現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

乳ガンになりました。皆さんの経験をお聞かせください。 携帯からの書き込み

りえ
2017年9月2日 10:09

はじめまして。52歳です。
20年近く乳腺症の経過観察をしていますが、今回の検診で新たな石灰化が見つかりマンモトームとMRIをした結果、昨日乳ガンと診断されました。覚悟はしていたもののいろいろ考えると怖くてたまらず身のやり場がありません。
定期的に通っていたので早期発見でき、ラッキーと思い前向きにならなきゃとは思うのですがなかなか気持ちがついていきません。
マンモトームとMRI の結果では非浸潤0期ということで少し安心もしたのですが、そのような状態でもリンパに転移している可能性もあるようで、CTをこれから受けるのですがそれまでもとても不安です。
実は今回の検診で新たな石灰化が見つかった時、場所的なものか数的なものかわからないのですが、採取しきれないかもしれないので、しばらく様子をみますか?マンモトームしますか?と言われそんなに心配しなくていいでしょうかと聞いたところ、そんなに心配は要らないと医師に言われたのでまた半年後にマンモグラフィをして石灰化が増えていたらマンモトームをしましょう、と診察を終え会計も済ませましたが、やはり不安になり再度診察室に戻ってマンモトームとMRIをお願いしてきました。なので少し医師に対しての不信感もあります。もっと症例の多い病院へセカンドオピニオンはする予定なので、セカンドオピニオン先の病院に変わることも考えているのですが、皆さんの中で乳がん診断後に病院を変わられたかたはいらっしゃいますでしょうか。
またどちらの病院にしろ、入院までには1カ月位待つようでその間、この精神状態でいるのがとても苦しいです。
両親を早くに亡くしており、子供の頃から病気や死に対して異常な恐怖心があります。心の持ち方をアドバイスして下さい。よろしくお願い致します。

ユーザーID:5291239319  


お気に入り登録数:51
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
心配ないです
千葉市民
2017年9月2日 11:14

早期発見できたのはラッキーでしたね。今時乳がんは早期発見できれば
ほぼ100%問題ないといってよい状況です。
当方女房が4年前に乳がんと判定され手術をうけました。
65才を過ぎていましたが相当ショックだったようで食事も喉を通らず
辛うじてヨーグルトを流し込むような状態でした。
病院にも付き添いましたが患者数の多いことに驚きました。
毎日手術を終えて退院する人とほぼ同数が新たに入院してくるという感じでした。
若い人もおり、若い人ほど深刻なショックをうけている印象でした。
医師に対する不信感の有無は別にセカンドオピニオンは求めていいですが、
時間的にはそれほどあわてなくともいいようで、医者も1年2年ならともかく
半年程度はほっておいても問題ないと言っておりました。
第三者がとやかく言っても仕方がなく、トピ主さんご本人が心の持ち方を会得
するしかないですが、古希間近の当方、死の到来含め世の中すべてなるように
しかならない、死は生きる苦痛からの永遠の解放、夢を見ない睡眠と悟って以降、
死に対する恐怖心はまったくなくなりました。

ユーザーID:5957959888
私も同じ
暑い
2017年9月2日 12:38

私は48歳、去年の暮れに石灰化の再検査を受け、2月にマンモトーム受けました。私はアメリカでしました。生検の時、7〜8割は癌じゃないからと言われましたけど私は癌でした。
私も非浸潤型ステージ0でした。
私はその時から3週間後に違う手術を控えてたので乳癌の手術は5月に受けました。お医者さん曰く「癌の周りを少し余分にとってそれを又生検したらもうそこには癌はなかったからきれいに癌はとれたわよ」と言われました。
ステージ0だったので放射線治療もしてもしなくてもいいと言われ私はしていません。その代わり今後3年は3ヶ月に一度の検診、半年に一度エコー、もしくはMRIなどするそうです。

自分が納得できていないのならセカンドオピニオンを聞きに行ってもいいと思いますよ。まず自分が納得しないと。。。。

ユーザーID:8495891878
わたしも同じです携帯からの書き込み
おばちゃん
2017年9月2日 16:38

トピ主さんこんにちは。今はとても心が落ち着かないと思います。私の体験が役にたてばと思いレスします。私は健康診断で乳癌と診断されてMRI CT 組織検査して確定してから1ヶ月後手術しました、良かったなと思います。病理検査もでき0期でした、退院後1日で仕事に復帰一週間に一回外来で傷跡みてもらってます。私は不安ばかりになるより早くすっきりさせようと決断しました、良かったと思ってますよ。55さいです

