現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自分より優れた人がいるのになぜ自分は生きるのか 携帯からの書き込み

名も無き絵描き
2017年8月9日 23:36
古いレス順
レス数:119本

タイトル 投稿者 更新時間
芸術については。
ぽちゃゴロ
2017年8月12日 9:44

私もよく考える内容のことです。

絵などの芸術に関しては、それぞれの個性もあるし、
いつどこで売れるかわからないじゃないですか。

好きならやればいいし、嫌ならやめてもいいと思います。

私は、昔、そういう系統で仕事にしようと思っていたことがありました。
才能もない上に、母親の悪意のない妨害で諦めました。
現在趣味としてもやってません。
母親が興味を持ってくるのが鬱陶しかったし、
他人に喋るなと言ってるのに喋ったからです。

その喋った人は、同級生の母親でした。
その同級生は、その道で成功した人です。
(これも母親情報)
私自身は才能がないからと諦めたけど、
その同級生が気になってちょっとだけ調べてみました。
とても努力した上でその職業になったと書かれていました。

そこから、本当に努力したらできることもあるのかなと思いました。
また、努力できるのも才能なのかもしれない。
私は飽きっぽいところがあるからダメだったのかなぁと。

運や才能の有る無しも、もちろん関係あるとは思いますが。
自分が存在する理由は何なんだろうかとは、よく考えてます。

誰もが、成功者になれる可能性は持っている、持っていたと思うし、
誰かに影響を与えている可能性もあると思います。

悔しいとか、そういうレベルじゃなくなってるのでこう思うのかもしれませんが。

ユーザーID:4642983264
人生について。
ぽちゃゴロ
2017年8月12日 10:51

この話が、人生についてならば、
また他に思うことがあります。

私などは、大体が人より劣ることが多いです。

兄が優秀でいつ褒められてて、
私は女だし、必要とされていない感じがいつも漂っていて。
今現在も、女として生まれただけで失敗だったなと思ってるし。
中学生ぐらいから、やる気も出ない人生を送ってきました。

兄が若い頃に病死して、とても悲しいと同時に、
私なんかより、兄が生きていた方がよほど社会のためだったんだろうといつも考えてきました。
誰かに何かを言われた訳でもないですが。
考え続けて20年です。
でも、私まで死んだら親が悲しむので、死ぬのはダメだなと思ってます。

人って、何のために生きるんですかね。
劣ってるのに。
でも、自分で死を選ぶのは間違ってると思うし。

私は、たぶん、社会は優秀な人間だけで構成されてるわけじゃないと思うんです。
優秀な人間ばかりだったら、優秀な人が目立たないじゃないですか。
そのための引き立て役だとは思いたくないのはもちろんですが。。

優秀な人には優秀な人なりに悩みが出てくると思うんです。
きっと疲れる。上には上がいるから気になっちゃうだろうから。
だから、優秀でないなら、それなりの楽しい生き方を探すのもいいんじゃないかと思います。
気楽に。
自分なりに無理しない程度に頑張りつつ。

いかに楽をして生きるか。
楽をするためにたまにすごく頑張る。というパターンで、なんとなく来ました。

私個人は、もう死んでもいいかなとか、
もう死期が近いんじゃないかなと思ったりしながら生きてますが。
だから、こう思ったことを書いてみてます。

自分の生い立ちが好きじゃないのもあるかな。

あと、本当は考えすぎない方がいいのかな、とも思います。
考えるのが好きなので困ってますが。
これからも考え続けてしまうんだろうなと思います。

ユーザーID:4642983264
気持ちの話になるけど
黒猫の母
2017年8月12日 12:12

トピ主さんの愛する人、大切な人は、世界でも指折りの優れた人ばかりなんですか?
そうでないなら、いなくなってもトピ主さんは何とも思わないのですか?
生きる価値が無いって、そういう事でしょ?
それとも、家族や友人など身近にいる人は「完全劣化」ばかりだから、愛する価値もないとか。
こう書くと、トピ主さんの考えがいかに馬鹿げているかはっきりしますね。

優れた人と比べて自分の存在意義を問う事、ありますよ。
でも囚われたりしません。
先日もふと仕事中に目にした記事に、芥川龍之介の享年が35才とありました。
知ってはいましたが、その年齢を超えて改めて認識すると、芥川に比べて自分の価値の無さに一瞬自分が生き続けている事が害のように感じました。
でもほんの一瞬です。
顔を上げて周りを見ると、全員芥川に遠く及ばない、平凡だけど私の大好きな人達が一生懸命に働いていました。
この人達に生きる価値が無い訳がない、きっと私も大丈夫なんだと思えました。

