現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

外国語を2国語以上マスターしている方 携帯からの書き込み

ハナトゥルセ
2017年8月25日 8:52

外国語を2ヶ国語以上マスターしている方、使う頻度やブラシュアップの方法・勉強時間の配分など、どんな感じですか。
例えば私の場合、ドイツ語をよく使っていて、英語をしばらく使わないでいると、英語を忘れたり、スッと出て来ないようになったりします。
ドイツ語と英語のチャンポンでしゃべってしまう時もあります。
逆に、英語をよく使っていて、ドイツ語をしばらく使わない場合も同様になります。
なので、同時進行でブラシュアップし続けようと、いちおう毎日両方の言語に触れるように自分なりには努力しています。
通勤電車内では、日本語の文章を脳内でドイツ語・英語で言い換えたり、それぞれの言語で音楽を聴いたりしています。
ドイツ語圏、英語圏の友人と会っておしゃべりするのも、やはりいつも勉強になります。
NHKのテレビ講座にもお世話になっています。
ちなみに今は日本に住んでいます。
みなさまは、どのようにブラシュアップされていますか?
外国語を3ヶ国語以上マスターされている方のご意見も伺ってみたいです。
もしお時間がありましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8744908056  


お気に入り登録数:105
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
友人か何か国語か話せますが…
きらり
2017年8月25日 11:17

英語・中国語(広東語?)・フランス語・イタリア語・あとオランダ語?だったような…すみません、わたし本人は外国語に疎いもので。
友人の仕事で担当があるらしく英語・中国語・フランス語はよく使うようなのでそこは完璧なようです。あとの二か国語はたまにしか使わないので単語が混ざったり細かい部分がおかしくなると苦笑いしていました。やはり勉強するよりは仕事や生活で使ったほうがいいのでしょう。
仕事が忙しいようですが外国語教室に行って調整すると言っていました。

ユーザーID:4990893810
言語に差がありますが・・・
4か国語目
2017年8月25日 12:55

英語と日本語は普通に出来て(職経験あり)、中国語と夫の母国語(欧州圏)は簡単な日常会話程度のレベルです。
海外に住んでいるのでトピ主さんよりは環境が上手く入りやすいかと思います。日本にいたら きっと大変だろうなと思いますが、ここでは 英語圏の友達(または英語で話す友達)とは普通に英語、日本人とは日本語、ここの2か国語に関しては混乱する事がありません。瞬時に変えられるというか夢の中でも同じです。
中国語と夫母国語はそこまで上手くはないので最初は混乱します。例えば夫の国に居る間はついつい中国語で反応してしまったり、またその逆だったり。。。中国語圏で夫母国語の人と中国人とのグループ会話などの場合も混乱します。聞く力もその二か国語が混ざると理解に時間がかかってしまうように感じます。

やはり友達を作る、常に会話をする事が一番の近道かと思います。
頑張ってください!

ユーザーID:2923437410
通訳以外、言い換えはしないようにしています
3つだけだけど…
2017年8月25日 16:19

>ドイツ語と英語のチャンポンでしゃべってしまう
と英語を習った独人には理解してもらえる事が多いと思います(若者っぽい話し方に聞こえる可能性あり)が、母語・英語で独語も結構話すと言う人が少ない+注意しないといけない同音異義語がありますので(例:ギフト)、結局、主様が何を言おうとしているのか正しく理解されない可能性もあると思います

>日本語の文章を脳内でドイツ語・英語で言い換えたり

私は、ある程度、その言語ができるようになったら、通訳・翻訳以外の場面で、これを絶対にやらないように気を付けています
言語も、できるだけその言語で学びました

日本語なら日本語、英語なら英語で…原文のまま理解し、その言語で考えるようにします
イメージとしては、頭の中に日本語・英語・独語・その他の引き出しがあり、それぞれの引き出しを開け閉めする感じです
日本語なら日本語の引き出しを開け、終わったら閉じ、独語に移るなら独語の引き出しを開けます

逆に通訳・翻訳場面では自分は黒子ですので、何も考えないように、できるだけ自分の主観が入らないように、その発言者の言葉や思考ができるだけ失われないように…気を付けています

この時は2つ以上の言語の引き出しを交互に開け閉めしますが、同時に2つ以上開けて取り出す事のないように気を付けています
でも速度が上がり間違えて、英語で話すべき人の方を向き独語で話し、独語で話すべき人に向かって英語で話してしまったことはあります

