現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

海外転職−採用にはなったけど

ベル
2017年8月4日 14:32

アメリカから日本に永久帰国を考えて、転職活動をしていました。
50前前半の者です。
このたび、採用内定を頂きました。50代でやはり日本での正社員の採用はなかなか難しいと小町でも、よく50代の方々で就職活動頑張っていらっしゃる方が多いと思います。採用になったのは嬉しいのですが、正直申しまして、待遇面でやっていけるか実は不安です。

採用条件は以下の通りです。
基本給、手当、賞与を含め(4%ちょっと、その年によって変動するようですが、賞与は4%‐4.5%の間を例年行ったり来たりしているようです、賞与は必ず支給されます)初年度約350万ほどの年収です。

住居手当 (3万円)
通勤交通費(上限あり)
社会保険加入(健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
有給休暇20日
病気休暇、疾病休暇あり
年一回健康診断
60歳定年

トレーニング等の出来に寄り、次のステップに上がった場合は給料も徐々に上がる予定。仕事以外のトレーニングでも受けたいトレーニングがあれば申し込めば受講可能。


50代で採用されたのは嬉しいですが、この条件で生活していけるか、やや不安です。やって出来ないことはないとは思いますが、かなり厳しいでしょうか?
かれこれ20年日本を離れていたので、いろいろ現在の日本の状況に精通していないと思います。日本での生活立て直しにも最初はまとまったお金が必要と思います。
(住居探し、電化製品購入、その他)
賄えるだけの貯蓄はありますが、出来る限り貯蓄には手をつけたくないです。

日本に帰国後すぐに働ける仕事があるというのはラッキーだと思います。日本は人手不足と言いながらも、実際は50代には転職で職につける割合も低いのではと思います。

やはり上記待遇で生活していくのは、厳しいでしょうか?



ユーザーID:4771890135  


お気に入り登録数:59
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
家賃による
ぴょん子
2017年8月4日 15:59

就職おめでとうございます。

都市部か地方によって家賃が大きく変わります。
そこが分からないと難しいのですが、贅沢しなければやっていかれると思います。

60歳以降、どうするかも考えないといけないですよね。
今まで、日本の年金は払っていましたか?

ユーザーID:7392396995
いいのでは?
夏のみんみん
2017年8月4日 18:40

20年海外にいたということで、年金はほぼなしということでしょうか?
定年が60歳なら、年金に頼らない生活を視野に入れていますか?
決まった会社は、定年後の再雇用ありますか?
でももしなくても、定年後別の職場で働けばいいと思います。

条件ではかなりいいと思います。
年金がないのですから、できるだけ貯蓄を減らさないように、少しでも貯金ができるといいですね。

ユーザーID:4560793390
職種による
さいべりあん
2017年8月4日 20:15

これが一般事務なら妥当でしょうね。もしIT関連で英語もバリバリ活用なら倍以上はもらえるかな。管理職の経験はありますか?
とりあえずは内定頂いたところで働き様子を見ながら他を探しても良いのではないでしょうか。

ユーザーID:1351650458
トピ主のbellです−トピの補足事項です
ベル(トピ主)
2017年8月5日 8:26

採用になった仕事は元々2段階上のポジションでの応募で、そのポジションに上がるには、必要なトレーニングを受け終了して、実務をやりながら1年ぐらいで2段階ほど上がる予定のポジションです。

それから交通費は上限ありとなっていますが、オフィスの近くに住居を賃貸で借りる予定ですので、電車通勤になったとしても、交通費全額支給していただける範囲に収まる金額なので、自分で余分に負担することはありません。

オフィスは首都圏ですが、都内ではありませんので、家賃設定はかなり低めでもスペース的に余裕のあるところが借りれると思います。住宅手当を含むと、自分の負担は月3万から4万円の負担で、かなりスペースに余裕のあるところを賃貸で借りることが出来ます。

物価は都内に比べるとやや低めではないかと思います。


もし採用を受けて勤務し始めて、精神的に余裕が出来てきたら、アルバイト等をしても良いかなと思っています。副業は許可してもらえます。

ユーザーID:4771890135
大企業なら50才で頭打ちでは。
知ったか鰤。
2017年8月5日 12:04

私は運よく48才で大企業に正社員採用されました。
初年度の年収はトピ主さんと同程度。
42才の時に派遣(資格職)で採用、6年就業後に正社員化して
頂きました。
正社員になった翌年には昇格もしました。

最近、生え抜きの正社員の方達に聞いたのですがウチの
会社は50才で頭打ちだそうで…

今、50才ですがこれから少しずつ収入は下がっていくのだとか。

今は従業員1万人ほどの企業ですが若い頃は今よりデカい
企業で正社員をしてました。
その時の同僚がまだ現役で働いているのですが同じような
事を言ってますので大企業では50才頭打ちが当たり前なのかも。

