現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

老後費用を計算してみました(独身)

つむ
2017年8月26日 15:08

こんにちは。
35歳の一人暮らし独身女性です。

独身の一番の心配事、老後費用。
今までざっくり見積もっていたのですが、色々調べながら再計算してみました。

以下のような仮定をしています。


[35歳]
 年収:400万(今後、増えも減りもしないと仮定)
 貯金:500万
 支出:200万(手取り320万 - 去年の貯金額120万)
[60歳]
 退職金 400万(DCなので金額未定、全然増えないと仮定)
 70歳までは働く 収入16万/月
 (そんなに稼げるか分かりませんが、計算してみたらこのくらい稼がないと無理…)
 支出は現役時代と同じ
[65歳]
 医療費がかかるようになる。
 年齢関わらず自己負担3割に引き上げられると仮定。
 21万/年(65歳以上の医療費年平均70万 * 3割)
[70歳]
 年金受給開始(85歳以上生きる場合、70歳からがお得)
 受給額 15万/月(ねんきんネットでの見込み額 16.4万から減額と仮定)
[80歳]
 賃貸→高齢者住宅へ、介護開始までは支出は上がらないと仮定
 任意後見契約の適用開始(5人に1人が認知症)、月4万
[85歳]
 要介護開始(寿命-12年)(介護期間はとりあえず長くみておく、平均5年)
 介護費用 → 8万/月 + 一時金80万(平均データ)
[97歳]
 寿命(女性の5人に1人は96歳まで生きる)


……これで計算すると、現役時代は毎年117万円の貯金をしなくてはいけない計算になりました。
ギリッギリだなぁと……。
そんなにかからないよ!とか、もっとかかるよ!などありましたら、ご意見いただけたら嬉しいです。

年金はもっと減る気がするし、老後にちゃんと稼げるように準備しておかねば…。

たぶん実家に戻るのが一番早い解決策なのですが、事情によりそれもできず。

皆様、老後準備はバッチリですか?

ユーザーID:5463716228  


お気に入り登録数:227
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

タイトル 投稿者 更新時間
年金は支給額と受け取り額はかなり違いますよ。
花咲爺さん
2017年8月26日 17:28

70歳からの年金支給額が月16.4万円年に換算すると197万円になると書かれていますが実際貴女の通帳に振り込まれる額はそんなに多くありません。ここからまず源泉徴収され残りの金額から国民健康保険税と介護保険・住民税が天引されますので(大凡20%〜22%)実際の受取額は年額155万円程度月にすれば13万円弱しかもらえません。公的年金本体の実質手取り額は案外少ないです。
次に医療費ですが貴女の年齢では3割負担になるでしようが自由診療を受けない限りそんなに治療費はかかりませんよ。年10万円以上だと減税されます。見栄を張った治療を受けない限り大丈夫だと思います。それより恐ろしいのは介護自己負担金の将来像です。介護するのは民間の営利団体なので末恐ろしいと思っています。
介護状態になった後の施設については今もいろんな施設が出来ています。貴女の年齢で老後施設に入ろうとすれば選択肢は今より増えると思いますよ。
要するにシッカリ働いてキチンと厚生年金に加入していれば基本的生活は心配ない筈です。高額な延命治療を受けない限り。今のお金で3000万円〜5000万円貯金していればそんなに心配はしなくてもいいと思いますよ。

ユーザーID:0037561733
すごい、すごすぎる、
主婦
2017年8月26日 18:41

私は35歳の時、こんなふうに考えたことないです
能天気でした
今だって、80歳ぐらいまでのことは考えてますが(今、還暦)90代までのこと考えてません

なんていうか、
そんなに先まで考えなくても良さそうな気がするんですけど、そうですね、
やっぱり考えた方がいいんでしょう

そういえば、私も40歳目前のとき先行きが不安になって、個人年金を積み立てました
20年は長かったです!
今、その配当があるので、結構楽な生活しています
あのとき、うんと不安になって、いろんな情報を集め、ある保険会社と契約を交わしました、
そのときは、60歳まで生きてるかな、なんて笑ってましたが


