現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

クルージングの旅について

初心者
2017年8月14日 12:46

来年、クルージングの旅に参加しようかと検討してます。
フェリーは最高で、21時間くらいしか乗船したことがありません。
クルージングの旅もいいかなと思って、来年を考えてます。

まだパートで働いているので、8日間くらいがやっとです。
完全に仕事を辞めたら、ピースボートに乗りたいなと思ってますが。

クルージングでの旅を経験された方にお伺いします。
どうでしたか?
退屈はしなかったですか?
料金は、食事代は込みで、最初に払う金額以外に、
もろもろ、どのくらいかかりますか?
部屋で下着くらいは洗濯できますか?
冷蔵庫など、ありますか?
乗船時に、飲み物などを持ち込むことはできますか?

教えていただけると、うれしいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:2091028852  


お気に入り登録数:65
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
わたしが経験したヨーロッパ資本のN社では
あらいぐま
2017年8月14日 17:33

部屋に冷蔵庫はありませんでした。飲み物の持ち込みは航空機と同じで基本的に不可だったと思います。非アルコール飲料は各種飲み放題、アルコール飲料は追加料金を払えば一定限度まで飲めますが上限までは飲まないだろうと思ったので一杯ずつクレジットカードに課金してもらいました。料金は一般の居酒屋よりも安いと思いました。

N社は横浜港が近日中に拡充され次第、日本発のクルーズを開始する予定で国民一人当たりの魚介類の消費量が日本と並んで多い国の資本なので乗船料に込みのバッフェに寿司なんかが含まれ、人気が出ると思われます。バッフェ以外に素敵な雰囲気のレストランも船上に複数あり、そこでの食事料金の多く場合は乗船料に込みでした。追加料金が必要なレストランは利用していないので相場はわかりません。

N社の場合、各部屋にシャワーコーナーがあってそこで簡単な洗濯はできましたが室内がしけるかもしれないので水着しか洗濯しませんでした。北米・ヨーロッパのクルーズの場合、デッキに水着着用の男女混浴ミニ浴槽があって体を温めながら乗船客同士が交流できる良い雰囲気を醸していましたが日本発のクルーズ船にはもしかしたら銭湯風の浴場があるかもしれません。お風呂のことを含めて日本発のクルーズは北米・ヨーロッパとは規格が違うでしょうし会社よっても違うのが当たり前なので各社のウェブサイトを見たり参加決定後に質問して持ち物などを決めるのがいいです。

わたしはデッキチェアーの上で海風に吹かれながら読書するのがクルーズの目的の一つだったので寄港地での観光と併せて退屈はしませんでしたが、船上の各種アトラクションを観たという人は「二流の芸人ばかりでつまらなかった。」と言っていました。航行中の時間つぶしができる施設には映画館、エステ、スポーツクラブ、若年層が利用できるバスケ練習場、卓球台などがありました。

ユーザーID:0129918694
クルーズについて
一姫
2017年8月14日 21:30

初心者様

何度かクルーズを体験しています。今年は日本各地から出発するクルーズ船も多いようですね。日本発着の場合、飛行機での移動がない分、8日あれば、寄港地に海外(ロシア、台湾、韓国等)が入るツアーもあります。私の場合は、海外からの発着でこれまでカリブ海2回、エーゲ海、アドリア海等に行きました。この場合どうしても飛行機での移動に2,3日取られますので実際の船内泊は5泊程度でしょうか。

比較的豪華客船ではなく、カジュアル船と言われる船で、料金はバルコニ―付きの部屋で1泊あたり1万円〜1万5千円くらいでした。食事はフルコースの朝、昼、夜、ビュッフェ20時間、ルームサービス、飲み放題(アルコール、ソフトドリンク、アイスクリームバー)、それにヨーロッパやアメリカまでの飛行機代が入り、10日間のパッケージで20万円前後でした。

退屈についてですが、寝る暇がないくらい忙しかったです。(笑)
クルーズは夜港を離れ、翌朝次の港に着いて昼間は寄港地を観光するパターンが多いです。朝はヨガに始まり、毎晩変わるショー等、いろいろなプログラムやイベントが用意されていますので退屈ところか時間が足りないくらいでした。

最初に払う金額以外にかかる費用ですが、寄港地のツアーを船内で申し込んだ場合のツアー代金、もし船を降りて自分で観光できる寄港地であれば、費用は発生しません。食事も船に戻れば無料です。

