現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

義両親が生前建てた墓に夫と義弟の名前が連ねてありました

地球儀
2017年8月10日 18:11

ご意見下さると幸いです。夫は2人兄弟で私は長男妻、子供は女子のみで義実家から飛行機の距離。義弟家族の子供は男女おり、実家と同じ県ですが3時間程の距離です。どちらも自宅は購入済です。

先日帰省した際、出来立ての綺麗なお墓に案内されました。
その墓の後ろには 義父 、義母、夫、義弟 の4人の名が赤字で並べて彫られてました。夫は自分の名が彫られるとは聞いていませんでしたが、驚いただけでした。
後で義弟の家に寄りその事を義妹(義弟の妻)に告げると、初耳で「あり得ない」という反応でした。
私も本人に告げる前に墓に名前を刻むことには衝撃を受けました。が、後で聞くと義弟も驚いただけでした。

生前にお墓を建てる場合、こういう名前の彫り方はよくあることでしょうか?
ちなみに以前義母から近所に墓を買おうかと思うと言われた時に、いつも優しい義妹が「2人とも亡くなられた後に私達きょうだいは墓守りできても、子供たち(孫)には無理だから永代供養なども考えて欲しい」と言いましたが、結局は結論ありきだったようです。尚、義父は長男ではない(いわゆる本家に住んでいない)ので、義両親が墓を望むなら独立して建てる必要があると聞いています。
その理屈なら義弟の名前は入れないと思いますが、義弟には男児がいるのでその子に任せるつもりではないかと義妹が言います。
義両親の人柄は温厚で善人ですが、肝心な所をぼかす話し方をする時があります。
そんな時に息子達も敢えて突っ込んだ質問はしないので、私と義妹はモヤモヤしますが、結局こちらの意見は義両親には伝わらないんだから、こちらはこちらで自分達の墓は子供達と考えて決めれば良いのでは、とも思います。
私も義妹も自分のお墓は不要と考えています。

ユーザーID:3076025184  


お気に入り登録数:178
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:34本

タイトル 投稿者 更新時間
レスします
あやちゃん
2017年8月10日 20:39

地方によって違うのかもしれませんが、暮石に赤字で刻名するのは、この人たちが建てたお墓です、という意味だと聞きました。
たとえご両親が全額負担されたとしても、家族みんな建てたお墓だよ、ということにされたのではないですか?
実際にお墓に入る時は没年、年齢共に黒字で刻字されます。
赤字の人が入らなければならないということではないです。
せっかく刻字してくださったのですから、気持ちだけご両親に包まれてもいいと思います。

ユーザーID:1284262656
何だか悲しい世の中になりましたねぇ。
エセマダム
2017年8月10日 20:56

義理のご両親の悪口を言う前に、ネット環境があるのなら「墓石建立、赤字」など、関連ワードで検索すればいいものを…。
ただ単に義理のご両親を悪く言いたいだけですよね?
いくらご自身の思い通りにならないからと言って、このような発言はどうかと思いますね。

墓石は建立する際に建立者の名入れをします。
これは実際に建てた方一人だったり、ご夫婦だったり、決まりはなく様々です。
墓に入る、入らない関わらず、墓石の管理者として継ぐもの(継いで欲しい)と、子供の名前を入れる場合も多いです。
また赤字は、本来戒名を入れる際に、生前者は赤字で仏になると赤を落とすことから、建立者の名前も赤字で入れる(基本建立者は生きているので)場合も多々あります。

地方の高齢者なら、永代供養や簡易墓石よりも、まずはお墓だと思います。
次男なら墓はないので、自分の先行きが見えてくる年代になれば、墓石を用意するのは当然です。

息子二人の名前を入れたのは、墓に入る入らないというよりも、兄弟二人で自分たちの墓を守ってほしい気持ちの表れでしょう。
どちらか一方を入れれば、必然的に一方だけが墓守として責任を持たないといけませんが、どちらに押し付けることなく実子兄弟二人で自分たち(義理のご両親)を死後も悼んで欲しいと思っているんのだと思います。
兄弟二人の名前が入っているからこそ、兄弟それぞれここに必ずしも入る必要はないということでしょう。

墓石に名前が彫られただけで、そこに入れってこと?!などと騒ぎ立てるのは、昨今の自分のことが一番の人の典型ですね。
あなたにとっては義理でしょうが、ご主人や義理の弟さんにとっては親であり、ご両親にとっては息子です。
そんな簡単なことも分からず、子育てをしているなら、その方が不幸ですよ。