あのとき決断して、20年間、個人保険を払ったことが、
今のお気楽な生活につながってるんですね

まだ、あとこれから30年、ウンまた考えますか

ユーザーID:5195410630
えええっ?年率3%程度のインフレは見込まなきゃ!
来年を笑う鬼
2017年8月26日 18:58

>……これで計算すると、現役時代は毎年117万円の貯金をしなくてはいけない計算になりました。
>ギリッギリだなぁと……。

甘いですよ。
過去、50年間の消費者物価指数を調べてみなさい。
最近の20年のデフレが異常であったことは明白です。
そして、デフレの後にはインフレが来る。

ユーザーID:5898651272
計算通りにはいかない
あっきー
2017年8月26日 19:12

かなり余裕をみて老後資金を蓄えたはずですが、ここにきて国保の値上がり、税金の値上がり等々あり、持っていかれるものが大きいです。
それでもかろうじて働かないでやっていける計算なのでラッキーな方なのか?

この国の上の方の人たちって、本当に国民一人一人の事を考えてくれているのかしら?
と思わざるを得ない事が多々あります。

大体75歳まで働けなんて国は他にないですよ。鬼だ…。

ユーザーID:9242796796
両親や祖父母からの遺産は?あてにしてはいけないけどね。
隣人
2017年8月26日 22:33

単純に、「親からの遺産は?」

今、30代の方の親御さんは、良い時代に家を購入してるのと、金利の高い時期に働き盛りだったので貯金が多い方が多いです。
(オレオレ詐欺で高額の現金を渡してしまう人がそこそこいますよね)

普通は、自分の貯金を使い切ってしまう事はほとんどありません。

今から計上できるものではありませんが、今から、悲観的にならずに済むかもしれませんよ。

ユーザーID:3652803789
計算が分かりませんが
まもーん
2017年8月27日 11:38

ある程度事前に見積もって置くことは必要ですよね。

比較的日本は公共の福祉がしっかりしてますから、
今のところは年金や健康保険で慎ましくであれば
生活していけます。

ただ、35歳のトピ主さんの場合、年金支給額の
開始時期までの収入源を補う貯蓄が必要なことと、
お一人様の場合は支出割合が複数家族に比べて、
多めになるため、節制できる体質を整えていく
事も必要です。まぁ、トピを読む限り全て備えて
いそうですが。

ユーザーID:5573312853
遺伝的に寿命は?
げらら
2017年8月27日 12:54

あなたの血縁関係は、みなさん長寿家系なのですか?
それに80歳で高齢住宅?それより前に入ることだって十分あり得ることです。
介護は、病気や怪我が原因でなることが多いです。自分の不注意や不摂生が原因です。そのことは何も書かれていないですね。

私の家系は78〜83で寿命を全うするので、それも計算を含めて老後資金を計算しています。ただ、実母が67歳で病死したので、家系寿命よりも短くなる可能性もあります。
老後資金は、寿命や介護や病気によって変わります。健康寿命であれば良いのですが、介護されて生き延びるのは苦痛しかありません。

失礼ですが、97歳まで生きるとなれば、1億円あっても足りません。長生きをすれば、余計なお金が掛かります。88歳で設定されても良いのではないでしょうか。

ユーザーID:4303592138
年間100万円
ねここねこ
2017年8月27日 15:10

年間100万円、積み上げなければならないこと、早くお気づきでなによりです。
1人で生きていくのは、じつのところ厳しい世の中。
私は25年前30歳の時点でトピ主さまのように計算し、「無理」ってわかりました。もっと、年収低くて親元離れてたの。
速攻、婚活にいそしみ、真面目に働く優しい夫と結婚。
結婚後もパートで年間数十万〜100万円積み上、夫婦で質素にやってきたので、十分な老後資金は確保できました。

今気が付いてよかったのは、まだ婚活可能な時期であることと、1人で生きていくにも準備期間が十分あることです。

ユーザーID:8724625019
もっとかかります
2017年8月27日 15:52

女性の平均介護年数は12年。
老人ホームのサイトで費用を検索してみてください。

ユーザーID:8979398055
トピ主です
つむ(トピ主)
2017年8月28日 21:13

追記です。

計算を……まちがっていました……。
トピ文に書いた条件だと、現役時代に年98万の貯金で大丈夫でした。
よ、よかったーちょっと余裕あるー(恥)。
電卓でぽちぽち計算していたのを、Excelでやり直したのでたぶん大丈夫のはず…。

