現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

パートナーが窮地に陥ったときあなたならどうしますか?

ショッカー
2017年9月1日 21:24

できれば、男の方の意見を伺いたいです。
夫と一緒にドラマを見ていて、誰でも犯罪者になる可能性はあるのではないかとの話になりました。
私は夫が犯罪を犯しても、支えていくつもりです。しかし、夫はそのときになってみなければ分からないと言います。ショックです。
どんなことがあっても支えあっていく覚悟がある程愛し合っているから結婚をしたのだと私は思っておりました。
では、私が事故で身体が不自由になったりしたらどうすると聞くと、やはりその時になってみないと分からないと言います。
私は夫がどんな状態でも支えていくと自分でも確信しています。
世の中の男性は夫と同じような考えなのでしょうか?
夫が私を思っていたほど愛していないからなのでしょうか?
夫といれば安心感があったのに、この話をした後から不安が大きくなりました。

ユーザーID:1607871940  


お気に入り登録数:113
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:48本

タイトル 投稿者 更新時間
ご主人様と同意見
めんどくさがり
2017年9月2日 0:02

女ですが、ご主人様と同意見です。

たとえば、私より若くてきれいな女性のお尻に触って捕まった夫なんて、絶対に支えてなんかあげません。

ユーザーID:3882400658
ショッカーさんへ
ひで
2017年9月2日 0:14

貴方のトピを読ませていただきました。
私の感じた事は、貴方の旦那さんの気持ちも良くわかるし、
貴方の言っていることも当然 良くわかります。

私は、恥ずかしながら、50歳の独身で耳の難聴持ちです。
補聴器を使って 70歳代の聞こえ方です。
私の場合 もし妻がいれば、自分の力の限り 出来る限り、全力で守ります。 絶対に見捨てはしないと思います。 身体が不自由と書かれていますが、 健常者の方も何時障害者になるかわからない。
でも、私は耳の障害者で 障害者手帳持ちですが、 基本的に、健聴者の
方が難聴者の事を理解することは難しく、 おそらく、難聴になってみないと、気持ちが理解できないと思います。
私に、妻がいれば、どんな障害が出ようと世話をする覚悟でいますが、
それは、私が自分が障害者であるからこそ言える言葉であり、 世間一般の男性の方は、そこまでの覚悟があるかどうかは、やはり 貴方の旦那様の言うように 分からないのでしょう。 障害については当事者でないと
解らないと思います。 私は、多少耳は聞こえるので、これから いや今すぐにでも、手話の講座を受講して耳の聞こえない方を助けたいと思っています。 話が外れましたが、 私の結論としましては、奥様が もしくは旦那様が障害者になられた場合 世話をすることは、相当の覚悟がいると思います。私は、結婚するという事 家族になるということは、 その人の人生のすべてを背負う事であり、愛が深く重くなるほど、それは、辛いものになると 考えています。
すべての男性に当てはまることではありませんが、 私の場合はと言う例でレスを書かせていただきました。 エールに ポチ

ユーザーID:0837575905
愛は自分勝手
31のオッサン
2017年9月2日 0:17

こんにちは。


あなたの愛は、夫の意見に左右されるものなのでしょうか?


あなたの感情が、夫の感情で左右されるなら「前提付きの愛」になります。


でも、あらゆる前提は、勝手な思い込みです。


「結婚するということは、一生助け合うこと」というのもあなたの思い込みだと思います。


実際に、世の中には、一生助け合うといっておきながら離婚する夫婦だらけです。


他人の愛の多い、少ないによって、あなたの幸せが決まるのは残念なことです。


せっかくなら、他人に与える愛の多いほど、幸福感を感じるといいですね。


実際に起きてもいない状況に不安を感じるのも、不毛だと思います。


考えすぎたらキリないですよ。

ユーザーID:0885768377
お気持ちわかります笑携帯からの書き込み
2017年9月2日 0:40

パートナーって位置にいる人が明確に愛情を示してくれないと不安でしかも私の場合イラってきます笑
私のパートナーによるとですが「男性は真面目な話はできるだけ明確な方が真剣に受け止められる」んだとか…100%あり得ない様な、例えば”有村架純ちゃんが朝起きて隣に寝ていたら”とかで想像を膨らますのはすごく楽しいらしいですが、責任が発生するお話は可能性が曖昧だと、断定するのに腰引いてしまうんでしょうね…。
少し極論ですが「俺はお前を世界の誰よりも愛し抜く」とか「お前が難病になったらいくら金を盛ってもいいから絶対救う」なんて事を簡単に言ってくれるより、たまに抱きしめてくれたりしてくれる方がしっかり嬉しいなって思います。
おそらく今回の旦那様の答えって、真剣に考えて出した誠実さからきてるのかもしれないですよ!
奥様はこれからも旦那様の横にどっしり腰を据えて妻としてサポートをしていくと、旦那様もこれまで通り夫としてのサポートをしていく、これが結婚かなって思います。

