現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

日本在住の日英ハーフの子のバイリンガル教育について

さくら
2017年8月12日 16:56

もうすぐ第一子を出産予定のさくらと申します。
都内在住で、夫はイギリス人です。
両親としては、将来は国際的な分野で活躍できるような子に育ってもらいたいという希望があります。
日本語と英語をバランス良く身につけてもらうための、
家庭での言語教育についてアドバイスをお願いしたいです。

今のところ英語の絵本を読み聞かせる、英語の番組を見させるくらいしか思いつかないのですが、
ほかにどのようなことを実践したらよいでしょうか。
また、両親はそれぞれの母国語でしか子供と会話してはいけないという法則は守ったほうがよいのでしょうか。

次に、学校選びについて。
1歳になったら、近所のインタープレスクール、その後はインター幼稚園に通わせたいと考えていますが
小学校以降は地元の公立か、英国系インターかで迷っています。
ちなみに学区内の公立小は自宅からとても近くて環境も良く、制服もあってかなり好印象な学校です。
一方、一日のほとんどが日本語環境になってしまうことで英語がおろそかになってしまうのではという危惧があります。

英国系インターのほうは、学校自体は言うまでもなく素晴らしいと思うのですが、自宅からすこし遠いことと、
すべて英語環境ということでママ友付き合いや、学校とのやり取りの面で母親である私の負担が重くなってくるかな、
という心配があります。

日本在住の似たような境遇で、お子様をバイリンガルに育てられたかた、
家庭での言語教育方法、また学校選びについてアドバイスいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8653052910  


お気に入り登録数:55
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本


タイトル 投稿者 更新時間
言葉以前に
向日葵
2017年8月12日 17:56

お子さんが自分のアイデンティティをきちんと築けるか、が私なら心配です。

将来的にどちらの国にでも住めるのか、それとも日本に永住されそうなのか、
その状況次第で違ってきますが。

日本にいながらずっとインターばかりでは、いかにも日本的な対人関係とか
には触れることもなさそうですよね。

私は、とうに大人になってからですが、欧州で数年暮らして帰国した後、
何でも理詰めで議論することが歓迎された欧州での暮らしと、無言で
察し合うという日本的なやり方のギャップで数年間抵抗を覚えました。

お子さんの個性を見極めて、より生きやすい文化に馴染めるように、
と考えた上で言葉の教育を考えられたら、と思いました。

何が何でも両国の言葉に精通しなくてもいいと思います。

親心としてはもちろん、両方を是非!というお気持ち分かりますが、
あまりプレッシャーにならないといいけど、と思いました。

ユーザーID:6945188059
友人宅の話。
ボーダー
2017年8月12日 19:43

友人が日英ハーフの子育てをしてます。
母親である私の友人は家の中では英語オンリーです。
父親は日本語が話せません。
子供達は日本の学校へ行くことで日本語は完璧にペラペラ。
家では英語オンリーなので、英語もペラペラです。

ユーザーID:5713492872
在英です
クリス
2017年8月12日 22:46

20年前に渡英して、ロンドンで子供二人を育てました。
トピ主さんのように、経済的にも環境的にも学校が選べるなら、小学校は日本の公立、その後はイギリス系のプライベートがもっともいい選択だと思います。

日本の小学校は教育レベルが高く、しかも楽しい!

でも、高等教育は断然イギリスです。
セカンダリーからイギリスの学校に入れておけば、6th Formからイギリス国内のボーディングスクールに入ることも可能です。大学はイギリスかアメリカで選べばいいと思います。

逆は言語的に難しそうです。日本語を小学校でしっかり学べば、将来完璧なバイリンガルになれますが、その機を逃すと、日本語は話せても書けない中途半端な状態になりかねません。

日本在住だと、お父さんと英語で話すだけですから、英語の発達が遅れるのは仕方ありません。
それでもネイティブなので、その後で追いつくのは簡単です。
日本から渡英してきた日本人の子供たちは、最初ABCも知らない状態から立派に追いついています。
もともと話せるお子さんでしたら、問題ないと思いますよ。