ちなみに100歳まで生きてしまうと120万/年の貯金が必要になるようです。
長生きリスクは怖いですね。

ユーザーID:5463716228
老後を考えるより婚活を
おばば
2017年8月29日 11:27

35歳なんてとても若い、婚活している人が多いと思うけど。
たぶん95歳まで生きる可能性が高いから、あと60年もある。
だいたい、定年まで働けるかわからないでしょう?
ちゃんと収入のある夫を確保した方が安全です。もちろん、自分の仕事は辞めない。
それに、まだまだ出産も可能な年齢です。
人生は長いのに、老後の事しか考えないなんてもったいないです。
現実に、単身女子の貧困は多いと思う。年金は少ないですよ。

ユーザーID:6637997518
ウーン
鹿
2017年8月29日 21:36

70歳まで働き続ける女の人なんて、そんなに数いませんよ。
せいぜい半日程度の清掃で、時給800〜900円。
女の人は男性に比べて体力がないからね、更年期を迎えるととたんにガクッときますよ。
私は、35ぐらいの時は15キロのリュック担いで山を渡り歩いてましたが、50過ぎたらもうとんでもないですからね。
60の定年までももう、身体持たないと思ってます。(更年期が節目でした。)
夫婦ふたりで働いて助け合ってが一番だと思います。
これからの時代は単身が一番のリスクですよ。
たとえ一人ずつが10万の低年金だったとしても、二人合わせて20万ならなんとかなりますから。

ユーザーID:4733216149
目標5000万
キジ猫
2017年8月30日 1:17

数ヶ月前に、私の子供(24才)一生独身希望も、老後資金がいくらか計算してましたが、が試算したところ4800万ぐらいと言っていました。
だいたい、トピ主と同じような計算で、違いは、年金手取額と支給額が違うのと、物価の上昇額、特養に入れる迄の要介護1~3迄の介護費用、月平均20万×6年、死んだ時の処理費、荷物の破棄or永代供養、焼き上げ費用300万
なんかで最低それぐらいいるなぁと言っていました。
世の中本当に行きにくい、世の中ですね。

ユーザーID:8822627218
資産運用
うに〜
2017年8月30日 14:49

私達夫婦は老後資金の何割かを投資に回して配当を貰い、その配当と年金で暮らせるようにしたいと計画中です。
上手くいけば、いつまで経っても貯蓄は減らず、むしろ増えていく可能性すらあります(使い切りたいですが)。
なので「70歳まで働く」のも良いですが「お金に働いてもらう」ことは考えないのかな?と思いました。
ちなみに資産分散やインフレ対策として、外貨・外国株・投資信託・純金などに振り分けてます。

とても暗い未来予測の本もあるし、逆に衣食住が無料になり、あらゆる病気が治り、働かなくてもベーシックインカムで生きていける!なんて本もあります。
老後資金だけじゃなくて、世の中がどう変わっていきそうかとか、関係ありそうな本を片っ端から読んでいくのも良いと思います。

ユーザーID:1613707158
社会保険料を忘れてませんか?
たかこ
2017年8月30日 20:10

会社員の現在は健康保険料も年金も去年の住民税も天引き後の手取りですが、六十才または六十五才からの自分の健康保険料や税金を忘れてませんか?
国民保険料で年金十数万、月十六万手取りならば年収二百万超で住民税が十数万、併せて二三十万はいるから月二万は多くかかりますよ。
多分税率や保険料率は上がるだろうし、シングルで子供無しだから誰かの扶養に入れないです。

私も三十二才の時に似たような計算して、会社員のうちにローン完済出来るようにマンション購入しました。
絶賛繰り上げ返済のおかげで五十手前に完済出来そう。
老後資金は六十才までに三千六百万、七十才までは月十万は稼ぐ覚悟ですが、八十五才で死亡で見積もってました。
確かに百歳まで生きたら厳しいのかな?