ユーザーID:1567226456
今こそ踏ん張り時です
うめ
2017年9月2日 21:40

こんにちは。子宮がん経験者です。32歳で罹患し子宮+卵巣片方摘出し2ヶ月で退院、その後、経過観察のためOPEした病院を週1回受診していました。待合室の椅子に寝そべってしまうほど体調悪かったにも関わらず、担当の若い医師はエコー画像を見て問題ない、と毎回繰り返すのみ。同時期、勤務先の検診でひっかかりCTを撮ったところ、6センチ大の癌が再発した上、腎臓が圧迫され水腎症を発症しているとその若い医師に告げられました。ふざけんなと思い、その病院に見切りをつけ、有名どころの病院をいくつか回りましたがどこも「無理」「うちでは診れない」と。しかたなく元の病院に、抗がん剤治療のため入院、もちろん担当医は変更されました。抗がん剤で癌は小さくなりましたが、新しい担当医は、癌が触れていた部分の大腸を切除して人工肛門にしたほうがいい、と勧めてきました。単に自分がOPE実績を積みたいだけの私にとっては不要なOPEでしたので断りました。その後は放射線治療が決定していたのですが、既に病院を信頼できなくなっていましたので、入院中にセカンドオピニオンを受け、信頼できそうな医師の居る病院に転院し放射線治療を受けました。加えて、癌や免疫について図書館で本を借り、一生分くらい勉強をしました。
脈絡ないことを長々すみません。何がいいたいかというと、りえさんご自身の体は自分で守るしかないということです。もちろん、医師とはタッグを組んで治療に専念しないといけませんが、少しでも疑問や不信を感じたらとことん説明してもらってください。それができない医師なら変えたほうがいいです。乳がんの治療のことがわからなくて申し訳ないのですが、診断されているのに治療を待つ理由はきちんと説明してもらったほうがいいと思います。ちなみに自分は48歳の現在、リンパ浮腫と10年更年期、それ以外は普通の生活です。勇気を出して!応援してます!!

ユーザーID:6131602043
千葉市民さん携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月5日 16:18

ありがとうございます。
いろいろな方の体験談を読み、例えばお若い方、お子さんがまだ小さいお母さん、たくさんの方々が乳がんやいろいろな病気と闘っている事に今更ながら気づきました。
少しずつ気持ちも落ち着いてきて、少しですが腹がすわってきました。

残念ながら人は必ず死を迎えるものですし、
考えても悩んでも結果は変わる事はない、と頭ではわかっていてもなかなか気持ちが追いつかず。

でもこうして全くお知り合いでもない方々から
エールをもらえて、とてもうれしくとても励みになります。

与えられた壁をひとつずつ越えていこうと思います。
お時間割いていただいて書き込んで下さってありがとうございます。

ユーザーID:5291239319
暑いさん、ありがとうございます携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月5日 17:32

トピ主です。
お礼の仕方がよくわからなくて、千葉市民さんへのお礼もうまく掲載されるか心配しています。暑いさん、にもうまく届くといいのですが。

暑いさん、書き込んでいただいてありがとうございます。
5月に手術を終わられたんですね。お疲れ様でした。三週間後に別の手術のご予定がある中、ガンの宣告もされ、大変でしたね。自分の事のように辛くなりました。
でもしっかりと乗り越えられたんですね。とても励みになります。
まずはひとつずつ、壁を乗り越えていかなくてはいけないと少しですが腹がすわってきました。そしていろんな体験談などを読み、たくさんの方々がいろんな病気と闘っていることに今更ながら気づきました。

いろんな意見を聞きつつも、自分が納得いく方法で乗り越えていきますね。

見ず知らずのかたにこうして書き込んでいただいてほんとうにうれしく思います。お時間いただいてありがとうございました。

ユーザーID:5291239319
おばちゃんさん、ありがとうございます携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月5日 17:40

おばちゃんさん、ありがとうございます。
皆さん、お礼が遅くなってしまってすみません。

おばちゃんさん、実はパートの仕事も続けるか辞めるか悩んでいるんです。
おばちゃんさんは退院の翌日から復帰されたのですね。励みになります。

少しずつですが、気持ちが落ち着いて腹もすわってきました。

とりあえずは一つずつ、乗り越えていきますね。

見ず知らずの方にお時間を割いていただいて、応援してもらえて本当にありがたいです。
感謝します。

ユーザーID:5291239319
うめさん携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月5日 20:14