ユーザーID:5161875127
親の夢と子供の夢って違います。
京子
2017年8月13日 0:13

英語と日本語が使えるだけでは国際的な分野での活躍ができるとは思えませんが。経験則から言わせていただきますが、ただ便利なだけです。日本語だけを知っている人、英語だけを知っている人よりもちょっとだけ得をするだけです。実際に、国連の事務総長をされていた方、バン・ギムン氏、英語を必要とする仕事ですが、とても韓国訛のある英語です。でも、国連の偉い仕事をしていました。きっと、後で英語を勉強したのだと思います。高校生まで英語が苦手だった女性が国連関係の仕事についている方もいます。この女性、なぜこの世の中に服を着られない人たちがいるのかという強い疑問から英語を勉強するようになったようです。だから、バイリンガルで育てたから国際的な仕事というのは短絡的に見えます。自分自身の中に強いパッションがあれば何語だろうが国際的な仕事にはつけます。国を超えての仕事ならば自分にきちんとしたポリシーがないと認められませんよ。本人が将来何をやりたいのかという希望と親の希望が一致するとも限りません。親の夢が子供の負担にならないようにしてあげてください。

ユーザーID:1878491456
祇園精舎の鐘の音
与太郎
2017年8月13日 2:01

此の種の投稿には参加しない、と誓ったのも束の間。

御多分に漏れず欧米崇拝がむんむんと漂ってくる本件。

昔の国連の其の筋の報告でも多重語教育の弊害は唱えられております。 結果は 「賛同出来ない」 とか 「弊害の方が多い」 とかだったと思います。

かっこの良さに引かれているのでしょう、主さん!  お子さんにとって最も良い、合った教育を目指すべきです。 

外国語を ペラペラ しゃべる、なんぞ見てくれに惑わされては 生涯、生まれてくるお子さんが苦労するだけ。 

お宅のようにご両親が日本語に英語である場合は確かに選択には苦労なさるとおもいますが、それでも多重語教育は マイクロソフト と アップル を被せたものですので、要注意には変わり有りません。 日英結婚は両親の勝手です。 生まれてくる子供に発言権は御座いません。 

日英言語併合の果てに頭脳 (コンピューター) が中途半端にならぬよう、心してください。 見てくれは表参道だけにして下さい。 


備考・ ベルギー、スイス、カナダ、南ア、等、二か国公用語の国々でも二か国語併合の教育は無いはずです。 米国ですらやっておりません。 反対が多かったから、と記憶しております。 

ユーザーID:3737986485
姉のところの話ですが携帯からの書き込み
通りすがり
2017年8月13日 14:00

参考になれば、幸いです。
日本人同士の姉夫婦は、どちらも英語教師です。義兄は英語と仏語、姉は英語、スペイン語を話します。
義兄は大学で仏語を学び、フランス人のコミュニティに出入りして、フランス人と会話することによって、読み書き話すが出来るようになったそうです。
姉は日本の大学でスペイン語を学び、スペインの大学に行きました。卒業後は、現地で数年働いてました。

姪が産まれた時、義兄が日本語、英語、仏語、スペイン語を教えると言いだしたそうです。
姉は「日本で暮らしていくなら、日本語。日本語が出来ないのに、英語やスペイン語なんか覚えさせる必要はない。」と言いました。
姉は日本語のみでしたが、義兄が英語と仏語で話すので、姪は日本語、英語、仏語を話すようになってしまいました。
姪は幼稚園は近所、学校は公立小に通い、友達や先生とは日本語で話しています。
姉が厳しく言うため、姪が外で英語と仏語を話すことはないようです。
家での会話は、姉は今も日本語のみ、義兄は英語と仏語です。3人の場合は日本語にしたと言ってました。
姪に読み書きも同時進行で教えたので、読み書きも問題ないそうです。
因みに姪は、日本語と仏語が好きと言ってました笑
姉の意向で、中学高校は日本の学校、大学は国内外の好きなところに行かせるそうです。