私の中で日本語は特別な引き出しなので、外国語で話している時に日本語が混入する事はまずないですね

>どのようにブラシュアップ
私は在外で常時3言語、稀に4つ目を使いますが、日本人にとっては話すが最難関だと思います
読む・聞く等も勿論大事ですが、特に日本人は自分の殻を破り言いたいことを言う、間違えても良いと思う等、文化的受容・変化も必要だと思います

ユーザーID:3676971704
多読
鳥の巣
2017年8月26日 2:53

私は日本人で中国語と英語を大人になってからマスターしました。
子供たちは日中英のトリリンガルで、外国語としてフランス語とドイツ語を小学生から学習しています。

家族では誰かが日本語で話し始めたら日本語、英語で話し始めたら英語という感じで、各言語の学習時にはもちろんその各言語のみで説明していました。
(小中高と多言語環境にいたので学校の友人はほぼマルチ、外でも誰かが話し始めたその言語で会話がスタートする、と言うのが当たり前の環境でした。)

私は日中仕事で中国語と英語を使うので、どちらかと言えば日本語を忘れがちなんですが(笑)、子供たちは日中英語を使わないから忘れるようなことはないらしいです。
私とは毎週日本語で電話やメールを日本語でし(+幼少時から学生時代まで徹底的に教え込みました)、小説も日本語で読み、娯楽的なテレビも日本語です。
子供の大学は英語圏ですが学生はもちろん世界どこでも中国人が多いので毎日両言語を使うそうですし、高校生以下の学生時代の中国人の友人とは今でも中国語で連絡し合っているので。
ドイツ語とフランス語は今でも学習を継続し、高校時代のドイツ語圏、フランス語圏の友人も多いですし、毎年ドイツとフランスに1か月ずつ滞在しています。

私が思う忘れない秘訣は、“学習する時の多読”だと思います。
1言語に就き100冊以上その言語の本を読めば、そう簡単に“忘れる”ということはないのでは?好きなフレーズなんかもずっと記憶に残りますしね。
そう思って子どもたちにもたくさん本を読ませてきましたが、それが功を奏したと胸を張って言えますし、今まで出会ったどの言語の先生にも多読が一番重要だと言われました。

読む時は部屋にこもって声を出して読んでいます。

ユーザーID:9934852487
5カ国語が堪能な叔父に以前聞いてみた話です。
美咲
2017年8月26日 15:08

やっぱり日常的に使うのがいちばんらしいです。
叔父は航空会社勤務してます。

外資系なので職場にはさまざまな国の方がいて、普通にあちこちでいろんな言語で会話がされているとか。

それを日常的に聞いているし自分も使うのでごっちゃになることはないそうです。

日々会話するのがいちばんいいのでは?
そういう場に身を置くのが最短だと思います。

ユーザーID:8033236143
4カ国語話します
蜷局
2017年8月26日 17:22

日本語、ロシア語、フランス語がビジネスレベルです。
それと母国語なので、4カ国語をもちいて生活をしています。
英語能力はからっきしですが(必要になったこともないので……)
日本語が一番不得意で、この文章からレベルをお察しくださいというところ。

トピの文章を読んでいて不思議なのですが、脳内で訳しているのですか?
通常、特定の言語で読み書き、会話をしている場合は思考もなにもかも
その言語になりませんか?
だから言語が混ざる感覚はわかりません。
そもそも脳内で訳すという現象がわかりません。
マスターには遠い私ですが、脳内で会話を訳したりはしません。
聞いたことをなにかの言語に変換せず、そのまま使用言語で思考して返します。
話の内容を考えるのも使用言語、話の内容を考えることはあっても
訳すような処理は入りません。

使わないと落ちるというのもよくわかりません。
確かに、その国にいなければ流行語や流行りの言い回しには

ついていけなくなります。
しかし、母国語を忘れられないのと同じように、一度身につけた言語は
落ちることはありませんよ。泳ぎと同じですね。
泳ぎと自転車と言語は一度覚えてしまえば忘れないものだと思います。

ブラッシュアップはどうしているかといえば、
常日頃から各国の知り合いとスカイプしているので
それで事足ります。お勧めですよ。
勧学院の雀と同じで、普段から身近にあるものは学ばずして吸収されますから。

