現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

高齢の親の手術について。 携帯からの書き込み

ねね
2017年8月5日 18:29

こんにちは。宜しくお願いします。
独り暮らしの母(80歳)が、昨年心臓の手術を受けたいと言いました。
私は離れて嫁いでいます。
手術の話に母の年齢と体力の心配もありますが、出来るだけのサポートはするけど、頻繁に行き来が出来ないし、私にもやれる事の限度があると伝え、薬を飲みながら通院してもらえないだろうかと頼みました。
母は一時的に私の思いを受け入れましたが、私に
「私はあと一年しか生きられないんだ!!」
「手術をしたらイカンのか!?」と泣きながら怒りました。
言われた瞬間、遠く離れた兄夫婦には、自分は大したことないと言っている事、母の私に対する対応に心の限界が来ていると兄に相談したら、他人事の様な反応だった事。
他界している父は生前から病気があり、生活費に私の給料をあて、嫁いでからも、僅かですがお金や米等の食料を足しになればと、実家に行く度に持って行ってます。
他界した父の代わりに、様々な事を私なりにやってきたつもりです。親の助けになれば…と思って。
しかし、元々気が強い母で疲弊はあったのですが、父の事、母の事、兄の事、娘だから言いやすいのかもしれませんが、怒声を浴びた瞬間に心の糸が切れ、母に対して何も出来なくなりました。
母からの電話が鳴るだけでも拒否反応が起き、体が動かなくなり、気分も落ちていきます。
少し距離を置いて自分の安定を保ってきたのですが、先日、母から電話があり
「先生から手術を勧められた。私は手術する、しないのはどちらでも良いんだけど、どうしたら良いだろうか…。」と、ありました。
母の手術したい気持ちも分かります。
しかし、母の事を考えるだけで人身共に落ち、身動きがとれなくなる為、手術に対しての準備や介護申請等が出来にくい状態です。
こんな私は我が儘で冷たいでしょうか?

ユーザーID:9095644644  


お気に入り登録数:68
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本


タイトル 投稿者 更新時間
レスします
考える猫
2017年8月5日 21:14

トピ主さんが「お兄さんと相談して下さい」と突き放す事です。
何れにしても、手術の可否はご本人の決断になります。

年齢的にも、お兄さんに相談なさるのが筋ではありませんか。
お母さんは、娘であるトピ主さんに愚痴を聞いて欲しいので
しょうが、それにしては弁えが足りませんね。

トピ主さんも母親との交流を嫌っておられるのですから、心
を鬼にして、問題をお兄さんに振り投げることです。
親しくして欲しいなら、日頃の物言いから直すことが必要で
しょう。

トピ主さんが断ったからと言って、何も卑下したり、申し訳な
いと考える必要はありません。

ユーザーID:3246185175
兄に手続き等をお願いする
通りすがり
2017年8月5日 22:22

今まで娘としてよく尽くしてこられたのですね、お疲れ様です。
それに対し、お兄様は今までどうされてきましたか?
兄妹の仲はどうですか?
「今まで私がやってきました、今回はお兄様にお願いします」とバトンタッチ宣言されてはいかがでしょうか。
完全看護なら、必要なのは手続きと医師からの説明時の同席だけのはず。

80歳の心疾患患者さんの手術、
退院後に多種類多剤を毎日毎食「忘れずに」飲み続ける生活への不安、
入院生活中の脳や全身の骨や筋肉の急速な衰え、足腰が急に弱って、自宅で転倒し大腿骨骨折から長期入院で更に全身状態の悪化、認知症の発症と進行、でも病院は長くても3か月で自宅へ退院、などなど
リスクが大きすぎやしませんか?