姪を見ていて、学校が日本語のみのところなら、家やその他のところで英語に触れる機会を作られたらいかがですか?
逆の場合も然り。
トピ主さんが日本語、ご主人が英語でお子さんと話すのがいいのかもと思いました。

ユーザーID:7631829687
インター、公立、どちらも悪くない。
今は在外邦人
2017年8月13日 15:11

日本人家庭ですが、イギリスからの帰国だったので、子どもを
とあるインターに通わせていた者です。

ご家庭の共通言語は英語でしょうか?そうであれば、インターに通うと
どうしても日本語が弱くなってしまいます。しかし、国外のインター
よりも、日本語に接する機会は圧倒的に多いので(授業でも選択できるし
日本語で習い事をすることもできる)、悪い選択肢ではないと思います。

ただ、もし公立小をお選びになっても、ご家庭が英語なら、上手く
いっているケースは見聞きするので、これまた悪くない気がします。
しかし、ご家庭が日本語だと、幼児期に習得した英語は瞬く間に
抜けてしまって、維持できた例は、寡聞にして存じ上げません。
保持教室やスカイプ英語でも、なかなか難しいです。

ウチは国際結婚ではないのですが、何か参考にしていただけることが
あったら嬉しいです。

ユーザーID:3679228700
レスします
カナダより
2017年8月14日 20:46

カナダは、英仏イマージョン教育の先駆者ですよ?
アメリカでも、イマージョンの学校が増えていてます。

情報が古いと思われます。

ユーザーID:0171903930
トピ主です携帯からの書き込み
さくら
2017年8月15日 19:47

お返事いただいたみなさま、ありがとうございます!
少し補足をしたいのですが…

子供には将来国際的な分野で活躍してほしい、と書きましたが、何がなんでもというわけではなく、多言語話せることで少しでも本人のポテンシャルや職業の選択肢が広がるといいな、と考えています。
子供が物事つく少なくとも小学校低学年くらいまでは、両言語の基礎づくりをしてあげる責任が親にはあると思います。
それ以降何の言語を選択するのか、何の分野に進むかはもちろん子供の考えが最優先です。
というわけで、少し語弊があったので訂正します。

次に私たち夫婦についてですが、おそらく子供が小・中学生のうちは日本に住み、その後英語圏への移住の可能性もあり、という状況です。
夫の日本語、私の英語はともにビジネスレベル程度で、家では日英6:4くらいのバランスで話しています。

なるほど!と考えさせられるご意見もあり…
後ほどお返事させていただきます。
取り急ぎ、補足でした。

ユーザーID:8846323953
最終学歴
海外在住
2017年8月15日 20:05

海外在住なので、日本でのバイリンガル教育の経験はありませんが、一つだけ。最終学歴をどの国でつけさせたいかを考えて、学校を選ぶことをおすすめします。イギリスの大学に行かせるのなら、英国系インター、日本の大学なら、日本の小学校を選ぶことです。バイリンガルにこだわるあまり、中途半端な時期に学習言語を変えると、思考力が伸び悩むことがあるので、お気をつけください。

ユーザーID:7925253213
英語はご主人に頑張ってもらって
ぴよ
2017年8月15日 23:59

「母」国語の名の通り、子供は母親の言語が母国語となることが多いそうです。日本人母が海外在住の場合、日英のバランスが上手く取れやすいのですが、逆の場合は日本語に偏りやすい。逆に母親が外国人の日本在住者を知っていますが、子供は日本で生まれ育ち、日本の学校に通っているのに、たどたどしい日本語しか話せません。家では日本人のご主人も英語を話しているそうです。

私は海外に住む日本人母で、子供には日本語で話しかけています。父親は無口な方で、子供は現地で生まれ育ち現地校に通っています。子供は日本語の方が上手です。私は、学校は家庭の方針で決めるとしても、「親は母国語」を徹底した方がいいと思います。学校で学べるのは、文法とボキャブラリー。発音や考え方の基本は、親からの影響が大きいと感じます。文法やボキャブラリーは、後からいくらでも学べますが、発音などは一旦家庭で定着すると、矯正しにくいと思います。

ユーザーID:3519267851
夫婦の言語はどうなってますか?
ハレルヤ
2017年8月16日 17:13

今現在、英語ですか?

