現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

将来の子供

なつにゃす
2017年8月5日 9:30

はじめまして。
結婚8か月目、専業主婦です。

旦那と意見が合わないことがありここに書き込ませていただきます。

いきなりですが、
私は将来のこどもには将来のために日焼け止めを小さいころから塗ってあげたいです(特に女の子なら

でも旦那は日焼けをすると病気になりにくい健康に良いと思ってるみたいです。
私は旦那の考え方が古いと思うのですが違うんですかね・・?

旦那は将来の子供にはこうした方がいいとか私の意見を旦那は全く聞いてくれません


私の親は日焼け止め塗りなさいとか何も言ってくれない親でした
正直なんで言ってくれなかったんだろうと思います
時代が違うんでしょうね。。


ネットとか観てても小さなころから親に日焼け止めを塗ってもらっていた人は、大人になってから親に感謝してるみたいです。


精神不安定&口悪くてすみません。


どなたか旦那を説得できる言葉を教えてください
力をかしてください涙

ユーザーID:3440436761  


お気に入り登録数:26
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本


タイトル 投稿者 更新時間
数値で論理的に示す
トト
2017年8月5日 11:45

トピ主さんがおっしゃる通り、今は子供の頃から紫外線対策は
必要です。

昔と違って気温も上昇し、エアコン無しでは生活できない時代です。
これだけ見ても、昔とは違う事を説明出来る筈ですが・・・。

それでも拒む頑固な旦那には、数値で示すしかありません。
環境省や民間研究機関の数値を示して昔とは違う事を訴えてください。

シミやそばかすだけでなく、皮膚がんの心配もあります。
直射日光にはサングラスも必要でしょう。

何が影響するのか分からない時代、予防出来ることはすべきです。
頑張ってください。

ユーザーID:4127785737
日焼け止めの功罪
元半同居嫁
2017年8月5日 11:50

>時代が違うんでしょうね。。
そうですね
私は40代ですが、私の子どもの頃は今のような陽射しではありませんでしたし
紫外線量も今のような多さではありませんでした

>特に女の子なら
とありますが、お肌の状態に男女は関係ないですよ

で、タイトルの功罪ですが
現在の紫外線量を鑑みれば、日焼け止めによる抑制は欲しいところです
が、あなたのような方はたいてい、塗りすぎるんですよね
で、どうなるか

「くる病」はご存知ですか?
ビタミンD不足で起こる病気ですが、このビタミンDは食品から摂取するものと皮膚に日光があたることによって皮膚でつくられるものとがあります
食物アレルギーによる摂取不足や日焼け止めを塗りすぎての生成阻害によって、くる病の患者数は増えていますよ

日焼けも日焼け止めも「ほどほどに」ということを覚えておいてくださいね
どちらにしても苦しむのはあなた方親ではなく、子ども自身ですから

そして子どもって、前もって決めた「こうした方がいい」で育つとは限りません
親の思い通りになんかならないのが子どもです
生まれてみないとどうなるかわからないんですよね、これが

高校生の子どもがいますが、本人が幼少期よりかたくなに嫌がるので、日焼け止めは使っていません
もうね、全身で拒否されましたわ(苦笑)
かなりの汗かきなので、気持ち悪かったんでしょうね

自分の意見をごり押しするための説得ではなく、お互いに歩み寄ってください
夫婦なんですから

ユーザーID:3575054059
日焼けはダメ
まじんがー
2017年8月5日 12:17

説得もなにも、情報はテレビでもネットでも溢れてますので
それをみせればいいです。

紫外線をあびるのが良くないことを、早く伝えて
日焼け止め、たっぷりぬってあげましょう。

ユーザーID:7394637089
太陽を浴びる事と日焼けは分けて考える携帯からの書き込み
匿名
2017年8月5日 12:54

日焼け止めを塗って、外遊びをすればいい。
ただし、遊ぶ時間は熱中症もありますから、短時間でマメに日焼け止めを塗りましょう。

昔と違って、オゾン層が破壊され過ぎてますから、太陽光による皮膚ガンを予防する為に、日焼け止めは必要となりました。

また、太陽を浴びて外遊びをする事は、くる病予防とセロトニンというホルモン分泌を促すのに役立つからです。

ユーザーID:3039298820
アラカン女性です
元ガングロ
2017年8月5日 16:02

私の子供時代はそれこそ子どもは真っ黒に日焼けしているのが健康的ということで日焼けが推奨されており、夏休み明けにはいかに黒いか競う大会まで催されておりました。子どもに日焼け止めを塗ろうなんて考える人もいなかったし、大人でもオイルを塗ってまで焼こうとする人も多かったように思います。
その後、ここ20年くらいでしょうか。オゾン層の破壊もあってか、日に焼けていいことはひとつもない。シミそばかすどころか、日光で皮膚がんになる危険性も高まるということが周知され、なるべく日焼けを避けようとする人が増えてきて、日焼けを防止する子どもも増えました。
また、一時期流行っていた小麦色の肌というのも廃れ、色白がもてはやされてきたこともあります。