ユーザーID:5533463815
誠実なのはどちらでしょう携帯からの書き込み
莉緒
2017年9月2日 0:44

「その時になってみないとわからない」と言う男性は、その質問を真面目に捉え考えています。つまりあなたの言葉をただの妄想や戯言だとせず、現実的に真剣に考えているんです。真剣に考えて、その時々の状況によってできることできないことがあるし、あなたの望み通りの支えになれるのかはわからない。恐らくそこまでの頭の回転もないし知識もないとか、子供がいたら子供を守る為に妻を切り捨てないといけないかもとか、そんなことまで考えていることでしょう。その結果、現時点で出る答えは「その時になってみないとわからない」なわけです。

因みに「勿論助ける、支えるよ!」「何があってもずっと一緒だよ」と即答する男性も多くいます。そしてそういった男性は大体深く考えずに答えています。実際にその状況になった時のことなど微塵も考えず、ただ目の前のあなたが喜ぶ言葉だけを口にしています。

目先の安心感のためだけの言葉が欲しいなら、後者タイプの男性を選ぶべきだったとは思いますが、ifの話の返答の仕方で「この人は私を本気で愛してないんだ」と不安になるのは滑稽です。
愛の深さではなく、あなたの言葉に対する捉え方の違いでしかない上に、いざ問題が起きた時にどうなるかの保証は何もないのですから。
本当に安心感が欲しいなら、何があってもあなたを支えられるだけの知恵と知識と力があり、かつそれをあなたに惜しみなく使える男性を選ぶべきでした。
ごく一般の男性にその気概を問うても何の意味もありませんよ。

まぁ男性に限った話ではないですけどね。
口では「何があってもあなたを支えるわ」と言っている女性が、いざ夫がリストラされたら離婚なんて話も聞きますし。
「あの時は本当にそう思ってたのよ。でも現実は甘くないじゃない」なんてね。
あなたの言葉にも何の保証もなく、あなたの愛の深さの証明になどなってないんですよ。

ユーザーID:4246016858
言うのは簡単
Shane
2017年9月2日 0:59

深刻なこと程、軽々しく言いたくないのでは?
私のこと好き?って聞いて、即答で世界中の誰より愛しているよ…くらい言わないと、愛されてないって嘆くのと大差ないレベル。そういう事をサラっと言える男がいいんですね、トピ主は。

ユーザーID:2145883907
ご主人寄り
tom
2017年9月2日 1:02

そんな架空の話をされても、その時にならないとわからないとしか答えようがありません。
妻を愛してる愛してないとは無関係です。

口先だけで、そんなの当たり前、死ぬまでずっと支えるよって言うのは簡単。
逆にそんなダンナなら信用しないほうがいい。

ユーザーID:9803372836
愛情の云々ではなく
ヨセミテ
2017年9月2日 1:45

ご主人は現実的な対処を考えて、そう答えた。
あなたはセンチメンタルな共感が欲しかった。

ご夫婦は普通の男女だと思います。

ユーザーID:5505337714
犯罪者と事故に遭うのとは違うと思う携帯からの書き込み
アライフ
2017年9月2日 2:02

犯罪のケースにより、いくら旦那でも違う旦那の一面を見てしまったら、別れないなんて私なら言えません。とぴさんは、旦那さんが幼児を殺害したり、銀行に立てこもりをしても一緒にいられるなんて即決出来る方が、信じられないです。敬虔なクリスチャンでもなかなか出来たことではないと思いますよ。事故に遭ったときだって、犯罪と一緒ではないから支えたいとは思いますが、現実介護に近い状況なら、「必ず出来ます」なんてやっぱりなかなか言えません。ただ犯罪と事故の怪我を同一に並べるのはなんだか違うと思いますけどね。 これは旦那だからとか妻だからという性別は関係なくないですか?女性だって解らないと答える人はたくさんいるはずです。私は義両親の介護補助をしてましたが、補助だけでも大変でしたもの。理想と現実のギャップってありますし、とぴさんはまだまだ理想論を口にしているだけなんだなという印象です。口にだけならなんとだって言えます。そのときにならないと誰だってわからないと思いますよ。