ユーザーID:1541513539
マスターしているとは言えませんが
りんご
2017年8月26日 20:55

アメリカ永住です。だから英語は忘れません。
10年ほどかけて、非ヨーロッパ言語を習得しました。(外国語2)
その後、イタリア語を学習して2年になります。(外国語3)

イタリア語は、ちゃんとマスターしたいので、週に2回教室に通い、宿題の他に自分でも問題集をやったりしていますが、とにかく試験というプレッシャーがないと身につかないことを自覚しているので、もうすぐB1を受験します。

外国語2は、幸い親しい友人に母語話者がいて、その人が日本語を習いたいというので、毎週1回会って教え合う勉強会をしています。レッスン代はお互い様だから無料です。学習書を買ってちゃんとレッスンの準備をしていきます。それでも忘れる一方です。本当は、もっと勉強したいのですが、今はイタリア語に専念しようと思っています。この友人がいないと、とっくの昔にこの言語は忘れてしまっているでしょう。週に1回でも、片手間でも、定期的に続けるのは大切だと痛感しています。

最後に英語ですが、まだまだネイティブ並みの語彙力とは言えないので、新聞を読む際に辞書をひいて新しい単語を覚えるように心がけています。翻訳の勉強もしています。英訳や和訳を実際に文章にするのは難しいです。

レベルの差はありますが、どの言語でも小説が読めるので、できるだけ幅広く読書をするようにしています。

映画やニュースもいいと思いますが、受け身にならないように、見たり聞いたりした後は、ちゃんと内容を理解できるまで読めるとさらに有益だと思います。ネットで学習教材を探すのもお金がかからなくていいですね。

ユーザーID:8697859807
私の場合携帯からの書き込み
通りすがり
2017年8月27日 13:14

韓国語と英語です。
英語は仕事で使うのでいいんですが、韓国語は趣味でしか使わないので、ちょっと使わないと忘れてしまいます。
毎日韓国語の本を読んだり、録画しておいた韓流ドラマを見ています。また、週に3回スカイプレッスンで韓国の方と会話しています。
仕事が暇な時は、渡韓もします。

ユーザーID:8909507074
第一外国語、第二以降
パートリンガル
2017年8月28日 21:32

英語かドイツ語のどっちか一つでいいので、母語(日本語)に近いレベルまで完成していますか? どっちも中途半端だと、混ざるかもしれません。生まれつき複数言語環境で育った人は別として、後天的に習得した場合(その言語と母語の近似性にもよりますが)、第一外国語とそれ以外には差が出ると思います。私の場合日本語と英語は揺るぎませんが、その他は第二外国語(某北欧語)がまあまあ安定、第三以下(スペイン語、フランス語、ドイツ語)はようやく用は足りるかなというレベルで、よくごっちゃになります。

ユーザーID:1710717202
英語以外の外国語は話せないことになっていますが。。。
あらいぐま
2017年8月29日 3:24

中国語学習歴が長く、紙の辞書を引く必要のない電子版で漢字の発音や声調を確認しながらいろんな分野の中国語の本を普通に読んでいます。住んでいる地域に中南米系の人が多いのでスペイン語と大学の教養課程で学んだドイツ語も拙いですが話します。

言語が混ざることは限定的にはあります。ある状況下で言語の論理枠が必要無い、平たく言えば文章の体ではない慣用句の類で誰にでもあるのでは? スペイン語が公用語のカリブ海の島国でのこと、オランダ人の一行とツアーで一緒になり、ガイドの説明がドイツ語だったせいで「ドイツ語はわかりますか?」と1人のオランダ人に英語で聞かれて「ポキト(スペイン語で "少し"の意味」が出てしまいました。その後、一緒に食事しながら "Ich spreche etwas Deutch. (ドイツ語は少し話します)" から始めて大学で2年だけ勉強したことやドイツ文学が好きだけれどたった2年の学習ではドイツ文学を楽しむのは無理だとかをドイツ語で話すことができました。相手はオランダ人だったのでそれ以上会話は発展しませんでしたが別れ際に一行の中に1人いたオランダ在住のドイツ人がハグしてくれて楽しい思い出になりました。中国語は聞き取りがまだ難しく、スペイン語は童話や得意分野の本を読み始めたばかり、ドイツ語は目標だったドイツ文学に遥かに及ばず、全て「会一点」、「poquito」、「etwas」または「ein bissen 」ということになっています。