ただ、またごく最近の説によりますと、最近の日焼け防止のし過ぎで、日光に当たらないと体内で生成することのできないビタミンDが不足している人(特に若い女性)が増えてきているそうです。ビタミンDが不足すると骨の成長とかに悪影響だそうで、危惧されているとか。そして、それは日焼け止めを塗った肌では生成されないとか。
母子手帳に載っていた赤ちゃんに日光浴をさせましょうという項が消されてから急激に不足する人が増えてきたようです。

もう、時代によって考え方はまちまちなんですね。何も言ってくれなかったと言っても主さんの親御さんの育った時代も違いますし、生まれたお子さんが大きくなってからの時代も違います。どっちにしてもご夫婦でよく話し合って、極端に走ることなく、お互いを受け入れあって子育てするのがいいと思いますよ。

ユーザーID:4165683922
分かります
野球日和
2017年8月5日 16:25

私が親から そのように気をつけて貰い
中学生位からは自分でも気をつけるようになりました。
30代後半でも、肌の綺麗さを褒められ
化粧品など色々聞かれました。

でも、実際日焼けしない事以外してません。
化粧水も千円以下のもので保湿クリームなど塗った事ない。


子供も同じように…と。
男の子ですが、夏でも薄い長袖を着せて日焼け止めも
念入りに…。

ですが、小学生になった息子は野球を始めました。
日焼け止めなんぞ、塗らせてくれなくなり諦めました。
当たり前ですが、どの子も真っ黒です。

将来の事を考えると、
今でも日焼け止めを塗りたくりたい気持ちになります。

生まれてくる子供さんが、女の子なら
是非念入りに日焼けには気をつけてあげて下さい。
男の子だったら、その子の進む道に沿うしかないのかなぁ。

ユーザーID:0948301888
「日焼け」はダメでも「日光浴」は必須
チュン夫
2017年8月5日 17:40

「日焼け」は別として、肌を日光(紫外線)に当てる「日光浴」はビタミンDの生成などに必須だそうです。

だから、外出時に「常に」日焼け止めを塗りたくるのは子供の発育にも悪いようです。

昔は真っ黒に日焼けする人が多かったですが、オゾン層破壊で、日本でも紫外線が昔よりも強くなってきたので、「日焼け」はあまりしない方が良さそうです。(日焼けの頻度が少ないと思われる秋田が秋田美人とも言われますし)

オゾン層が日本より少なくなっているオーストラリアへ行ったら、白人よりも日焼けに強い日本人でも、日焼け止めを塗らないと、やけどしますよって言われました。

逆に、日に当たる機会が少ない北欧は今でも「日光浴」が盛んだと思います。

ユーザーID:4913728984
日光の功罪
通りすがり
2017年8月5日 17:44

日光浴の功罪、メリットデメリット両方あります。

日光浴のメリット
ビタミンDなどの生成
ホルモンバランスが整う
外で元気よく走り回って遊ぶことは心身の健全な成長の上で欠かせない
=ご主人のお考えは真っ当で、正解です。

日光浴のデメリット
美白
皮膚がん
日射病、熱中症
=奥様の考えも正しく合っています。

考えが両面あって当たり前です。

真ん中を取って、日頃は日焼け止めよりもツバ広の帽子がいいのではないでしょうか。
子供は本当にたくさん汗をかきますよね、通気性の良い帽子が一番です。
日焼け止めは汗ではげちゃいます。
遊ばせる中で、木陰の涼しさも教え体感すれば、子供自身が学んで行動できるようになります。
日陰の全くない海水浴のビーチなどでは帽子だけでなくテントやパラソル、こまめな日焼け止めも必要です。

また、日本国内でも日照は大きく異なります。
沖縄では気になるでしょうし、
北海道や雨の多い地域ではそんなに気にならないかもしれません。

ユーザーID:6294696348
どうでもいい
d
2017年8月5日 18:10

日焼け止めくらいのことならば
何も言わないで、自分がお子さんに塗りつづければいいだけのことです。

夫婦がコピーロボットでない限り、
2つに1つ意見が合えばいいんじゃないでしょうか。

でも、ひょっとして、子どもが日焼け止めを嫌がったり
敏感肌で合うクリームが無かったりする可能性もあり
そんな時でも理想を押し付ける親は毒でしかないので
起きもしてないことに理想で固めるのは注意です。

確かに陽に当たらないと、骨粗鬆症を起こして背骨が曲がりますよね。
ご主人を説得するには、何かデータを探して数値化でもしたらいいのでは?