うめさん、書き込んで下さってありがとうございます。
文章にすればこの欄に収まるでしょうが、入院の二ヶ月だけでも大変なのに、しかも30代でどれだけ不安だったのか。退院されてからの医師の態度、対応に関してもどれほど悔しい思いをされたのか。自分の事のように腹が立ちます。

苦しい状況を乗り越えていらしたうめさん、いただいたエールがとてもうれしいです。

あれから医師に転院の希望を伝えました。
朝の忙しい時間に電話をしたせいもあり(電話というのは相手の都合を考えずに一方的な手段なので失礼ではあったと思いますが)転院の希望と、則した紹介状をお願いしたところ、失礼ながらあまりいい感じで対応はしてもらえず、逆に、やっぱりこの先生にこの先看てもらうのはよくないと思えました。

見ず知らずのうめさんにも、親身なご回答をいただいてほんとうにうれしく思います。感謝します。
ひとつずつ、壁を越えていこうと思います。
ありがとうございました。

ユーザーID:5291239319
お辛いときですね
はむ
2017年9月6日 16:36

三年前に乳がんで手術を受けました。
現在、ホルモン治療中の者です。

病気確定後、本当に食事が喉を通りませんでした。

初期のご様子なので、しっかりと治療に専念し、
それ以外の生活は、やりたいようにわがままして過ごしてください。

大丈夫、一年後、二年後には元通りの生活が待っていますよ。

一緒に頑張りましょう。

ユーザーID:4548005209
はむさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月8日 22:06

はむさん、書き込んでいただいてありがとうございます。

ホルモン治療、頑張っていらっしゃるんですね。乳がんになっていろいろ調べて、ホルモン治療もいろいろ大変だと知りました。
そんな中、前向きに取り組んでいらして、そして見ず知らずの私を励ましていただいて、とてもうれしいです。ありがとうございます。


今日は転院先の病院で診ていただき、手術も10月の中旬頃にしていただけそうです。
目処が立ち、少し安心しました。

一緒に頑張っているかたがいらして心強いです。私も頑張ります。
ありがとうございました。

ユーザーID:5291239319
ステージ0!
かまぼこ
2017年9月12日 23:55

非浸潤0期で見つかるなんてラッキーですね。
私は30代、同じく乳癌、浸潤癌でした。
幸いリンパの癒着はまだしてないと言われましたが、子供も小さいし、あと1人子供産みたかったし、へこみましたが、それでも周囲に伝えるとぜんぜん大丈夫と言われて、今はだいぶ楽観的になっちゃってます。
MRもこれからだというのに。
クヨクヨ考えてもしょうがないやと思っちゃって。
不信感があるなら、他を受けてみてもいいと思いますよ。
広がりやすさというか、どれくらいのスピードを持った癌なのかとかにもよりますけど、まだ非浸潤ですしね。

私も少しは手術の前に乳癌の勉強しようと思います。
個人的には自分が死ぬのより、子供と旦那さんが心配なので、まだ死ねないですね。
なぜか自分のことはあんまり怖くないんです。実感湧いてないのかなあ。
最初にイメージしすぎちゃって、思ったより軽かったなーと冷静になれたのかもしれません。
まだステージ0ですよ。ほぼ完治できますよ。
そんなに心配しすぎず、お互い頑張りましょうね。

ユーザーID:1333189131
かまぼこさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月14日 22:42

かまぼこさん、書き込んでいただいてありがとうございました。元気をいただいて感謝すると同時に、かまぼこさんの強さと明るさに勇気づけられました。

かまぼこさんもこれから手術なんですね。私は娘が24歳になるので頼りきってしまっていますが、かまぼこさんはご主人やお子さんを第一に考えていらして頭が下がります。

乳腺に関しては20年ほど経過観察をしていますが、今回はずっと問題なく大丈夫だと思っていた側の乳房だった事や、他にもグレーゾーンの経過観察を何箇所か抱えているので、全部まとめて悪い方へと考えてしまい、、、。

でもまずは乳がんを乗り切らないと!ですね。
後の事はまたその時最良の方法を考えることにします。

一緒に乗り切りましょうね。

ありがとうございました。



早く感謝の気持ちが届きますように。

ユーザーID:5291239319
2週間前に乳ガン手術しました。
まう
2017年9月15日 16:25

8月28日に乳ガンの部分摘出手術をうけました。
ステージ2A、ルミナールAです。
腫瘍のサイズは2.2でしたが,
周辺やリンパへの転移がなかったことが
幸いで、今後は放射線、ホルモン治療を
行う予定です。
手術はオデキをとる感覚、手術後から
スマホもできるし、翌日には自由に歩けました。