ユーザーID:4392840373
安心してください。お墓はちゃんと(墓じまい)しますから。
タンブリん
2017年8月10日 21:00

義両親は、自分たちは本家と関係なく自由に墓を建てるくせに、「長男や次男や孫は私たちと同じ墓をずっと引き継いで、自分たちを供養するのが当然」と考える、ダブルスタンダードな人たちですね。

もしかすると、自分たちが常識とかけ離れたことをしている自覚があるからこそ、そうやって無茶な方法で外堀を埋めて強引に思い通りに縛ろうとしているのかもしれません。

とはいえ、年寄ですし、亡くなったあとのことを心配かけて変に死に際に「孫も曾孫もみんな同じ墓に入ろう」なんて遺言を残されると、こちらも心が重くなるので、もうお墓の話はしないことです。何か言われたら「安心してください。ちゃんと(墓じまいを)しますから」とだけニッコリ答えて、あとは義両親が亡くなってからゆっくり考えればいいことです。

ユーザーID:3770120655
普通に考えると
豚の丸焼き
2017年8月10日 21:03

儀両親が墓を建てた場合、○○家の墓となるので、その墓に入るのは、義両親と長男夫婦(とぴ主夫婦)とその子供ですが、とぴ主さんの子供は女の子なので今後男の子が生まれない・娘が養子をもらわない限り、義両親+とぴ主夫婦のみとなります。
(男の子が生まれれば、その子も入る事になりますし、娘さんが婿養子を迎えれば、娘さん夫婦も入る事になります)

お墓を新設する際、今後はいる予定の人を赤字で入れる事は良くある事ですので、ご主人の名前が入る事はおかしくありません。
が、既婚の義弟は別にお墓を建てるのが通常ですから、義弟の名前が無駄になります。


義妹が英大工用のこと等を言ったようですが、義妹はこのお墓とは関係が無いので、口出し無用でしょう。

娘さんが結婚後は、娘さん夫婦が墓守をする事になると思います。


義両親の年代であれば、永大供養等ではなく、お墓に入れてほしいと考えている人も多い年代ですので、将来どうするかは別として、ご両親が亡くなった際は、お墓に入れてあげたら良いのでは?

お金は義両親が出しているのですから、好きにさせてあげれば良いかと。

義両親が亡くなってから、お墓を返せばよいだけの話です。
そんなに目くじら立てるほどの話じゃないですよ。

ユーザーID:2627080800
分骨携帯からの書き込み
青山墓地
2017年8月10日 21:36

息子と一緒にお墓に入りたい…

普通の親の感情ではないのでしょうか。
お墓は高価な一生に一度の買い物です。
ご両親…そこにささやかな夢を込めただけですよ。

何事もなければ数十年後にまずご両親を見送り、ご主人様と弟さんはその更に更に先の話です。

ご両親が生きている間、お二人に安心して暮らして欲しいとは思いませんか?

今は親子の間に飛行機の距離があるのですから、墓標の生前記名はせめて、その替わりですよ。

万が一の場合は、分骨という方法があります。

ユーザーID:4928594262
ありがたいことですよ
さくらんぼう
2017年8月10日 21:44

生きている人の名前を赤字で入れるのは普通です。

実家で教えてくれませんでしたか?

ユーザーID:2659599893
まあ、義両親の自己満足ですから携帯からの書き込み
うーん
2017年8月10日 22:14

本当に入るかどうかは、先に亡くならない限り大丈夫でしょう。

生前にお墓を作って、家族の名前も彫っておきたかったのでしょう。(あまりいいとはいわれないですよね)

今、言うとまたゴタゴタしそうですから、静かにしていたほうがいいですよ。

最終的にどうするかは、義両親が亡くなったあとでもいいと思いますよ。

まあ、息子達と一緒に入りたいのかな。という想いだけ汲んでおきましょう。

ユーザーID:9431632234
トピ主です。恥ずかしい話ですがタイトルを間違えました。
地球儀(トピ主)
2017年8月10日 22:25

大変申し訳ありません。よくよく見返すとタイトルからは義両親が既に他界していると読み取れます。義両親はそれぞれ持病がありますが健在で、死後に入るための墓を今のうちに建てたという事です。
小町の皆さんは私の間違いを修正しながら読んでおられると思いますが、本当にすみません。

ユーザーID:3076025184
おそらくは建立者名
どんちゃん
2017年8月10日 22:43

おそらく建立者を義理両親と夫・弟という義理両親の思う「家族」で建立した、ということなのではないでしょうか。
通常(宗派や地方に違いはありますが)、お墓の裏面に建立者の名前が赤字で刻まれます。
また、多くの場合建立者は1人で、後の法事主催者(長男が多いですが)が刻まれることが多いですね。
お墓の場所が不明ですが、民間の霊園ではないですか?
民間霊園の場合、あまりこだわりませんから。ペットも一緒に埋葬、なんてこともあるくらいです。