ユーザーID:6814508203
十人十色
難問
2017年9月2日 4:58

人それぞれ

明確なものはない

ユーザーID:3505833379
実はどちらが良いとも言えない
アラカンです
2017年9月2日 5:05

万一何かあっても愛は変わらない。
と言い切れるのは、
愛が深い人とは限らなくて
ただ単に考えが浅い人って事もある。

想像力が無い
今まで不幸になった事が無い
そんな人は、そのときになって初めて現実の厳しさを知るってことね。

歳を取って動けなかったときに、それでも見捨てず一緒に居るわ
って言えたら良いと思いますよ。
結婚するときから見捨てようなど思ってないでしょうし。

でも貴女だって、もし夫の会社が倒産し、子育てあるのに夫はリストラ。
その上病気で動けない。しかし子供はまだ小さくて学費が掛かる。
夫の看病、親の介護して全部背負える?

気持だけでは抱えられないのよ。
成ってもいない、もしもの不幸でつまらない議論してないで。
成ったときのことを考えて保険でも入った方がマシ。

ユーザーID:3123209328
老婆心のまなざし
無常の風
2017年9月2日 7:38

その時のことは、その時に考えることが自然な在り方です。

そもそも「未来」の誓いほど当てにならないものはありません。今の状況が変わらない限り「未来」の誓いは成り立つのです。しかし、今の状況が変われば、自分の心も変わるのです。

あなたの夫の意識は常に「現在」にあるのでしょう。しかし、あなたの意識は「未来」にあります。「現在」にないのです。「現在」になければ、いつも「タラネバ」の意識に見舞われます。

もしも「未来」にその時を迎えたら、あなたの意識「未来」から「過去」に方向転換することになるだけです。そして、「あの時こうしていれば、このようにはならなかったのに・・・」ということになるのです。

大切なことは「未来」に対する誓いでも「過去」に対する後悔でもありません。自分の意識を「現在」において、現実を受け止めて生きることです。その小さな積み重ねが、その時のことを受け止める原動力になるのでしょう。

あなたの夫は「現在」を生きています。良い閑雅の在り方を持つ夫ではないでしょうか。あなたは、そんな夫を見習ってついていくと良いでしょう。それが夫婦で「現在」を支える在り方ではないかと思います。

ユーザーID:1668045944
女ですが
じゅん
2017年9月2日 7:54

男の人は、と一括りにしてはいけませんよ。

確かに、男と女で考え方に違いがあったり、物事の捉え方が違うって事、あります。それが原因で、夫婦げんかになる事もあります。

今回の例は、
あなた→夢見心地な妻
ご主人→現実的な夫
という事なんでしょう。

でも、私は女ですが、ご主人と同じ意見です。

私は「夫が犯罪を犯しても、身体が不自由になっても支えていける」なんて自信を持って言えません。
夫も同じくだと思います。
2人で話したら、きっと、お互い
「こればかりは、その時の事情にもよるからな〜。安易な事言われへんなあ」
って言うと思います。

もし夫が、女性に対しての犯罪を犯したら…人として真っ直ぐ見る事すら出来なくなるかもしれません。これも想像に過ぎず、その時にならないと分かりません。


あなたは、まだ新婚さんですか?
「僕は、ショッカーの事を何があっても一生支えるよ。」
って、ご主人に言ってほしかったのかな。
ご主人は安易に答えず、真剣に考えておっしゃったのだと思いますよ。

ユーザーID:7086733844
家族のためには・・・
ぬこ
2017年9月2日 8:28

旦那さんの発言は
家族に影響が及ぶことを考慮しての発言ではないでしょうか?

やむにやまれぬ正当防衛の殺人から詐欺や強盗までいろんな場合があるでしょうけど、この情報社会で情報もあっという間に拡散されていきますからねえ・・・。
子供の将来、進学や結婚、就職などなど末永く影響が続くとしても夫を守り続けると言えますか?

親なら離婚したり、引っ越ししたりして子供の未来を守ろうって思いませんか?