日焼け止めの意見不一致で悩むならば、
この先、意見が合わないなんて、たくさん起きると思うので
柔軟性や折り合いを付けることを身につけた方がよいと思います。

人を変えることはできないので、自分が変わるしかないです。

ユーザーID:7753554150
日焼け止め塗って下さい
おばば
2017年8月5日 19:25

今の時代 紫外線は良くないです。
かなり前からそうなっていませんか?
母子手帳でも日光浴から外気浴に変わっていますよね。
ご主人の考え方はもう古くて通用しませんよ。

時代ですかね〜。
昭和生まれの子供時代は子供用日焼け止めもなく帽子ぐらいでしたね。
平成生まれの子供時代は日焼けは良くない。海へ行くならラッシュガードと日焼け止めが必需品に変わって来ていますよ。

家の孫は女の子です。
ベビー用 日焼け止めを塗っています。

ユーザーID:2821709833
ちょっと待って!!
らい
2017年8月5日 23:13

反レスになりますが・・・

ネットの意見は危険では??感謝した人が書き込むから。

うちの中学校は、日焼け止めは禁止です(皮膚科の診断書があればOK)
小学生でもキツイのでは?
将来の為なら、柔軟性がないとキツイです 

それと。私は高校生から塗ってましたが・・・
毎日塗りすぎてアレルギーを誘発しました。涙ボロボロで気づきました
今はメイクすら刺激を受けます
日焼け止めは一切NGな肌(目)です 成分にもお気をつけください

ユーザーID:9646659564
色白より健康
太陽好き
2017年8月6日 1:37

基本的にはご主人のご意見に賛成です。
トピ主さんのご意見は色白肌の為にですか?それとも皮膚がん予防?
皮膚癌に関しては、日焼け止めの塗り過ぎが原因という説もあります。あとは日本人は基本的になりにくい。

日焼け防止に一生懸命になり過ぎると、ビタミンD不足になる事は御存じですか?色んな病気の引き金になりますよ。骨粗しょう症などにもつながります。あとは鬱とか。ちゃんと勉強してみた方がいいかもしれません。

炎天下で長時間過ごす時などは日焼け止めクリームもいいと思いますが、毎日塗りたくるのは体によくないと思います。子供のうちは、外出する時に帽子をかぶる程度でいいと私は思っています。

夏が短い国に住んでいるので、陽の出ない冬に心身共に病気になる人が多く、陽を浴びる事の重要さが国を挙げて提唱されているので余計にそういう考えになっているのかも。一時帰国で日本に帰ると、日焼け止めの為に全身から顔まで覆い隠している方を見ると少し恐怖すら感じます。ご自身がされる分には構いませんが、トピ主さんのお子さんが心配になったので思わず投稿してしまいました。

ユーザーID:3935740886
どうでもいいことで悩んでるんですね…。携帯からの書き込み
ろろ
2017年8月6日 6:48

幼児二人を持つ母です。
そんなの、旦那に確認などせずにパパっと塗っちゃえばいいじゃないですか。昔とは日差しの強さも違うし。
いやいや、塗るか塗らないかじゃなくて、そんなことで悩んでいることにびっくりです。意見が合わないって…そんなことでケンカになっちゃうの?しかも子ども、まだいないんじゃん!
ちなみに、「小さい頃日焼け止め塗ってもらえて、親にすごく感謝してるわー」などと言っている人も、特に聞いたことありません。

ユーザーID:0353309232
脱力
琴子
2017年8月6日 8:47

生まれてから悩んで下さい。
そして母親なら、『あなたが』塗ってあげて下さい。

P.S.私の子供の頃、日焼け止めを塗ってる友人は数人いましたが、感謝しているか否かなど聞いたことありませんけど。

ユーザーID:0692377812
子供 日焼け で検索すれば情報は出てくるでしょう?
ポリ子
2017年8月6日 10:51

私は団塊ジュニアですが、
我々が子供の頃は、乳児も日光浴げ勧められてたそうです。

時代が違うんですよね。

ユーザーID:1089845476
ほどほどです…携帯からの書き込み
まかろん
2017年8月7日 8:16

両方ほどほど。

どっちが正しいって答えはありません。

主さんが気づいた時は塗ってやったらいいのでは。

運動会の練習で「日焼け止めを塗ってやって」と園からお知らせ来ても、まず塗って出したことのない私です。
案外子供が嫌がったりしますのでね。

ユーザーID:6542115295
今悩んでも仕方ない携帯からの書き込み
風に揺られて
2017年8月7日 19:35

生まれてからでいいじゃないですか。
今あれこれ言っても子育てもしてないのに、特に男性なら理解できるはずないでしょう。
生まれたら可愛い我が子のためって、理解してくれるようになると思います。

ユーザーID:9326986449
子供を守れるのは親だけ
夏婆
2017年8月9日 13:44

昔は当たり前だった布団叩き、今時する人は少ないですよね?
叩いても意味が無いことが周知されたことや、集合住宅の増加で埃を撒き散らす迷惑に気づいたから
シルクなどのお洒落着や女性用下着は直射日光で干すと色褪せたり布が劣化するから陰干し
社会の変化や科学の進歩で明らかになる新事実でこれまでの常識や習慣が覆ることはよくある話です。
紫外線の害について、欧米先進国はかなり周知され幼児に日焼け止めはもちろん目の保護のため
UVメガネも装着させるそうです。
紫外線の害はすぐ顕れるわけじゃないので厚労省や文科省は腰が重いですね。
そうなると子供を守れるのは親しかいません。
将来、白内障やガンの原因が紫外線だったと判明したところで今の子供にはなんの意味もありません。
周囲にバカにされようが過保護だとか的外れなことを言われても、子供のためなら
日焼け止めを塗りUVメガネを掛けさせるべきです。

ユーザーID:9607195327
 


現在位置は
です