本来なら、医師の説明をご家族も一緒に聞いて、その場で質問して解決納得してから、本人が家族と一緒に決めて欲しいです。

決めるのはお母様ご本人かもしれませんが、決める材料はきちんと本人にわからせてもらっているのでしょうか?
今の日本の医療では、診療に来た患者さんに「やめな」と断ることは違法でできません。
説得できるのは家族だけなのです。
兄妹二人で/親子三人で 話し合いましょう。

ユーザーID:5157896809
あなたが24時間付き添う必要があるのか?
いなかもん
2017年8月5日 22:24

病院によっていろいろ事情は異なるところが多いと思いますが、あなたが24時間、お母さまに付き添う必要があるのですか?
お母さまも手術直後ならともかく、まったく動けないような入院生活を送らざるを得ないのですか?
私の母や父が(もう意識がもうろうとしてから)入院した病院は、まったく別の病院でしたが、両方とも付き添い者は夜は病院には泊まれませんでした(看護師さんの数によるらしい。)し、結局最後まで残った問題は、「日常の洗濯が必要な物をどうするか」と「必要なおむつをどのように補充するか?」でした。病院に一番近いところに住んでいた伯母に数日に1度の洗濯とおむつの補充をお願いしました。伯母が病院に来るのも2,3日に1度、それも1時間以内で終わりました。実子の私の帰省(飛行機の距離)は1か月に1,2度でした。
転院したときは、その病院から「洗濯物は業者を紹介できる」「必要なおむつは病院側で準備する」というところだったので、伯母の住んでいるところからは遠く離れてしまいましたが、伯母の協力も不要になり(1,2か月に1度はお見舞いに来ていただいたが)、私は一応相変わらずの頻度で帰省しましたが、取り立てて「これをしなければならない。」といううこともありませんでした。
医師なり病院の「医療相談室}みたいなところで相談して、お母さまご本人も含めて「何ができないのか?」「では何とかならないのか?」を詳しく詰めていかないと、今みたいに「頭から入院したらダメ」みたいな雰囲気だと、お母さまもものすごく悔いが残られると思います。

ユーザーID:5287560711
高齢の親は自分で「死に時」を考えねば、子の負担が重すぎる時代
親を何人も介護した婆
2017年8月6日 7:48

>しかし、元々気が強い母で疲弊はあったのですが、父の事、母の事、兄の事、娘だから言いやすいのかもしれませんが、怒声を浴びた瞬間に心の糸が切れ、母に対して何も出来なくなりました。母からの電話が鳴るだけでも拒否反応が起き、体が動かなくなり、気分も落ちていきます。

こうなれば(気持ちが落ちれば)お世話はできないもの。
心身が拒否するのだから仕方がない。限界なんです。

もう、あなたは親の面倒見なくていい。見れない。

「私は体の調子が悪く、自分の体が大変。手術したいのならすればいい。ケアマネさんや病院と相談して、手術前や手術後の付き添いや生活補助、通院の付き添い・・・など、
介護保険サービスでヘルパーさんや
術後は、老健入所したり
公的補助が無理な場合は、付添婦さんを雇うとか

そういうもの自分で調べて利用して頼んで、自分で頑張ってください・ケアマネさんや病院と相談してね」

〜と言いましょう。

しかたないんです。

高齢の場合は、本人も家族も、手術しない選択をするケースは多い。
高齢の体に全身麻酔をかけるだけでも大変。入院してる間に認知症になるケースも。

医療が進んでいるので、どこまでも手術しながら生き続けると、手術やリハビリで四苦八苦しながら、更に長生きする。本人もだが家族が大変。

こんなことを言っては何だが

昔は60〜70歳くらいで、多くの人は亡くなっていました。明治生まれの祖父が80歳で亡くなった時、親族の人たちは、口をそろえて

「〇○さんは、80歳まで生きて、大往生だったなあ。」
と言った。

医療技術が進んだ現在

手術療法がで可能な限り、何歳までも生きようとするのが人の生きる自然な心ですが

家族は延々と、生活の世話や介護や看病やリハビリを支援しなくてはならないので、大変です。老いてから何十年も、世話・看病など、子供が、普通の生活や人生が送れない。

ユーザーID:9952831516
高齢の親は自分で「死に時」を考える。子の負担が重すぎる時代2
親を何人も介護した婆
2017年8月6日 7:51

親は義・実の親で合計4人います。4人がそれぞれ70〜90まで20年ずつ世話や介護が必要になれば、子どもは、どういう人生になるでしょうか。実際には90超えてずっと生きる人も多いので、20年以上の、何らかのお世話が必要な親もいます。

