんよね、家族ですよね?
血の繋がりが家族を作るのではなく、血は家族になる一つのきっかけです。それ以外のきっかけを選択する人を否定するのはやめて下さい。


>複雑な事情で生まれる子供が可哀想

精子・卵子提供の子のみならず、養子の子、障害を持つ子、親が離婚した子達は、自分達が「可哀想な子」とは思ってません。
彼らを可哀想だという親とその子供達の中途半端な同情によって、「可哀想な子」にさせられただけです。
貴方が可哀想だと思うなら、苦労されているかもしれない方々のお友達になってあげてください。それが相手が求めている優しさだと思います。
可哀想と思うのはやめて下さい。

自分と違う価値観が現れたとき、知ろうとする努力なしにもぐらたたきのように押しつぶすのは、大変勿体無い経験だと思います。
貴方の心に余裕ができた時、少しでいいです、思い返してください。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。追記7、相談するのを止めた理由
ally(トピ主)
2017年8月11日 5:13

頂いた全てのレスを読んでいく中、相談を止める理由と別の方法で頑張ろうと思う理由が増しています。
まずは、下記二つの理由を話させてください。

>最初の理由

多くの方が「実弟嫁さんは相談を持ち掛けられるだけで可哀想だ」と仰います。
それで私は「私が彼女に相談すれば、彼女の意見に関係なく彼女が周りの人々から可哀想と思われてしまうリスク」を知りました。
私の両親や弟が「嫁を人質にとって強制的に卵子提供を求める非情な家族」だと言う方々もいます。
日本には私が想像できなかった「根強い固定観念から妄想を真実に変えてしまう方々よって、勘違いをされてしまうリスク」を知りました。
私は今でも彼女なら不快に思わず話を相談に乗ってくれる人だと思います。それは私が「彼女は人の心の痛みをわかる人だ」と思うからです。
でも私は彼女にそのリスクを負わす事はできません。


>結論に達した理由

きっかけは、ある方が「実弟嫁のお子さん達はそれをどう受け止めたらいいの?」と仰った事です。
私と夫は授かった子供には最初からその真実を伝えたいと思っています。
今回の場合なら「貴方にはママが二人いるの。もう一人のママはいとこちゃんママなのよ。私は事情があって貴方を生んであげる事ができなかったの。でもどうしても貴方に会いたかったから、いとこちゃんママが授けてくれたの」と物心つく前から告知するつもりでした。
最初から伝えていなければ子供は真意を知らされた時に「嘘をつかれた」という深い悲しみ抱いてしまうからです。
ただその為に実弟夫婦は自分達の子供にも真実を伝えないといけなくなります。
こちらで育つ子には乗り越えられる壁であっても、多様性が受け入れられない日本の社会で暮らす姪達には「可哀想な子と呼ばれる未来」、実弟夫婦には「偏見と戦い続ける日々」が待っていると気づいたからです。

ユーザーID:1359322536
トピ主です。追記8 理由は違えど皆さんは正しかった
ally(トピ主)
2017年8月11日 5:40

追記7の続きです。

私には好きな言葉が二つあります。

一つは「幸せとは 欲しい物を手に入れる事ではなく今すでにある事に感謝する事」

もう一つは「人にもらった幸せの種は、次は他の誰かに分けてあげよう」
これは母の口癖です。 

多くの方が私に「非常識、傲慢、自分勝手」と仰いました。そして任活にあせるあまり「狂気、執着心やエゴの塊」だと仰いました。
日本の社会状況を知らなかったと言えど、大きくまとめてしまえば私は皆さんが仰るような人間だったのかもしれません。
事情はあれど、もしもお願いしていたら彼女の幸せの種を毟り取る行為に値したのかもしれない。
実弟嫁ちゃん、ごめんね。本当にごめんなさい。

先日お隣の老夫婦が訪ねてきました。
「貴方の家に少しでも早く光が差し込みますように」と ヒマワリの花束を下さいました。
数日前に泣きながら車を降りて帰宅した私をたまたま見て、夫に事情を聞いたそうです。
涙が止まりませんでした。

私は自分が恵まれた環境にいる事を知っていました。幸せだと胸を張って言える生活があります。
好きな仕事をさせてもらえる環境。私の任活を一緒に泣いて笑って励ましてくれる友人。
本当は近くにいたいのに日本に帰って来いと言わず応援してくれる家族。そして私を実の娘のように思ってくれる夫の両親。
今回流産を通して、私が想像していた以上に私を支えてくれる同僚、上司、そして社会があることに気付きました。
見ず知らずの私を応援していると仰ってくださる小町の方々もいます。
amiさんの言うように、もしかしたらお空に帰った赤ちゃんは「ママ、諦めないで!僕はママになる準備ができるのを待ってるよ」って疲れ切った私に勇気を与えにやって来てくれたのかもしれない。

今回の流産は私に必要な出来事だったと、心から思えるようになりました。

ユーザーID:1359322536
 
トピ主のみ(8)ほかのレスも表示

現在位置は
です