あと組合があればナンダカンダで毎月数千円の天引きがあります。
私は掛け捨ての保険に入らされ、諸々で5千円近い天引きです。

その辺りも少し気にされた方がよろしいかと。

ただ、贅沢しなければ生活は十分できると思います。
住宅費3万円も貰えるようですし昔と違って安くていいものも
たくさんありますからね。

老体にはキツイですがお互い頑張りましょう。

ユーザーID:9434236149
支出による
コボちゃん
2017年8月5日 12:41

この条件で生活していけるかどうか
あなた個人の支出による。

あなたが自炊もできず、毎日外食で
車も欲しい、趣味にもお金を使いたい
買い物も大好き、お酒も大好き、
時々ギャンブルもする。し喫煙者。
風俗も行きたい、旅行もしたい
という人間であれば無理です。

ユーザーID:1146242997
350万といえば
cx
2017年8月5日 13:53


月に30万弱。賞与はこれに含む?

住居の事が何も書いてない。家族の持ち家に住めるのか、アパートを借りるのかでかなり違う。

大都会か田舎かでも違う。多分大都会でしょう。となると家賃が高い。

食費は何とかなると思う。閉店間際のスーパーの割引を狙うとか。

切り詰めれば月30でやってる人は普通にいる。

ユーザーID:8689812935
年金がもらえるまで持ちこたえることはできるでしょう
alien
2017年8月6日 9:09

>やはり上記待遇で生活していくのは、厳しいでしょうか?

初年度350万の年収(手取りじゃないですよね)では厳しいですね。経験とともに上がっていくとしても、あまり期待できるとは思えません。

その就職は、日本への第一歩として、最低限度の基盤をもったのだと割り切りましょう。
帰国して働き始めたら、すぐに転職活動をすべきです。
自分のキャリアを生かせられる職種(会社)に転職できれば、かなりな収入アップになると思います。
60歳の定年を過ぎたら、単年度契約の社員として収入が激減しますので、前述のキャリアアップ転職は必須です。
そして、65歳まではその職を続けることができるでしょう。

その後、アメリカの年金を受給できるようになるまで(66歳でしたっけ)無職となるかも知れません。それも計画に織り込んでおきましょう。
アメリカの年金は日本の年金より給付が大きいようですね。為替レートの問題もありますが、受給年齢になればあとは楽チンでしょう。
アメリカの年金申請受付は日本の年金事務所が担当してますので、参考までに。

ユーザーID:3239601222
年金はもらえます。米で働いていれば
りんだ
2017年8月6日 16:59

アメリカではご就業されているのでしょうか?
でしたら、日米社会保障協定でアメリカの年金と日本の年金を一緒にできますよ。
就職活動はどのようにされていたのでしょうか。
日本ではまだ英語が出来るというだけで価値があります。
とりあえず内定を貰ったところで働いて、様子を見てよければそのまま、ちょっと。。。ならば外資に強い人材紹介会社経由で転職を試みたら良いと思います。
アメリカでの経験を生かせるよ良いですね。

ユーザーID:6220470686
トピ主です
ベル(トピ主)
2017年8月12日 13:10

纏めてのお礼で失礼致します。お返事遅くなりすみません。皆さん、ありがとうございます。

ぴょん子さん

関東近郊で都内ではありませんので、自分の負担の家賃は3万円位で、あとは住宅手当の3万を合わせると、スペース的にも、まぁ満足出来る物件は賃貸で借りることができそうです。

採用になりましたポジションは60歳定年で、65歳までは再雇用制度があります。といっても再雇用で勤務する場合は定年時の年収の70%の年収になるようです。

帰国後、一旦正社員で勤務してみて、勤務しながらもっと年収の良いところに転職出来たら、そうするかもしれません。


日本での年金は、日本を離れる前に7年間、厚生年金に加入していました。アメリカ移住後は、国民年金には未加入のまま移住しました。今回もし帰国して、ここで勤務することになれば7年の厚生年金に追加されることになります。でもこれからだと、幾らも金額ないでしょうね。受給出来るだけマシのような感じでしょう。

いいのでは?さん

日本での年金は微々たるものになりそうです。
ただ米国で10年以上勤務していますので、米国でのSS受給資格時(67歳)になると、日本に住んでいても、手続きして米国のSSを受給することができます。その時の為替レートによって変動しますが、今日のレートで計算した場合、10万円ちょっと超える年金を頂けそうです。でも厚生年金に加入するとWEPという制度で実際は10万より下がると思います。

現在の貯蓄はやっと1000万弱なのでそれがちょっと心配です。
日本の採用になった年収では貯金もままならないかもしれないので。
それが帰国しようか、米国に留まって定年まで仕事して、日本に老後帰国しようか迷うところですが、米国の医療、保健制度にもううんざりしています。

ユーザーID:4771890135
 
現在位置は
です