こんな言葉は言ってはいけないんでしょうが〜

現代は、延々と可能性のある処置や手術を受けるのではなく、

「死に時」を自分で決めないと、

延々と家族や子供・子供家族に負担がかかり、
家族の生活や人生が弱り、破壊されます。

金銭的にもそうです。

延々と生きても、親自身で、すべてのお金も手間も賄える人なら良いですが、
出来なければ、家族や子供夫婦の生きるためのお金や体力や健康を延々と吸い上げ続けます。

義・実の親がみんな、あまりにも長生きになったので、
子供達の人生も金も体力・健康も

親の介護と生活に振り回され続け疲弊するという、異様な時代になりました。

親は高齢になれば、どこまでも生に執着し続けないで、

自分で「死に時」を考えねばならない時代です。
どこまで治療するか、医療にお金かけるか・・・と。

主さんの場合も、

一人介護(一人で親の介護する)状態なので、できることには限界があります。

そういう場合は、

親に「自分で準備して公的私的援助を頼み、足りないところは、自分のお金で解決してください」

と言うしかないと思います。

子供ができることにも限界があります。

主さんはもう、「体が悪くて支援できない」宣言をすればよいと思います。

お世話や介護の疲労やストレスで、子ども(主さん)の方が病気になりますし、
親より先に亡くなってしまう人もいます。

介護や看病やお世話は

<できないことはできない>
<できることしかできない>

ユーザーID:9952831516
高齢ゆえの手術は大変ですが
kbuny
2017年8月6日 8:42

理不尽な言動は心身共に滅入りますね。
わかりますよ。
ですけど、親と同居していないだけ
救われていますよ。

葛藤を消化しつつ
同居してきた私ですが
それでも子として、人として
後悔のないよう、誠心誠意
悔いのないように
自分の心と向き合いながら
親の面倒をみてきました。

先月他界しましたが
やるべきことはすべてやった
と思います。

心臓の手術を受けたいという母親の
意向を叶えてあげてください。

結果がどうであれお母さんが
望んだことです。

ユーザーID:4034880219
確かに娘の負担が一番大きいと
通りすがり
2017年8月6日 9:16


何かに書いてあるのを最近読みました。
私も主さんと同じように娘の立場です。
両親は兄家族と暮らしておりますが両親の入退院・通院の際には兄夫婦よりも
私の方が頼まれます。
90%以上は娘である私の方に頼んできますね。
同居しているというのに兄は。。。

まっ、昔から損するのは娘だなぁと私自身は割り切っておりますが。
ここ数年は、本当に両親共に入退院の繰り返し。
私自身、本当に疲れてますが時々考えるのです。
あ〜こんな生活もあと10年かなぁ。
何か・・寂しくさえ思えます。
先日、夫に言いました。
これからの10年は親孝行のために費やすかなぁ。
夫は、それに賛成してくれました。

両親のために費やしても遺産なんて同居している兄に全て行くんだろうけど
悔いが残るようなこともしたくないので全力で親孝行。

主さんの気持ちはよくわかります。
私も似たような立場ですから。
でも、生きたいと望んでいる両親が手術を受けたいと言ったら
私はいつも賛成してきました。
逆に同居している兄は反対してきましたね。
高齢者の手術=生きる希望  
高齢者が手術を望むのはもっと生きたいという希望なのだろうなぁと思っています。
それなら私は全力でサポートするだけ。
毎日、病院に通い励まし慰め。。。それしかできませんから。

私自身、結婚してから仕事・家事・育児と忙しく睡眠時間は3.5〜4時間。
子供が手を離れたと思ったら両親。
この20年 こんな睡眠時間で両親より早死にするのでは?
それでも、全力で頑張ってきたから悔いはない。

こんな自分ですが高齢の両親に言いたい放題言ってますよ。

ユーザーID:3155058777
手術のリスク
紫蘇の実
2017年8月6日 9:26

手術にはリスクがあります。
手術そのものだけでなく、高齢者になると、長期間の入院寝たきりにより
認知症の症状が出る、足腰が弱って歩けなくなる、などです。
執刀医の先生は、そういう生活への影響は無関心、自分の担当の領域しか
見ませんから、そこは家族が考えなければなりません。
私の母は、消化器系の持病で80歳を超えて2週間の入院をしましたが、
幸い、その時は何もありませんでした。
しかし次に転倒して2週間入院した際には、特に骨折したわけでもないのに
退院後は車椅子生活になり、一人暮らしは無理とそのまま施設入居になってしまいましたね。