洗濯ですが、地中海の場合はすぐに洗濯物が乾くので、バスルームで手洗いして、バルコニーにこっそり干してました。日本船の場合、コインランドリー付きの船もあるようです。

飲み物の持ち込みについてですが、船に戻る(乗る)時に持ち物検査があり、アルコール等は船を降りるまでお預かりになりますが、ペットボトル程度は大丈夫だったような気がしますが、期間中の飲み物となると、持ち込みは難しいのではないでしょうか。

ユーザーID:4686313770
ヨーロッパクルーズ。
匿名
2017年8月15日 5:20

ベネチアから出港のアドリア、エーゲ海クルーズに日本の旅行会社から申し込みました。
各港のオプショナルツアーに参加したので暇な時間はほとんどありません、むしろ忙しいくらいです(笑)夜飯は同じツアー客と毎日談笑しながら一緒に取ります。
最終日にはビールチケット、チップ、ワインバーやネット使用代など3万くらい二人で支払ったと思います。
船内にブランドショップなどもありますので買い物される場合はそれなりに。
洗濯バックを持っていき洗面台で下着は洗いTシャツはあえて着古したもので捨てる代わりにお土産を詰めて帰りました。
冷蔵庫はありますが飲み物だけは料金制でしたので基本持ち込み不可でしたが船によると思われます。
それからクルーズは時期によって海が荒れることもあるようなのでよく下調べされたほうが良いですしヨーロッパ船は日本人には少し涼しく感じますが日本の旅行代理店経由だと英語が話せなくても不便を感じることなく過ごせたのは楽でした。
カジュアル船の食事は日本人にとってはそこまで期待できませんがそれでも素晴らしい観光地を無駄なく廻れたことに満足です。

ユーザーID:2286812445
次はヨーロッパ希望
おばさん
2017年8月16日 10:02

船内でいろいろイベントもあるし昼間は寄港地で
観光もできるので退屈はしなかったです

料金は、私が乗ったものは、お酒、缶やボトルに入った飲み物は
有料
ドリンクバーの飲み物(ノンアルのみ)は無料
飲み物、エステ、船内の買い物など有料のものは
部屋のカードキーにつけられて
下船前日に請求書が来て、下船前に支払いをすますシステムでした

ヨーロッパ系の会社のカリビアンクルーズで下船前に夕食のテーブルについてくれるウエイター(毎晩同じ)と、部屋担当のメイドにまとめてチップを渡すのが慣例でした

一番下のランクの部屋で狭かったですが
下着靴下ぐらいは洗濯して干すスペースはありました
かなり部屋が乾燥していたので一晩で乾いてましたよ

施設は、劇場、映画、エステ、プール、カジノ
ダンスクラブ、ゴルフレッスン、ジム
だったかな
ダンスクラブは一日おきに成年のみと未成年の入れる日(お酒は出さない)となっていまし



冷蔵庫はなかったです
船や部屋のランクによると思います

飲み物の持ち込み、寄港地のスーパーで購入したものを持ち込んでいる人を見ましたが何も言われてなかったのですが、こういうものも船次第かとおもいます

ユーザーID:2397798032
数少ない経験ですが
ぱんだまん
2017年8月16日 12:22

一つは五日間のクルージング。
リゾートホテルが海上を移動するイメージです。
レストランやバーがいくつかあり、決められた所で食事をする限り無料。
毎回メニューも工夫されていて同じレストランでも飽きませんでした。
その他ショーが見られるステージやジムも私の乗った船では無料でした。
バーや高級フレンチは別料金、ここさえ使わなければお金はほとんど必要なかったです。

部屋は船底に近い小さな窓しかない部屋からバルコニー付きの部屋まで数ランク。
お財布が許すなら多少料金はかかっても窓の大きい部屋がおすすめです。
私の部屋はバルコニー付き、バスタブなし(シャワーのみ)。ドライヤー等あり。
プールやジャグジーもあるのでシャワーだけで充分でした。
下着程度なら部屋で洗濯できました。
冷蔵庫はあったかな?覚えていません。ペットボトルの水が毎日部屋に届けられたし
喫茶室や売店もあり不便は感じませんでした。

二つ目はクルージングではなく単に三日間の船での移動ですが
4人一部屋の相部屋、二段べッドが二つあるだけ。他に何も、窓もなし。
レストランは一つ、毎日ビュッフェ。水は給水機でいつでも飲める。
浴場(4〜5人入れるかな)と洗濯室(洗濯機が5台ほど)は当然のごとく共用で船底。
お金は自販機のジュースを買う以外使うところなし。

