現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

『ある日どこかで』Somewhere in Time <ネタバレ注意> 携帯からの書き込み

エロイカより愛を
2017年8月11日 13:54

先日、ハードディスクに録り溜めしておいたタイトルの洋画を初めて鑑賞しました。
そこで、この映画を観た方(観てない方も可)に質問です。

 男と女の間に純愛はあるか?

私の答え
期間限定でアリです。
しかし、その賞味期限は1日〜3年です。

ユーザーID:0564502517  


お気に入り登録数:16
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
印象に残っている映画です。
2017年8月11日 15:57

ずいぶん、前に観ましたが印象に残っている映画です。
美しい映画ですよね〜
ボートに乗るシーンが特に、BGMのクラシックが良くあっていました。



純愛、あると思いますよ。

ユーザーID:7806023148
劇場で見た。
かんみ
2017年8月11日 16:55

なんかと同時上映だったから、封切館で見たねー。



懐かしいなー。


まぁ、賞味期限は、人それぞれ。だにょ。

ユーザーID:0611289713
難しい
はな
2017年8月11日 18:49

大好きな映画です。
ノスタルジーな雰囲気、主演のジェーンシーモアの美しさ、ラフマニノフの物憂げな曲。

でも純愛の定義って難しい。
ある、とは思います。
でもおっしゃる通り、賞味期限は短いかと。
儚いから純愛になり得るのだと考えます。

ユーザーID:2177679849
あると思う
ふ〜ん
2017年8月11日 21:36

 愛にも色んな形がありますからね。
これは純愛モノではなかったと思うが。。。

 毎年、あのホテルでファンの集いがあるらしいですね。
コアなファンから根強い支持のある、不思議な恋愛映画。

 キチンと見ていませんが、内容は知ってます。
ホラーファンタジーと言う人もいますから、
いつか見ようと(10年以上前から)思ってます。

ユーザーID:4977109785
日本映画史上、最も切ないラブストーリー携帯からの書き込み
エロイカより愛を(トピ主)
2017年8月12日 11:26

『牡丹灯篭』山本薩夫 監督作品
 配給 大映(1968年)

記憶が確かなら私が小学生2年か3年生の時に、1歳下の妹と二人で映画館で鑑賞した作品。

『ある日どこかで』この作品を鑑賞し終えて、すぐに思い出したのが約47年前に観た、映画『牡丹灯篭』でした。
私の中では『シャイニング』S・キューブリック監督作品と並ぶ、スタイリッシュサスペンスホラーの名作です。このお盆は久しぶりにDVDをレンタルしてみようと思います。

ユーザーID:0564502517
私もそう思う
りり
2017年8月12日 21:31

私も今春偶然この映画を〇マゾンプライムで見つけて完全にはまってしまいました。
全てが美しくカルト的なファンがいまだに世界中にいるのも納得なのですが
時空を超え命まで投げ出すほどの恋愛を成就させた二人は じきにその感情の激しさを持て余してしまうのでは、とやぼな心配までしてしまいました。

この映画はJ・キャメロンの「タイタニック」にも影響を与えたのではないか、と言われているそうですがあの二人もわずか一日の恋愛。
私もトピ様に全面的に賛成で 男女の純愛はあり、期間は非常に短くしかもかなり特殊な状態にある二人にのみ発生するような気かします。

ユーザーID:2179989394
息苦しいかも
マキニャック
2017年8月14日 1:56

あの映画、好きです。実はアメリカ在なので舞台となったところを訪れたことがあります。あまり言うとネタバレしてしまうので控えますが、ノスタルジックな空気が残っているので当時の雰囲気を感じることはできますよ。

さて男女の純愛はあると思います。でも息苦しい気もします。純愛じゃなかったら、人間の理性を忘れて本能に従うことができたらどんなに楽かなと思います。

ユーザーID:4518132455
トピ主です 2携帯からの書き込み
エロイカより愛を(トピ主)
2017年8月14日 13:33

草さま、かんみ様、はな様、ふ〜ん様、
レスありがとうございます。

日曜の夜に2回目を観ました。1回目よりも製作側の意図と細やかな仕掛けを理解し、あっという間の1時間40分でした。
ネットによると現在をコダック社のフィルム、過去はフジフィルム社のフィルムを使用し、やや露出オーバー気味のソフトフォーカスで、甘美な映像を演出したようです。

公開当時は酷評されたようです、現在はラブストーリーの名作として再評価されているのは、厳しい現実を突きつけられる事に疲弊した現代人の、心情の現れの一端なのでしょうか?。

ユーザーID:0564502517
時を超えて
洗濯終わり
2017年8月14日 19:18

私自身はこの映画を見ていないのですが、
昔雑誌に載っていたある俳優さんのインタビューを思い出しました。
ある日、彼のもとに高齢の女性からの手紙が届きます。その内容は、彼が女性のかつての婚約者によく似ていること、その婚約者は戦争で死んでしまったこと、そして彼女は婚約者を思いずっと独身を通しているというものでした。

その俳優さんは当時30前後だったと思うのですが、もちろん戦争体験もないですし、さてどういう返事を書いたらいいかと思って見たのがこの映画だったそうです。

返事がどうだったかというのは記事に載っていなかったのか、私が覚えていないのか、記憶にありません。ただ、映画やドラマのような人生を歩んでいる人がいるのだなということは心に残っています。
なので、トピ主さんの問いの答えは「そういう人もいる」ということでしょうか。
私自身はもう、すっかり世間の泥にまみれてこんな純粋な思いは消えてますけど。

ユーザーID:7760571602
純愛って何?
マサ
2017年8月14日 23:15

あの映画は青春時代に見た印象深い映画の一つで、わざわざミシガン湖のグランドホテルを見に行ったこともあります。いいところでした。タイムトラベルの話しは結構好きなので、他にもジェニーの肖像とか、日本のものだと勝五郎の生まれ変わり物語とかも面白いです。それにしても純愛って何でしょうね。永遠の課題です。

ユーザーID:7708745935
 
現在位置は
です