そして2週間後の今は、通常通りの生活です。

これからしばらく治療は続きますが
とにかく大事なのは、気力と体力。

私は、リンパ転移はありませんでしたが
事前に主治医から、4割の人が転移してますと
聞かされていたので、逆に転移していても
治療すりゃいい!くらいの気持ちで
構えていました。

来る球、どんどん打ち返せばいいんですよ。
心配しなくても大丈夫、心配する時間が
あれば、もっと楽しいこと考えましょう。

私は、手術後の予定に友人達との食事の
予定をバンバン入れていて、それはそれは
手術が終わるのが楽しみでした。

今度の放射線治療の後半にも
旅行の予定をいれているので
楽しみです!

ユーザーID:2872136856
ご心配ですね
トマト
2017年9月15日 18:06

ご心配ですね。

不安なお気持ちお察しいたします。

私も同じ様な年齢で発症しました。
年末年始生きた心地がしなかったのを思い出します。

2月末手術。放射線治療。
2年後反対側発症。手術→抗がん剤治療
2年後再発転移→放射線治療。経口抗がん剤。

怒涛の50歳代でした。
今も経口抗がん剤を使っていますがおかげさまで元気です

最初の手術から13年、2度目の手術からも11年が経ちました。

私はリンパ節転移数などの詳しい病状は伺っていません。
病気に負けそうに思ったからです。

2度目の手術入院3日前に転院して「癌に真摯に向かう主治医」と出会えたことで
主治医を信頼して戦って来ました。

前回の診察では「ようやく安全圏に近づきましたね」と言っていただけました。

治療は体力がいります。
たくさん食べて体力をつけて一緒に戦いましょう!
(食欲無いでしょうが、、、)

ユーザーID:7246773510
きっと良い方に考えられる
sekiko
2017年9月16日 21:32

今は悩みや不安で頭がいっぱいだと思いますが0期という段階で宣告された事はむしろラッキーと思える日がきっと来ます。

私は20代で障害1級となる大きい病気を負いました、48歳の時それが少し改善するオペを受ける事ができました。これはこの上ない幸せです。でも経過をお薬でずっと管理しなければならず通院しながら過ごしていた一年半後に乳がんが見つかりました。

私の病気が少し上向きになった頃から反比例の様に高齢の母に色々不都合な事がおき、胸のしこりを後回しにしてました。正直怖かったのが一番ですが・・・。

胸騒ぎがして近くのクリニックに駆け込んで検査した時はおおよそガンでしょう、けど病理検査をしてからと告知を延ばされ、私個人の意思は近くで乳がんのオペも治療もしたかったのですが前年オペした大学病院を紹介されました。結果的にはそれで良かったと思います。近くのクリニックではしこりは2つステージは1ぐらいと聞きましたが、大学病院で精密検査をしたらしこりはもっとありステージも2の後半くらいと聞いた覚え(そこら辺は知りたくなかったのでうっすらしか覚えてません)

20代からの病気の時は毎年検査が必ず入るので体中調べて貰ってました。しかしそのオペをする事で以前の病院から主治医が大学病院に代わり病状の違いもあり血液検査のみで自分で検診を受けないといけない。私は母親にかこつけて逃げてました。
トピ主様も経過観察されてたことが不幸中の幸いだったと思います。

自分のがセカンドオピニオンに当たるかは解りませんが必要だったと感じます。

私も最初の障害に至る病気は母遺伝、そして20代で父親をガンで亡くしています。自分の血を呪う?というか悲観しまくった時期もありましたが、あれから5年経ちガンの方は年一回検査のみです。

今、高齢の母を介護の日々です。毎日自分の事は二の次で何度が倒れたり・・・。でも生きてます。

ユーザーID:1589501626
まうさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月17日 18:01

まうさん、書き込んで下さってありがとうございます。

来る球をどんどん打ち返せばいいと言って下さって、元気いっぱいのまうさんを想像し、また自分自身、勇気づけられました。

確かにそうですよね、心配ばかりして塞ぎこんでも良い事はないし、それより楽しい事を考えたいのですがなかなかコントロールできず。

私は全摘予定なのですが、手術まであと1ヶ月ほどありその間に進行したらどうしようとか、他にも抱えてるグレーゾーンの病気も悩みどころでついつい悪い方へと考えてばかり。