トピ主さん、おいくつかわかりませんが、そのお悩みや文章表現に中高生位の幼さを感じます。
様々な角度で現実を知る・学ぶ事が解決になるのではと思います。

ユーザーID:6199434940
そんなに難しく考えなくても
tom
2017年8月12日 16:54

>例えばこうです。私は趣味で絵を描いています。まあ本当に絵が描けない人よりはマシな絵を描ける程度の腕です。しかし、世界には自分より絵が上手い人が億といる訳です。その時点で自分はその人たちの、いわば完全劣化です。こう考えた瞬間自分は自分に自信がなくなり、同時に生きてる意味がわからなくなります。

「私」が「絵を描きたい」と思うから書いているだけでは?
描くのが好きだからじゃないのですか?
それとも誰かに見せたり、誰かから評価される為に描いているのですか?

他に上手な人はいっぱいいるけれど、
自分がそれをやりたいから
それをやっている時楽しいから
で十分では?

ユーザーID:7846965406
?????
つむ
2017年8月12日 17:28

自分が生きるのに、人より優れている必要が何かあるんですか?

ユーザーID:0153005639
捨てる神あれば拾う神あり
toto
2017年8月12日 21:44

分かりますよ。
私も実力一本と言われる世界で仕事しています。
本当に、自分なんかいくら頑張っても足元にも及ばない優れた人たちがいます。
もっともっと上へ…と常に追いまくられていますが、やればやるほど自分のダメさ加減が分かって。
人生の時間には限りがあり、彼らと同じレベルに並ぶのは生きてる間だけじゃ無理、と思ってしまう。

でも、不思議な事に自分へのオファーがゼロにはならないんですよ。
ゼロになったらいよいよ止める覚悟はありますけれど、こんな私にもささやかながらでも、呼んでもらえる場がある。

レベルが低い事を重々承知の上で、単に彼らより安いからかも知れないし、彼らほどプライドが高くなくて使いやすいだけかも知れないし、誇りに思っていい事じゃないかも知れないけれど、とにかく出番があるだけでどれだけ有り難いか。
それで何とか踏みとどまっています。

ちょうど先ほど、絵を生業としている西原理恵子さんの近著を読みました。
彼女は若い頃、なけなしのお金と夢だけを持って上京し美大に入るも、評価は最下位。
絵で生きていく決意で様々な所へ売り込みに行ったが断られ続け、唯一使ってくれたのがエロ本の挿絵。
これでやっていける、と確信しその世界で頭角を現し、その後も一歩一歩階段を上って、今の地位につながっていった。

最下位を取った時にもうダメと思って止めてしまっていたら、今の成功はありません。
いま押しも押されもせぬ名声を築いている人だって、無名時代はそんなものらしい。
だから自他ともに認める凡人の自分が苦労するくらい、普通ですよ普通。

捨てる神あれば拾う神あり、だと思うのですよ。
どんな事だって出会いであり、縁。

縁のない所で嘆いていたって仕方がない。
それよりも拾ってくれた神様のために精一杯やる。
100件のうち99件に捨てられても、たった1件に拾われただけで、つながるんだと思います。

ユーザーID:1354004041
珍しく謙虚な人ですね。
幸ひ住むと人のいふ
2017年8月12日 22:40

例えば、小説とか創作のコンテストだとね、パロディってのは真っ先に落ちますね。
誰々風ってのは嫌われる。
だってオリジナルがいればそれでいいんだから、二番煎じは要らないんですよ。

あるいは以前、事業仕分けで話題になった「2番じゃいけないんですか?」。
イケナイんですね。ジャンルによっては。一番しか需要がないんだから、膨大な開発費をかけて2番じゃ意味がないって分野があります。

あなたの考えはこういう発想に近い。

逆に、自分がまずある、その自分は幸せになりたい、そこから始まる行き方もあります。

これはこれで突きつめるとエゴになる。
キャリアも専門スキルもないし今後、身につけるつもりもないけど、専門分野で大成功してる人みたいに金持ちになりたい。
必要な努力はしないで結果だけ手に入れたい。
そういう人がマルチ商法やネットワーク・ビジネスにハマる。
あるいは、玉の輿に乗りたい、専業主婦になりたいとなる。