一人暮らしの母親から手術後に同居を余儀なくされる、これを考えなければなりません。

ユーザーID:9618289868
手術の内容
2017年8月6日 22:19

手術の内容がわからないのでなんとも言えませんが、先生が勧めると言うことは、
耐えられる体力があると言う事ですね。
それなら、まだ生きたいと思うお母さんの気持ちもわかります。
介護問題切実です。

ユーザーID:1329554483
仲間ですよ
rei
2017年8月7日 17:09

たぶん似たような頑張り屋の娘が、全国にたくさんいると思いますよ。
私も仲間です。

高齢の親って自覚なく我儘になっていきますよね。
まともに受け止めるほど、こっちは辛くなっていきます。
1〜2か月くらい事務的に対応するとか小町で吐き出して
トピ主さんの気持ちが落ち着いたらいいのですが。

でも、高齢者は待ったなしで、電話で色々訴えて来るから辛いですね。
違うかもしれませんが、もしかして介護うつに近いかもしれないから、
可能ならカウンセリングなどを受けてみてはどうでしょうか。

手術に関しては、きちんと医師の説明をトピ主さんとお兄さんも聞いて
必要度合い、リスク、退院後の生活などをしっかり検討してからでしょうね。
高齢者は結構思い込みが強く、医師の説明をちゃんと聞いていなかったり
必要なことを確認していないことが多いですから。

当分は、お母様から相談があったら、自分一人では判断できないからと
電話でお兄様を巻き込んでいくしかないかなと思います。

ユーザーID:7772775319
レスします
鴨南蛮大好き
2017年8月8日 0:44

>「先生から手術を勧められた。私は手術する、しないのはどちらでも良いんだけど、どうしたら良いだろうか…。」と、ありました。

イマドキはQOL(クオリティ・オブ・ライフ)つまり「生活の質」ってものが医療では常識になっていてさ、高齢者の場合、仮に何らかの命に関わるような病気であっても、手術のような「生活の質」を落とすリスクがある医療行為は積極的には勧める医師は少ないと思うのだが。
ご母堂と対面するのは精神的にキツイかもしれないけど、兄上と三人一緒に病院に行って、主治医の方に本当に手術を勧めたのかについて確認をとった方が良いと思うなぁ・・・。

ユーザーID:2890685991
お医者さんが勧めるのであれば・・・
うふふ
2017年8月8日 19:53

お医者さんが手術を勧めているのであれば、すればよいのではないでしょうか。
お母さんのご自由だと思います。
子どもたちが遠く離れていてその手術に付き添ったり介護したりできないのであれば、地元の区役所や病院の相談窓口等で相談すべきでしょう。
天涯孤独の人だって高齢化のこの時代に、手術するのではないでしょうか。
そういう場合はケアマネージャーさんなどがしっかりと世話してくれていますよ。
自分の都合で手術さえないのではあんまりだと思うのですが。
まだ80歳、高齢でも医者が勧めるのであれば必要な手術なのでしょう。
ちなみにうちの父は母に先立たれて87歳と高齢ですが、今年、心臓の手術をしました。
カテーテル手術であっという間に終わりましたよ。
予後も順調で大変元気になりました。
トピ主さんはどんな病気でどんな手術が必要かはご存知でいらっしゃるのですか??
そこが疑問なのですが。
90歳でも手術する人はいるし、その後元気になっている人も多いですよ。

ユーザーID:1632307475
手術もいろいろ
おばさん
2017年8月9日 17:07

主様はお母様の病名や治療法について医師の説明を聞いていますか。手術といっても内容は千差万別。すべて生きるか死ぬかみたいなものではないのですよ。もちろん医師は起こりうる全ての危険を説明すると思います。高齢者にそういった説明を1人で受けさせるのはやめた方がいいです。どれだけ医師が丁寧に説明しても、自分が思っている方向にしか聞いてないことは多いようです。お兄様と三人でメモも取りながら(その都度お母様には念押しして)医師の説明を聞くのが必要です。