私は今現在ヨーロッパに住んでいて子供は現在小学生です。
主人が日本語が出来るので、夫婦の会話も日本語で子供が生まれてもついつい日本語で会話してました。
そうしたら、幼稚園まではやはり日本語メインになってしまって。。。
途中から主人だけ現地語で対応する様になったらメキメキ上達しました。
生まれた時からそうすべきだった、と反省しています。
知人はお子さんが生まれた時から旦那さんは現地語、お母さんは日本語を貫いていたのでとても良い感じでバイリンガルになってました。
途中からだとちょっと子供が可哀想だったので、それは貫いた方が良いと思います。

日本にお住まいなら祖父祖母は日本語でしょうし、まずはインターに通わせてお母さんとは日本語で会話、お父さんとは英語で会話が良いのではないでしょうか?
日本在住なら、テレビも日本語で見られるし、巷には日本語が溢れてるし、事欠かないでしょう。
インターに通わせたらお母さんの英語の上達にもなって良いじゃないですか〜頑張って下さいね。

ユーザーID:7188645970
一親一言語が原則ではないでしょうか?
domo
2017年8月17日 17:36

ご主人が英語、主さんが日本語を徹底することです。
また家庭内言語は英語に統一することだと思います。できればニュースや娯楽テレビもすべてです。

どちらもビジネスレベルのご夫婦、気をつけないと、子どもは賢いですから、父親が日本語を理解するとわかったらもう英語なんか話しません。

どうしても現地語の影響は大きいですが、幸い英語という日本ではかなりありがたがられる言語、小学生までなんとか保てば、あとは自分が有利なことに気がついて頑張るのではないでしょうか?

あるいはアイデンティティ問題でかえって背を向けるか、性格・容姿等にもよるかもしれませんが。

幼児期の英語は無駄になると信じている人が多いですが、実は脳の奥に眠っているだけで、必要になればすごい勢いで回復します。
5,6歳前後まで頑張ることができれば、「英語の部屋」が脳の中に作られると言われています。
それまで頑張りましょう。
そうすると幼稚園は英語系のところがいいのかもですが、家庭内英語が徹底されていると英語に偏りすぎ日本語で苦労するかもなので、お子さんの様子を見て調整してください。
小学校以降の教育は高校まで基本日本で想定されたほうがいいと思います。

外国でも生きていける、のと日本で生きていけない・外国でしか生きていけない、のは違うと思います。
親と離れ武器にならない英語だけを頼りに外国で生きていくのは辛くないですか?
バイリンガルを徹底しすぎて子供を日本から追い出す結果にならないように気を付けて下さい。

ユーザーID:5532462150
慌てず、焦らず
Maki
2017年8月17日 21:18

まだお子さん生まれていらっしゃらないんですよね。

今から小学校の事など心配せず、現状を楽しんでください。時間がたち、実際の我が子と触れ合う中で、今考えている「親の義務、常識」も変化して行きます。
同じ自分の子でも、複数いれば性格や性質、能力に合わせ、しかり方、褒め方、課題の与え方それぞれ違います。
皆、試行錯誤して、あったやり方を見つけているので、これをすれば間違いなし!なんてものはありません。学校選びもしかり。

ただ、日本は特殊な国なので、学習環境が日本語なら家では父母ともに英語、英語環境ならば家では日本語とした方がバランスがとれ、子供も混乱しづらいかとは思います。
ご主人の日本語能力がビジネスレベルというのは、お子さんにとって、とても助けになると思います。
家庭内で、どちらか一方の親が理解できない言葉を話すのは、子どには抵抗があるようですよ。内緒話のようで。

ユーザーID:6851095423
 


現在位置は
です