現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

無痛分娩てそんなにだめですか? 携帯からの書き込み

トピ主
2017年8月25日 13:32

来年分娩予定ですが
義母、親戚に無痛分娩を反対されています。
心配してくれる気持ちはわかりますが、
お腹を痛めてこそってやつですかね?
そういう風習とか勘弁です。
早く日本にも浸透してほしいです。

ユーザーID:9529304277  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:40本

タイトル 投稿者 更新時間
気にしない。
さき
2017年8月27日 20:30

自分の出産について、なぜ赤の他人の義母や親戚の言い分を気にするのですか?

私は結局普通の分娩でしたが、あなたが無痛分娩したいなら、それでいいではないですか。

もちろん、リスクがあることはご存知ですよね?
きちんとリスクに対処できる病院を選んでいるのですよね。

外野のことなど放置して、あなたが一番良いと思う分娩をすればいいと思います。

ユーザーID:3234123400
ダメじゃないけど、
アラレ
2017年8月27日 20:48

街にある産科ではなく、
医師が何人もいる病院でなら無痛分娩なら問題はないと思います。
医療機器、医師が揃っていないともし問題が起きた時困りますからね。

ユーザーID:8181420660
だめじゃない!
ひもとりとん
2017年8月27日 22:39

私は無痛分娩ではなかったのですが、ちっともダメだとは思いませんよ。


反対されたとき、理由はおっしゃらなかったのでしょうか?

おなかを痛めてこそ・・・と、確かにおっしゃいましたか?

もしかしたら、最近のニュースを知り、心配されているのかもしれませんよ。

それなら、反対する気持ちも理解できます。

「万が一のことがあったら・・・」という心配の気持ちですから。


そういうことでしたら、ちゃんと体制の整った医療施設で無痛分娩をするから大丈夫と説明すれば、納得はしてくれるのではないでしょうか。

そうではなく、痛みを我慢してこそ・・・という考えからなのでしたら、無痛分娩のメリット等を説明して、「無痛分娩しますから!」と貫くしかないと思います。


お体、大切になさってください。

ユーザーID:8477892346
ニュース見ないの?携帯からの書き込み
はな
2017年8月27日 23:08

最近、無痛分娩で母子ともに重い障害を負ってしまったり、亡くなったりした事故がニュースになってます。
だから風習とかお腹を痛めてとかではなく、あなたと赤ちゃんの体を心配して反対されてるんだと思いますけどね。

ユーザーID:6992826975
無痛分娩は…携帯からの書き込み
ぽち
2017年8月28日 0:07

あんな凄い痛みを無痛にするんだから相当体が麻痺してる状態ですよね?怖くてたまりません。
だったら正常分娩のほうがうんとましです。
分娩が痛い痛い世の中言ってますが
陣痛が痛くて、いざ分娩時は陣痛に比べてさほど痛くない出すよ。

ユーザーID:0254970009
心配なのですよ
しんこりべると
2017年8月28日 7:24

無痛分娩のメリットデメリット、知っていますよね?

私は、自然分娩でしたが、二回目は無痛を希望していました。
しかし、結局は、出産日とずれてしまい、自然分娩でした。

無痛の時は、誓約書を書かされませんでしたか?
もしものときや、計画的分娩となること、麻酔でのことなどかいてありましたよね?

きっとそのことについて心配されているのでしょう。
アメリカでは、無痛が多いけれど今は、自然でと見直されているらしいです。
やはりリスクがあるのでしょうね。

「勘弁です」と言っているあなたの口調からうまく説明されていないのでは?
確かにリスクはあるけれど、あなたがすごく無痛を希望していることなどきちんと話したほうがよいのでは?もちろん、もしものことがあったら困りますが、それもあなたの責任でやることになりますのでそのことも覚悟でということになります。

背中に麻酔をうって産むわけですからリスクがないわけありません。

ユーザーID:5972340886
知識が無い携帯からの書き込み
線香
2017年8月28日 10:00

無痛分娩って聞くと痛みが全く無いと思われるけど、そうじゃないです。
痛みは十分感じますよ。普通分娩よりも痛みを和らげるって感じです。
ただ、産後がラク。体力の消耗が普通分娩より少ないので回復が早い。
最近無痛分娩の麻酔事故が新聞などで取り上げられていますので、病院選びは慎重にしてください。

ユーザーID:1090045818
日本ではまだ不完全
すず
2017年8月28日 10:46

死亡事故や重体になってしまうケースが少なからずあります。
もちろん、そうなってしまうリスクを承知で無痛分娩するわけですし
そうなった場合の同意書もサインさせられます。

>早く日本にも浸透してほしいです
そもそも、日本での無痛分娩は浸透云々の前に技術を上げて欲しいですよね。
事故の報道を見てしまうと、周囲の心配も納得できます。

ユーザーID:8358821312
事故が多発してるからでは?
そうじゃなくて
2017年8月28日 13:53

無痛分娩、日本であまり浸透していないせいか
事故も多発してますよね。
赤ちゃん、お母さんとも意識不明になり
脳に障害が残ってしまったり。
(不謹慎で申し訳ないのですが
もし、自分の娘が無痛で。と言ったら
事故が起きて寝たきりなったら世話するの自分?
ってやっぱり思ってしまいます。。。すみません。)