二つ目は参考にはならないでしょうがクルーズによってだいぶ違うと思いますよ。
確認してくださいね。

ユーザーID:4562684338
気楽に楽しめますよ
在米の華子
2017年8月16日 22:55

米国東海岸在住の華子です。

フロリダからのカリブクルーズに数回参加したことがあります。

船上で退屈することはありませんよ。
アクアビューティーが豊富ですし、静かに過ごしたければ図書館で読書もできます。

費用ですが、基本料金に含まれていないオプショナルツアー、買い物など自分の裁量内でアレンジできる費用が掛かります。食事時のワインもピンからキリまでいろいろ勧められました。これも食事代に含まれません。

私共の選んだキャビンには冷蔵庫が付いていました。でも余り使いませんでした。

洗濯ですが、やろうと思えば出来ますし、バルコニーがあえば干すことも出来ますが、どうでしょうか。

飲み物の持ち込みですが、アルコール類はできません。その他のノンアルコール飲料は無料で飲めますので持ち込む必要ありませんね。

クルーズは、船上で存分に楽しむことだと思います。夜のショーも楽しかったですよ。ただ私共は、寄港地で余りゆっくり出来ませんので、やはり目的地まで飛行機で飛んで現地でゆっくり過ごすことをこの頃は選んでいます。

ユーザーID:5354027137
トピ主です
初心者(トピ主)
2017年8月18日 11:28

アドバイス、ありがとうございます。
みなさん、クルージングを楽しまれたみたいで、私も、経験したくなりました。
今度、クルージングの説明会に行こうと思います。

つい、貧乏性なので、船の中で飲む(寝る前に主人が、ウイスキーをちょっと、飲むくらいなんですが)ウイスキーを
持ち込んでもいいのか?
海外旅行は、ツアーでの参加しか経験ないので、チップの渡し方、金額が、わからないのが、不安。

それでも、楽しさのほうが上回ってるので、参加しようと思います。

とりあえず、8日間のクルーズを、考えています。
お船に、持って行って、便利だったものなど、ありましたら、
教えていただけますか・
よろしくお願いします。

私は、60代後半と50代後半の夫婦です。

ユーザーID:2091028852
ヨーロッパ系N社追加(多分他社も同じ)
あらいぐま
2017年8月18日 12:24

おそらくこれは全クルーズ共通だと思いますが、船上では現金や通常のクレジットカードでの支払いは一切できませんでした。乗船前に受付で顔写真を撮り、パスポートのコピーを取り、普段使用しているクレジットカードの情報を登録するとカードを一枚(おそらく成人1人につき一枚)くれました。このカードが個室のカードキーと船内限定のクレジットカードになります。一度なくしましたが船内のコンシェルジュがすぐに再発行してくれました。乗船前に撮影した顔写真と目の前のわたしの顔をしげしげと見比べて、正に顔パスでした。乗船後にクレジットカードで支払った金額の明細書も頼めばすぐに出してくれます。航空機の場合と同じで本物と言おうか普段使っているクレジットカードへの課金は下船までされないはずですが、寄港地でのガイドツアーが結構お高くて、ガイドツアーへの参加を船内のコンシェルジュに申し込むと後で明細書を見て仰天することになるかもしれません。計画段階で同じ金額を支払っておけば後で明細書を見て仰天はしませんが、コンシェルジュの知識にも捨てがたいものがあり、手数料なしで変更できて明細書に反映されるので話しかけてみるといいでしょう。最寄りの空港や駅から出立地の港までの送迎バスがある場合、利用するとその料金は同じシステムで課金され、タクシーを利用するよりも安いです。

あと北米・ヨーロッパのクルーズでは、わたしがクルーズ船の中だけではなくどこに行っても徹底的に無視することにしている時間つぶしの施設のカジノがありました。依存症の傾向がある人はクレジットカードに課金されるこのシステムは非常にヤバいのでは。。。。

ユーザーID:0129918694
飲み物(酒類)もちこみ
Keyココ
2017年8月19日 7:52

海外在住なのですが、6回程クルーズに乗りました。アラスカ、カリビアンそして地中海ですが、いずれも米国船でした。

さて、飲み物(酒類)は多分禁止だと思います。夫と義父が、ある時自分たちの部屋飲み用にしようと、寄港地で買ったウィスキーを持ち込もうとしました、隠れてでなく堂々とですが。それに船内で注文するより安いですから。