悪質商法みたいなのは問題外ですが、自分も含めてひとりひとりの人間がかけがえのない存在であり、自分なりの幸福を追求する権利がある、そう考えてはいかがでしょう。
その点、シゴトに代表される社会的価値にばかり囚われず、興味のあることを自分なりに極める。
これだって十分、意味のある幸福な人生じゃないかとボクなんか思いますがね。
遺伝の法則のメンデルなんかも、研究が人目を引いたのは150年後でしたが。
もちろん、後世に発掘されなくたっていいんです。
誰も認めてくれなくても、自分が興味を持ったことを、自分だけの価値として楽しんで生きたらいいんじゃないですか。

ユーザーID:0063825244
戦いは数だよ、兄貴!
さてん
2017年8月13日 1:23

いくら高性能でもガンダムたった1機では戦争に勝てません。
勝つためには、そこそこの性能しかなくても、コストが安く、数を揃えることのできる量産機ジムが絶対に必要です。

戦争を仕事に置き換えてみましょう。
数の揃わない希少な「天才」たちだけで全ての仕事をこなすのは不可能です。天才を組織内にとどめておくにはすごいコストもかかるし。
ならば同じコストで凡才を20人雇って、つまらない仕事は全部そいつらに振ってしまえばいい。天才には天才にしかできない仕事をしてもらいましょう。これぞ効率!

これは戦争だろうが仕事だろうが国家運営だろうが理屈は同じ。
組織的活動を行うためには天才だけではマンパワーが足りないのです。言ってしまえば凡才こそ主力!
つまり、トピ主をはじめ多くの人々が、そこそこの能力しかないけれどコストもそんなにかからない凡才であることには、実は大きな意味があるのです。
誇りに思ってください。

ユーザーID:1673911728
まだお若いのかな・・・
劣等感
2017年8月13日 6:54

トピ主さんが、
10代なら、それは人が思春期に必ず直面する感情です。自分を信じて進みましょう。
20代なら、まだまだ経験が足りません。いろんな人に出会い、視野を広げましょう。
30代なら、回避性人格障害、不安障害などの可能性がありますね。カウンセリングを検討しましょう。
40代なら、それを受け入れなければならない時期です。自分に向き合い生き方を決めましょう。
50代なら、哲学が足りません。思想・哲学・宗教に興味を持ち、精神世界を広げましょう。
60代以上なら、もうその悩みは半分解決している事でしょう。だからトピ主さんは60代って事はなさそうですね。

人との比較の中からは幸福は生まれません。
そして他人の表面的な部分しか見てないと、他人が自分より優れて見えるものです。
人と心が触れ合う感覚、感じたことありますか?もっと人付き合いを大切にしてみてください。
劣等感を持たない人間など居ないことに気付くでしょう。

ユーザーID:5228899386
遊び上手が羨ましい
元仕事人
2017年8月13日 9:20

>仕事をやるにも自分より明らかに早く仕事をこなせる人がいる、そんな中でなぜ自分は働いているんだろう、自分より出来る人が仕事をやれば自分は必要ないじゃないか、こう考えてしまいます。

私は、トピ主の言うところの「仕事の出来る人」です。しかし、残念なことに、遊びに関して才能が全くありません。なので、遊び仲間というものができないのです。けっこう辛いですよ。
引退して、時間が余るようになって、その時間を活かしてやっと人並みの最後部にたどり着けるようになりました。やっとこさ人と遊べるようになったのです。

「絵が描けない人よりはマシな絵を描ける程度」でも、私から見ると羨ましい。

ユーザーID:7062593916
それってさ
chocho
2017年8月13日 9:40

仕事は作業が遅くて手伝われることあり、趣味なし、持病があって定期通院し皆様の健康保険の掛け金を食いつぶす私は生きる価値なし、死んでもいいってことかな?