まぁ、トピ主さんもお分かりのようですが、お墓はあくまで故人を弔うための気持ちの一つの形です。
トピ主さんたちが入らないなら、後々のそのお墓の管理等は義両親が亡くなってからすればいいと思いますし、その前にやっても無駄でしょう。

ちなみにうちの実家は父が死んでから建てまして、建立者は母です。しかも赤字ではないんですね(笑)。
赤字にすると、母が入るときに綺麗に赤字が削れないかも、ということで削りっぱなしです。
墓誌みれば父しか入ってないことはわかりますけどね。

ユーザーID:3913667763
普通にあります。
地方出身
2017年8月11日 0:03

昨年、私も父の墓を建立しましたが
お墓を建てるタイミングで、その時墓碑をどうするか決めました。

こういうことは、地域差、宗派、希望などがあって、いろんなやり方があります。

必ずしも家族全員ではなく、亡くなった方の配偶者1名だけにしたり
赤色にせず、無色にするのが最近は増えているとも聞きました。

石屋さんによると、流行りもあるし、宗派にもよるし、
墓地全体での習慣で決めることもあるそうです。

トピ主様と義妹さんは嫁がれてきた方だから名前がなかっただけ
ご主人様と義弟さんは男性で同姓だから家族として名前を入れただけ
「そういうものだから」と決まっただけかもしれません。

初耳だからあり得ない、私は不要だ、とか自己判断で決めつけないで、
年輩の方の習慣や仏事の知識ではどうなのかを聞かれたらどうでしょうか。
トピ主様の常識は、ご実家で見慣れていただけだったということもあると思いますよ。

ユーザーID:5749794491
ありますよ
タロ
2017年8月11日 0:09

父の実家の墓にも赤い文字で父の名前が彫ってあります。
叔父たちの名前もね。

お墓を建立した人たちの名前を彫って赤くしています。
亡くなると赤をとります。

ユーザーID:0901514127
全く同じでした。携帯からの書き込み
バタフライ
2017年8月11日 2:15

遠方に帰省した際、新しく建てたお墓に案内されましたが義両親の後は旦那長男の名前と義弟の名前が刻まれていました。
旦那は聞いてなかったようです。

義両親亡き後は長男である旦那に墓守りを頼んでました。実際、遠方に住んでるので大変だなあとは言ってました。
お墓については私はよくわかりませんが、ありえない事なんですかね?

ユーザーID:4213038134
あるけども
あらやん
2017年8月11日 8:04

地域によっては、あたりまえであり、よくあることです。

でも、後々、皆、順番にこの世を去った後、
後に残されたものは、そのままでもよし、終うもよし。
現実的な守り方をしていけばよいのです。

立派な昔ながらなお墓を建てる、ということが
ステータスのような考えも年配以上の方にはまだあります。

その建立に金銭的迷惑をかけられたわけでもないのですよね?
(まあ、そのお墓を終う時に、色々金銭はかかりますけども)
そんなにご立腹なさらなくてもよいと思います。

ユーザーID:4037073713
少し違うのですが似てますよ
通りすがり
2017年8月11日 8:09

夫は次男です。
義両親は約20年前にお墓を購入しました。
当時は、私達夫婦は結婚したばかりで義兄は独身(30代前半)。
私達は、義実家から車で約1時間のところに戸建てを購入し義兄は実家に同居。

義兄は、若い頃からおしゃれで女性にもてる人でした。(チャラっぽい)
そんな義兄には彼女がおりました。(似た者カップル)
義両親は、その彼女を気に入らなく結婚を反対し続け義兄も逆らえず結局 未だ独身。
義兄が結婚しないかもしれないと思える40代の頃から我が家の息子達に墓守だの跡継ぎだのという言葉が義両親の口から出るように。
数年前に義父が亡くなり義母と義兄はしつこく子供達に墓守の話をするように。

私達夫婦は、永代供養などを考えておりましたので夫は返事せず。

最近ですが 身近で突然死する人が増え私達夫婦も墓地のパンフなどを取り寄せて夫婦墓地や永代墓地を現実的に考えるようになりました。

現在、義兄は50代で義父の遺産の全てを相続し義母が元気なため家事も全てやってもらい高級車をのり悠悠自適な独身生活をしております。
そんな義兄よりも援助なくフルタイムで働き苦労しながらも住宅借入を完済し息子達を県外の大学に進学させている私達の方が早死にするかもしれません。