ちなみに、寄港地で下船して、再乗船時にはセキュリティーチェック(空港同様)があります。荷物と身体と別にあります。

夫と義父の場合、荷物検査でウィスキーボトルがちゃんと映って見えました。没収でしたが、下船時に返却されると言われました。購入、持ち込みは出来るが、船内で飲む事は出来ないそうです。

空港などで購入する免税品と同様です。つまり空港で買った免税品の酒を機内で飲む事ができないのと同じ事です。

現地で買ったポットボトルの水は、没収されなかったので、多分酒類が対象と思われます。


勿論、下船時には返却してくれましたよ。

ユーザーID:4025049620
まずは日本発着日本船は?
あるばとろす
2017年8月19日 18:22

どこかに入港すると下船し観光すると思うので、昼間は船にいません。夕方船に
戻ると、夕飯やショーを楽しんで寝るだけ。退屈する暇はありません。

1日洋上で移動の日は、船内で色々な催し物があります。映画上映があったり
簡単な〇〇教室とか、船内の見学ツアー等、無料、有料様々なものがあります。
前の晩に「船内新聞」が部屋に配られるので、それで行事をチェック。それの
ハシゴをしていると、退屈している暇はありません。

外国船の場合、何かとチップがかかります。何にどの程度?と悩まないよう金額が
指定されています。概ね1日15ドル程度。日本船ではこれは不要です。それ以外は
アルコール類を飲まなければ差額はかかりません。食事以外の、ちょっとしたお茶
とケーキとかも無料です。場合によっては、ブランドのアイスクリームやコーヒーが
有料の物もあります。外国船は炭酸飲料は有料のことが多いですね。

外国船の場合「非日常をお楽しみ下さい」という理由でコインランドリーが付いて
いない船もあります。部屋には洗面台があるので、下着程度なら洗えます。バスタブ
付きなら、その上に物干の紐が付いている事が多いです。バスタイルで挟んで
パンパンとやってから干すと早く乾きますよ。

部屋にはだいたい小さな冷蔵庫が付いています。飛鳥2では毎日無料で水やジュースが
補充されます。国外の場合、アルコール類の持ち込みは場所によります。日本国内
なら何の問題もなく持ち込めます。

日本船(飛鳥2,ぱしふぃっくびいなす、日本丸)には、無料で使えるセルフ
ランドリーがあり、なんと言っても大浴場があります。当然無料で入浴出来ます。
飛鳥2のビンゴは、無料で参加可能ですが景品が太っ腹です。外国船だとビンゴは
有料参加が多い。

まず手始めには、2,3泊の日本船を薦めます。

ユーザーID:1847483417
チップは定額。
匿名
2017年8月20日 17:16

船内での飲み買い決められた定額のチップ代などは最終日全て一括クレジット決済されます(クレジット払いの場合)
その用紙に間違えが無ければサインして一枚を船室に一枚を控えに貰って終了です。
ヨーロッパクルーズのイタリア船でしたがクレジット払いが簡単でお勧めです。

ユーザーID:2286812445
持って行って良かったもの
ぱんだまん
2017年8月20日 17:30

水着の上にはおる上着
パレオ
文庫本

です。

私の乗った船は、リゾートホテルイメージのクルーズ船だったこともあり
1日上陸ツアーなどには参加せず、ずっと甲板のプールサイドでごろごろしていたのですが
船は動いている、つまり、そのぶん風が吹いているということで
濡れた体に何も着ないでトドになるのは、結構寒いのです。というわけで上着必須です。

パレオは、自室とプールの移動時にスカート風またはワンピース風に水着の上から巻けば
恥ずかしさが半減する魔法の布です。「お上品船」ではないので、これがあれば十分でした。

文庫本は、のんびり派の方にはあるといいです。図書室もあったのですが、好みのラインナップ
ではなかったし、そもそも日本のクルーズ船ではなかったので、日本語の本もなかったので
私にとっては持って行ってよかったものといえます。

船のタイプやこんな風に楽しみたいというトピ主様の希望で違ってくるでしょうが
ご参考までに。楽しんでくださいね!