自分の生き方で悩む、生きる意味を模索する、大事なことです。
だからこそいろいろな視点で考えてみよう。
世の中の多くの、ナンバーワンじゃない、私のような人が生きててよい、とあなたが思えるなら、自分だってその一員なんだから、安心して葛藤しながら自分の生きてる実感を味わえばいいんじゃないかな。

ユーザーID:0310013405
グータラニートおじさん
もやし
2017年8月13日 10:06

別に「生産性」で人の優劣が決まるわけじゃないですよ。
だってロボットやAIに生まれてきたわけじゃないでしょう。

何にもできない、食べるだけ食べてゴロ寝ばかりの、万年グータラニートおじさんがいるとします。
彼はいかに楽に生きるか、それだけ考えてきました。この現状にとても満足しています。
どう考えても社会に非生産的な彼。
何を思いますか。「嫌らしい。なぜコイツは生きているのだ?」と思いますか。

そこらへんにいる猫について考えてみてください。
なんと、グータラニートおじさんと、猫の生き方は同じです!
猫は何にも考えていません。

私たちは、社会じゃなくて「地球」に生きるただの動物ですよね。
トピ主様は人間社会を大きく俯瞰し、ご自分の立場を認識されているようですが
もーーーっと大きく考えたことはありますか。

あらゆる生き方があっていい。
ホストだろうが、風俗嬢だろうが、
主婦だろうが、ヒモだろうが、ニートだろうが。
「仕事」と呼ばれるものが得意だろうが、苦手だろうが。
変わる努力をしようが、変わらなかろうが。
その人は否定されない。そう思いません?

私たちは究極、どんな生き方をしてもいいんです(横軸ですね)。
自分が望めば、地球はどんな生き方も許容してくれるわけです。
そこに、縦軸とも取れる「生産性」の尺度はゼロといっていい。
だってその尺度は、地球にとってどういう意味がありますか。

理解できましたか。じゃあ、もう解決方法は一つだけ。
このままだとトピ主様は、意味のないことに頭を支配され続けたせいで
あのグータラニートおじさんですら感じられた満足感も得られずに、死ぬでしょう(かわいそうに..)

それは流石にもったいなくない?!と奮起して
「現状に満足し、人生で楽しみをいっぱい感じる」こと。それだけです。

ユーザーID:4856633487
理由なし
哲学
2017年8月13日 13:56

生きていることに理由はありません。
あえて言えば生まれてきたから死ぬまで生きる。それだけなんです。

例に挙げた仕事であれば、貴方よりもちろん私より優秀な人は山ほどいて私たち以上に上手に仕事をこなしていくでしょう。
でも、今その仕事の目の前には貴方しかいなくて貴方しかする人がいなければ貴方がそこにいる価値があるのです。
その仕事を貴方がやらなければ他のその優秀な人が終わらせるかもしれませんが
その優秀な人は更に別の仕事もあるので貴方が終わらせることができるのであればそれで問題ないのです。

私は「人類誰でも天才論」を勝手に考えていまして
人間は誰でも天才になれる分野を持っている。
天才になれる分野と興味を持った分野が一致してそれに向けて努力した人だけが天才と呼ばれるから天才はほとんどいない。
大抵の人は一致しないから凡人で終わるし
天才の分野が目立たなかったり、高収入にならなかったりする分野かもしれません。
貴方も私も天才になれる分野を見つけられなかった凡人です。
死ぬまで生きていきましょう。

ユーザーID:0919587932
経済学の比較優位って知ってますか?
しまねこ
2017年8月13日 14:18

まさにトピ主さんに答をくれる考え方が経済学の比較優位です。

なんでも自分がやっちゃった方が早い!と思っている社長などに教えます。

ざっくりいうと、
なんでもできるしそのうえ速い人と
すべてに劣るしさらに遅い人がいたとしても
なんでもできる人がすべてをやるより
分担してやった方が全体としての仕事量が最大化できるという考え方です。

私もトピ主さんと同じことを考えたことがありますが、
この比較優位の考え方はものすごく納得できると思います。

比較優位の例がネットにたくさん出ていますので、その例を参考にぜひ自分でも計算してみてください。

ユーザーID:8585952921
職業はアート系です
TRex
2017年8月13日 15:33

子供の頃から絵を描くのが好きで、留学して海外の美術大学で学び、その後は専攻した教科で職を見つけて現在に至ります。
世界規模なら無名も同然ですが、作品には作家として個人名を使います。
自分を養うくらいの収入もあります。

トピ主さんが疑問に思われる事の半分は理解出来ます。
技術面や発想という意味でなら、自分より優れていて有名な人なんて何万人もいます。
それは純然たる事実です。
けれど技術的にも未熟だった学生時代ともかく、現在はそれで劣等感を感じる事はありません。