鳥の巣さんの「100冊読んだら忘れない。」、蜷局さんの「自転車や泳ぎと同じで忘れない。」という言葉に励まされました。今後も多国語での読書と好きな映画の鑑賞を続けていきたいと思います。自分が読みたい本や見たい映画のDVDが入手できた言語を優先します。今の世の中、何でも気ままに入手できますがドイツ文学だけは老後の楽しみになると思います。

ユーザーID:9332032348
在外です
蜘蛛の巣
2017年8月29日 11:00

独仏日が同列で、英語は最も仕事で使っているはずですが、我ながら、適当。多分、英語を喋る時は、独仏の入り交じった言い回しをしてるように思います。今は、イタリアに居ますが、独仏日は、体に染み込んでいるのか、自然に対処出来ます。TVなんかも、欧州なら、大抵の国の番組は見る事が出来るので、あまり意識して語学力の向上は考えていません。

私の課題は、日本語の「書き」です。PCの普及も手伝って、自分で書く事が無くなり、提示された字から選べても、自分で書けなくなる事。手紙を書く時に痛切に感じます。ブラッシュアップは、手書きで日記をつける、日本語の本を読む。ですね。

話し言葉と言うのは、多分、その国の、その時、話題になっている事柄が、結構必要だとおもいますので、インターネットで探して聞いたり、見たりするのも良いと思います。

でも、書くと言う事は、どの言語についても、一番言葉が身に付く事ではないかと思います。
たとえば、日常的に、トピ様なら、ドイツ語で日記を書いてみるとか、、、その時は、日本語を忘れる事です。感情も、思考回路も、ドイツ語にする事です(私は人柄も言語によって、多少変わります)。

例えば、日・独・英の日記なり、記述を、日替わりで書いてみるのも面白いかもしれません。多分、話の持って行き方が違う事に気付くかもしれません。

ユーザーID:0774515608
訂正します
鳥の巣
2017年8月29日 16:20

すみません。
日本語不得意な私が、ダジャレと見紛うような紛らわしい文章を書いていたので、訂正させてください!!

<本文>
私は日中仕事で中国語と英語を使うので、どちらかと言えば日本語を忘れがちなんですが(笑)、子供たちは日中英語を使わないから忘れるようなことはないらしいです。

<訂正文>
私は昼間は仕事で中国語と英語を使うので、どちらかと言えば日本語を忘れがちなんですが(笑)、子供たちは日本語、中国語、英語を使わないからと言って忘れるようなことはないらしいです。

失礼しました〜


それから…
他の方のレスで「会話中心」が多くて「多言語を操る人たちは、やはり天才なんだな」と感心しました。
子供のインターでも、私の学んだ海外の大学でも、先生から徹底して読み書きのほうを重要視するよう口酸っぱく言われていたので。
耳から入って口から出ていくなんて、一般人なら5,6歳くらいまでの言語学習が限度です。
小学生以降で言語学習をするなら、読み書きを徹底し、覚えたものがやっと口から出てくるのが大人の自然な学習方法です。
脳内変換も、中級以上なら、成長過程で当たり前に表れる減少で、そこから先を進んで変換不要になってくるのかは、すべて自分の努力次第です。

私が時々日本へ帰国した時には、中国語→日本語、英語→日本語に脳内変換して日本語を話すという、おかしな現象が起こっています(笑)

ちなみに日本語の難しさは文法云々ではなく、新しく生み出される造語の数が夥しいので、2,3年、日本から離れただけで帰ってくると、浦島太郎状態になっているからだというのも一因です。

トピ主さんへのおすすめは“英語とドイツ語の対訳本を徹底的にたくさん読む”です。中でも1ページずつ対訳されているのがお勧めです。これは名作シリーズに多く、おそらく現地で探せば、数百冊は見つかると思います。

ユーザーID:9934852487
補足します
蜘蛛の巣
2017年8月31日 18:40

私も、断然、鳥の巣さんの意見に賛成です。(全く偶然ですが、私は蜘蛛の巣と申します)
多くの方が、語学力の維持に、会話を勧めるようですが、それは、単に場数を踏めば何とかなるレベルではないかと思います。