ユーザーID:4562684338
申込会社に問い合わせる
初心者且つ貧乏性
2017年8月21日 22:57

アルコールは持ち込み不可、後清算。
ナイトキャップ程度なら、価格は一般的ですので、ご安心を。
心配なら、事前に問い合わせして確認なさって下さい。

基本的に全部込です。
寄港地のオプショナルツアーフィーなどとお土産など、お買い物の予算は必要。
オプションの価格も、申込会社に事前に問い合わせれば、一部教えてくれますので安心です。

持ち物
レスの他には
・何をしようかな、というワクワクした気持ち
・何もない大海原の上で何もしない贅沢を味わう心のゆとり
・「おめざ」から夜食まで一日何食!?と、ビックリするほどのご馳走が待っていますので、健康のための自制心
・夜はドレスアップしたいですね。
ドレスコードは必ず旅程表に記載されています。
大抵、一夜ごとに違うでしょう。
例えばフォーマルなら、ご主人はスーツとネクタイ、
奥様は、皺にならない素材の丈長ワンピースドレスがおすすめです。
気分を上げてくれるコスチュームジュエリーと踊りやすいパンプスも是非。
またはカジュアルなら、私は船内だからこそ、カジュアルコードに応じながら且つ華やかな色柄を選びます。
・薬。持病があれば、もちろんのこと、安心のため日頃、薬箱に入れている市販薬一通り。
市販薬は多分、船内にもありますが、是非。
これまた、お守りとして酔い止め(客船では使ったことはありませんが、寄港地での小舟でのツアー前には飲みました)
寄港地次第では、塗る虫よけや虫刺されの薬。
日焼け止めと帽子も。
・水着とスポーツウエア一式。
・双眼鏡

私は、国内発着便のみしか乗ったことが無いので、荷物は宅配便を使います。


ぜひ、良い船旅を。

ユーザーID:5118800539
こんなものも役立ちます。
あらいぐま
2017年8月23日 17:59

初めてのクルーズはバハマへの3泊4日でした。オハイオから来て気心の知れた大勢が2人1組に分かれて夫婦用の個室を占領していたおばさん連のうちの1人が個室内の電源アウトレットが1つしかないと文句を言っていました。2度目のクルーズ(地中海西部)では個室内の電源は2つでしたが、一応電気コードを持って行ったほうがいいです。わたしは旅行用のスーツケースにスリッパ、電気コード(一度に3つの電気製品または充電器の使用可)とワインのオープナーはいつでも入れているので問題はありませんでした。使用しなかったのはワインオープナーだけでした。

それから広口のペットボトル(日本では使用されていません)か大きなマグカップ、これはデッキチェアでくつろぐ時にデッキチェアとドリンクバーとの間を行ったり来たりしないために必要です。ただ、ドリンクバーマシンの飲み物の注ぎ口に自分が持参したボトルをくっつけているところを乗務員に見つかるとえらく叱られます。備え付けのカップに飲み物を注いで自分のボトルに移し替えるのがエチケットです。

ユーザーID:0129918694
プリンセスクルーズ
眠い猫
2017年8月24日 13:29

乗船したら、すぐに避難訓練があり、それが済んだら、船内をあちこち見て回ったり、カフェテリア(24時間オープン)で休んだり、ツアーの申し込みをしたり、ディナーで舌鼓を打っているうちに初日が終了。寝ている間に寄港地に到着し、一日観光を楽しんで、また寝ている間に…の繰り返しですが、毎日、違う町に移動しますし、一日中クルーズという日でも、キッチンツアーとかシアターとかイベントが盛りだくさんなので、決して飽きることはないと思います。私は見てただけだけど、カジノもありましたし、デッキにでて他のお客さんとしゃべりながらラッコを見つけたりするのも楽しかったです。

料金は、寄港地でのツアー料金、昼食代以外は、あまりかからなかったような気がします(ランチも、船に戻れば無料で食べられますしね)。ツアーの料金は内容によってピンキリですね。町を一周する程度のものでしたら、30ドルくらいですし、小型飛行機で氷河の上を飛ぶとなると、ある程度していたような気がします(記憶になくてすみません)。チップは一律いくら、と定められていたので、最終日にまとめてお支払いしました(1日20ドルくらいだったかと)。

洗濯ですが、ランドリールームでできました(乾燥機も付いているので、当然、乾燥も)。冷蔵庫も付いてましたよ(海側バルコニー付きの部屋)。

一週間のクルーズで2回フォーマルナイトがあったので、着物を着ていったら好評でした。

ユーザーID:9522825653
 
現在位置は
です