その時のために先に墓地の購入予約をしておく必要があると考えております。
言葉よりも行動。

相手が結論ありなら こちらも結論ありです。

一度 県外に出した息子達に墓守のために戻ってこいとは言えません。
話の通じない相手には全て既成事実で詰めていくつもりです。

ユーザーID:9911075797
普通ですが…携帯からの書き込み
かみ
2017年8月11日 9:57

生前に墓を建てると、赤字で名を刻むのは普通です。

ただ、気になるのは、全員同じ墓に入るってことですね。

跡継ぎの長男は刻まれるにしても、新家となる次男は入らないのでは…

まぁ、墓石屋やお寺が助言していると思いますので、きっと地域、宗派により違うこともあるのでしょうね。

そこは従順な嫁を演じて、義父母に教えを乞うたらどうですか?

ユーザーID:8730957378
赤文字
ぼちぼち
2017年8月11日 10:34

お墓に赤く文字を入れるというのは、長生きできるように という意味もあるそうです。

そんなに怒らないで冷静に。

お墓の御世話は本当に世話が掛かりますね。
お寺のおつきあいも同じ。

お墓を自分たちで、という気持ちも判りますが お墓にかかる費用は大変なものです。
あなたのお骨をどうしようが、それはあなたの自由。
なくなった後の親族の手間を考えたら 簡単に墓は要らぬとは言えません。

簡単に海に散灰できません、不法投棄になりますし。

お墓も相続するものですので、念の為。

ユーザーID:2373377078
ありますよ。色が違ってるんじゃない?
hipi
2017年8月11日 10:41

うちの地方では、亡くなったら白字、そして名前の下に亡くなった日が彫られる。
、生きているなら赤字でした。

ユーザーID:9301528834
ある携帯からの書き込み
カッコー
2017年8月11日 16:13

良くあるかどうかはわからないけどまだご存命のかたの名前をほって朱色を入れておくというのはありますよ。
亡くなったらその朱色を落とすのです。色が入っているというのはご存命の印です。
まあ、義両親のご存命のうちは好きにさせておいてはいかがですか。墓があるからといって必ず入らなければならないものではないし。
お金はかかりますが、墓石だって気に入らなければ建て直すこともできます。うちの祖父母と母が入っている墓がある共同墓地は墓を建て直すのが流行っているみたいで、豪華な墓が年々増えてます。
うちの墓は小さくて飾りがなくて、かえって異端になってしまいました。かといってはりあって建て直す気もありませんが。
義両親に好きにさせておいて次代は次代で好きにしてはいかがですか。何もなければ年の順になくなるわけですし。

ユーザーID:7333093864
生きてる間は、親世代の価値観を尊重して・・・
レッド味噌41
2017年8月11日 16:52

まだ生きているのにお墓に名前を彫る…ってある事みたいですね。
初めて夫の祖父の墓参りをした時、当時存命だった祖母の名前も刻まれていたのでギョッとしました。
(話は脱線しますが、墓を建ててから離婚したらどうするんでしょう?)

義両親さんは、子どもたち(&子どもの妻たち)と喧嘩にならないよう、ぼかして話す。夫さんも義弟さんもあえてツッコまない。家族が平和に付き合うための、いい方法ですよね。義両親さんにとって子どもたちが何を言おうと、安心して死ぬためには墓が必要。という価値観なんですよ。
トピ主さんも義妹さんも真面目な方だから、「墓があったら参らなければいけない」「守っていかなければならない」とお考えでしょうが、ここはひとつ。夫方の実家の話なんだから、静観しては。

世の順番通りなら、親世代が先に亡くなります。夫さんと義弟さんが先導するなら、盆暮れは皆で墓参り。夫さんと義弟さんがちゃんと面倒をみないなら、その時は墓じまい・永代供養も考える。
その時できることを、できるようにすればいいんだと思います。

ユーザーID:0569852329
うちも同じ
とき
2017年8月11日 17:08

3年前父が亡くなったとき、母の強い希望で新しくお墓を作りました。
というのも妹も私も結婚して姓が変わっており、しかも遠くに住んでいるので
お墓を建てても母亡き後どうするかを考え、ちょっと躊躇したのです。

トピ主の場合と同じように、母・私・妹の3人の連名でやはり赤字で名前を彫りました。
誰が継ぐかというより、お墓を建てた人を刻んだということでした。

うちにとっても今後の墓守については悩ましい問題です。

ユーザーID:2301410149
 
現在位置は
です