『仕事で使えるレベル』が、言語に精通したイメージの様になっていますが、私の感覚では、仕事言語程、簡単なものはない。私の英語は将にその類いです。想定できる話題、準備できる話題、非常に限られた範囲での言語は、語彙もある程度、限られます。会話の相手も、理解しようとしてくれる環境のはずです。

勿論、職種にもよります。労使交渉をしなければならない様なレベルなら話しは別です。

多言語を習得する場合、気をつけないと、どれも中途半端になってしまう事もあります。
母国語を軸に、一つ、一つ確実に身につけるには、読み書きが断然効果有りです。

ユーザーID:0774515608
ちょっとお伺いしたいのですが
鳥の巣
2017年9月1日 1:20

蜘蛛の巣様
ちょっと伺いたいんですが…

私も外国語学習には読み書きが非常に大切だと思っていますが、“書ける”ようになるにはまず“読める”ようになるのが先ではないですか。

闇雲に「日記を書きましょう」と言ったところで、その文章がはたして正しいのかどうか、もしくはそれ以前に日本語的外国語日記を書いてしまう恐れもあります。

確かに読むだけで終わってしまっては進歩が足りず、「読む、そして書く」というのが理想的であり、「読みが大事」「書きが大事」と議論できるものではない気がします。

日本語学習においても幼児は先に読むことから始め、その次に一番印象に残った部分を書きだし、もう少し上達すれば自分の思ったことを書いていく、という3段階の勉強法が定番です。

なので私はトピ主にも「とにかく読む」そして「印象に残った所を書き出し覚える」そして「自分なりの文章に挑戦してみる」という段階を踏んだほうが後々伸びる気がします。

しっちゃかめっちゃかに文章を書き連ねていくだけでは、小学校低学年ほどの子供ならその先の成長は望めますが、大人だとそれが化石化して後の修正が難しい、もしくは修正不可能となってしまう可能性大です。


>感情も、思考回路も、ドイツ語にする事
これは全くその通りらしく、皆さんそうおっしゃいます。
ただ将来通訳や翻訳をしたいと思った時(それが職業ではなくとも)、その学習方法ではさらっと通訳翻訳ができない人に作りあがっているので、もどかしいかもしれません。

更に、トピ主のように「外国語を二つ同時に成長させたい」場合には「A外国語対B外国語」の対訳での学習がやはり効果的かと。

よってトピ主は映画なんかもこれからは「ドイツ語で見て字幕は英語」とかでどんどん見ると伸びると思います。
目標疑似設定で「英語圏でドイツ語の通訳者になる!」なんて勝手に想像して自分で追い込んでみては?

ユーザーID:9934852487
トピ主です携帯からの書き込み
ハナトゥルセ(トピ主)
2017年9月4日 21:12

みなさま、たくさんのレスを頂きありがとうございます。
有益なアドバイスにも、大変感謝しております。

蜷局さま、トピ本文が分かりづらくてすみません。
脳内変換と申しましたのは、日本語の小説やエッセイを読んでいて、例えばすごく文学的な表現に出会った場合に、ドイツ語に訳したら、どう言おう?あの訳者さんなら、こう訳すかな?
こっちの表現の方がより美しいかな?などと頭の中で考えるという意味です。

パートリンガルさま、私の場合、英語の勉強期間がドイツ語より断然長いので、ドイツ語の方が拙いです。
どちらも日本語(母国語)レベルには到達していません。
今は海外に渡ることができない状況なので、日本国内でブラシュアップしていきたいと思います。

みなさまからの温かいアドバイスのおかげで、これから勉強にさらに力が入ります。
ありがとうございます!!

ユーザーID:8744908056
あのー
蜘蛛の巣
2017年9月5日 18:23

私の日記を書くという提案は、あくまで、トピ様の独/英レベルが、ある一定のレベルに達している、という想定の下に出したものです。勿論、『書く』の前、そして同時に『読み』も必須です。

今の時代、言葉の習得で、会話中心に成りがちな中、こんな方法もあるのでは?と思ったまでです。そんな中、鳥の巣さんの意見は、良いなぁと同感したのですが、、、

従って、闇雲に、日記を書きましょうと言ったつもりはありません。更に、どちらが大事という議論を持ちかけたつもりもありませんでした。単なるブラッシュアップの一方法に過ぎません。

ユーザーID:0774515608
 
現在位置は
です