トピ主さんがどこで出産計画されているのか
わからないのですが
小さい個人病院であれば私も反対です。
いざという時、対応に時間かかりすぎるだろうから。。
大学病院などの診療科目が揃っている
総合病院が最低条件だと個人的に思ってます。

まあ、陣痛に時間かけすぎて体力めちゃくちゃ
消耗するような出産は私もどうかと思います。

ユーザーID:6572963525
病院の実績を調べて
のんのん
2017年8月29日 1:15

無痛分娩の実績が多い病院なら、大丈夫ですよ。


私は、第一子を普通分娩、第二子を無痛分娩(18年前)しました。

産むときの痛みが、格段に楽です。

ただ、無痛を予定していても、(理由は忘れましたが)出来ない方もいるようです。

ユーザーID:3971274187
麻酔科のある病院をおすすめします
おばちゃん
2017年8月29日 18:32

無痛分娩、産後に体力が残っているので良いと思います。

ただし、しっかりした麻酔医がいる病院を選ぶ必要はあります。

お産は何があるかわからないので、小児科と麻酔科がある病院での出産をおすすめします。

ユーザーID:6050286111
専門の麻酔医常駐かどうか…かな?
アロー
2017年8月29日 18:53

トピ主さんはおそらく点滴でなく下半身を麻痺させる硬膜外麻酔をイメージしていると思いますが、
予定している病院には産科麻酔医が常駐していますか?
硬膜外麻酔の場合、鉗子分娩や吸引分娩になることもあります。
その辺は病院で説明されることと思います。
反対している義母さんと一緒に説明を受けてみると良いと思いますよ。

反対しているのは古い考えなどでなく、後悔したくないトピ主さんにも後悔をさせたくない その一心だと思います。
どのような形でも母子共に健康であることを願う気持ちは皆同じです。
良いお産をお迎えください。

ユーザーID:1467178914
施設と麻酔医が整ってないなら危ない
ラズベリー
2017年8月29日 19:23

大きな病院で、NICUが整っていれば、万が一の時に、新生児の対応をしてくれます
麻酔医が24時間、常駐していないと、麻酔管理が危ない。
この2点は重要だと思いますよ。

日本は、大学病院など施設が整っている所は、無痛をやって無い事が多いし
わりと個人の産院なので、麻酔医24時間常駐が無理ですよね。
帝王切開なら、計画通りに手術なので、麻酔医が居ますけど
無痛分娩は、産気づいてから麻酔でしょ?常駐してない場合は、先生が兼務するそうで
そこが、無痛分娩が多いアメリカとの違いらしいです。

ユーザーID:9487475493
応援してます
もみじ
2017年8月29日 22:30

私は2人の子供を無痛分娩で産みました、もちろん日本で。
良かったですよー、ほぼ痛みなしでしたね。産後の回復も早いし。

周囲の雑音は気にしないで欲しいです。
一人でも無痛分娩を望む人がいてこそ、日本にも無痛分娩が広まっていくのではないでしょうか?

お産というのは今でも100%の保証はないし、無痛分娩でなくても一定の死亡率はありますよね。

ユーザーID:8953739459
私も無痛分娩で来年出産です。
妊婦初心者
2017年8月29日 22:37

無痛分娩を反対されている理由が「道徳観」だと平行線だと思いますが、本当に懸念されるべきは「無痛分娩をなるべく安全に行える設備・人員のある産院での分娩かどうか」だと思います。
トピ主が安全面も考慮して無痛分娩を選択したのであれば、安全対策について説明すれば良いですし、もし道徳観からくる物なら他人に何を言われても良いではないですか?結局、産むのは私たちですから。

私供はヨーロッパに住んでいたので、日本でも同じような処置が受けられる病院を予約しましたが、そういった体制の病院が少なく驚きました。
日本で無痛分娩が普及しない理由が道徳観だけではなく、医師不足も原因だそうです。海外で主流の陣痛後の無痛分娩に少人数の医師で対応するには難しく(欧州では主に総合救急病院で出産)、更に不測の事態に万全な対応が出来ないので自然分娩でリスク回避、という考えも納得です。安全を考慮しての真っ当な対応だと思います。

無痛分娩のリスクについては病院で事前説明があるので、私の場合は主人と説明を聞いて、拭えない不安があれば医師と相談し自然分娩も選択肢に入れます。痛いのは嫌ですが、危険なのも嫌なので。。。