つい先日も自分の作品が他の多くの作家さん達と一緒に紹介される機会がありましたが、最初の感想は「もっと精進しないとダメだわ」でした。
なぜなら、他の作家さん達の作品が素晴らしくて、自分はまだまだだと思ったからです。
けれど劣等感は感じません。
仕事を辞めようとも思いません。
なぜなら自分が行なっているのは創作であり、それは自分の頭の中で生まれたアイデアを、培った技術で表現する事であり、他者と比較する事では無いからです。
同じ物を題材にしても、創作ならば誰も同じ物は作りません。
オリジナリティが確立されれば、見る人の好き嫌いはあっても、優劣などつきません。

オリジナリティというのは結局のところ、他の人がやっていない事を自分のスタイルで表現する事です。
スタイルを確立するのに必要な行動は、模索と研究と制作による試行錯誤で、それは自分との戦いです。
世の中には素敵な作品を作る作家さんが何万人もいますが、その誰かの作品から学ぶ事はしても、模倣しようとは思いません。

トピ主さんはおそらく絵の題材が多くの人達と共通していて、比較対象が多いのではないですか?
絵を描く作業が好きならそれを楽しんで、絵という媒体を通して自分のテーマを視覚的に表現したいなら、一度ゆっくりテーマについて考えてみるのもいいかもしれませんね。

ユーザーID:3359390520
こんな人もいます。
カンカン
2017年8月13日 16:17

娘の小学校の新任の先生の話です。

その先生は一見、ボーっとしてますし、
授業もベテランの先生には劣ります。運動もできません。泣き虫だったんだろうな、という印象です。

初めはどうして臨時の多い中でその人が採用されたのかなと思いました。

家庭訪問で、娘さんの出来る事をできればいいいんです、と声を振り絞って言ってました。

慣れてくると、スイッチが入るととても出来るし、人間関係の面でも優れている人でした。


得て不得手はありますが、
あなたの出来る事ができればいいのではないですか?

ユーザーID:8114928307
生物としては
しい
2017年8月13日 17:01

生物としては、個体に多様性があると生存率が上がるので、個体数はある程度必要なんです。
今ある環境の中で、有利に働く性質があったとしても、全ての個体がそうならないのは、環境が変わる可能性があるから。
トピ主さんの子孫あたりで、トピ主さんの残した遺伝が人類を救うかもしれません。
生物はそういうものですので、抗う事はできません。

ユーザーID:5454238183
ビックリ携帯からの書き込み
はる
2017年8月13日 17:43

そんな事言ったら、ほとんどの人が死にます。
天才と勘違いのナルシストばっかりになるじゃないですか!笑

ナンバーワンより、オンリーワンを目指してください!

でも、そのオンリーワンも絶対はないと思うんですが。。。
(結婚など)

自分が好きな事をして生きたら良いんじゃないでしょうか。
目標が高すぎると言うか。

誰もあなたに期待してません!
一番じゃないあなたも素敵なんです!

ユーザーID:6827480399
意味はあると思います
お日様にゃんにゃん
2017年8月13日 20:55

確かにそのような考え方を持っていては生き辛いと思います。

昔の話なんですが、私は走るのが遅く、いつも運動会のかけっこで最下位でした。
運動会当日の朝、「運動会に行きたくない、どうせ負けるからもう走りたくない、なんで走らないといけないの?」
と、母に泣きながら言いました。
母は「負ける人がいるから勝つ人がいる、あなたのおかげで勝てる人もいるんだよ」と言いました。
そう言われて単純な私は、そうか私も人の役に立ってるんだ・・・と思いました。
それからは、運動会のかけっこで最下位でも自信を持って走れるようになりました。

トップの人がトップでいられるのは、たくさんのトップでない人達がいるから成り立つんです。
もう少し肩の力を抜いて生きていかれたらどうでしょうか?

ユーザーID:6325227765
シリコンバレーのメンタル問題携帯からの書き込み
カシス
2017年8月13日 21:08

 私が聞いたことがあるのは、世間一般的に才能ある人でも、世界には才能がある人が集まりがちな場所があり、そのなかで天才も敗北者になってしまうことがあります。
 例えばシリコンバレーにきた人のうち何人が起業家として成功し続けるのでしょうか。
 また某芸大も基本的に演奏家として成功出来るのは一握りだけです。
 ある有名中高一貫校は、理三、文一以外は落ちこぼれであり、やる気をなくした学年最下位の人がそれでも名門大学に入ってました。
 その世界はプライドと敗北感の壮絶な戦いなんでしょうね。
 つまり才能も比較の問題に過ぎず、敗北感を知らない人がいたとしたら井の中の蛙ってことでしょうね。
 

ユーザーID:3202639061
 
現在位置は
です