ユーザーID:8796209491
女ですが
さきこ
2017年9月2日 8:44

私だってその時にならなきゃわからないと思う。
だってその時の状況によって変わることってあるじゃありませんか。
その時に自分達を取り巻く状況を総合的に判断しないと、最終的な決断はできない。
それだけのことです。

どんなドラマからそんな話になったか分かりませんが、
例えばですが、
妻を人質に取られ脅されて行った犯罪と、
「言うことをきかないと、今は何も知らず平和な暮らしをしている妻子がどうなっても知らないぞ」と脅されて行った犯罪と、
つい出来心で行った犯罪と、
私は「どれも私は支えます」とは思いません。

「渇しても盗泉の水を飲まず」という人もいる。
違う話ですが、子供のこともそうです。
妻が出産中に危険な状態になった、
妻と子供どちらかしか助けられないとなったら…
これもどちらもの考えがある、
どちらが悪というのではないとないと思う。

あなたの旦那さんの考えは分かりませんが、
結婚も、
>どんなことがあっても支えあっていく覚悟がある程愛し合っているから結婚をしたのだと私は思っておりました。
…というのはあなたの考えなだけで、
冷たいようですが、すべての人間がそんな考えでいるわけでもない。
だったら世の中に離婚なんて存在しないって話ですよね(笑)

ユーザーID:1134488157
「夫と居れば安心感があったのに」
小町大学
2017年9月2日 9:05

21世紀の夫婦ならまずこの考えを捨てなければダメだと思いますよ。夫婦が一生続くと思う事は幻想ですので。某女性作家が話していましたが現代の夫婦は「愛しているから結婚する。愛がなくなったら離婚する」という単純明快なものらしいです。だから結婚する女性側も「愛は永遠に続くという妄想は早めに捨て将来離婚するかも知れない」事を想定して自分の将来を考えなくてはならない時代になったそうですよ。この作家の話から判断すれば貴女の夫の言う事はとても自然な言葉だと思いますよ。男も女のその時になってみなければ分かりません。支える?支えることによって自分が得るであろう利益によって人は支えるかどうかを考えます。ここの掲示板でもあるでしょう?「鬱になった夫または妻と別れた方がいいでしょうか?」というトピが。小町を読めば学べること多いですよ。小町で勉強してね。

ユーザーID:3474305231
正直だ
とくおばさん
2017年9月2日 9:42

読んでて、あなたの夫のほうが普通の感覚なのだと思いました。
あなたの「パートナーを支える」というのは「支えねばいけない」という考えなんじゃないですか?
そうなると、すごく追い詰められてしまいます。
起こるかわからない先の事より、今、充実した関係を築いて維持していくことが大事なんじゃないでしょうか。

ユーザーID:1768006466
諸行無常
ベルガモット
2017年9月2日 10:00

女性ですが失礼します

永遠の愛を誓った二人が、別れてしまうこともある
どんなに愛していても、あらがえない流れもあるかもしれない

トピ主さんは無責任だと思う
いや・・・実際に、支え続けていくのでしょうが
それでも、そんなことを安直に約束は出来ないと思います。
安直に考えていないと、反論されるでしょうか?

何があっても支えていけるなんてことは無いはずです
自分の体調がずっと今のままとは言えない
自分の方が先に壊れてしまうかもしれない

相手がどんな状態なのかではなく
支える我が身がどんな常態なのかでも違うでしょう。

気持ちとしては、
「支えていきたい」気持ちがある
と、言うことと
実際に何が何でも支えていくと言うことは、全く違いますね。

言葉だけもらっても、なんの安心もありません。
愛していることと、これは別の問題だと思います。

ユーザーID:8537162148
男って・・・。
イップ
2017年9月2日 10:45

男って、大きな方向性はあるにしても、その場その場でベストの選択をして行くものかな、と思います。
その時その時で、貴女からの愛情を十分に感じていれば、決して貴女を蔑ろにする様な選択はしないと思いますよ。

ユーザーID:2770528465
信用してはいけないと思う・・・
チョココココ
2017年9月2日 10:58

たとえば自分の両親、仲良くしてきた兄弟に思うように、自分の配偶者にも疑いもせず、信頼していた時期が40代おばはんの私にもありました。
しかし、性格や生い立ちなどにより、配偶者が自分に対して、そのような気持ちを持てない場合も出てくるかもしれません。
なので、時間の経過とともに、配偶者は、結局は赤の他人なんだと思うようになりました。
そう思うようになる間には、ショックを受けたり、がっかりしたりということがいろいろありました。
こうして強くなっていくんです。人間って。

ユーザーID:7188836193
 
現在位置は
です