現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

現在、老後や介護に直面されている方

エンジェル
2017年8月31日 12:22

教えて下さい。
老後を迎えるにあたって、こういった準備はあった方がいいという教訓はありますか?
逆に、これがないと苦労するという経験談でも構いません。
お金の話は出そうですが、具体的にどのくらいの準備があればいいのでしょうか?
また、独身や子供がいないケースだと全く違う老後が待っているのでしょうか?

ユーザーID:0249666088  


お気に入り登録数:96
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本

タイトル 投稿者 更新時間
80歳の義理両親と同居しています
シワアワセ
2017年8月31日 13:34

“これがないと 苦労する” ということに対し
思い当たるものは 一つだけです。
それは 人との繋がりを持ち続けていること。
人様とのご縁を大切にして 思いやりのある方は
伴侶をなくされて お一人でも
周りの人々の温かさに囲まれて 過ごされています。
老後は それまでの地域への思いやりやお人柄が 強く影響するように見受けられます。

私の場合は 結婚後 子どもの出産と同時に 主人の両親と同居。
子育てを 常に一緒にしてくれて とても とても助かりましたし、有難かったです。
子どもの送り迎えや PTAの役員や学校行事まで 義理両親がやってくれました。
なので 子どもたちは 祖父母が大好きで、倒れた時は 私たちに任せてね、と言っています。
もちろん 私も 義理両親には お世話になってばかりでしたので、できる限りのことをしたいと思っています。

世の中 介護をしたくないとおっしゃる方が多いのは、それまでの経緯によるものがあるのでしょう。

なので、老後というのは、その方がそれまで生きてこられた
思いやりの行動によって 違ってくるのかもしれません。

ユーザーID:9917051642
お金なくてもいいからごみを残さないこと
えっとね
2017年8月31日 19:46

資産価値のない家や土地
家財道具などのゴミを
残さないで
必要最小限のもので暮らしたいと
思っていますが
これがなかなか難しいですね。

ユーザーID:0366850141
間もなく古希です。
Le ange
2017年9月1日 14:10

老後生活は年金で送るもの、送れるもの、というのが私の考えです。私たちは2008年4月1日から年金生活(最初の5年間は報酬比例部分、6年目から満額受給)に入りました。準備した貯蓄は1,500万円−多くのトピで語られる額より少ない−ほどです。

生活費の不足分は退職金や貯蓄から崩しました。リノベーション(600万円強)や車の買い替え(SUV→軽自動車、200万円強)も同様です。嬉しい誤算もありました。三男(クオンツ)が小遣いと称して40万円/年−10年間−呉れたことです。来年から生活費の一部として140万円/年補助してくれるそうです。節税対策の意味もあるようです。

私たちは現在年金−毎年減額−を360万円/年受給しています。老後生活は快適で、楽しいです。生活の不安や不満はありませんが、体が動かなくなったときの有料老人ホームに入る余裕はありません。

私たちは子どもからの援助が受けられ、恵まれています。現金収入が途絶えた10年前は多少不安もありましたが、何とかここまで来れました。海外旅行も人並みに5回(4B、1E)行きましたし、公的宿舎を利用した自動車旅行は年に3回ほど行っています。まずまずの老後生活を送っています。

ユーザーID:5817203658
考えてみました
通りすがり
2017年9月2日 21:47

>老後を迎えるにあたって、こういった準備はあった方がいいという教訓はありますか?逆に、これがないと苦労するという経験談でも構いません。

物を減らす。家は片付けて、足元に危険な物が無いようにする。
戸建てならバリアフリーにリフォーム。
広すぎる戸建てなら、2階を取り払うなどの減築をして耐震強度を増す&固定資産税を減らす。又は手頃な大きさのエレベーター付きマンションへ引っ越す。
坂が無くて、総合病院やスーパー、趣味の習いごとに通いやすい、便利な立地に引っ越す。

相続の勉強して、必要以上にお金があるなら、子や孫へ少しずつ生前贈与。
子供が複数人居るなら遺言書を作成。
エンディングノートを書いて、介護者が迷わないように、自分の意志を書き残す。

>お金の話は出そうですが、具体的にどのくらいの準備があればいいのでしょうか?

御自分の生活費を基に、試算してみては?
ネットで、年金、介護保険、持ち家の資産価値と修繕費用、平均余命、特養や老人ホームについての費用等についても調べれば、大体試算できると思います。

>独身や子供がいないケースだと全く違う老後が待っているのでしょうか?

既婚者でも、最後は一人残されます。
ただ、子供の有無は、違うでしょうね。

子供は面倒な手続きしたり、IT機器を使いこなしてくれたり 家事をしたり、重たい物を運んだり、高所作業してくれます。

独居老人だと騙される事も有るだろうし、施設にはいっていても誰も面会に来なければ、いい加減な対応される可能性も。
入院の際の保証人等でも、お金を払って他人を雇うことになります。

ご近所さんや仲良しの友達を作っておくと、何かあったときに安心だと思います。

ユーザーID:3797149602
キーワードは ”こども” ですかね
エンジェル(トピ主)
2017年9月4日 12:29

ご意見ありがとうございました。

>それは 人との繋がりを持ち続けていること。

人付き合いの苦手な私は、苦労しそうです。
近所付き合いも希薄になった昨今では、更に大変そうです。


>子どもの送り迎えや PTAの役員や学校行事まで〜

子供がいれば、地域の活動で知ってもらえる機会がありそうですね。


>私たちは子どもからの援助が受けられ

いくら子供の面倒にならないと言っても、やっぱり子供からの支えは頼もしいですね。


子供もいなく、伴侶もいなく、友人もいなく、お金で解決できそうにない場合は
悲惨な老後が待ってそうです(涙)


ユーザーID:0249666088
独身税の導入を
アタシの彼は左向き
2017年9月9日 18:58

少子高齢化だけでなく、生涯独身の人も増えました。

老後なにかしら人の助けは必要になるわけですから、その為の財源確保は必須でしょう。

例えば40歳から60歳位までの間、一定の所得がある未婚者対象でとか。

ユーザーID:5799157528
そうですね
naga
2017年9月13日 17:56

伴侶はいても相手が先にいなくなるかもしれません。
友人は所詮他人です。当てにはなりません。
子供はいれば何かしら力になるでしょうが
介護の場合、多大な迷惑をかける可能性があります。
子供にとっては大変です。
子供の立場から言えば「あれをやってくれる」「これをやってくれる」
なんて思ってほしくありません。
できる準備と言えば、全ては賄えなくてもやはりお金くらいでしょうか。

ユーザーID:1242974436
 
現在位置は
です