でも強い気持ちじゃないと病気ははね返せないし、毎日少しずつですが前向きになっている感じがします。

皆さんが同じように頑張って乗り越えていらして。
見ず知らずの私をこんなに励ましていただけて。

明日は今日よりまた少し強い自分になれることを願って、手術に臨みます!
お時間割いていただいての書き込み、ほんとにありがとうございます。

ユーザーID:5291239319
トマトさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月17日 18:14

トマトさん、書き込んでいただいてありがとうございます。

宣告を受けて2週間が経ち、だいぶ落ち着いてきました。食欲も戻りました。手術に向けて気力も体力もつけねばと思っています。


トマトさんは2度目の入院の三日前に転院されたのですね。きっといろいろ大変だったと思いますが、良い先生に診てもらえるようになって良かったですね。
私も結局転院しました。きちんと話を聞いて下さる先生で安心しています。

ただ転院のため手術がその分遅くなり、入院まであと1ヶ月ほどあります。その間進行したらどうしようとか、他にも抱えてるグレーゾーンの病気を含め悪い方へ考えてしまいまだまだ落ち込みます。

でも少しずつですが、強くなっている感じがしています。

トマトさんも頑張って治療されているんですもんね。そんな中、見ず知らずの私に温かい書き込みをいただいて感謝です。

少しずつですが前を向いて乗り越えていきます。

ユーザーID:5291239319
sekikoさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月19日 17:39

sekikoさん、書き込みありがとうございます。


きっと良い方向に考えられる、というお言葉がとてもうれしいです。

20代、一番楽しい時なのにsekikoさんは病気と闘われていたのですね。もし自分だったら一体どうなっていたか。悔しいとか悲しいとかの言葉では言い表せない気持ちを抱えて私ならどうなっていたか。
sekikoさんはどんなお気持ちで過ごさせれていらしたのか想像もできませんが、そんなお気持ちの中、40代で受けられた手術に感謝されていて。sekikoさん、すごいと思いました。


今日は検査の続きで、再度のエコーと肺活量でした。今日もたくさんの患者さんで溢れていました。みんな一緒に闘っているんだなと、改めて感じ、また少し気持ちも強くなりました。


お母様のお世話もされているのですね。
頭が下がります。
秋になって美味しいものもたくさんあるから、
sekikoさんも美味しいもの食べて、どうか無理し過ぎないようにお過ごし下さい。

見ず知らずの私にあたたかな書き込み、ありがとうございました。

ユーザーID:5291239319
大丈夫!
わんわん
2017年9月20日 20:48

りえさんこんにちは。
私も子供の頃から人一倍臆病なのに48才の時乳がんにかかってしまいました。
りえさんと同じような初見で開けてみると結局は非浸潤ステージ1でした。でもそこまでに怖くて食事が喉を通らなくなり5キロ痩せてしまいました。
でも、人生初めてのオペもその後も、不思議なくらい全く痛くなかったです。
私は怖さから現実逃避しまして笑、思いきり漫画を買ったりお笑いのビデオを見たり友達と会ったりしてやり過ごしました。
とはいうものの、これから不安な気持ちになられることがあると思います。
でも大丈夫。これをバネにもっと幸せにならなくては、だってなぜか私たち、こんな体験をするんだもの!
今は関係ない病院で医師に「ラッキーだったね」と言ってもらえます。
大丈夫ですよ!

ユーザーID:2982114042
わんわんさん、ありがとうございます。携帯からの書き込み
りえ(トピ主)
2017年9月22日 19:43

わんわんさん、書き込んで下さってありがとうございます。
何度も読み返して、たくさんの元気をもらいました。

宣告から3週間経ちました。
今日までの間、自分が何者で本当にガンを患っているのかと、言葉では言い表せない不思議な感覚に陥ることがあって。
そんな中、今日は診察で一カ月後に入院予約ができ少し安心できました。と同時にMRIにハッキリと映った白い病変を見て、ガンであることがストンと腹に落ちた、納得できた感じです。


でも人間ってすごいですよね。ひどい悲しみや苦しみが何日も続かないように、ちゃんとコントロールできるんですね。
3週間前より、強い自分を感じることができました。


わんわんさんも辛く苦しい時期を乗り越えられて頑張りましたね。
わんわんさんからいただいたあたたかい、元気いっぱいのメッセージ、大切にします。


見ず知らずの私のためにお時間をいただいて
本当にありがとうございました。

ひとつずつ乗り越えていきますね。

ユーザーID:5291239319
 
現在位置は
です