ユーザーID:1063735248
高齢化最先端
おばさん
2017年8月31日 11:33

>大体75歳まで働けなんて国は他にないですよ。鬼だ…。
日本年金機構のサイトに載っている"主要各国の年金制度(2014年時点)"の引用になりますが、日本以外も受給開始年齢はほぼ変わりません。そして日本以外でも67才や68才まで支給年齢を上げる事が既に決まっている国もわりとあるようで。日本は高齢化社会最先端にもかかわらず若い高齢者にも年金を支給していたんだなぁって思わせる資料がおいてあります。他国の年金に興味があれば是非ご覧になって下さい。

因みに75歳発言は、”75歳まで働け(75歳まで年金がもらえなくなる)"ではなくて、現在70歳までしか繰り下げ受給ができないものを、75歳まで繰り下げを請求できる、という制度の検討のようです。発言をわざと誤解させて面白おかしく煽るような報道があったのでしょうが、この検討では選択肢が広がるだけなので批判するほどの事ではありません。

寧ろ、私のように限りある貯蓄しか出来ない予定だけれど、長生きする事に大いに不安がある人には朗報だったりするのです。繰り下げ請求でどれくらい年金が増額するのかなぁって興味津々で制度の検討を見守っています。

ユーザーID:5204990968
若い世代の女性は、しっかりしている。
いいね!
2017年9月6日 0:30

主さん、立派ですね〜そんな若い時代からしっかり、老後まで考えて。

今の若い世代は、厳しい経済情勢の中で苦労して、社会に出て働いているから、経済的なことも生き方もしっかりしていると思います。

親世代は、生涯働く仕事など無い時代で、仕事しても「腰掛け」程度で、多くが
「結婚して家事育児でパート」のような人生で、それ以外の選択肢がありませんでした。

なので誰かのレスみたいにとにかく「結婚」頼り・・・だったんです。
でもそれは、高度成長期やバブル期で、男性の稼ぎが良く、妻パートで妻子を養えた特殊な時代だったから。

現代で、「結婚」頼りの人生設計は危険です。社会が全く違ってしまってるから。男性の収入自体低くて不安定。離婚も多い。自分で生計立てて生きる設計をしておくのが一番です。

主さんのように、若い時代から計画しておくことが必須の時代になりました。

女性は生活の節約や貯蓄計画は上手です。
これからの時代は、こうして、早くから、人生設計をした者が、生き抜けると思う。

結婚したら大丈夫という意見があるが、結婚して子を持たなければ、一人よりは効率的な生活経済になるかもしれない。しかしその場合でも、夫の介護費とか妻の介護費とか、夫の親の介護や介護費までも、また自分以外の物の費用が発生したり。

今の親世代は、バブル期に生きたが、子どもの教育費を掛け過ぎて、老後費がない人が多い。それは子に負担がいく。そして、子も豊かでない時代なので、今後は、生活保護が増えるかも。

なので、これからの世代は、老後計画が必須。

さて、超長寿で認知症があるので、老後費が多額になる。できるだけ設計したら、あとは、もし予想外が起これば生活保護を受ける覚悟を。

この長寿の人生の老後費を予想の最後分まで準備できる人は、ごく少ない。
入所の年数が少なければ、必要額もかなり減るので
目指せ健康体〜を目標に。

ユーザーID:8989442310
ほおー
40代主婦
2017年9月9日 10:40

DCって何?
60から新たに雇用される、70まで働けるという自信はどこから?
気合いの入った貯金額を予定されてる割には、現在の貯金額が少ないのですが、奨学金でも払っていたのでしょうか?

医療費21万はそれ位でよいと思いますが、歯は良い方?私は歯が悪いので歯医者代を多く見込んでます。あと眼にも、年をとれば首より上にお金がかかります。
任意後見契約ってよく分らないのですが、後見人などつけると自分でお金を使えなくなるのでは?子供がいないなら財産残す人もいないから要らないのでは?

ユーザーID:8334824882
レスします
匿名
2017年9月11日 14:32

叔母が認知症の施設に入っています

高貴な施設ではなく、
一般的なグループホームです。

施設費用は月に20万は必要です。

往診代が高い人は、
20万超えています


遺言執行、死後事務費用等も考えると

今のままの計算では
危ないのでは?

ユーザーID:2056668965
準備はバッチリでした
老後謳歌
2017年9月12日 23:53

大雑把な試算で過ごしてきたけれど、意外と出費が無くて老後になっても余裕です。計算に影響したのは、熟年離婚と早期離職、それから痛風でした。

40代主婦さんへ
DCとは、確定拠出年金(Defined Contribution Plan)のことよ、詳しくは自分で調べてね。

ユーザーID:7599984656
 
現在位置は
です