残りの妊婦生活が幸せでありますように。

ユーザーID:2098542818
私の住む地域では携帯からの書き込み
かか
2017年8月29日 22:55

無痛分娩は珍しくなく、私も2人無痛で出産し、楽だなーなんて思ってたんですけど。

3人目も無痛で申し込んでいたけど、麻酔を入れる前にあれよあれよと産まれてしまい、初めての自然分娩。

あまりの痛さにあぁもう死ぬなと思った時に産まれるんですね。子どもって。
そしてなぜか1番感動。
全人類に感謝。

看護師さんに超安産でしたねと言われ、なぜか回復も1番早かった。

なんか、聞いてたのとちがうやんと思いました。

ユーザーID:9421174657
心配している
たろすけ
2017年8月30日 9:10

といっても、あなたのことじゃない、かも、です。
生まれてくる赤ちゃんと、あなたの夫(あなたの義母からみた息子)の心配です。

報道を見れば、リスクは大きいと感じます。

医療的に無痛が必要な場合もあると聞きます。その場合は体制が整っている総合病院で、となるでしょう。

私の住まいの近くで分娩を扱う産科が少なくなっていますが、分娩を扱うところでも帝王切開になる場合には、検診は産科で、分娩は提携先の総合病院に転院となってきました。帝王切開も硬膜外麻酔です。
それだけ、麻酔の扱いというのはリスクを伴うのだと思います。


万が一、1万に一つ。
9999例は大丈夫だけれど、残りの1例が自分ではない、という確率ではない。
自分の身に起これば、それは万が一ではないのです。

ユーザーID:1396543200
事故が多発?情報は正確に
タマゴ
2017年8月30日 11:25

無痛分娩で事故が多発している,とのレスが多いですが,報道を正確に受け取っていないようです。

過去7年間に,298件の出産死亡事故があり,そのうち13件(4%)が無痛分娩中の事故です。
この13件のうち,無痛分娩が事故の原因と思われるものは,一件だけです。

一方,現在,出産のうち6%程度が無痛分娩で行われています。
これは,10年前の2倍程度だそうです。

出産全体に対する無痛分娩の割合と,出産事故に対する無痛分娩中の事故の割合はほぼ同じですので,無痛分娩中の13件の事故が全て麻酔による事故だったとしても,とりたてて,普通分娩より危険とは言えない数字です。もし13件全てが麻酔による事故だとしたら,無痛分娩は,それ以外の出産の危険を著しく低下させる,とも言えます。

ユーザーID:9188339568
無痛分娩経験者です
緑茶
2017年8月30日 12:59

無痛分娩の事故のニュースを見て心配、というご意見もありますが、事故率などご存知ないのでしょうね。
全く多発などはしていません。


厚生労働省研究班は、
2010年1月から2016年4月の間に報告された298人の妊産婦死亡例から、無痛分娩による死亡者を発表しています。
その数は13人。上記の死亡例の4%にあたります。

1年間に日本国内で生まれる赤ちゃんの人数は約100万人です。
この数字から分かるように、妊産婦の死亡率自体がとても低く、その中で無痛分娩での死亡率はさらに低いのです。

無痛分娩を行う人は2008年度は2.6%、
現在は5〜10%にまで増えています。
しかし、それによって死亡率が増加しているということはないようです。



無痛分娩は陣痛の痛みが本当に緩和されます。
全くの無痛ではないので、実際に産み出す時は赤ちゃんが出てくるのを感じましたよ。
長時間苦しまなくて済むので産後の回復も早いです。


歯の治療や盲腸の手術など、痛みを伴うと分かっているものには麻酔を使うのは一般的なのに、最大級に痛い出産に麻酔を使わないのは何故かと不思議に思います。

無痛分娩について知らないから怖いだけです。

命がけなのは普通分娩も帝王切開も無痛分娩も同じですよ。

ユーザーID:2425355550
無痛で産んでいますが
2017年8月30日 15:32

最近、個人病院の無痛分娩で後遺症が残った事故が相次いでいますよね。周りの方もそのニュースを聞いているから心配されているのですよ。トピ主さんもきちんと医療機関の体制を調べてから決めた方がよいですよ!
私は個人病院で無痛分娩しました。その病院は、麻酔科を出た産科の先生が分娩をやってくれるので、「陣痛が来たのに麻酔科医がいない」という状態になりません。それが選んだ理由です。自然に陣痛が来て日曜の深夜に産院に行きましたが、出産の進み具合を見ながら産科医=麻酔医の同じ先生が麻酔の量を調整してくれ、無痛で産みました。
ですが、これはまれなケースのようです。個人病院には一般には麻酔科医は常駐しておらず、曜日や時間を決めて麻酔科医がくる場合が多く、土日にはできないようです。つまり、自然な陣痛を待たずに、麻酔科医の勤務時間に合わせて、陣痛促進剤を使った計画分娩になります。
麻酔は使える量が決まっていて、分娩の進みが遅い場合、分娩途中で麻酔を使えなくなります。つまり痛みがMAXのときに麻酔が切れちゃうのです。そうなると突然の痛みに耐えられないので、そうならないように、陣痛促進剤を増やして分娩を進めざるを得ない。それが事故につながる危険があるみたいです。
私が受けた無痛の処置は、先生が「分娩がある程度進んで、この麻酔量で最後まで行けると判断してから麻酔の投与を始めるので、最初の頃は痛いの我慢してね」と言われました。そういう意味で、完全無痛ではありませんでした。でも、命の危険とは引き換えにしたくなかったので、納得しました。
トピ主さんも納得できる無痛分娩の医療機関を探して、根拠を周りに説明して安心させてあげてください。

ユーザーID:5279746271
 
現在位置は
です