ユーザーID:1014056475
お母様が気の毒です。
わんちゃん
2017年8月11日 5:04

「こんな私は我が儘で冷たいでしょうか?」

と問われたら、冷たいとは思います。

高齢者がリスクを伴う手術をする場合、病院は必ず「親族と一緒に説明を聞いてください」と言います。親一人では何事も進まないのです。

私も、郷里の母が80過ぎて手術を検討することになったとき、東京の自宅から6時間かけて駆けつけました。私の場合、子供が私ひとりだったので、高齢の親にとっては娘だけが頼りなので、とても大変でしたが母のために必死で世話をしました。

年寄りはどうしても我が儘になるし、つきあうのは困難です。私もすごいストレスでした。
しかし、娘に見捨てられたお母様がお気の毒でなりません。

ユーザーID:7466537463
いや・・
mjna
2017年8月13日 11:01

まずはお医者様の話を聞くのが先じゃないですか?
あなたお母様の話しか聞いてないですよね?
手術って事に敏感になりすぎているんじゃ?
確かに高齢ですが、他の方も書いてる通り、医者が勧めるのならお母様が耐えられると見込んでの事でしょう。
そんなに負担のあるものじゃないのでは?
簡単な手術だってあります。
その話すら聞かずに「通院で。薬で我慢して」っていうのはあまりに冷たいな〜って私なら思います。
入院だって何日くらいを目安なのか、あなたそれすらわかってないですよね?
そんな話も聞かず、頭ごなしに「協力には限度がある」とかって言うのはあまりにも・・

お兄さんもあなたも、どんな手術なのか、やらないとどんなことになるのか・・
手術に伴うリスクとか、入院の日数とか、そのへんの事何も知らずに話をすすめてる事に違和感しかないです。まずは病状・手術の確認。協力出来るかどうかはそのあと考える事では?

他の方も書いてる通り、カテーテルなどの手術であっという間に済んで負担も少なくて入院日数も少ないのかもしれないのに・・なぜ確認すらしないですか?
まずは一緒に病院に行って医者の話を聞けば?
それすらしないなんて信じられないです。

ユーザーID:8481201430
わかります〜
豚の丸焼き
2017年8月14日 11:25

ウチの母も、兄が海外赴任しているからと、私にべたったり依存していて夫婦で困っています。
心臓手術等大きい事はありませんが、何かあると「80過ぎたおばあちゃんを一人にして何かあったら後悔しないのか」と言う言葉を、伝家の宝刀の様に出してきて、自分のわがままを押し付けます。
今までは私も我儘を聞いてあげていましたが、先日、こちらが多大な出費と時間を使い、夫にも迷惑をかけたにも関わらず、自分は悪くないと言う態度を出してきたため、生まれて初めて母親にはっきり迷惑だと言いました、
その後も伝家の宝刀を持ち出してきますが、嫌われたくない気持ちが強いみたいで、断ると渋々引き下がっていきます。

とぴ主さんの場合、はっきりお母さんに行った方が良いと思います。

岡さんに心臓手術の話をされたら、「手術する・しないを決めるのは私じゃない、お母さん自身でドクターと話し合って決めて欲しい。私は付き添いも手伝いもできないから私は口出せない。兄に相談して欲しい」と言いましょう。
お兄さんにも、「私は今回手術したとしても付き添いも手伝いもできないから、兄に一任する。母親の相談に乗ってやってくれ」と宣言して、一切手を引きましょう。

ウチは、私の夫が優しいので、家電の調子が悪い等、どーでもいい事に毎回主人を巻き込む割に、「こういう相談は兄に言った方がいいんじゃない?」と言ったら、「お兄ちゃんは忙しいから怒られる」と夫の前で言われ、帰り道で夫に「俺も忙しいんだけどね」と言われた時に気付きました。
実の息子である兄には嫌われたくないので良い母親を演じていて、娘夫婦には迷惑をかけても当たり前な態度に、兄に対しても「これ以上夫に迷惑をかけたくない」と宣言しました。
母の依存は今もありますが、電話には出ないようにしています。
お兄さんにはっきり言うべきです。家族の為にも自分の為にも。

ユーザーID:5906145127
 


現在位置は
です